« 2003年12月 | 2004年1月アーカイブ | 2004年2月 »

 1  |  2  |  3  | All pages »

In America

 | コメント(0) | Edit

20040131_inamerica.jpgIn America (2003), (A-)

アイルランドとイギリスで2002年に公開された映画が去年アメリカにやってきたみたいです。邦題は、「イン・アメリカ/三つの小さな願いごと」だそうです。

映画を見終わって、クレジットを見て分かったのですが、これはジムシェリダン監督の半自伝的作品らしいです。つい最近読んだ、The Lovely Bones(ラブリーボーン)が、娘を失った家族の傷付き、バラバラになり、立ち直る姿を描いた作品だったことを考えて、いろいろなシーンがこの映画を見ながら重なり、この時期にあの本を読んで(出版からはかなり遅い時期)、この時期にこの映画を見たことをとても不思議に思いました。
[ DVD | 日本は輸入版のみ ]

カテゴリ:

ロモグラフ

 | コメント(4) | Edit

lca.jpg私に、マテリアル(物的なもの)に愛情を持つ傾向があるのは、私のことを良く知っている人やこのウェブ良く見にきて下さっている人にはもしかしたらバレているかもしれませんが、そんなマテリアル中のひとつに、おもちゃカメラ(トイカム)があります。

プラスチックのかわいいカメラやポラロイドなど、私が大好きなおもちゃカメラはいっぱいあるのですが、特別に愛情を注いでいるのが(お金も)、一時期爆発的にコジャレ系人々の間で人気があった(今はもう人気はないのかしら)、ロシアンカメラのLomo LC-A。私はたしか、1999年に買ったと思うのですが記憶は確かではありません。

カテゴリ:

今日ぼんやり日経新聞を読んでいたら、例の裁判、勝訴だったんですね!と驚きました。UCSBの教授の裁判です。200億円。

もちろん2万円なんてひどすぎるとは思っていたものの、200億円まるまる勝てるとは予想していませんでした。でもこうして、研究者がお金を得ると、嬉しく納得してしまうのはなぜでしょう。青色LEDなんて、世紀の大発明とすら言えるかもしれないもの。青色LED投資とかで儲けたオンライントレーダーもいっぱいいると聞いています。

関連記事は以下の通り。

カテゴリ:

The Devil Wears Prada

 | コメント(0) | Edit

20040130_thedevilwearsprada.jpgThe Devil Wears Prada (Lauren Weisberger)

ジャケ買いした本です。ピンヒールのブーツの間から見えているデビルのしっぽを見て思わず買いました。邦題は「プラダを着た悪魔」だそうです。個人的にはタイトルはガツガツの直訳で、「その悪魔はプラダを着ている」にしてほしかったけれど。まあ今日からゆっくり読んでいきます。楽しいお話だといいですけれど。
[ 洋書籍 | 日本語訳書 ]

追記: 読み終わりました (2/12)。感想は以下の通り。内容を知りたくない人は続きは読まないでくださいね。

カテゴリ:

今日は金曜日、ということはThe Friday Fiveの日です。お題はこちら。

You have just won one million dollars:
1. Who do you call first?
2. What is the first thing you buy for yourself?
3. What is the first thing you buy for someone else?
4. Do you give any away? If yes, to whom?
5. Do you invest any? If so, how?

そして私の答えは...。

カテゴリ:

I Trun To You

 | コメント(0) | Edit

20040128_Northern_Star.jpgI Turn To You (Melanie C)

UKでは1999年に出たアルバムらしいのですが、ボーナストラック付きで2003年にアメリカに入ってきたCDです。メラニーはそんなに若くもないですが、曲調はかなりアイドルぽいポップで、好き嫌いがわかれるかもしれませんね。でも、高校生や中学生にウケそうな感じの曲は、単純に明るくて、私は好きなのです。

知ってる人がほとんどだと思いますけれど、彼女は声や顔で分かる通り、あの一世を風靡したSpice GirlsのSporty Spice。そういえば、あの中で唯一歌がうまかったような気もしますね。彼女のあからさまなブリティッシュな発音が、さらにポップさを増していていい感じです。この曲のダンスミックスバージョンもあって、それもまた良い感じ。
[ CD情報 | 日本語CD情報 ]

カテゴリ:

脳と頭の良さ悪さ

 | コメント(0) | Edit

前回書いた、「英語上達も遺伝?」の続きのような脳のお話ですが、東京新聞に「知能 情報処理 速さに関係?」という記事があったので、興味深く読みました。知能指数というのが何を計っているのか、というところで「ボール投げでボールを投げる能力が分かるのと同じ」となっていてすごく分かりやすくなるほどと思いましたね。以下、引用しておきました。

カテゴリ:

Bad Fortune?

 | コメント(0) | Edit

結局、作ってみたところ、曲げるのがやたらと難しかったフォーチュンクッキーでした。このクッキーもフォーチュンが飛び出ているし、端が割れています。

でも楽しかったからいいのです。レシピにはオレンジフラワーウォーターを入れるように書いてあったんですけど、そんなエッセンスが常備してあるはずもなく、私はバニラエッセンスを入れたんですけど、そうするとバニラの香りが部屋中にたちこめ、思いがけず、なんともいえないBakingの楽しさをフォーチュンクッキー作りで得られたのでした。

フォーチュンを考えるのもとても楽しかったです。今度は日本語フォーチュンを書いてみよう。

カテゴリ:

英語上達も遺伝?

 | コメント(0) | Edit

酒井邦嘉先生 et al.の研究についての、外国語習得も同じ「文法中枢」〜中1英語で双生児に相関〜という記事についてですが、平たく言えば、英語の文法知識の定着は、どうやら脳の文法中枢(著者命名)というところの機能変化によるらしいのですね。この研究ではフタゴちゃんの実験結果を元に、「フタゴちゃん」=「同じ遺伝子(同じ脳構造)&極めて似た環境」という仮定をした上で(というよりこれはもうすでに事実なのですか?)同じように英語を教えたところ、極めて似た、知識定着をしたという結果が出たわけです。これはつまりどういうことか。

カテゴリ:

フォーチュンクッキー

 | コメント(0) | Edit

20040126_fortunecookies.jpg先日、町のチャイニーズレストランに行って食事をしたときに思ったのですが、いつも最後に出てくる、フォーチュンクッキーって、最初はおいくないと思っていたのに、最近美味しく感じるんですよね。アメリカの味に毒されているからでしょうか。たまにアメリカのチャイニーズで袋ごと売っていたりしますが、欲しくなったりならなかったり。

でも中に入っているいわゆるフォーチュンは、もう少し頑張れば、もっと人を感動させることができたのでは?と悔しく思います。

カテゴリ:

学歴詐欺

 | コメント(2) | Edit

時事ネタは、書くのに何だか気が引けますが、学歴詐欺疑惑の政治家のKさん、とりあえずアメリカの大学で学ぶ学生としての感想はシンプルに3コです。ありえない、恥ずかしい、日本は平和だ、の3つ。理由は以下の通り。

カテゴリ:

Found something I'd definitely use. HTTP Mail Plugin is the one. This plugin enables Mail.app to fetch messages on the hotmail server. I am currently using Entourage to do the same thing and kind of getting tired of it. So when I buy a new Mac with Panther in it, I'll put it in. This is just a reminder for myself.

カテゴリ:

Snowing

 | コメント(0) | Edit

朝からひたすら雪がふっています。写真はうちの窓から見える、Pullman-Moscowハイウェイです。これを先に10分ほど行くと、アイダホ州はモスコウという町に到着します。

それにしても携帯フォトだとこうして暗く見えてしまうときが多いですね。クリックすると拡大されますので、拡大してみるとちょっとは雰囲気が伝わるかもしれません。

カテゴリ:

F5: お気に入り

 | コメント(0) | Edit

今日はThe Friday Fiveの日です。お題はこちら。

At this moment, what is your favorite...
1. ...song?
2. ...food?
3. ...tv show?
4. ...scent?
5. ...quote?

私の答えは以下の通り。

カテゴリ:

The Crying Game

 | コメント(0) | Edit

20040123_thecryinggame.jpgThe Crying Game (1992), (B+)

いやぁびっくりさせられました。わりとまったり調のサスペンスかと思いきや、あんなに驚かされるとはびっくりです。1分以上あんぐりしてしまいました。一緒にみていたAさんと、「知ってた?知ってた?」と大騒ぎでした。

何も知らずに映画を見ると、いいことありますね。誰にでもオススメの映画というわけではないけれど、びっくりしたい人にはオススメだと思います。あぁ、びっくりした。
[ DVD | 日本語DVD ]

カテゴリ:

 1  |  2  |  3  | All pages »

このアーカイブ内の全エントリ

アーカイブス

マンスリーアーカイブ

カテゴリ別アーカイブ