ショーラインにお呼ばれ

 | コメント(0) | Edit

今日は計算をひたすらしなきゃいけない試験だというのになんで眠れないんでしょう!もうほんとにやだ。眠らせて。

ところで、今週末はショウラインコミュニティカレッジというシアトルの北東にあるコミュニティカレッジから呼んでいただいて、コミュニティクラス(近所の人でもレジストすれば参加可能のオープンクラ)でちょっとしたグローバルスタンドポイントでのコミュニティニュートリションについて語ってくれないか、というオファーをいただきました。なんかカタカナばっかりですけど。呼んでいただけるのは本当に光栄で、嬉しいんですが、多分呼んで下さる方も、私が何を持っていて何をお話できるのかをつかみかねているかんじなんですよね。なんとなく、適当にゲストスピーカーを見つけようとしているのが分かります。切実に呼んでほしいとか、そういう傲慢な意味ではないんですけど、やっぱり私だって私のバリューをお見せできるにこしたことはないですので、今のところどうしようかなぁ、と悩み中です。

もうすでにシアトルにいるAちゃんには宿の確保をお願いしたのですが(というより彼女の家ね)、今頃になってちょっと悩んでしまっています。というのも、今週末は私のアドバイザーがスタンフォードにいる息子さんのところに遊びにいっていて、実は久しぶりにゆっくりできる週末なんです。シアトル行けば行ったで楽しいんでしょうけど、ひとりでドライブしていくのもなんか面倒だし、寒いし、準備もなんだか面倒だし、とグズグズしています。

とかいって、もうタイトルは決めてるんですけどね。Seattle: A city of Multicultureというやつです。宇和島屋ももちろんなんですけど、隔週置きにあるアジアンマーケットなんて、私でも見たことない中国の野菜とかありますよね。普通にパイクプレイスだって面白い野菜がいっぱいあるし、あそこで売っている人々に調理法を聞くと、レシピとかくれたりしますよ。あたしがもらったレシピは思いっきり中国語で、ちょっと戸惑いましたけど。その話をして、インユアンの話なんてしようかなーとワクワクしていろいろ用意していたんですけど、なんかそれをまとめたりするのが、そして、カンファレンスの前にマーケットに寄って食品をサンプルとして買っていこうかと思っていてそれを考えたりするのがめんどくさくなってきました。

リワードだって、往復のガス代、1泊の宿泊、その日のお昼御飯代のみです。ああ、微妙。でも今後のキャリアを考えると、シアトルのアカディミアに知り合いができるのは嬉しいことかも。どうしよう。ポーマンでゆっくりするのもかなり魅力的です。久しぶりにお弁当を持ってスプリングレイクなんていったりするのも実は楽しいかもしれないし、ある人の日記を読んで急に行きたくなったハイキングなんて行くのもすっごい楽しそうだし。明日試験が終わったらもうすこし考えて金曜日の朝までには決めます。それまでAちゃん、待っててね。

コメントする