« 2004年5月 | 2004年6月アーカイブ | 2004年7月 »

 1  |  2  | All pages »

ウィンブルドン2004

 | コメント(0) | Edit

ココにはあまり書いてませんが、毎晩、夜の9時からデジタルハイビジョンでウィンブルドン見てます。アメリカにいるときはアメリカ人選手の試合をESPNとESPN2で、だいたい録画で日中に見ることが多いのですが、日本だとライブで1日2試合ほど見ることができていいですね。昨日は話題の杉山選手とマリアシャラポバ(英語の発音、ロシアンだとマリアシャラポワ)選手の試合でしたねー。愛国心からかなんなのか、なんとなく杉山選手のほうが優勢に見えたんですけど、マリアちゃんのあの長身(183cm)からたたきだされるセンターへのサーブ、あれはなかなかキビしかったですね。第3セットで自信を取り戻してからはもう手が付けられないという感じでした。テニスウェア(ワンピースの中に短いズボンをはいている)もセクシーでかわいかったし。「ああもうだめだ!」という顔をするときもなんだかカワイイのはズルいですよねぇ。でも良い試合でした。楽しめました。

そのあとはリンジーダベンポートの試合でしたが、なんとなくNHKさん、女子の試合の放送が多いのは気のせいでしょうか?私男子シングルスをすっごく見たいんですけどねぇ。しかもアンディロディックとタイラーデントの試合とか、ぜひとも見たかった。結局結果だけをニュースで見たんですけど。

テニス観戦は楽しいですね。試合のあとのインタビューも、私はすごく楽しみにしてしまいます。みんなが当たり前のように英語を扱うのも普通に感動するし、ジュニアの子供たちもぺらぺらと英語しゃべってますね。クロアチアとかスペインとかベルギーとかの子供たちであっても。日本のジュニア選手たちもそうなんでしょうか。だとしたらかなり頼もしいですね。

カテゴリ:

とれたて野菜たち

 | コメント(3) | Edit

うちの父が、かなり力をいれて作っている家庭菜園ですが、それはもう、立派な野菜がとれるとれる。本当にすばらしいです。これはつい2日前に大量に収穫したじゃがいも(メークイン)で母があげたコロッケちゃんたち。とれたては本気でおいしいですね。母も普通にふかして丸めただけといっていたのに格別の味でした。お箸がとまらない、という感じ。

カテゴリ:

熊本県立大学訪問

 | コメント(0) | Edit

私が修士課程在籍中の研究のために、これ以上ないというほどお世話になった熊本県立大学のT教授に会いに大学のある月出町まで行ってきました。県立大学の正面の道は、数年前の熊本国体のために整備された、立派な道で、その名も国体道路。熊本県立大学自体もとてもキレイなキャンパスです。

カテゴリ:

懐かしい写真

 | コメント(0) | Edit

母が今まで使っていたiMacストロベリーを完全初期化し、それを父の職場に持っていくことになったので(父は職場ではウィンドウズマシンを使っていますが、個人的なファイルはマックで作っているので両方あったほうが何かと便利なのです)、母の新しいPowerBook G4をパンサー化し、今までのファイルをごっそり全部移動していたんですが、まぁ、出てくるわ出てくるわ、懐かしいセピア色の写真だらけ。母がどうやらスキャナーでたくさん取り込んだらしいんですよね。おかげで私はコンピュータの整理なんてすっかり忘れて見入ってしまっています。

一番右がアイドルのような母(褒め過ぎ?)。娘が言うのもナニですが、なんてスタイルが良く、おしゃれなんでしょうか!そして真ん中で愛想をふりまいているのが私の姉。将来外科医になるなんて全く想像不能な無邪気な笑顔です。あ、でもその左にいるアホそうなコに比べたら多少頭良さそうな子供に見えるかもしれませんが。私と姉がきているツーピース(ベストとキュロット)は、母の手作りです。たしか、これとピッタリのリバーシブルの帽子もあったと思うんですが、そのあたりお姉様どうでしょう?持っているポシェットも母の手作り。当時、だいたい全身、母の手作りの服でかためてましたね。そして場所は多分皇居前広場。撮影したのは父です。みんなで手に持っているのは不二家本店から購入したもなかアイス。このアイスはそのころ発売されたばっかりで(なんだか時代が出ますね)、私は大好きな父がカメラをかまえているし(父はそのころ超多忙で、『お父さん、今度はいつ遊びにくるの?』と出かけるときに聞いていたほどだったらしいです)、アイスを今まさに食べようとしているところだし、ということで猛烈な興奮状態にある私なのです。母が、この写真をみながら今日、「あなた、このころから眩しそうな顔をよくしてたのね...。」と言ってました。そうなんです。私、良く眩しがってしまってヒドイ顔をして写真に写ってるんです。

カテゴリ:

シュウのネイル

 | コメント(0) | Edit

私が賞賛してやまないシュウウエムラのネイルですが、そろそろ買いだめしないといけない時期にきたかもしれません。4年ほど前に大手ロレアルに買収されはじめ、今年とうとう植村一族は全員退職、株もロレアルが半分以上持っている状態にあるみたいですね。オフィシャルサイトもクローズしてしまったようだし、オンラインショップからも次々と品数が減っていき、昨日ショップに行ったらフロアが以前の半分以下になってました。なくなってしまうのかしら。でもうちの母が「これカワイイッ!」とイエロー系でかすかにゴールドパールが入ったカラーをすすめるので少し試してみたらなんだかよさそうだったので購入。私は淡い色の一度塗りが好きなんですが、この色は多少重ね塗りしたほうがキレイに発色するみたいでしたので2度塗りしました。

カテゴリ:

ショッピング三昧

 | コメント(0) | Edit

昨日はお買い物ばっかりしてました。とはいえ、午前中はちゃんといろろと用事を済ませたんですけどね。保険の書類を取りにいったり、銀行にいったり、いろいろ。と、皮膚科のA先生はいろいろと調べてくださったのですが、結局なんだかアレルギーらしいということで、要は金属アレルギーですね。クロム、ニッケル、コバルトなどがイオン化した場合に、弱っている部分にアレルギー反応が出てしまうとのこと。予防策は、そういうものが入っているものを身に付けないこと。ということで、そういうものが入っているものリストをくださいました。これから気を付けようと思います。

そして母とアフタヌーンティでランチしたあと、アフタヌーンティショップでお買い物。写真はそこで「おおお!」ととても感動しながら購入した、その名も「ブタのおとしぶた」です。これは小さいサイズもあって、それは「コブタのおとしぶた」。シリコン製でお鍋の中にいい重さと形でフィットしそうです。お鼻はちゃんと2コ穴があいていて、このブタをお鍋から引き上げるときは菜箸をこのカワイイふたつのお鼻の穴に突っ込んで引き上げるんですよ!私には斬新すぎました。

カテゴリ:

今日で歯医者通いも終わりました。じーーっとみつめても、埋めたかどうかすら分からないセラミック&プラスチックの詰め物。歯にしか見えません。さすが歯医者さん。でも、実は今日、2回同じことをされたんです。まず、詰め物をする前に詰めていたお薬をウィーーーーンと削ってしまったあと、丁寧にモールドとでもいえるものを歯に取り付け、そこにじわじわとつめていきます。そして時間をはかってピッピっと言うなんらかの機器で密度を計測し、詰め忘れ、隙間がないかどうかを確認します。そうやっ最後までつめたあと、なにかピラピラしたものを噛み、ギリギリと歯をならし、そして形を整えていくわけですよね。そして「ハイ、いいですよ」と先生が言って最後の確認で小さな鏡などをつかって歯の周りを見て下さっていたときに「あ!!」と言って「ごめんなさい、もういちどやりなおします」ってウガイをさせられ、また今つめたばかりのものをウィーンと削られたんです。なんか、ああいうときに「あ!!」っていわれると、なんともいえない絶望的な不安におそわれますよね。心臓にわるいです。やめてほしいです。

カテゴリ:

長崎は異国情緒あふれるところ、なんてよくガイドブックで説明されていますが異国というよりはいわゆるちゃぽん状態ですね。中国あり、オランダあり、ポルトガルあり、韓国あり、インドあり、いろいろ。その中でもこの新地の中華街は有名ですね。冬のランタンフェステバルに行かれたことがある方も多いのではないでしょうか。そんな中華街の中で皿うどんやちゃんぽんを食べるのも楽しいですが、これは私だけの意見で恐縮ですが、「これはうまい!!」と叫ぶほどのちゃんぽんはこの中華街で出会ったことはないのです。どこもそこそこに美味しいので、オススメとしては観光客の方には雰囲気の良い江山楼をいつもオススメしていますが、ほかのお店も変わりはないです。少なくとも私にとっては。

カテゴリ:

母校活水大学を訪ねる

 | コメント(0) | Edit

今回の帰国の大きな目的のうちのひとつに、私なんかがこうして学位をいただけたのも、全て、私のまわりにいてくださってアドバイスをくださったり励ましてくださったした皆さんのお陰だという気持ちが強く、そんな方々に会ってお礼を言いたいというのがあったのすが、私の母校、活水大学の先生であるI教授にも是非お会いしてお礼を言おうと思って長崎に行ってきました。これはその母校の入り口とも言える、かの有名な長崎オランダ坂。写真は今回ではなく、2000年に訪れたときのものを使用しています。当時にこの写真の説明として

長崎の母校に行って来ました。あまりにも有名な、オランダ坂をのぼり切ったところに私の母校である、活水はあります。この坂は本当に美しい坂で、私はとってもとっても気に入っています。左側に見えているのが、ツタ、カヅラなどに埋もれた、美しい紫陽花。長崎は常に雨で、紫陽花の季節は本当にキレイです。常に雨のところって、住むのは大変だけれど、美しい町になるような気がします。シアトルもしかり。

なんて書いてますが。今回は写真が多くて重いですが、ご了承くださいね。まだまだ下に続きます。

カテゴリ:

8 Femmes

 | コメント(0) | Edit

20040621_8femmes.jpg8 Femmes (2002), (B+)

長崎へ行く高速バスの中で放映されたので興味深くみました。フランス映画。英語のタイトルは"8 Women"ってそのまま。そして邦題も「8人の女たち」ってそのまんま。

いやぁ、さすがにフランス映画っぽくマッタリとし感じで進むんですけれど、ものっすごいミステリだったりします。推理小説をそのまま映画にしてどうする!そしてコミカルにしてどうする!?って感じなんですけど、ミュージカルっぽくそれぞれの女が歌ったり踊ったりで楽しめました。展開的にはうそでしょ...。と呆然とするような感じもたくさん。でも最後は最後でわりと驚きといえば驚きで、ミステリらしいといった感じですね。殺人あり、不倫あり、同性愛あり、未婚の母あり、夜の女あり、賭け事あり、借金あり、貢ぎあり、脅迫あり、親族の確執あり、と女が8人もいればいろいろあるんだなーとウッカリ思わされてしまう内容です。でもさすがフランス人、みんな美しいですね。それぞれに。楽しめました。
[ DVD | 日本語DVD ]

カテゴリ:

昨日は黒川温泉を散策したあと、しばらく阿蘇のまわりをドライブして楽しみました。台風接近ということでかなり風は強かったものの、だいたいにおいて晴天でとても気持ちの良い1日でした。写真は阿蘇の活火山、中岳の噴火口。前回1年半前に見たときはエメラルドグリーンの湖ができていたのに、今回はそれは乾いてしまっていて、なんだか黒いドロドロしたものがぼこぼこと、地獄のように沸騰していて白い湯気がモクモクとあがっていました。いつ来ても、びっくりするほど違う中岳噴火口です。

カテゴリ:

黒川温泉再び

 | コメント(0) | Edit

この週末は黒川温泉に来ています。PowerBook G4と、Air H"と、Clie(全部母の持ち物)を使って写真までのせて更新できています。私は歯が痛いので温泉でうっかり血行が良くなり過ぎてしまうと痛くなっちゃったりしていけないと思って、お食事して、寝る前にゆっくりと温泉につかって万一痛くなっても痛み止めを飲んで眠ってしまえばいいや、と思っているので家族のみんなが温泉にいるあいだこうしてなんだかオタクな感じですけどネットしているというわけです。写真は私たちの泊まっている旅館の部屋のすぐ近くにある女性専用の露天風呂、美人の湯への入り口。黒川温泉は本当にいいですよ。

カテゴリ:

浮いたような感じ

 | コメント(0) | Edit

時差ボケなのか、気が張っているのか、毎日、朝の5時半にはカッチリと目が覚めてしまう日々です。暑い、というのもあるんでしょうね。おかげで、毎朝ちょっと時間があるのでここのサイトもちょこちょこと更新しています。ちょっと前の日付けのものも書いたんですが、更新順の記事一覧の上の方から見ていただけると何を追加したか分かるかと思います。

それにしても昨日は案の定、歯医者さんの先生に言われた通り、お薬を詰めた部分に鈍い痛みが起こりはじめ、恐くなったのですぐに寝ました。先生が、「なんだか浮いたような感じの痛みがあると思いますが心配いりませんよ」とおっしゃった時は「浮いたような感じの痛みってなんだ?」と密かに思っていたんですが、まさに、浮いたような感じの痛みです。またもや歯痛の語彙を増やしてしまいました。

カテゴリ:

コパンがやばい

 | コメント(0) | Edit

20040617_kopan.jpg日本に帰ってきて忙しくも楽しい日々を過ごしていますが、今日、実家のキッチンのカウンターのところに座ってぼけっとしていたら目にとまった明治製菓のスナック菓子、「コパン」を何気なく開けてみたら、なにこれ、すっごーーーーくカワイイじゃいですか!!!しかもちょっと美味しすぎる。

どうやら母のお気に入りのおやつのようで、母は、野菜スープなどを作ってクルトン代わりに入れるそうです。かしこい。だってそんな感じの味。しかも見た目がまさにコパン。ってこんなの日本に住んでる人にとってみたら今さらな話題なんでしょうね。私はものすごく感動したのでつい。

カテゴリ:

Life of Pi

 | コメント(0) | Edit

20040617_lifeofpi.jpgLife of Pi (Yann Martel)

しばらく前から読みはじめたのですが、いろいろと忙しく(遊ぶのに)読書の時間がとれなくて読み進んでいません。が、今回日本にかえる飛行機の中で寝るのに飽きたときにつらつらと読んできました。まだ読み終えてませんが。わりとツカミの鈍い感じの本です。って、ベストセラーなのに、そんなふうに感じている私の方がヘンなのかもしれませんが。でもテーマ的には、インドとかヒンズーとか大人になろうとしている少年とか家族とか、なんとなく好きな感じの要素がいっぱいの本です。

追記(7/26/2004):日本に一時帰国した飛行機の中で読んでしまいました。動物学と、スピリチュアルな何かが混ざったインド版キャストアウェイという感じでした。スピリチュアル、という部分(ヒンドゥー)がチージーな感じ。まあ私が知識不足という感じなのかもしれませんが。エンターテイメントとしては楽しめました。テクニカルにはイタリックになっている章が非常に読みづらかったです。
[ 洋書籍 | 日本語訳書 ]

カテゴリ:

 1  |  2  | All pages »

このアーカイブ内の全エントリ

アーカイブス

マンスリーアーカイブ

カテゴリ別アーカイブ