« 1999年11月 | 1999年12月アーカイブ | 2000年1月 »

Shakespeare in Love

 | コメント(0) | Edit

19991227_shakespeareinlove.jpgShakespeare in Love (1998), (B)

結末が分かっているようでオドロキなようでなかなか良かったんですけど、私にはピンときませんでした。プリンス似の彼(失礼)がシェイクスピアっていうのがまず疑問だったのが私の失敗かも。アカデミー賞をとった作品なのに、私はきっと見る目がないのでしょう。もうすこし時が経てば良さが伝わってくるものなのかしら。邦題は「恋におちたシェイクスピア」。
[ DVD | 日本語DVD ]

カテゴリ:

8mm

 | コメント(0) | Edit

19991226_8mm.jpg8mm (1999), (D-)

恐かったといえばとっても恐かったんですけれど、ちょっと内容は下品でした。あまり好きにはなれません。でもハリウッドというところでスターになりそこなったら、結構ボロボロになるんだろうなぁ、とちょっと考えてしまいました。自分の器というものが見えない人は悲しいな、という感じ。邦題も同じく「8mm」。
[ DVD | 日本語DVD ]

カテゴリ:

皆さんはどんなクリスマスを過ごされました?私はとってもヒマなクリスマスでした。でも結構たのしかったんですけれどね。イブの日は一人でテレビをぼーっと見ていて、どの番組もクリスマスづくしだったので、だんだんイヤになってきて、というより私もウキウキしたくなってきて携帯の番号を知っている限りの友だちにたくさん電話をしましたが、当たり前なのか何なのか、みんな留守になってました。仕事か遊びか、とりあえず忙しいんだろうな、と思ってあきらめて、両親のために食事をつくりはじめたら、それから電話をかけた全てのヒトから電話が戻って来て、みんな結構仕事で忙しいけれど仕事が終わったらヒマなので遊ぼう、と誘ってくれました。でももう食事を作りはじめていたので残念に思いつつ断ったんですけど、私の悪友たちはみんな私と同じように結構ヒマなんだなと思うと「類は友を呼ぶ」という諺が浮かんできて笑えました。そのあと8mmという映画をDVDでみて(下品でたいしたこと無かった)その日はおしまい。

カテゴリ:

家のことをちょこちょこやったり、楽しみにしていた読書などに励んでいます。月曜日は母と一緒に障子の張替えをしました。といっても、我が家には和室は1部屋しかないので、雪見障子と窓1枚(横開きの窓2間分)と、それと折り畳み式の屏風(?)にしか障子ははっていないので特に大量でもないんです。それでも、「今は1枚張り用の大きな障子紙があるしラクラクだろう」という大方の予想をはるかに裏切ってその仕事はとっても大変なものになってしまいました。

カテゴリ:

水俣旅行

 | コメント(0) | Edit

週末を楽しく過ごしてきました。まず、土曜日には熊本県立大学の先生にお会いしてきました。実は先生は海洋生態学の先生なのですが、たまたま近くに食物栄養の研究室があったのと、御本人がコンピューターに詳しくていらっしゃったのとで、栄養計算のソフトを作られた、というのは前回書いたと思います。私はすっかり勘違いしていて、消費者向けのソフトだと思い込んでいたのですが、実はそれは栄養士さんむけ、特に学校栄養士さんむけのとても素晴らしいソフトでした。恐れ多いことに、前回のバージョンと今開発していらっしゃるバージョンをZipで頂いてしまいました。頑張っていろいろと使ってみて、どういった感じが、ここで是非紹介させていただこうと思います。

カテゴリ:

ニュースいろいろ

 | コメント(0) | Edit

1週間のんびりとして過ごしました。母はお陰さまで元気にしています。母のために書類をタイプしたり、ゆっくり本など読んだりして過ごしました。最近のお気に入りは、私が高校時代に好んで読んだ、マイクルZリューインというヒトの本。アルバートサムスンという私立探偵が主人公なんですが、今おもしろいなーと思って読み返しているのは、その私立探偵の恋人のアデルという女のソーシャルワーカーを主人公にした1冊です。「そして赤ん坊がおちる」というマザーグースの一節を題名にした本ですので興味がある人は是非。でも、これはアルバートサムスンのシリーズを読んでからのほうが一層楽しめるかもしれませんが。

カテゴリ:

帰国

 | コメント(0) | Edit

日本に帰ってきました。アメリカ時間での日曜日、日本時間では月曜日に到着しました。スポケンにAに送ってもらって、そこからシアトルまでのフライトはものすごい霧で一体どうなることやらと思いましたが、無事に到着し、それからすぐに大阪まで飛びました。大した遅れも無く11時間弱で到着しました。飛行機の中で2年くらいまでにWSUのキャンパスにいた、Tちゃんという大分出身の女の子に会って懐かしかったです。そんなにお話できなかったのがちょっと残念ですけれど。

カテゴリ:

初期化もすんで、OS 9の入ったiMacで書いています。なんかスッキリです。PRAMクリアをしたのもあるけれど、OS9を入れるとすべてのものがブルーベリーになってびっくり。やっぱりひとつひとつ工場出荷のときに設定してあるんですね。しばらくアピアランスはこのまま使おうと思います。そうそう、iMac Firmware Updateというのをやる必要があったのですが、それをやりました。起動のときに、プログラムボタンをクリップの先で押しつつシャットダウンすると、ピーという初めて聞く音がして、それからUpdaterが起動します。しばらく待つと、"Your iMac Firmware is now up-todate"というダイアログが出てきてあっけなく終わりでした。なんだか初めてやることだったので楽しかったです。

カテゴリ:

クラス終了

 | コメント(0) | Edit

最近ちょっと忙しくしていました。学期末なのでいろいろとやることがあるのでした。でも今日、水曜日で授業はとりあえず全て終わりました。なんだかほっとしましたね。あとやらなければいけないのはEating DisordersのクラスのTake Home Examだけです。これは結構力を入れて頑張らなければ。

カテゴリ:

10ギガ記念

 | コメント(0) | Edit

昨日はあれからHD交換をせっせとやりました。なんだか思ったようにうまくいかなくてちょっとイヤでしたけれど。というのも、そのHDは東芝製で、他のPC、あるいはマックの他のモデルのものだったらしく、ネジをブラケットに留める穴が違う場所にあいていたのでした。パワーブックは持ち歩くので、結構揺らしてしまう機会が多いだろうし、安定させておかないと不安なので、ドリルでブラケットに穴を開けてしまおうかとも思いましたが、断念してちょっと強めの両面テープを貼って、片側側面にネジをはめ込むことでちょっとタイトにして、ブラケットから外れないようにすることで解決しましたが、両面テープの具合によっては帯電してしまうかもしれなくてちょっと怖いです。でもまあ、確率は少ないだろうと思うので大丈夫かもしれませんが。

カテゴリ:

The Matrix

 | コメント(0) | Edit

19991202_thematrix.jpgThe Matrix (1999), (B+)

内容は、どこにフォーカスしたいのか、という意味でコンセプトがちょっと曖昧でしたが、なんと言ってもこの技術が凄くて目は釘付けでしたね!キアヌリーブスもすっかり痩せて前に輪をかけてステキになっていました。登場人物のハンドルネームがそれぞれ意味があって「なるほど!」という感じがしましたね。"Making"のクリップも面白かったです。初めてお金を出してDVDを買ってみた1枚です。おもしろかった。邦題は「マトリックス」。
[ DVD | 日本語DVD ]

カテゴリ:

フリーのプレゼント

 | コメント(0) | Edit

皆さんいよいよ年も押し迫ってきましたね!ここで書くのもナニですけれど、私は来年のお正月は喪中、ということで新年のごあいさつをひかえさせていただきます。

以前から書こう書こうと思っていたんですけれど、ちょっと嬉しいことがありました。私はマリークレールを月々読んだりしているんですけれど、毎月必ず、タダのプレゼントが載っているページがあるんです。今までも何度か頂きましたが、これがなかなか良くて、結構有名ドコロのお化粧品だったりします。先月のプレゼントはContradiction (CK)のボディポリッシャーでした。これが結構大きなチューブで、日本で普通に売られている洗顔料タイプのチューブより大きめな感じ。香りもとてもよくて(Contradiction)とても気に入ってしまいました。これでタダなんて本当に嬉しいですね。

今は午後の2時半なんですけれど、私はこれからちょっと出かけて来ます。私の昔のPowerBookちゃんの新しいHD(10 GB!)が届いたのでそれを交換するために工具を昔の職場に借りにいくのと、それから3時からはJ先生とのアポイントメントです。日本から帰って来ましたという報告をまだしてなかったので、母の状態を伝えるのと一緒にちょっとおしゃべりをしてこようと思います。ではいってきます!

カテゴリ:

このアーカイブ内の全エントリ

  • 8mm (26 Dec, 1999)

アーカイブス

マンスリーアーカイブ

カテゴリ別アーカイブ