« 2002年4月 | 2002年5月アーカイブ | 2002年6月 »

20020526starwars2.jpgStar Wars: Episode II - Attack of the Clones (2002), (B-)

スターウォーズ、やっぱりエピソード1のほうが良かった。カーレースが良かった。今回もカーチェイスがあったけど、なんとなく微妙だった。おたくモード全開ってかんじ。邦題は「スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃」。まぁそのまま。私はどうしてもスターウォーズに「おお!」となれない感じがしますねぇ。アナキン役の青年も微妙。
[ DVD | 日本語DVD ]

カテゴリ:

Spider-Man

 | コメント(0) | Edit

20020520_spiderman.jpgSpider-Man (2002), (B-)

話のスジとしてはティーン映画オトコ版みたいなノリで、アクションはバットマンとメイトリックスを足したような感じでした。でも壁を登るシーンとか、撮影のやりかたが分かってしまうような感じで、ビルを飛び移るシーンとかもどことなく違和感がただよい、微妙でした。次回作の敵まで分かってしまうオチでしたが、今回も次回も、敵を憎めない感じなのでスッキリしないなぁ、と思ってしまいます。まぁきっと、それが狙いなんでしょうけれどね。敵=悪、という図は現実的じゃないからね。でも現実的じゃないからこそ、こういうヒーローものは楽しいのかと思っていたのでB-です。邦題も同じく、「スパイダーマン」。
[ DVD | 日本語DVD ]

カテゴリ:

夏学期:テニス部発足

 | コメント(0) | Edit

今日から夏学期が始まりました。とはいっても、私は夏のクラスは取らないのであまり関係ありませんが。仕事も16日付けで夏の仕事に切り替わるので区切りは15日になりそうです。でもいきなり、昨日くらいからプルマンはすっかり夏です。昨日は気温が華氏77度まで上がって、本当に真夏みたいでした。土曜日に卒業式が終わったのであっというまに人の気配が減り、プルマン、多分いつもの半分以下の人口になっているのではないでしょうか。

カテゴリ:

5月の予定など

 | コメント(0) | Edit

4日から8日までシアトルに行ってきました。収穫としてはHと一緒にU. Districtにいったときに見つけた紅茶のお店、Queen Maryがなんだか楽しかったこと(Hとふたりで、お互いに、自分のお母さんが好きそうなお店だという意見で一致)とか、今まで私がマリナースの試合を見にいくとマリナースが負けるというジンクスをさらに信用できるものとしたこと(ハイ、4-1で負けました)、IKEAでイスを買ってきて、もうあの壊れやすい椅子に座らなくていいこと、などなどでしょうか。シアトルはいいなぁ。すごく楽しかった。

カテゴリ:

Amelie

 | コメント(0) | Edit

20020510_amelie.jpgAmelie (2001), (A-)

かわいいフランス映画でした。原題は、"LE FABULEUX DESTIN D'AMELIE POULAIN"で、"AMELIE FROM MONTMARTRE"という意味らしいですね。アメリカでの題名は普通に"Amelie"。邦題も同じく、「アメリ」。ホントはAをあげたいところなんですけど、全員にウケるわけではなさそう、としっかり思ってしまったので、A-です。やっぱり、「これはいい!」ってオススメできるものだけにAを付けておこうと思いました。特に、男の子はこの映画はダメな人もいるだろうなぁ。でも本当にカワイかった。キッチンがカワイイ。あんなふうなキッチンにしたい!と強く思います。
[ DVD | 日本語DVD ]

カテゴリ:

ドイツから電話

 | コメント(0) | Edit

今日は1日本当に天気がよかった。気分がいいですねぇ。でも今日は一日おうちでコンピュータに向かっていました。オフィスで仕事すればいいんですけど、なんとなくやる気になれないんですよねぇ。マックじゃないのが原因かも。

ところで今日は嬉しいことがありました。ドイツにいったDebbieから電話がきたんです。すごく久しぶりで本当に嬉しかった。彼女がここにいるあいだは、イラっとさせられることも多かったような気がするんですが、もう全部忘れちゃいました。今はとにかく会って遊びたい気分。ドイツ。行きたいです。

カテゴリ:

The Rookie

 | コメント(0) | Edit

20020501_therookiejpg.jpgThe Rookie (2002), (A-)

私は多分、野球などのスポーツがからんだ映画を見ると、その映画への評価はかなり甘くなり、家族がからむと、それが多少クサくても、描写が微妙であっても、結局かなり感動する傾向にあるみたいです。野球のドキドキシーンが2コあって良かった。本当に良かったです。こういうのは私は好き。

あ、でも私は子供や、動物がからんでも別に甘くなりません。あ、子供は結構きちゃうかも。でも、スポーツはもっと、やられます。やっぱりスポーツのような、勝ち負けが一瞬、人生を決めるような場面(本当はあとでみるとそんなことはないんですけどね)のあるような映画はグっときますね。ぎゅっと、その瞬間の重さが他の同じ瞬間よりずっとずっと重いような気がしてしまうんです。ところで邦題は、「オールド・ルーキー」。どうなんですかこれ。違うよ!オールドじゃないよ!ホントのルーキーだよ!と叫びたくなります。
[ DVD | 日本語DVD ]

カテゴリ:

このアーカイブ内の全エントリ

アーカイブス

マンスリーアーカイブ

カテゴリ別アーカイブ