IMPACTのプレゼンテーション

 | コメント(0) | Edit

バタバタしつつも充実した1日が今日も終わりました。楽しかったような大変だったような不思議な感じです。朝からJillのクラスを受けて、クラスが終わってからJasonと今日の午後の待ち合わせについて語り合うこと30分。フットボールの話などしました。彼のルームメイトはフットボールチームの有名人なのです。

それから慌てて帰ってきて最近大活躍中のiMacちゃんでまたお仕事。ラボのグループを3人ずつ10班つくらなくてはいけなかったのにまだやってなかったのでした。あわててやり、ついでに生徒に配るプリントも更新。材料などがいろいろと違ったのを火曜日に見つけて大変だったのでそれを最初から書いておいたのでした。

それからお昼まで一人でせっせと壁に向かってプレゼンテーションの練習。最初は「こんなんで大丈夫かしら?」と自分でも心配になるほどめちゃめちゃでしたが、10回くらい練習したらだいぶんマシになってきたのでさらに練習。

12時をまわったのでまた学部に戻ってコピー室にてプリントを30人分コピーしました。それからラボの教室を見回ってなにか問題などはないかチェック。1時からクラスで、30分小さな講議をしたあと、キッチンに入ってもらってそれぞれの班毎に実験と調理をしてもらいました。そのあとみんなで集まってディスカッション。みんなにちょっとずつ発表してもらったり質問にこたえてもらったりなどでした。

そのあとみんなで試食をし、片付けをし、それからクイズ(小テスト)。みんな「簡単だったよ」と言ってくれてほっとしました。この調子で頑張ってもらいたいものです。私もやる気がわくというもの。それらすべてを3時50分までに無理矢理終わらせ、その後ダッシュで持ってきたワンピースとストッキング、パンプスに着替えました。ちょうどお化粧直しをし終えたころにJasonが登場。彼もちょっとだけキレイな格好をしていました。そして車に乗ってHoliday Innへ。そうです、今日はいつもここでも書き続けていたIMPACTというワシントン州の組織が開催しているプレゼンテーションの本番だったのでした。到着してから30分くらいあとに私達の番はまわってきて、とにかく必死でなんとかやりました。手ごたえは普通、といった感じだったのですが、ValやJasonは「かなり手ごたえを感じたね!」と騒いでいました。どうしてこんなに自信満々になれるんでしょう。

無事にいろいろ終わって嬉しいので、という理由で私達3人でお祝いをこっそりすることにして3人でおなじみSwilly'sに夕食に出かけました。もちろんValの奢り。私達は楽しいこと、これからのこと、今までのことなどいろいろを語り合って楽しく夕食を終えました。パスタおいしかったです。

それからJasonに送ってもらって学部のビルへ。すべてを片付けないままそのまま出てきたので片付けないと!と思ったのですが、実はもうひとりのTAであるShellyという超優しい人が全てを片付けていてくれました!びっくりです。明日かなりお礼を言わないといけないと思います。そして荷物を持って帰ってきました。プレゼンテーションの会場では、輸出入に関するトピックがたくさん語られていたし、日本への輸出をテーマにした研究も多く、メンバーの中には日本のことをたくさん知っていらっしゃる先生がたくさんおられたんですが、その中の一人である男の先生が、「マサミ、だったよね?プレゼンテーション良かったよ。実は今日は試作品の輸出用ゴボウをもってきているんだけど、いる?」と聞かれてしまいました。私はもちろん「はい!いただきます!」と満面の笑みで答えたんですけど、ゴボウ、2メートルくらいのが8本くらいあります。きんぴらにして、きんぴらにして、きんぴらにして、あと何にしましょう。

今日はそんなところです。あ、今日は給料日でした!嬉しいです。オフィスとPOボックスを学部にいただいたために、給料日がこれから1日早くなって9日と24日になりました。嬉しいです。しかも、前のバイトで日大のみなさんの為に働いた分の給料と、いまの仕事の初給料が一緒に来たので自分でもびっくりするほどの高額でした。しかも、自慢ついでにもうひとつかくと、帰ったら留守電に「WSU Checkが届いているので取りに来るように」というメッセージが入っていたのでした。なんだか私の学生アカウントから300ドルくらい余りが出たらしいです。私ったら貧乏のどん底からいきなりリッチです。どうしましょう。とかいって実は知れてるんですけど。日本で働いていた頃に比べたりしたら全然だし。でもやっぱり嬉しいですねぇ。

さて今日はこれからクイズの採点をして、クラスのペーパーを仕上げて寝たいと思います。おやすみなさい。

コメントする