ながいながいミーティング

 | コメント(0) | Edit

いやぁ、昨日はせっせと頑張りましたよ。今朝も9時にはオフィスに行ってミーティングの書類の準備と、まかされているブローシャの準備といろいろとやりました。終わったのが11時過ぎてました。ミーティングはお昼からだったので、2時間くらいあるな、と思って日本で買ってきた臨床栄養(雑誌)を持って(日本で読むヒマがなかった)どこかカフェでお昼でも食べながら読もうかと思ったんですけど、今月は教科書を買ったり、ジムのお金を払ったりといろいろと支出があるのでお昼くらい家で食べようと思って家に帰ってハムチーズサンドを作ってJOYティーと一緒に食べました。まぁ支出は押さえることができるのは確かなんですけど、家に帰ってしまうとせっかく持って出た学術誌なんて読みはしませんね。カフェに行くとつい真剣にノートなんてとりながら読んだりするもんなんですけど。不思議です。

1時からのミーティングはなんと、4時までかかり、Valはその後も私と個人的にミーティングをやろうと思っていたらしく、一時的に席を立つ、という意味で、「ちょっとトイレに行ってくるわ」とおっしゃったので、ちょっとそれは勘弁、と思って「明日の朝8時に戻ってくるのでその時でいいですか?」と申し出て、今日は帰ることにしました。というのも4時にFrench Ad(大学の事務局の集合体)で提出する書類があったからです。その書類というのはPayroll Deductionというもの。私たち、アシスタンシップをいただいている大学院生というのは授業料はほとんど免除なんですね。多分1学期の授業料は健康保険やいろいろを含めて8000ドル近くすると思うんですが、結局7700ドルくらいは大学や、州や、研究費を下さっているUSDAなどが出してくださって、自腹を切るのは300ドルくらいなんです。本当にありがたいことです。で、さらに給料までいただけるんですけれど、その300ドルというのが一気に出ていくのが私たちにとっては辛いわけです。ひとりならいいんですけど、Aさんと会わせると600ドルになるし、しかも教科書も高いのでこの学期初めは1000ドルくらい必要になってしまうわけです。そこで大学が救いの手をのばしてくれていて、それがPayroll Deduction。毎月2回の給料日にローンのような状態で給料から天引きしてくれるシステムです。それに申し込むには、アシスタンシップをもらっているという条件が必要ですが、書類にサインして提出するだけでやってくれるので本当に便利です。それが私たち(Aさんも)が今日やった手続き。

その後は家に帰ってきて食事をしてインターネットなどしてました。ミーティングでいろいろなことを話し合い(当然ですよね、3時間もあんなにミーティングするなんてびっくりです)、私がこれからやらなければならないことなどが見えてきて、背筋がピンとする思いです。っていうとカッコいいですけれど、単に、あせっただけです。やらなければいけないことが多すぎる。というわけで、これからお茶でも入れて、ゆっくりテーブルに向かってTo Do Listでも作ろうかと思います。

明日は統計のクラスがふたつ。楽しみのような恐いような。でもその前に8時にValとミーティングするんだったわ。自分で自分を追い込む状態になってしまったけど、まぁ仕方ないでしょう。その準備、いまやります!

コメントする