« 2003年2月 | 2003年3月アーカイブ | 2003年4月 »

 1  |  2  |  3  | All pages »

Old School

 | コメント(0) | Edit

20030331oldschool.jpgOld School (2003), (B+)

短いコメディ映画です。かなり笑えました。3人の主人公がいますが、メインは私の大好きなシットコムのThat 70's Showに出てくる、マイケルケルソーのお兄さんのケイシーケルソーをやっている、ルークウィルソン(ミッチ)。私は彼かなり好きなんですよねぇ。どこが好きかというと眉間。おバカコメディでしたけど、本当にしばらく笑いが抜けないすっごく楽しい映画でした。

ルークウィルソンは7月に公開される、リーガリーブロンド2にも出るらしいです。リーガリーブロンドすごく楽しかったから次回も楽しみ。
[ DVD | 日本語DVD ]

カテゴリ:

ベルジアンワッフル

 | コメント(0) | Edit

今日は日曜日だしAさんがエスプレッソいれてくれたので私はとなりでワッフル焼きました。これは砂糖をまったくつかわないおかずワッフルにもなるレシピです。

卵黄4コをしろっぽくなるまで泡立て器でまぜる。バターを1/4カップ電子レンジでとかして混ぜる。このときとかしすぎないのがポイント。私は15秒くらいやります。牛乳を1カップ、バニラを1テーブルスプーンいれてさらにまぜます。このとき生地はかなり液状のサラサラ。それに適当にかきまぜた小麦粉を2カップいれます。このとき振るうときめこまかいワッフルになってしまうので振るわないのがポイントかな(ホントかな)。それに砂糖をいれないのでふくらませるためにベーキングパウダーを2テーブルスプーンいれます。そうするとクッキーのドゥよりも固い生地になります。別のボウルで卵白4コを泡立てます。お菓子をよくつくるひとならわかる「モッタリ」するまで泡立てます。角がたたない程度。それをさっきの生地にスクレイパーをつかいながらまぜ入れてあとは白い色が見えなくなるまでサクサクまぜると、わりとプルンとした感じの生地ができあがるのでそれで生地は完成。あとはワッフルマシーンやフライパンで焼くだけです。

トッピングは私が気に入っているのは、生地が甘くないので甘いトッピングが合うかな、と思います。今日はチョコシロップ、ホイップクリーム、バニラアイス、イチゴ、ラズベリージャム、はちみつ、などをつかってみました。でもおかずワッフルにもなるのでチーズとかベーコンとかも絶対あうハズなのでお試し下さいね!

カテゴリ:

LA Times からです。

まるで常識のように思われている「風邪=ビタミンCをとろう!」の公式ですが、残念ながら科学的根拠なしなんですよ。ご存じでしたか?でもビタミンCは(正確に言えばアスコービックアシッド、日本語だとアスコルビン酸)は強力アンタイオキシダント(抗酸化剤)で、いろいろな働きがあるのは科学的に証明されいます。

ちなみにこの、カゼに効く!と一生懸命研究しつづけたポーリング博士ですが、カゼ以外にも大量のビタミンC摂取はガンを予防する!という説をたてて毎日すっごい量(ほんとにびっくりする量)のビタミンCを摂取してらしたんですが、残念ながら1994年にお亡くなりになりました。ガンで。かなりアイロニックです。

カテゴリ:

The King of Torts

 | コメント(0) | Edit

20030329_thekingoftorts.jpgThe King of Torts (John Grisham)

今読んでいるのはグリシャムのThe King of Tortsという本なんですが、最近スリラーじゃなくてノベルばっかり書いているグリシャムの久しぶりの法廷モノで結構興奮します(追記:でも実はこれはあんまりスリラーものではありませんでした)。Black's Law DIctionaryによると、Tort (from Lat. torquere, to twist, tortus, twisted, wrested aside). A private or civil wrong or infury, including action for bad faith breach of contract, for which the court will provide a remedy in the form of an action for damages.だそうです。今チャプター13に差し掛かったところですが、衝撃の事実が判明したあと、思ったようにクレイ(主人公)が行動しないのでハラハラしているところ。
[ 洋書籍 | 日本語訳書 ]

追記(4/5):お風呂に入りながらとうとう読了しました。後半は2転3転しておもしろかったけど、意外といえば意外な、やっぱりといえばやっぱりな結末にしばし呆然。感想はしたに続きます。

カテゴリ:

泥を食べる人々

 | コメント(0) | Edit

Seattle Timesに載っていた記事なんですが、あんまり栄養学に関係ないんですけどね。旦那様のAさんの専門はGeology(地球科学、地質学)なので栄養学には全く関係はないかと思っていたのですが、誰かが泥を食べるとなると、ちょっとは関係あるかな、と思いました。本当かしら。

カテゴリ:

H、おめでとう!

 | コメント(0) | Edit

日本にいる友達のHの念願の就職が決まりました。しかも彼女の専攻そのまま、彼女のなりたかった職業。お仕事はどれも楽じゃないけれど、彼女はきっと頑張ることでしょう。あたしは本当に嬉しいよ!!H、おめでとう〜!  

カテゴリ:

果糖について

 | コメント(0) | Edit

LA Timesに果糖についての記事がのっていました。化学式からすると違いがあるっていわれると驚いちゃうほど似てますけどねぇ。でも果糖はその大きなストラクチャーのせいで、お腹をクダしやすいのは確か。スポーツドリンクには入れない方がよろしいとされています。グルコースポリマーとかそういう大きめの分子はやっぱりちょっとゴロゴロするかも。

でも「アンナチュラル」とかいうコメントをするひとは栄養の専門家ではないのでご注意を。栄養は勉強すればするほど、ナチュラルというものの定義は不明になるものです。

でも果糖は甘くておいしいですよね。太るとしたらおいしいのが原因かもしれませんよね。もっとほしい!って思える感じ。

カテゴリ:

ダブル積分で死亡中

 | コメント(0) | Edit

昨日の夜はやらなければいけないことがあったにもかかわらず、ワインでいい気分になってしまって速攻寝てしまいました。でもアルコールの力を借りて寝ると、やっぱり睡眠は浅いらしく、3時半にはスッキリと起きてしまう私。で確率の問題を一生懸命といてまし。難しすぎて今ちょっと死亡中。さっきうちの姉に書いたメールにも書いたんですが、30歳になってまで積分解いてる私って結構情けないですね。

結局朝5時半になったら、私がガサガサと紅茶(昨日ディズモアズで衝動買いしたワイルドラズベリーハーブティーですが信じられないほどおいしい)を煎れたりしていたので目を覚ましてしまったAさんが、あたしが苦しんでいた数問をさくさくと解いてくれました。なんだったんだ。一番すごかったのはダブル積分の問題。2連続の問題だったんですけど、最初のは、式をたてるまではできてて、2コめのは、なんと、私が式をたてるところから違えてたんです。それじゃ解けるわけない。その問題(答え)とは以下の通り。

カテゴリ:

ラムとサーモン

 | コメント(0) | Edit

今日はステーキだ!って思っていたにもかかわらず、ディズモアズに行ったらラムが安かったのでビーフやめました。ラムをミディアムレアにして焼いてみました。見えているグリーンはアーブの一種です。私がFSHN 120というクラスを教えていたときのラボアサインメントでコンテンポラリーグリーンサラダを作る、というのがあったんですが、そのときにエンダイブとか、このアルギュラとかを良く使いました。不思議にナッティな味がしておいしいんです。

カテゴリ:

落ちないコスメ

 | コメント(0) | Edit

昨日の夜は多少寝ました。良かった。それにしても今日は曇りがちで天気が悪いです。

ちょっと覚え書き。買わなければいけないもの5種。
3-hole binders
dot stickers
index cards
colored paper
separators w/ tabs

私は文房具を買うのが大好きです。オフィスディポとか行くとウキウキしますね。用事もないのに行ったりします。

Longer lasting cosmetics:
Skin: L'Oreal AirWear Breathable Long-Wearing Foundation ($13) at drugstores
Lips: Revlon ColorStay Overtime Lipcolor ($9.95) at drugstores
Nails: Avon Nailwear Nail Enamel ($4) at avon.com

上のリストは、最近やけにはやっている「落ちないお化粧」のベストらしいです。でも、「安い」という条件付き。ドラッグストアコスメですね。私的に一番きになっているのはAvonのネイル。使ったことないですけどどうなんでしょうか。気になるところ。レブロンのグロスは、本当に落ちないですよ。でも唇がカピカピになります。びっくりするほど荒れます。ファンデーションはアメリカ商品はどれも似たり寄ったりですね。日本人にピッタリ!と思えるカラーはあまりないですね。シャネルのファンデーションはすっごくピッタリのがあります。2色買うだけで、いろんな肌色タイプにぴったり。

今日はどういうわけか気分がステーキです。今からカフェに出かけて勉強して、帰りにテンダーロインをみつくろって買ってこよう。アルギュラとかネーブルとか買ってサラダもつくろう。昨日届いたフランスのLa Vielle Ferme 2001 Rhone Valley Blancを開けよう。飲んできもちよく眠ろう!

カテゴリ:

今、オフィスでやらなきゃいけないことをやるか、それともこのまま家でやるか悩んでいます。というのも、今ナスダック100オープンをテレビでやっていて、あのヴィーナスを破ったメーンショウネッシーがジェニファーカプリアティと試合をやっていて、今1セットとったんですね。ウィリアムス姉妹のように吠えないし、いい試合です。

それにしても先週末のF1マレーシアグランプリは見れませんでしたが、またマイコーさんは6位で終わったみたいです。しかもメルセデスのセカンドドライバーのキミが首位。クルサードはリタイアだし、いったいどうなっちゃったんでしょうねぇ。でも2位はフェラーリのセカンドドライバー、バリチェロでした。

あと、今朝、早朝7時からESPNを見ていたら(ナショナルチャンネルというのがポイント)NFLのドラフト特集でしたが、やっぱり1巡目の最初はカールソンパーマー来るらしいです。そしてその1巡目にわが校が誇る(?)マーカストルファンはいるみたいですよ。彼の顔は原始時代から進化してないような顔ですが、私は彼の活躍は楽しみです。あさっぱらからクーガースのユニフォーム見れて楽しかった。って朝からスポーツのことばっかり書いちゃった。あたしがスポーツしろよって感じですよね。だらだらしてばっかり。うちのお母さま、Aさんの誕生日祝いにテニスラケットでも送ってくださらないかしら。

ところで楽しみにしていた今週末のサッカーの試合ですけれども、ご存じのように日本チームはこないということで。私はジーコ様が見れるかとかなり楽しみにしていたんですけどね。Aさんのオフィスメイトのシェーンは、代わりにベネズエラ戦を観に行くといっていたので私もそうしたかったんですけど、Aさんは、それよりリファンドしてもらってそのお金でマリナースのヤンキース戦を観に行こうというのでなんとなく納得し、5/6のヤンキース戦のチケットとりました。バックネット裏のわりといい席とれました。これはAちゃんとHくんと私たち夫婦の4人でいくつもり。ファイナルウィークですがそんなの関係ないのです(ホントはあるけど)。

カテゴリ:

また不眠

 | コメント(0) | Edit

昨日の夜はとある理由で眠れず、この際いろいろやろうと思い立ち、統計処理をいっぱいやっていたらふと気付いたら朝です。8時半だ。学校行かなきゃ。こんな生活だめですね。眠れなくなってから2日目(まだ)。

カテゴリ:

お茶と健康その1

 | コメント(0) | Edit

LA Timesにのっていた記事ですけれど、まずは要約すると:

アブストラクト:去年だけで300コ以上のお茶研究。アメリカではコーヒーのほうが好まれているがお茶の売り上げはのびている。お茶の利点は無視できないところまできている。リラックス、風邪のときの飲み物、消化管へのいたわり以外にも臓病、ガン、骨粗鬆症にもきくらしい。成分としてはお茶のポリフェノールが効く成分。よく飲む人と飲まない人ではコレステロールに大きな差がある。普通に飲むひとでもなかなか効き目あり。

ただし、これらの研究の対象者が年齢、収入、運動量、などなどのバックグラウンドが似ているため一概にお茶だけが要素とはいえないかも。ライフスタイルが似ている可能性がある。もしかしたら健康な人ほどお茶を飲むだけということもあり。

ガンの進行をゆるめる、という研究報告もあり。台湾やイギリスではお茶を飲む人ほど骨密度が高いという研究報告もあり。他にも歯につく菌を殺したりクリームとして塗ると紫外線対策になったり風邪の症状である鼻、目、などの問題の対策になったりという報告も。

またなんと、代替効果とでもいえる、「お茶を飲む=他の身体にわるいものを摂取しない」という半ば強引な効果も期待できるかも。

ということなんですが、まぁ私の見解としてはお茶は、大豆と同じで何かああれば、必ずコンスタントに持ち出される「ヘルシーフード」の代表でもあるんですが、それを言われるのは、ポリフェノールという成分のせいなんですね。

ポリフェノールというのはかなりの不飽和アルコールで、中学か高校の化学を思い出していただけると嬉しいんですが、2重結合というのありますね。分子が2本ずつ手を握っているもの。ああいうのを不飽和といいますね。脂肪酸にしてもなんにしても不飽和というのは、要は「余裕がある」分子なんです。「まだほかに手がつなげるよーん」という感じ。そういうのは一般的に「良い」とされています。

というのも、たとえばカルシウムがイオンの形で入ってきたときに、Caはプラスイオンなので、アルコールが不飽和だと、OHというマイナスの部分を持っているため、Caがくっついきやすいのです。そうなると、カルシウムの吸収が必然的に増えたりしますね。なんだか良さそうでしょう?

また、身体の中ですっかり飽和してしまった(酸化ともいいますね、つまりサビとも言えます)もの、たとえば一般にガンの素とかいわれてしまう、フリーラディカルなどは、飽和どころか、さらに何かをくっつけている状態なので、かならずプラスの状態なのですね。そういうものを拾ってくれて、お互いきちんと飽和した状態にバランスを戻したりするので、つまりリフレッシュさせて、サビをとるわけなんです。つまり栄養学界では一応、「飽和あるいは過飽和=悪」「不飽和=善」という気配があるわけです。詳しく言うと、実はこういうふうに一概にはいえないんですけどね。まぁ、でもそういうことになっています。

で、抗酸化って言葉は有名だと思うんですが今説明したのは、つまり、抗酸化のプロセスなわけです。それで話は戻りますが、ポリフェノールはつまり抗酸化剤なわけですね。しかもかなり強力な。一般にポリフェノールといってもいろいろ種類はあって、

緑茶
赤ワイン
大豆
チョコレート

などもそれぞれ違った形のポリフェノールを含んでいます。だからお茶だけがいいってわけでもないんですよね。だからチョコレートを毎日食べれば体にいいか、といわれると違うでしょう?赤ワインだって同じ。私が、「だから、結局バランスよく、なんでもほどほどに...」と正論を言い始めると、「あ〜また栄養士が結論のない話してるよ、つかえねぇなぁ」と思われそうなんですが、悲しいことにホントのことなんです。スーパーミラクルヒーローな食べ物なんてないんですよ。でも嬉しいニュースは、スーパーデビルな食べ物もないっていうこと。毒や細菌は別ですけど、そういうのは定義として「食べ物」じゃないということで許してくださいな。

私はこの記事では、最後の代替効果ってとこが気に入りました。アメリカっぽい発想だとおもいます。あとお茶が飲まれる率の話おもしろいですね。クウェートってお茶よく飲むんですねー。知りませんでした。

カテゴリ:

春休みおしまい

 | コメント(0) | Edit

春休みも終わってPullmanもあと春学期が半分。半分といってももう3月はおしまいだし、5月は試験ばっかりだし、実質4月の1か月だけなんですけどね。あたしは今日は朝っぱらからMという先生からメールがきてガツンと現実に戻されました。ああやんなきゃ。

といっても今はAさんとふたりでDaily Grindに来ています。本当はスターバックスで勉強でもする?ということになっていたんですけれど、スターバックスがなんとなく落ち着かなかったのでこっちにきました。こっちはネット環境もあるし快適です。で、さっきAさんが教えてくれたんですがメッセンジャーのMac OS X版の最新のやつがあってそれをダウンロードしてみたらけっこういいですね。安定してるし、いろいろ機能もちょこちょこ増えているみたいです。マイクロソフトのマック版開発チームは全員マックユーザーっていう話をきくので、やっぱりそういうところがいいのかもしれません。あたしも数年前にマイクロソフトのジョブオファーを受けていたら、今頃パワーポイントのマック版の日本語版のデベロップメントがんばってたかもしれませんね。ってそんなわけないか。あたしには余りあるお仕事でとんでもないです。

カテゴリ:

Flying Fish

 | コメント(0) | Edit

20030323_flyingfish.gif今日はAさんお誕生日です。おめでとう!!さて、今日は無事ポーマンに戻ってきました。帰りの車ではぐっすり眠ってさらにリフレッシュするズルい私。家で荷物を整理したり、メールチェックしたりメール書いたりいろいろしていたらHくんから電話がきてみんなで夕食を食べることに。ポーマンのエメラルドという中華料理屋さんでごはんたべてかえってきました。

そういえば昨日行ったレストラン、Flying Fishは本当においしかったですよー。私には珍しく、魚料理専門のレストランなんですが、ここの魚料理だったら別に普通においしくいただけます。私が食べた白身魚なんてワサビソースだったし。デザートもすっごくおいしかった。雰囲気もステキだしバルコニーシーティングもあるし、しかも意外に気楽に入れます。シアトルのフレッシュなお魚を食べたい人にはとてもいいところでした。

今日はもうこれからゆっくりして、洗濯ももうすぐ終わるので(といってもAさんがしてくださってます)もう寝ようかなぁと思っています。車の中で寝過ぎて眠れないかも。

レストラン情報
Flying Fish
2234 First Avenue Seattle, WA
(206) 728-8595
地図

カテゴリ:

 1  |  2  |  3  | All pages »

このアーカイブ内の全エントリ

  • FBI (05 Mar, 2003)

アーカイブス

マンスリーアーカイブ

カテゴリ別アーカイブ