« 2001年1月 | 2001年2月アーカイブ | 2001年3月 »

Moscow Jazz Festival 2001

 | コメント(0) | Edit

土曜日はアイダホはモスコウでJazz Festivalでした。実は水曜日から連夜コンサートがあっていたんですが、私は最後の日のGiants of Jazzと銘打たれたコンサートをHとふたりで見に行きました(後日、オフィスメイトのStephaneと話していたら、「私も行きたかったけど一緒に行く人がいなくて諦めたのに!どうして誘ってくれなかったの?」と言われた)。最初から最後までステージに釘付けで、いつのまに3時間たったのか分からないくらい、本当にすばらしかった。Lionel Hampton氏はもう100歳近いのですが、最後の最後にきれいなジャズピアノの演奏に合わせるような合わせないような、たどたどしくも力強い声で、ルイアームストロングのWonderful Worldを歌いました。

カテゴリ:

今日で2月が終わりだなんてちょっと信じられません。待って!という感じ。でも春が近付いてきていると思うと、ちょっと嬉しいですけれどね。今日はValと一緒にこれから5月までの予定をなんとなくたててみましたが結構タイトなスケジュールになるらしいことが分かり、気分的に、ひー!という感じ。でも私が頑張ればどうにかなりそうなので、頑張りますけれど。

それにしても先週は楽しかった。最近いっつも一緒にいるHと、オフィスメイトのDebbieと、お友達で大学院生のKさんとKさんのアメリカ人の旦那さん、それからDebbieの友だちのタイ人の男の子、そして私が昔働いていた英語学校の英語の先生であるJennieとでDebbieの家にあつまってちょっとしたDinnerでした。Debbieが本気でおいしいタイチキンを作ってくれて、そのお友達の男の子もタイの豚肉の炒めものを作り、Kさんが春雨のサラダのおいしいのを作ってもってきてくれて、そして料理があまり好きではない私は、ラボで教えている料理ならラクに違いない、と思い、Hを連れてラボでケーキを焼いて、欲張ってValにも焼いたら見事に失敗しました。焼き足りなかったらしく、シワシワとしぼんでいくケーキ。

カテゴリ:

私がいま、アドバイザーの家にホームステイしている(というより居候している、と言った方が近いですね、お金を払っているわけではないので)のはもう書いたと思いますが、バレンタインデーにアドバイザーの御主人である、Joeからハートのクッキーをいただきました。しかもダズン(12枚)。クッキーもアメリカぽい色をしているものの結構おいしくて嬉しかったんですが、何が一番感動したかというとやっぱりカード。カードには、"To Our Special Daughter"と書いてありました。Joeは照れながら、「あなたのBiological Fatherに対抗しようと思っているんじゃないけど」と言ってましたが本当に感動してしまいました。そんなふたりの気持ちを裏切ることがないようにこれからちゃんと頑張っていろいろやっていこう、という気分になりました。

カテゴリ:

Hannibal

 | コメント(0) | Edit

20010222_hannibal.jpgHannibal (2001), (D)

邦題も「ハンニバル」。ちゃんとした大掛かりなすごい映画なのかもしれませんが、「恐すぎる」というよりは「気持ち悪すぎる」という意味で私はダメでした。最後のディナーのところなんて、ちょっと待って!ダメ!という感じ。見ていられませんでした。"Silence of the Lambs"(邦題は「羊たちの沈黙」)がいくら成功したからといって、こんな映画を作る必要がどこにあったんでしょうか、という感じ。あまりにひどくて、いろんな人に「これ観に行ったら後悔するよ」と言い回っていたら、みなさんあまのじゃくなのか、めったに映画なんかいかない人でも観に行ったみたいでした。「ダメ」っていわれると観たくなるんでしょうね。でも絶対後悔すると思うんですけどね。スプラッターなおどろおどろしいものが大好き!という人以外は。
[ DVD | 日本語DVD ]

カテゴリ:

The Gift

 | コメント(0) | Edit

20010218_thegift.jpgThe Gift (2000), (C+)

どんな映画か全く知らずに映画館に入ったので、これはどうやら恐い映画らしい分かってきたとき、映画の途中でとってもとっても驚きました。本当に恐かった。効果音など。でもやっぱりどこかでウソっぽいのでなんだかなーという感じではあったんですけど。でも夏の日にちょっと怖い映画をみんなで見ようよ、なんてオケージョンにはいいかも。きゃーきゃー言えるし、ひょっとすると男の子はお目当ての女の子がしがみついてくれたりもするかもしれません。キアヌのあまりの脇役ぶりにギャーギャーも言えるかもしれません。邦題も「ギフト」。
[ DVD | 日本語DVD ]

カテゴリ:

The Wedding Planner

 | コメント(0) | Edit

20010218_theweddingplanner.jpgThe Wedding Planner (2001), (A-)

私はあんまりジェニファーロペスが好きじゃなかったのでこの映画には期待せずに観に行ってしまったのですが、実はとってもいい映画でした。これは私が女だからそう思うのかしら。ドールハウスが出てきたところで号泣でした。良かったです。マシューさんの魅力はあのテキサス訛りだと思うんですが、彼はどうやらオーストラリアでも働いた経験があるということで、やっぱり話す時のイントネーションが特殊でいいですよね。そしてなんとなく農場にいる気さくなお兄さん的な要素がいいのかもしれないなーと思いました。小児科医ってのもベタだなぁという感じがしないでもないですけど。でもこの映画はしっかりアメリカでは売れてましたね。これがあったからこそジェニファーロペスもマシューマコーニーも続けざまにロマンティックコメディに出演してました。これ以外はダメっぽかったですけど。邦題も「ウェディングプランナー」。
[ DVD | 日本語DVD ]

カテゴリ:

Kiss Me!

 | コメント(0) | Edit

Happy Valentine's Day!ということなので写真をとってみました。昨日、ディズモアズで見つけたチョコレートについていたもの。それぞれのピンクのTシャツには"Kiss Me!"って書いてあります。とってもカワイイ。日本のみなさんは昨日がバレンタインデーだったと思うのですがどんなバレンタインデーを過ごされたんでしょうね。

カテゴリ:

ワークアウトの日々

 | コメント(0) | Edit

ちょっと御無沙汰していました。忙しいのも比較的落ち着きました。Heatherという私の元クラスメイトは、もう修士は終わって結婚、出産などしていたのですが赤ちゃんを連れてきてもいいという条件でShellyのかわりに働いてくれることになったんです。あとGladysが食品の買い物などに行くことになり、私が午前中のクラスを、Brendaという私と同じ修士の生徒が午後のクラスを教えることに落ち着きました。とにかくいろいろ混乱していたのがスッキリしただけでも私は嬉しいです。

カテゴリ:

Seven

 | コメント(0) | Edit

20010208_seven.jpgSeven (1995), (C-)

ストーリー展開とか映像技術とかスター性とか話題性とかそういうことではなくて、いや、もしそういうことが映画というのならAに限りなく近いのかもしれませんが、私にとってはこれは映画にするテーマじゃないと強く思ってしまう映画だったので、評価低いです。本当に恐くて気持ち悪かったけれど、こういうのがやっぱり映画になるべきだと思う人もいるのかもしれません。ハラハラして目をはなせない感じがあるのは確か。でも何度考えてもやっぱり犯人はヒドいし、しばらくこの映画の後味が私の中から抜けなくてとても嫌な感じでした。こういう批評をすると、「恐いもの見たさ」で見たくなる人もいるのかもしれませんが。20歳以下は見ちゃ駄目ってことにしてほしい感じ。邦題も「セブン」。
[ DVD | 日本語DVD ]

カテゴリ:

大忙し

 | コメント(0) | Edit

あんまり忙しい忙しいって言うのも聞くのも好きじゃない私ですが、さすがに忙しいです。叫びたくなります。それにしても、忙しいと、どういうわけかここの更新が頻繁になる私って何なんでしょう。多分、これを書きながら、やらなくてはいけないことややりたいことなどをぼんやり考えたりできるからでしょう。それか単なる現実逃避かも。少なくともコンピューターに向かって何かやりながらの逃避。

カテゴリ:

このアーカイブ内の全エントリ

アーカイブス

マンスリーアーカイブ

カテゴリ別アーカイブ