« 2000年6月 | 2000年7月アーカイブ | 2000年8月 »

 1  |  2  | All pages »

懐かしの本棚から

 | コメント(0) | Edit

私は遠い昔、写真を撮る人になりたい、とユメを見たことがあるんですが、あこがれた偉大な写真家は、Ernst Haasというウィーン出身の偉大な方でした。写真集も持っていますが(その中でもThe Creationというのは格別にキレイ)、自分の本棚をいろいろ漁っていたら、「きみが住む星」池澤夏樹という本があって、表紙はErnst Haasの写真でした。パラパラとめくってみたら挿し絵というか挿し写真は全部Ernstのでした。偶然。

カテゴリ:

「私の青空」のさゆり

 | コメント(0) | Edit

毎日、絶対なずなちゃんとたいようくんを見ようと思っているのに、ついついいつも、見のがしてしまうので、土曜日は大学にも行かずに、朝の9:30からBS2にはりついて総集編を見ています。今週のやつは、けんと(どんな漢字かくの?)にムカついて、もう信じられない!!と思ってしまいました。彼って、筒井さんという俳優さんですよね?もちろん、役柄に怒っているんですけれど、あのドラマの中で、唯一、ダイコン入ってませんか?まあいいんですけれど。

カテゴリ:

栄養士会へ

 | コメント(0) | Edit

昨日と一昨日は、熊本県の栄養士会にいってきました。栄養士会の事務所は東町というところの県の健康センターの中にあります。最初の日は、私も今年一杯で、帰国してしまうことだし、今年度の最後の3、4カ月はもしかしたら熊本にいるかもしれない、ということで、そろそろ県の栄養士会にも再入会しておかなくちゃ、と思ったので、入会金などを払いに行ったのでした。それがなんと、1万7千円!!

そして、その事務所で、「栄養改善学会」という学会に入会費を払うことができるようなことを聞かされたので、ついでに払ってきました。それが5000円!もう信じられないほど高い!

カテゴリ:

読書録2

 | コメント(0) | Edit

日本に帰ってくるのを楽しみにしていた理由のひとつが、読書でした。お金もあまりないので、給料取りだった昔にくらべると、数は少ないですけど、毎日シアワセ〜と思いつつ、活字を追っています。

このまえ、7/8に読んだ本リストを書きましたが、それ以降に読んだ本:

「ダーウィン以来(上・下)」スティーブングールド
「朗読者」誰だっけ、ドイツの著者
「南へ」野田知佑(この人熊本出身です。カヌーイスト。)
「Bridget Jones's DIary」ヘレンフィールディング(この前読んだ、The edge of reasonはこの続編でした。)
「ハリーポッターと賢者の石」JKローリング(子供向きだけど、秀逸。)
「素顔のイギリス」加藤節雄
「火車」宮部みゆき
といったところ。

以前はアメリカ人作家の現代ハイテクミステリなんていうのを好んで読んでいた気がするんですけれど、私も変わりました。丸くなったというか四角になったというか。でも、その現代ハイテクミステリ、みたいなものは、意外と英語が簡単なので(あくまでも、他の文学作品に比べて、という意味で)、英語で読んだほうが安いだろうし面白いかも、と思ってしまう部分があるのかも。もう少し、いろいろ読んでからプルマンに帰りたいです。忙しさにかまけることなく。

カテゴリ:

災害日本

 | コメント(0) | Edit

カールのカマンベール入りチーズ味がおいしく感じる今日この頃です。日本は美味しいおやつがいっぱいあっていいですよね。ところで、昨日、何気なく、天気予報をみていたら、「災害のおこりやすい天気」というのをやっていたので、興味深く見ました。雨には3種類あるそうです。

1)長時間降り続く雨
2)短時間に集中して降る雨
3)長時間降り続き、時々集中的に豪雨が降る雨
この3つのうち、3番目の天気が、「災害を呼ぶ雨」なんだそうです。なんでも、地盤がゆるみ、全てのセッティング、条件が揃ったところで集中豪雨、というのはとても恐いらしい。そして、昨日のその気象予報士のお姉さんは、「明日あたり(今日の事)は3番目の天気になりそうです」と言っていたんですが...。

カテゴリ:

女人禁制

 | コメント(0) | Edit

この前、ちょっとフェミニズムのこととか書いたので、ひとりでじっくりと考えたり、母や姉と話したりしたんですけれど、私にはやっぱり納得いかないことがあります。それは、大坂府知事の大坂場所での知事杯授与のことについて。女人禁制の土俵に府知事をあげるわけにはいかない、伝統があるから、とかいう意見があり、それが普通にまかり通っているワケですけれど(この前は、結局代理の人が土俵にあがったの?)、私はそれに対して、キーキーと、女性差別だ!と叫んだりはしないものの、やっぱり結構確固とした意見があります。あるテレビ番組で、マスゾエさんって方がいらっしゃいますよね?あのヒトが、「伝統は守るべきだから、土俵のヨコに知事杯をあげる場所を作って、そこに府知事を出せばいい」なんていう解決策をおっしゃってたんですけれど、「え〜〜〜〜!?そうかな〜〜?」と声を張り上げてしまいました。それって全然、根本的な解決になってない。

カテゴリ:

日本消化器外科学会

 | コメント(0) | Edit

暑いです。日本の皆様、お仕事、お疲れさまです。本当に、こんな暑い中、外を歩いているスーツ姿の方を見かけると、心の底から尊敬します。私だったら絶対途中でヘバって、ヒンケツだとか言って、泣き言を言っていると思います。世の中、男女差別とかフェミニズムとか、イロイロ話題ですけれど、結局、こうして、私みたいに、結局は「女である」ということに甘んじてしまって、努力を、世の中の男の人よりもちょこっとだけ惜しんでしまうという部分で、女の人は弱いなぁと思います。世の中の強い女性の方々、本当にゴメンナサイ。

カテゴリ:

1周忌

 | コメント(0) | Edit

今日は、早いもので、うちの祖父の一周忌でしたので、お墓に行ってきました。息を引き取ったという、午後2:50に間に合うように、いってきました。いろいろと祖父のお墓の前で、伝えたりすることがあってこうして短い時間ではあるけれど、考えをまとめたりできてホントによかったです。

その後は、母の姉)の家が近所なのでケーキを持って遊びにいってきました。叔母も叔父も元気そうでした。小さい頃から病気がちだったという叔母ですが、今日はわりと元気そうにしていて安心しました。それからノンストップでおしゃべりを続けるうちの母をせきたてて、帰宅。ゆっくりするヒマもなく、それから大学に行ってきました。だんだんと、返信の手紙も来なくなってきました。来週の月曜日と火曜日に、統計と解析のやりかたをT先生に教わるので、だんだんと研究も進みそうです。頑張らなくっちゃ。

夜は、うちの両親がまとめている、とある協会の会計報告をワードでまとめました。そしておいしい御飯。今夜はNHKで、愉しみにしている番組があるので、それを見ようと思います。そのあとも、しばらく、ファイルメーカーを頑張って触ろうと思います!

カテゴリ:

ダーウィニズム

 | コメント(0) | Edit

部屋のクーラーの御機嫌が悪く、汗をダラダラとかきながらパワーブックちゃんに向かっています。暑すぎる。今日は午後から県立大学にいき、またデータをせっせと入力しました。途中で、お世話になっているT先生の授業を見せていただけるというので、3階にいって実験をみてきました。ウニの受精でした!水温をわざと高くしているので、ぐんぐんと受精し、ぐんぐんと細胞分裂し、そして原腸がぷりぷりとできていくのを、ライカの顕微鏡(多分何千万円するもの)でフラットでワイドな特大スクリーンにうつしてみてました。あの角っコのコーナーの機器(アップルG4を含む)のあれだけで、多分3千万円は下らないだろうと思われます。いろいろと面白かった。昔は女子大だった県立大学に、結構な数のオトコノコがいるのも違和感たっぷりでした。結局7時近くまでデータとにらめっこをし、それから帰宅。ひさしぶりに両親と食事をしました。楽しかった。

あと、今日はT先生にたっぷり本をかりてきました。小さいころ(といっても多分中学生くらいのころ)に一生懸命、チャールズダーウィンの種の起原とかを読もうとしてあまりの難しさとスケールの大きさに結局ダウンしたのを思い出し、「ダーウィニズムがすんなり分かる便利な本とか持ってらっしゃらないですか?」と幼稚な質問を繰り出してみたところ、「あ、あるよ!」と、簡単に5冊ほど貸していただけることになりました。嬉しい!これでしばらく眠る前はダーウィニズムにヒタることになりそうです。部屋が信じられないほどに暑くなってきました。今日は、階下にあるソファで寝よう。そうしよう。

カテゴリ:

アンリップ

 | コメント(0) | Edit

私のお気に入りの美容師さんはNさんといって、とっても上手で、いっつも嬉しくなるくらいにいい感じに髪の毛をしてくださるので、今日は、ウチの母をつれてそこ(Un rip)にいきました。カット、シャンプー、カラー、パーマとフルコースをした母はなんだかとってもステキになったので私まで満足しました。しかもねぇ、Nさんの魔法はしばらくしてからその効果が出るんです。スタイリングしなくてもどうにかなる。伸びてもおかしくない。などなどいろんな魔法。

今日は、バーバーリーブルーレーベルズでラメラメのネイル(1500円)とバーバリーローズのリップ(2500円)を買いました。それぞれ、手に持つ部分があのベージュのバーバリーチェックで見た目がカワイイ。リップは、それぞれのヒトの唇のpHにあわせてピンクの色が変わるスグレモノでした。しかも、スティックのとこがハート形!イマドキ、バーバリーでもないかもしれないけど、嬉しい買物でした。

それにしても、毎日秒刻みで過ごしてます。だって、買物したのこれだけだし。でもタイヘンタイヘンと言ってられる間がシアワセだと思うことにします。明日は1日中コンピューターに向かってデータを入れようと思っていたけど、叔母が来熊(熊本に来ること、ね。ライユウ)するので空港まで祖母とお迎えです。キャー、またハードスケジュールになりそうですが、頑張ります!

カテゴリ:

In & Out

 | コメント(0) | Edit

20000712_inandout.jpgIn & Out (1997), (B)

今日、DVDでIn and Outというのをみました。最初、差別的で、こんなの大丈夫?と思いましたが、実はあれはあれでおもしろおかしく、「ナンデモアリ」と人に訴えているんでしょう、と思って気が楽になりました。コメディです。面白かったです。主演がケビンクライン(ハワード先生役)。Jasonにどことなく似てるのも笑えたし。普通に笑えました。邦題も「イン&アウト」。
[ DVD | 日本語DVD ]

カテゴリ:

今日、なっがーい電話線をアメリカからAに頼んで送ってもらったので、それを自分の部屋にひきこんで、コンピューターのセットアップをしたため、もしかしたら部屋でゆっくりインターネットが今日からできるようになるかもしれまくて、ということはつまり、今までよりもマメに更新するようになるかもしれません。私としても、日々のことはキロクとして残しておきたいので、できるだけ更新したいんですけれどね。

母のコンピューターを使うときは、いつも使うミミカキエディットなどが入っていないこともあって(入れればいいんですけどね、なんだかメンドくさい)、通っている県立大学でもしかりです。メールチェックだって、どこかに書いたと思いますけれど、携帯のリモートメールでチェックしてしまうので、返事はかかないし、私ったら日頃の不精に輪をかけてさらなる不精となっています。

カテゴリ:

読書録1

 | コメント(0) | Edit

毎日暑い日々が続いています。昨日はなんだか楽しかった。うちの祖母と母と3人で買い物にいったりしたし。そのあと父と母と、パワー補給にウナギを食べにいったりしたし。大学にもちゃんと行きました。アップルワークスでせっせと作った、電話メモを大学の学生さんたちがちゃんと利用していてくれて、ワタシにメモを残しておいてくれて、とっても嬉しい。

本屋さんにも帰りに寄って、さらに4冊本を買って帰りました。活字とシカクい本たち。とてもとても恋しかったモノです。以下が日本に帰ってきた3週間前から今迄読んだ本タチ。それぞれの本たちの関係があまりにも脈絡がないので、単なる記録として書きます。あ、でもひとつの本の内容に影響されて次の本を読んでいるものとかあるのでそういうのは自分でもキロクしてて面白いかも。

「かぼちゃの馬車」星新一
「日輪の遺産」浅田次郎
「マッカーサーの日本(上・下)」週間新潮編集部
「内なる敵」マイクル・Z・リューイン
「十月の旅人」レイ・ブラッドベリ
「人間の幸福」宮本輝
「話を聞かない男、地図が読めない女」アラン・ピーズ、バーバラ・ピーズ
「ブリジットジョーンズ、ジ・エッジ・オブ・リーズン(秋冬編・春秋編)」ヘレン・フィールディング
「散歩とおやつ」銀色夏生
「辺境・近境」村上春樹
「辺境・近境写真編」松村映三Plus村上春樹
「ライカはエライ」田中長徳
「勝負の極意」浅田次郎
「明日のあなたへ」三浦綾子
「プラハの春(上・下)」春江一也

あとは、コンピュータ関連雑誌が4冊、女性誌(クダラナイ系)が3冊。文芸誌(とかいってもこれも週刊のよくあるクダラナイ系)が4つ。学会誌(栄養改善学会誌、栄養日本など)が4つ。臨床栄養3つ。食生活5コ。栄養と料理(クダラナイ系)1冊。日本にいらっしゃる方で、「この本はおもしろいよ!」というようなのがあったら、ホンキで是非おしえてください。飢えてます。多分。

カテゴリ:

毎日暑いです

 | コメント(0) | Edit

じめじめ、蒸し蒸し、毎日暑いです。昨日は夜遅くまで、県立大学でせっせといろいろやりました。今日はフォローアップのハガキを出します。こんな感じで研究も順調です。

今度、宮崎で学会があるという姉ですが、ちょっと便乗して宮崎まで行こうかと計画中です。熊本から宮崎までのシャトルバス(!)が無料らしいし。オーシャンドームを1日貸し切るらしいし。実は学会の内容もちょっと気になります。「手術のコツ」という結構スゴい題名の講演のことがチラっと書いてありました。そんな漠然としたコツがあるのか!?

カテゴリ:

ごぶさた

 | コメント(0) | Edit

なんだかすっかりごぶさたしてます。いつもメールチェックはしてます。メールくださる方々、どうもありがとうございます。母のiModeでリモートメール機能を使ってチェックするのがホトンドで、なかなか返信する気がおきずに困ってます。やっぱり数字キーをぴっぴっぴっぴっぴっぴっと、永遠に押すのはつらいですね。二行くらい書いて、汗かいてマス。

Journalも7/1に長篇を私のpowerbookでかいたんですが、なかなか繋がないので、Webにのせてません。いろいろと私の身の回りでも進展があって結構ドラマティックな日々を送っているのに。記録しとかなきゃ、とは思うんですけれど。

長崎にも行ってきたんです。懐かしい恩師や友人に会って、おいしいモノを食べて、きゅーっと感傷的になってしまうような場所を歩いて、写真をとって。楽しかったです。ふと思ったんですけれど、ここにJournal代わりに書くのもいいですね。母のストロベリーのiMacからでした。

カテゴリ:

 1  |  2  | All pages »

このアーカイブ内の全エントリ

アーカイブス

マンスリーアーカイブ

カテゴリ別アーカイブ