« 2000年10月 | 2000年11月アーカイブ | 2000年12月 »

Unbreakable

 | コメント(0) | Edit

20001129_unbreakable.jpgUnbreakable (2000), (D)

アイディアはいいと思うんですけどね。まさかコミックブックが出てくるとは思わなくてびっくりしました。あと息子が泣くシーン。ダメダメでした。これがいいと思うひとはいるのでしょうか。いやいるのかも。私は見終わったあと、いったいなんだったんでしょう、という感じになりました。アクション映画を期待して行ったのにちょっとサイコスリラーかクリミナルインセインか、という感じでした。最後はえ!!となりましたが、ちょっと映画のお金を返して欲しい気分になったのは確かかもしれません。それかもしかしたら私は映画を見る目がないのかも。邦題も「アンブレイカブル」。
[ DVD | 日本語DVD ]

カテゴリ:

アリゾナへ

 | コメント(0) | Edit

ハリウッドを離れ、ヘザーちゃんの運転でPhoenix(アリゾナ)までのロングドライブをして到着したのは真夜中ちょっとまえで結構ハードなスケジュールでした。Hはその親友のHeatherちゃんのところに泊まり、しばらくアリゾナを観光したり買い物したり遊んだりしたらしいのですが、そこから私達は別行動で、例によって例のごとく、レンタカーを借りて、ナショナルパークなどを回ろうということになり、3日間、最高行をしてきました。今回の旅のお伴はこの赤いネオンくん。アリゾナナンバーがかわいいやつです。

カテゴリ:

実は、数カ月前に、Web上で、TVショウのフリーチケット(収録見学ができるチケット)が当たってしまったんです。しーかーも、昔私が、「今一番好きなドラマ」とまで書いた、"That 70's show"のチケットだったりします。そうです、あのアメリカのシットコムでお馴染みの、例の「観客の笑い声」というのがありますよね。あれです。あの一員になってきました。LAでの収録だったので、感謝祭のお休みを利用して飛行機でぷーっと行ってきました。写真は途中で飛行機からみえた、我がワシントン州が誇る、セントヘレンズ山。雪で覆われていても、十数年前の大噴火でふっ飛んでしまった片側がくっきり分かることでしょう。

今回一緒だったメンバーはAさん、H、Heatherとそのお友達と私の5人。というのも、チケットが当たったという話を友達のHに話したら、「私も行く!」ということになって、彼女がもともと遊びにいくはずだったアリゾナの彼女の親友のHeatherちゃんという女の子もLAまで車で迎えにきてくれて、一緒にそのショウを見る!ということになり、そのHeatherちゃんのお友達のコ(私もHも会ったことないひと)も来る、ということになりゾロゾロとテレビ収録見学に行くのでした。ちょっと田舎者参上!って感じそのままで、恥ずかしいけど、せっかくのチャンスだし大好きなショウなのでとっても楽しかったです。

カテゴリ:

うちの母から荷物が届きました。うちの母はめったにいろいろと送ってくれないかわりに、送ってくれるときはものすごくたくさんの量を送ってくれます。そしてこれは毎回言えることですが、送ってもらうものは、いつも「びっくり玉手箱」という感じで、中から何が出てくるのか分からなくてワクワクします。今回はお金のない私に優しいお姉様とお母さまが洋服をたくさん送ってくれました。そして寮生活で不便な私に大好きなお菓子や簡単な食品も送ってくれました。こういうのはもし頻繁に来ていたら感謝のココロを忘れてしまうものかもしれませんが、こうしてタマにどーんと来ると感激で思わず涙を流してしまうくらい嬉しいものです。お母さんありがとう!

カテゴリ:

日本でもニュースになったみたいですが、私の住む町プルマンから北に1時間半ほどのところに、シアトルに次ぐ、ワシントン州第2の都市であるSpokaneという町があり、そこで日本人の女学生が数時間拉致されてしまったということでローカルニュースが騒いでいます。暴行されたかどうか、などの詳しい部分はまだ分かっていないらしく、また私もしっかりニュースを見ていないので、そこまで詳しくはまだ分かりませんが、どうやら2件あるらしく、ひとつは「むこがわ(漢字が分かりません)女子短大」のスポケンキャンパスで、もうひとつはゴンザカ大学という私立の大学で起こったみたいですね。どちらも日本人の若い女生徒が被害者で、どちらもアメリカ人の加害者が「ダウンタウンまで乗せていってあげるよ」などという誘い方で拉致したらしいです。

カテゴリ:

初雪が降りました

 | コメント(0) | Edit

とうとうこの日がやってきました。初雪です。去年は帰国していて、初雪を逃しましたが、1998年はプルマンは11/9に初雪が降ったみたいです(1998年11月10日の日記参照)。そしてどうやら1997年は12/8だったみたい(1997年12月8日の日記参照)。ということは、1997年は本当に暖冬だったの?という気分です。でもそれ以前にも異常に寒い日々が続いていたような気もしますが。それにしてもそのろの日記は、フォントも大きく、画像も大きく(これはリンク切れで、今は画像は見えなくなっています)、なんだか幼稚に見えるので面白いですね。文体も結構違うかも。ところで写真は、今私が住んでいる寮のドアの前。この寮は長屋のようになっている寮で、ひとりひとつづつ、中庭のようなものがあります。

カテゴリ:

20001105_mailandinternetsurveys.jpgMail and Internet Surveys: The Tailored Design Method (Don A. Dillman)

10/27から10/31までは、ブッキーというキャンパスにある本屋さん(というよりいろいろ売ってますけど)がハロウィーンセールをやっていて、なんと、全てのGeneral Books(教科書などではなくて)が25%オフということだったので、私は10/30に行ってきました!うちの大学の教授や、うちの大学の卒業生が書いた本がWSU Authorsというところに並んでいるのですが、欲しいものばかりだったので、このときとばかりに、私も個人的に知っているディルマン先生の本を2冊と、もう一冊、まとめ買いしました。写真の本以外に買ったのは、How to conduct your own survey (Salant & Dillman)という本と、Eating disorders; How to recover (Jennifer Darakjy)という本。さらに下に続きます。
[ 洋書籍 | 日本語訳書 ]

カテゴリ:

また負けちゃった

 | コメント(0) | Edit

日曜日です。昨日のフットボール、うちの大学のクーガースは、私が同時に応援している、オレゴン大学のダックスとの試合だったんですが、いやぁ、いい試合でした。オレゴンダックスは、今年はうちのリーグで一番強い、という噂で、全米でも7位のランキングなんですが、それでもクーガースは終わり8分くらいまでずっとリードしていました。このままでは勝ってしまう!と興奮したんですが、なんと同点にされ、またまたオーバータイムへ。オーバータイムはこれでうちの大学はこのシーズン3回目なんですねぇ。そして前の2回と同様、負けました。がっかり。

カテゴリ:

なんだかとても久しぶりに日記を書く気分です。いいことが起きました。それは私が買ったもの。Handspring社のVisor Prismという新しいPalm互換機です!どうしてこれを買うことになったかというと、実は私のある友人がカジノで信じられないバカ勝ちをして、そのときタマタマ隣にいた私が、SSNを持っていただけで、Winnerの肩代わりになり、そしてその友人のとてつもない好意によりVisor Prismが購入できるくらいのお金をいただいてしまったのでした。H、ありがとうね!

カテゴリ:

アーカイブス

マンスリーアーカイブ

カテゴリ別アーカイブ