« 2000年12月 | 2001年1月アーカイブ | 2001年2月 »

今日は早朝からスポケンに行ってきました。Aさんが日本にしばらく帰るので送ってあげたのでした。日本でもがんばってほしいと思います。

それから一緒についてきてくれたHとふたりでDaily Grindに寄って、コーヒーを飲みながらちょっとお勉強。そして私はオフィスに行くことにし、Hもつきあってくれることになりました。何気なくValとミーティングだったので彼女のオフィスに行ったら、「私と話す前に、Al(学部長)がお話があるそうだから」と言われたので「??」と思いつつも行ってみたら、なんと私がTAをしているクラスのもうひとりのTAであるShellyが結構深刻な病気らしい(脳に関係するらしいです)ということが分かり、彼女はとても心配しているので、とても教える気になれない、ということで彼女が教えているクラスもしばらく私が教えることになってしまったのでした。週に4つのクラス。しかも早朝7時半から。なんということでしょうか。でもがんばるしかないのでなんとかします。

カテゴリ:

Save the Last Dance

 | コメント(0) | Edit

20010128_savethelastdance.jpgSave the Last Dance (2001), (B+)

MTVフィルムが参加した、音楽いっぱいの映画でした。ヒップホップとバレエの組み合わせは思った以上に良くて、なんだかモサかわいい感じに感動しました。あんな風にヒップホップを教えてくれる人がいたらいいなぁ、と思ってしまいますよねぇ。ブラックコミュニティというのはこういうカッコ良さもあるけれど、カッコ良さのためのイキがりみたいなものがわりとシリアスな問題になっていて、いつもうーん、と考えさせられてしまいます。こういうティーンムービーみたいな普通の映画にあたりまえのようにこういう明らかに若いギャングの社会が描かれているのを見ると、これは映画なのか現実なのか、となんとなく麻痺した気分になります。実はアメリカの暗い部分なのかもしれないのに、こんなに陽気なのはなんでだろう、とかそういう気分。いや、映画自体は全くそんな難しいテーマではないです。明るく、あくまでもドラマティック。邦題も同じく、「セイブ・ザ・ラストダンス」。
[ DVD | 日本語DVD ]

カテゴリ:

突然ですが、私は昔、極度の尖端恐怖症で、鉛筆の先を50センチくらい離して見るのもイヤがるほどでした。それなのに、うちの父ときたら、大の「ナイフ好き」で、私ももはや、彼が一体全体何本のナイフを所持しているのか考えたくないくらいで、そんな尖端恐怖症の私の目の前でナイフを出して磨いたり、悦に入ったり(?)していたのでした。そのとき私は、「そんなに何本もナイフを持って、何に使うんだろう?」と不思議に思ったり、「嫌な趣味ねぇ、もっと実用性のあるものにお金を使えばいいのに」と余計なことを思ったりしていたものでした(お父さんごめんね)。

20010125_cybertool.gifところが、どうやら私は年令と共に変わってしまったようです。今は尖端に対して何の恐怖もわかないし、しかも、認めたくないんですがナイフを無意識に好きになってきているかもしれません。半年程前に購入した、私のCyberToolというナイフに対しては、信じられないことに「かわいい」という気持ちさえ持ってしまっています。写真がそのナイフ。一般のSwiss Army Knifeと同じような外見に見えるかもしれませんが、実はこの赤い部分はトランスルーセント。透けているんです。Cyber Toolという名前の通り、なんと、コンピューターを分解したりするのにかなり適しています。驚くべきなのはドライバー類。合計9種類のドライバーをセットすることができて、それが微妙にこのコンパクトなナイフの中に組み込まれています。他にも、コンピューターのヒンジなどを固定するニッパー、シャープな切れ味のハサミ、わりと頼れるピンセット、最後の最後までそれと分からなかったボールペン、などがあります。メモリ増設、ハードディスク交換なども、これ一本ですべて終わってしまいます。定価は80ドル前後だと思いますが、私はこれを48ドルくらいで手に入れました。

カテゴリ:

更新頻度が少なくなるかも、と書いたのは昨日のことなのに今日もさっそくこうして書いています。朝っぱらからオフィスで「やらなければならないこと」を避けて避けて、なんとなくフラフラとしてます。

ところで昨日から勝手に恒例にした日めくりカレンダーの5 things to be happy about。

  • a vacation from your problems
  • New Balance sneakers
  • catching your favorite show
  • the artist's atelier
  • pro bono

私もニューバランスは大好きでよく履いてました。今はうはかないけど。でもお店で見かけると、「あーこの新しいの!」などと思って触りにいってしまうので、私の中でもhappyなことかもしれません。あ、もう11時です。今日のラボのためにクッキーを焼かないと。

カテゴリ:

私はこうしてアメリカで生活しはじめて、もうまもなく5年になるところなんですが、「自分の英語力」に対して考えるのがちょっと億劫になっている時期でもあります。テレビを観たり、ラジオを聞いたり、映画を観たり、アメリカ人の友だちとお話したり、いろいろな手続きをしたり(契約、売買、交渉、など)、クラスを受けたり、クラスを教えたり、と考えうるいろんな場面を思い描いたとき、私の英語力は、「困らない」レベルだったりします。

カテゴリ:

明日からTAをしているラボが始まります。今日、シラバス(クラスの説明を書いた紙)を作り終えて、コピーもしました。そしたら、もうひとりのTAでありLab AssistantでもあるShellyが、「いいなー私にも作って」というので名前と電話とオフィスアワーだけを書き換えて彼女にも作ってあげました。私もどうやらこのクラスのTAはこの学期が最後という感じですが、こうして私なりのいろんな工夫である、Review Sheetsなどがこれからも残ってくれそうなので、なんだか嬉しいです。

カテゴリ:

紙飛行機

 | コメント(0) | Edit

最近、私はiMacを含めた全部の私のコンピューター関連のモノをオフィスに移動させました。だからこれを書いているのもオフィス。朝の8時から私の「フル」コンピューティングシステムに触れるのはいいですね。私のオタクぶりがオフィスメイトにバレないように、がんばって何気なく使うようにします。でもオフィスでホームページも更新することにしたので、これからは更新の頻度が下がってしまうかも。でもそうならないようには気をつけます。

私のオフィスといえば、日めくりのカレンダーを今年から置くことにしたんでが、私が選んだのは"14,000 Things to be Happy About"というもので、1日に5コ、「ハッピーなこと」が書いてあるだけのカレンダー。いろいろと面白いことが書いてありますが、今日、1/22のハッピーなことには共感するものがあったので書いてみます。

  • teen culture
  • fierce mental labor
  • paper airplaine books
  • an observation deck
  • a thermos of soup and ahunk of bread

とくに3番目の紙飛行機の本は、私も実は3さつほど持っていたりします。作るわけでもないんですけれど、タマにパラパラと見たりして幸せな気分になったりします。でも正直いって、私は実は「本」の四角い感じがだいたい好きなので、紙飛行機の本じゃなくてももしかしたら幸せな気分になるかもしれませんが。あと、4番目の「展望台」もいいですよね。展望台という言葉の響きもいいし、Observaion Deckという響きも素敵な感じがします。だいたい、Deckという単語自体が、なんというか、「陽射し」とか「ぽかぽか」とか「木目」とかそういう優しい感じの雰囲気を連想させてくれるのでいい感じがするのかもしれません。

カテゴリ:

Traffic

 | コメント(0) | Edit

20010114_traffic.gifTraffic (2000), (A-)

重い映画でしたが、私はよかったと思いました。途中で、「2通のレター」に関するジョークがあるんですが、それもよかったです。どんなジョークかは下のほうにバラしておきます。映画を見たい人は見ないでくださいね。このジョークを裏から見ることで、「これは誰にもどうしようもない」と完全に絶望的に思えることでも、誰かが何かをしなくちゃいけない、ということですね。無理でも、何かをしようとすることが最初のステップだということ。絶対なくなる問題じゃないけど、なくすようにする努力は無駄じゃない。日本だと「いじめ問題」とかもそうかもしれませんね。レベルが随分違いますけれど。考えさせられました。邦題も「トラフィック」。
[ DVD | 日本語DVD ]

カテゴリ:

今日、USDAのプロポーザル(私の博士課程のプロジェクトになると思われるプロポーザル)を提出しおわりました。全部で73ページ。実際のプロポーザルの部分は20ページくらいなんですけれど、その他の書類がすごくて。それぞれのPIのサインが必要だったり(スポケンやモスコウの教授たちも一緒です)、全部に通しのページ番号が必要だったりして、それはもう大変でしたがなんとかなりました。お金をもらえればいいですけど。あまりに巨額なので私は予算の部分を担当しながらびびりまくりでした。どのくらい巨額か、こっそり教えると、円でいえばケタが8-9コもあります。私がしらなすぎるだけで、こういうのって普通なのかしら。

カテゴリ:

新年はじめの更新です。ごあいさつ遅れました。今年は、以前にも書いたように、「余裕をもつ」年にしたいと思います。ここを読んでくださっている皆さん、これからも細々と更新していきますのでどうかよろしくおねがいいたします。

さて、年末は穏やかに暮らしましたが年始はどうだったかというと初日の出を見に行ったりして楽しく過ごしました。あとはフットボールフットボールフットボール、という感じ。いろんなボウルゲームを見ましたが、ローズボウルも面白かったし、UWが勝ってなんだか嬉しかったです。それにしてもフィエスタボウルでのオレゴンステイトはすごかったです。あんな圧勝したりしていいんでしょうか。

カテゴリ:

アーカイブス

マンスリーアーカイブ

カテゴリ別アーカイブ