« 評価B | 評価C以下アーカイブ |

 1  |  2  |  3  |  4  | All pages »

The Perfect Man

 | コメント(0) | Edit

20051224_theperfectman.jpgThe Perfect Man (2005), (C-)

これも先日書いた分に引き続き、東京シアトル間の飛行機で見ました。ヒラリーダフの映画に感動を期待するのもナニですが、やっぱりダメでしたねぇ。ダイアンレインと同じでヘザーさんの老け具合が目立ちます。数年前に整形した目も何かヘン。LAXというすぐポシャっていったドラマにも抜擢されてましたが、あの老け具合がだめっぽかったです。キレイなのに勿体ないですね。今はヒラリーダフもガリガリになって、世の中の人は「キレイになった」なんて言ってますが、私はこのころの二の腕なんか見ると好きですけどねぇ。リジーマクガイアーなヒラリーダフが一番かわいい(子供という意味で)と思うんですが、女性の思う「かわいさ」と男性の思う「かわいさ」っていうのは違うんでしょう。日本では公開されてないみたいですね。邦題見つかりません。
[ DVD | 日本未発売 ]

カテゴリ:

Monster-in-Law

 | コメント(0) | Edit

20051015_monsterinlaw.jpgMonster-in-Law (2005), (C-)

日本に帰る飛行機の中で見ました。ジェニファーロペスが「良い子」っていうのはもはやもう無理があるんじゃないかしら。でも体当たり演技はかなり笑えました。ケーキのところとか平手打ちのところとか、真面目に痛そう。邦題不明です。でも細かいところだと、あのビンテージのドレスのところ良かったですね。「お尻がはいらなーい!」みたいなね。笑えました。ジェニファーロペスが真面目にやっているところが。でも基本的にポイントもなければあんまり意味もない映画でちょっと悲しかった。もうちょっと家族の絆みたいなやつ(私の弱点)やってくれれば結構良かったのに。タイトルは上手ですね。モンスターインロウ。当たり前ですがMother-in-Lawをモジったタイトルですね。まあ飛行機の中で見るには良かったです。
[ DVD | 日本語 ]

カテゴリ:

Bewitched

 | コメント(2) | Edit

20050915_bewitched.jpgBewitched (2005), (C+)

Aewとその仲間達4人に混ざって6人で上海飲茶をいただいたあとに、映画を見てきました。Aewと一緒に映画にいくと、どうやらかわいらしい映画を見ることになるらしいことがだんだん分かってきました。ニコールキッドマン、役作りちゃんとやったからなのかどうなのか分かりませんが、サマンサ(オリジナル)にそっくりにみえてきました。すごいなぁ。鼻をピクピクするのはそんなに上手かな?というイメージ。でもお父さんの結末がうやむやになったのがすっごく残念でした。なんなの?これはちょっとどんなにニコールキッドマンの美しさをもってしても、これはだめなんじゃないでしょうか。そしてウィルファレルのマネージャー役の人ってあれってトムクルーズ意識ですかね。っていうか基本的にいろいろなもののパロディですよね。最初に空から下りて来て「リファレンスを」って言われるなんてメアリーポピンズそのものじゃないか!とちょっと嫌気がさしたくらいでした。残念。邦題は当然「奥様は魔女」ですね。
[ DVD | 日本語DVD ]

カテゴリ:

Joe Dirt

 | コメント(0) | Edit

20050901_joedirt.jpgJoe Dirt (2001), (C)

またテレビで見ました。私はシットコムの"Just shoot me"とか好きで、David Spadeのシニカルジョーク結構好みなんですが、彼は何かのアワードの直前に暴漢に襲われてひどい目にあったんですよね、たしか。小さくて弱そうなのに、言うこと生意気なので、そういう気持ちになるのかもしれませんがかわいそうです。その事件ですらやっぱりシニカルジョークにしてましたが。これは世の中の小学1年生の男の子が大好きそうなトピック(ウンPとか、ゲロPとかそういう汚いものから、原子爆弾ジョークとか、近親相姦ジョークとかそういうタブーものまで)が盛りだくさんでブラックなのかアホアホなのか良くわかりませんでしたが笑えました。邦題探したんですが、どうやら本邦未公開らしいです。日本人にはウケなさそうです。でもエグゼクティブプロデューサーにアダムサンドラーの名前がありましたよ。コメディ系って仲が良さそうですよね。
[ DVD | 日本未公開 ]

カテゴリ:

Bruce Almighty

 | コメント(0) | Edit

20050901_brucealmighty.jpgBruce Almighty (2003), (C+)

なぜか、9月1日から泊まっているホテルの英語の番組(ケーブル)がBBC WorldからCNNにかわって(ブリティッシュ英語が聞けなくなってちょっとさみしい)、ESPNもなくなってStar Movieチャンネルになっていたのでうっかりぼーっと見てしまいました。ジェニファーアニストン、あんまり可愛くなくなってました。もう不仲になっていたころなのでしょうか。子供が欲しい子供が欲しいって旦那に言われてプレッシャーを感じていたという報道もあったけれど、そんなものなんでしょうか?そんな単純じゃないでしょう。まあそんなことはどうでもいいんですが、この映画の一番の見所は、ライバルアンカーマンをジムキャリーがあやつるところですね。アンカーマンの彼、このジムキャリーより100倍くらい面白かった。ひとりで笑わせてもらいました。邦題も「ブルース・オールマイティ」。
[ DVD | 日本語ビデオ ]

カテゴリ:

Wedding Crashers

 | コメント(0) | Edit

20050826_weddingcrashers.jpgWedding Crashers (2005), (C+)

また女の子のお友達と4人で行ってきました。タイではわりと過激な映像(ヌードとか)はセンサー(検閲?)されてしまうらしいんですが、この映画はちょこちょこ女の人の上半身が出てくるので(1秒ずつくらい)、一緒に行ったタイ人の友達はその度に息を飲んでいました。普通の健康的な映像なんですけどね。で、内容としては、見終わってから分かったんですが、Crashersって掛けてあったんですねぇ。まあそういうベタなタイトルはハリウッド映画にありがちですけど。つまり、クラッシュ (Crash) してたんだけど、結局クラッシュ (Crush) しちゃったということ。って日本語で書くとなんだか分かりませんが、クラッシュ (Crush) はどちらかというと本気の愛というよりは「何がなんだかわからないけど夢中」というようなイメージがあります。「高校時代は彼に夢中だったの」というようなときに女の子が"I had a huge crush on him"というふうに使う感じでしょうか。って一生懸命英語の説明してますが、映画自体は個人的にはまぁまぁ好きだったけれど、ハッキリ言って駄作でした。最初の5分が一番面白かった。しゃべるしゃべる。あれがノンストップで続いてくれたら良かったのに。「迷いながらハグしてお別れするときのお尻をドアから半分だしてやる抱擁の中途半端さがいやなんだ」のところはアハハハハハハと笑えました。
[ DVD | 日本語DVD ]

カテゴリ:

Herbie: Fully Loaded

 | コメント(0) | Edit

20050803_herbiefullyloaded.jpgHerbie: Fully Loaded (2005), (C+)

タイ上陸後、初めて映画に行ってきました。女の子同士で見たので、こんなティーンネイジャームービーですが、私も結構好きなので良いのです。しかも大好きなカーレースだしね。でもナスカーだけど。話としては多少微妙だったかもしれません。昔のハービーを期待したのでちょっぴりガッカリでした。でもこれはこれなりにちゃんとターゲットがあって良いファミリー(子供)映画なのではないかしらと思いましたよ。最後がヒネリもなくああなっちゃうのがいいですね。"Crash"のときも書いた気がするけど、マットディロンこういうの上手ですよねぇ。感動します。邦題は「ハービー/機械じかけのキューピッド」だそうです。うーーーん。

ところで映画が始まる前にタイ国王さまの映像が、何故か大雨のタイの自然にかぶった映像が流れ(豊作の意味でしょうか)、国歌が流れ、映画館の中のみんなが立ち上がってそれを聞くのにびっくりしました。慌てて立ち上がりました。そして他に特記事項としては、映画一本100バーツ(270円くらい?)というところ。学生だと80バーツだそうです。映画たくさん見なきゃ!と思ってしまいますね!
[ DVD | 日本語DVD ]

カテゴリ:

Spanglish

 | コメント(0) | Edit

20050512_spanglish.jpgSpanglish (2004), (C+)

ホノルルから大阪へ飛ぶ飛行機の中で観ました。母娘共に美人さんでエキゾチックでスペイン語すら美しい気がしてきて素敵だったし、アイディア(エッセイでしたってとこ)もすっごく良い気がしたんですけど、どうしてあんなに最後は微妙だったんでしょうか。残念。アダムサンドラーも面白さなしってところが別の意味で新鮮でした。笑わせてもらえると思ったのに、素敵素敵の連続で、歌も歌わず、なぜアダムサンドラーだったの、と思ったくらい。でもTeaさんは良かった。しゃべりまくるところ。そしてしゃべりまくってないところも。邦題調べてません。日本に上陸するのかもわかりません。
[ DVD | 日本語未公開 ]

カテゴリ:

Sin City

 | コメント(0) | Edit

20050412_sincity.jpgSin City (2005), (D+)

いやぁ、私の好みではないことは最初っから分かっていたんですけどね。でもなんで観に行ったんでしょうか。マティネイ料金(5ドル)だったしいいか。でも皆さんの評価は高いみたいですよ。いいんです。私には芸術を理解するセンスみたいなものがないのでしょう。ブリトニーマーフィーの大根ぶりが際立ってました。ジェシカアルバは相変わらず超セクシー。映画の狙いでしょうけれど、女性が全くのセックスシンボルとしての存在意義しかなかったのがある意味すごかった。話の流れとしてはパルプフィクション、描写はキルビル(見てないけど)、という感じでしょう。タランティーノさん。邦題は未定とか。でも「シン・シティ」になるでしょう。「フランク・ミラーの」がつくかな。つかないか。さらに下に続きます。
[ DVD | 日本語DVD ]

カテゴリ:

Trapped

 | コメント(0) | Edit

20050330_trapped.jpgTrapped (2002), (C+)

完全誘拐のプロットがちょっとしたミスで崩れていって、という感じのストーリーラインはおお、と思わされたのでブロックバスターで借りて来て見たんですが、うーん、という感じ。ケビンベーコンってすっかりB級映画スターですねぇ。でもシャーリーズさんは相変わらず美しいです。そしてこれは多分ワシントン州が舞台。シャーリーズさんたち夫婦の自宅はSan Juan Islandsのどこかじゃないかなぁと思われます。そしてNorth Cascadeの山々も出て来たりして。I-5を走ったりしてなんとなくローカルで楽しめました。邦題は「コール」だそうです。原題よりなんだか良いのではないかと思われます。
[ DVD | 日本語DVD ]

カテゴリ:

Ladder 49

 | コメント(0) | Edit

20050302_ladder49.jpgLadder 49 (2004), (C+)

日本から帰ってくる飛行機の中で観ました。途中で、観始めたことをちょっぴり後悔しはじめてしまったくらい、私の好みではありませんでした。家族の苦悩とか、気持ちは分かるんですけど、まあそうなんですけど、うーん。好みじゃなかったとしか言いようがないですね。悲しいし、苦しすぎる。最後って、そうなの?とびっくりしたというか呆然としたというか、「この人はまあ大丈夫でしょ」という安易な安心感を持っていたのでヤラれた!と思って悲しくなりました。残念。っていうか、邦題が「炎のメモリアル」って本当ですか?信じたくない...。
[ DVD | 日本語DVD ]

カテゴリ:

Taxi

 | コメント(0) | Edit

20050208_taxi.jpgTaxi (2004), (C+)

"Mr. 3000"のすぐあとに、飛行機の中でやってましたので観ました。フランスの映画(テレビシリーズ?)のハリウッド版だそうです。プリビューで見ていた、車を止めるシーンも思っていた以上に普通でそんなに面白くなかったかも。クイーンラティーファも、もうちょっと男っぽくあって欲しかったような気がします。わりと女オンナしてました。シリーズ化を狙っていたのかもしれませんが、これだとちょっとダメな感じがしますね。残念でした。
[ DVD | 日本語DVD ]

カテゴリ:

Saved!

 | コメント(0) | Edit

20041225_saved.jpgSaved! (2004), (C+)

クリスマスだから、というわけでもないんですけど、宗教系ティーンムービーなんてどうかしら、と思って観てみたんですが、マンディムーアが主演ってわけじゃないところがすごいですね。マンディムーア、映画主演しまくりなんですけど全然ヒットしません。この映画もわりと評判よかったのに、彼女よりもJenaちゃんが主演だったんですね。彼女、ジョディフォスター主演の「コンタクト」の子役してたのに、大きくなりましたねぇ。子役が大きくビッグになったといえばスカーレットヨハンセンさん。彼女は、私の好きな映画である、ロバートレッドフォードの"The Horse Whisperer"(邦題「モンタナの風に抱かれて」)では14歳の生意気なガキ(失礼)って感じだったのに、すっかり美しくなられました。って、横道にそれましたが、このSaved!ですが、クリスチャンの誰もがぶつかるキリスト教の矛盾に、納得がいくような説明をつけてキレイにしちゃった感が否めないんですけど、普通のティーンムービーとして、そしてわりと大きめの人生の階段をふみはずしそうになっちゃった人々に希望を与える映画として、なかなか良いのでは、とエラそうにまとめてみました。想像通り、日本にはいってないみたいですね。DVD化も不明、邦題も不明です。
[ DVD | 日本語DVDなし ]

カテゴリ:

The United States of Leland

 | コメント(0) | Edit

20041223_theunitedstatesofleland.jpgThe United States of Leland (2004), (C+)

ブロックバスターにいっぱい置いてあって誰も借りてなかったので借りて観ました。これってノンフィクション?いろいろと考えさせられはするんですけれど、もはや誰のせいでもないというのが強調されすぎていて、それはどうなんだろうと思いました。誰かに責任を追及したところで意味はないんでしょうけれど、どこかで防げた、というのはあるんじゃないかと思いながら学びながら希望を持っているべきだ、と言いたいのかしら。We're only humanだから?邦題は「16歳の合衆国」だそうです。The Notebookのライアンゴズリングは良かった。
[ DVD | 日本語DVD ]

カテゴリ:

Men in Black II

 | コメント(0) | Edit

20041126_meninblack2.jpgMen in Black II (2002), (C)

テレビでやっていたので見ました。面白い部分もないし、敵も微妙だし、なんかどうなの?という感じですね。でもどうやらパート3も作っているとか作っていないとか。だいたいウィルスミスがねぇ。あと、デニューロライザー?普通に考えてありえないのは使わないほうがいいような気がするんですけどねぇ。いや、全体的にありえないんですけど、ああいう小さな部分は、「おおそうれは可能かも」と思える部分を残してあげるのが親切(?)というものだと思うんですけど。まあ、ギャグ映画だからどっちでもいいんでしょうけど。邦題も「メンインブラック2」。
[ DVD | 日本語DVD ]

カテゴリ:

 1  |  2  |  3  |  4  | All pages »

このアーカイブ内の全エントリ

  • Taxi (08 Feb, 2005)

アーカイブス

マンスリーアーカイブ

カテゴリ別アーカイブ