« 2004年6月 | 2004年7月アーカイブ | 2004年8月 »

 1  |  2  | All pages »

今日は土曜日ということでゆっくりと8時に起き出し、Maxieにエサをあげてから朝食にしました。コーヒーはちょっと凝ってウィンナーコーヒー。ウィンナーコーヒーといえば、日本で読んだ故鷺沢萌(字が違うのは承知ですが、どうやってあの「メグム」という字を出せば良いのか分からないのです)さんの最後のエッセイに書いてあったんですが、彼女は韓国に留学していたときに、友達が「プエナコピ」を飲みたいとかなんとかそういうことをいって混乱し、韓国には「濁音」という概念がないため、すべては半濁音(ちいさな丸が右肩につく音)になり、しかもオーストリアのウィーンという都市は、日本はドイツ語から入ってきたため「ウィーン」と現地発音ですが韓国には英語から入ってきたため、「ヴィエナ」と発音し、「ヴィエナコフィ」が「プエナコピ」となった、という複雑な言葉の変化があるらしいんですね。なんか、そういうのって面白いですよね。一留学生として「これはなんだ??」と必死で考えて自分でそういう結論を導き出すと、すごく「おおお!」となることでしょう。

ちなみに、韓国で「コピーをとりたい」という旨のことを伝える時に「コピー」というと、コーヒーのことかと思われてきょとんとされるらしいので要注意らしいです。調べてないので何と言うのか分かりませんが、「複写」とかそういう中国語源のハングルを使うらしいです。

カテゴリ:

仕事に燃える

 | コメント(0) | Edit

最近の私は仕事に燃えています。自分自身の研究の他に、毎日オフィスにいくとIn Boxに日替わりでさまざまな種類の仕事が入っているのですが、今日は嬉しくもやりがいのあるお仕事が入ってました。それは、とある教授の今度発表する論文のデータの見せ方についてのコンサルティング。

ここにも何度も何度もうるさいくらいに書きましたが、わたしはStatisticsを副専攻にPh.D.を取ったので、それはとても皆さんに便利だと思われていて、こうしてよくお仕事をくださるのです。これからアメリカで勉強してお仕事してみたいと思っているみなさん、Statisticsはお仕事たーーーくさんありますよ!オススメです。コンピュータ関係もたくさんお仕事あるみたいですけど。

カテゴリ:

昨日の夜は、残り物でしたが(なんかこんなのばっかりですみません)、その前の夜に日大の1年間の交換留学生である、Hくんと、そのHくんのところを訪ねてきているKさんとお会いし、Vernaの家にチャイニーズフードをTo Goにしてもらって夕食会にしたので、その残りを食べたというわけです。そのおとといの夕食会では私は作るものはなかったのでサラダでもちゃんと作うと思って、以前に伯母に教えていただいた、おいしいドレッシングをつくってみました。この写真では残り物化しているので美味しそうに見えませんが(スミマセン)、わりと独創的で、私は大好きな味のレシピです。ああ、その時に写真を撮ればよかったなー。

カテゴリ:

理想コレステロール値

 | コメント(0) | Edit

10日ほど前なんですが、突然、アメリカで設定されていた個人の「理想コレステロール値(血液中)」というのが、がくん、と下がりました。アメリカではコレステロールの理想値は、心臓病へのリスクと共に設定されていて、「心臓病のリスクが高い人」「比較的リスクが高い人」「心臓病のリスクが低い人」などという基準で数値がきめられているます。そして今回、びっくりなことに、その数値が「心臓病のリスクが高い人」では30ポイントも下げられてしまったんですね。つまり、今まで「私は標準値」と思っていた人がいきなり「高コレステロールの人」ということになってしまったわけです。そういう人は、急にコレステロール降下薬を処方されたりしてびっくりなわけです。

どうやら最近の研究から、現在設定されている「理想値」があまり「理想」ではない、という結論にいたったみたいですが、ちょっとびっくりですよね。というのも、それが設定されたのはつい2年くらい前だから。急に塗り変わると、なんだか不安になります。きっと疫学的な根拠でこういうのは設定しているんでしょうけれど。ただ、「心臓病のリスクが比較的低い人」に対する理想値は変更はないようです。

カテゴリ:

写真のテクニック

 | コメント(0) | Edit

私のボケボケ写真や、なんてことはない「我が家の食卓」写真などを見られてしまうとこんな日記を書くのは死ぬほど恥ずかしいのですが、たまに(でも1ヶ月に1回くらいも!私にとってみると超頻繁!)メールをいただいて、写真を撮るときのテクニックを教えてくださいなんて書いてあったりすることがあります。どの写真を見てそんなことを書いているんだろう?と不思議に思いますが、もしかしたら私がこのサイトでエラそうにロモについて語ったりしているので、知識があるなんて勘違いされているのかもしれません。ないです。しかもヘタクソだし。

でも、それでも、やっぱりたまに聞かれることだし、この際まとめて、「私が」気をつけていることをまとめて書いておこうと思います。

カテゴリ:

Zumeのペイストリー

 | コメント(0) | Edit

今日はVernaの家では朝食はとらず、マキシーのお世話をし、新聞などをとってからすぐに車にのって、途中モスコウダウンタウンのZumeでペイストリーを買って家でコーヒーを煎れて朝食にしました。ペイストリーはAさんセレクションで、チョコレートの入ったクロワッサン、ブルーベリーデニッシュ、そしてハムとスクランブルエッグのピロシキです。ピロシキは半分ずつにしたものの、私はチョコレートクロワッサンでおなかいっぱいになってしまったので食べてませんが、食べたAさんが「これおいしいよ!!」と感激の声をあげていたので私もお昼にそのピロシキを食べようとわくわくしています。

カテゴリ:

The Bourne Supremacy

 | コメント(0) | Edit

20040726_thebournesupremacy.jpgThe Bourne Supremacy (2004), (A-)

前作The Bourne Identityに続くアクション。もともとマットデーモン大好きなので偏見はいってますが、いやーカッコ良かったですよ!前作が微妙だったのはあの女の子のせいだ!と確信しました。そして「追われているときは逆に追え」みたいなよく分からない真理でしたね。マットデーモン筋肉つけすぎ。強すぎ。でもだからこそ見ていて安心できたし、スッキリしました。邦題は、なにそれ?と思ってしまいますが、「ボーン・アイデンティティー/殺戮のオデッセイ」。殺戮ってねぇ。[ DVD | 日本語DVD ]

カテゴリ:

再びVernaの家から

 | コメント(2) | Edit

以前にもこのサイトで、「快適なVernaの家」とか「年末のクリスマスパーティ」とか「Vernaの家で草むしり」などなどいろいろなところで紹介したVernaの家ですが、また先週の金曜日からHouse-sitting(ベビーシットのハウス版ですね)を頼まれて、2週間ほど滞在することになりました。完全なる年中入れっぱなしのエアコンあり、ディレクTVあり、広いお部屋あり、ガスの火が使えるキッチンあり、といいことばかりの素敵なVernaの家ですが、何と言っても一番嬉しいのは写真でも見えるように、外です。このお花がいっぱい咲いている小さな茶色い丘。これは前の日記では草ボウボウだったもので、この5月と6月にMちゃんとAさんとでせっせと草むしりをし、花を植えてキレイにしたもの。外に出てフラパチーノなんて飲みながらこの右側に写っている椅子に腰掛けてこの景色を見るのはとても幸せな気分です。

カテゴリ:

My Life

 | コメント(0) | Edit

20040726_mylife.jpgMy Life (Bill Clinton)

なんだかベタな本を買ってしまいましたが、勢いでヒラリーさんの本を読んでしまったので、なんとなくシリーズものかな、というような(全然ちがうけど)勢いで読んでいます。それにしても彼の選ぶ言葉使いが、「うううむ」と唸ってしまうほどのインテリジェンスを感じてしまうのは単なる先入観なのかしら。別に言葉が難しいとかそういうわけではなく、たとえば一行目にいきなりあるんですが、"I was born under a clear sky after a violent summer storm to a widowed mother in the..."というくだりで、ぐっと引きずり込まれた気分がします。え、生まれつきお父さんいなかったっけ、とか夏生まれなんだ、とかいうような普通の情報が、そのClear skyとViolent summer stormが入っただけでなんかすごい勢いでパキーンと伝わってくるような感じ。まあこんなの狙ってはいないんでしょうけど。写真もたくさんあってわりと普通に楽しめそうです。驚くほど分厚いですけど。
[ 洋書籍 | 日本語訳書 ]

追記:読み終わったので以下に感想を書いておきます。

カテゴリ:

Antwone Fisher

 | コメント(0) | Edit

20040719_antwonefisher.jpgAntwone Fisher (2002), (B+)

HBOでやっていて、前から見たいと思っていたのでじっくりと観ました。邦題は「きみの帰る場所/アントワン・フィッャー」だそうです。最後にガーっときます。あの素敵すぎるデンゼルワシントンが監督。もちろん出演もしています。幼児虐待とかって今でこそ話題になったりしますが、こういう社会では普通に行われてきたことみたいですね。貧困とからんだ根深い問題みたいですが、それが一人の人間に与える影響って恐いな、と思います。そして、実際に精神科医がカウンセリングすると、心って開かれるものなんだな、となんとなく意外に思いながらも納得したりして。ちょうど、Goodwill Huntingみたいな感じですね。結局アントワンはある人物とは心を通いあわせたり、理由を聞いたりすることはできなかったのですが、それでも彼が得たものは大きく、観ていてああ良かったな、と思えたからほっとしました。映画かテレビ製作会社のビルの警備員だったフィッシャー氏のトゥルーストーリーだそうです。
[ DVD | 日本語DVD ]

カテゴリ:

かけ違えたボタン

| Edit

なんだか詩的なタイトルにしてしまいましたが、これから私が書きたいのはつまり、「かけ違えたボタンはまた最初から全部外して、かけなおせばいい」というようなことです。「とりかえしのつかないこと」というのは、主観的な感想(自分がとりかえしがつかないと思うからとりあえしがつかないだけ)であって、そんなのないと思えばないのだと思うのです。って、実は私が、ある事を「とりかえしがつかない」とは思いたくなくて、なんとかして改善したいと強く願っているからなんですけれどね。自分に言い聞かせているだけです。

カテゴリ:

今まで「買って良かった」シリーズ(?)を2コ書いたことがあるんですが(1回目2回目)、今回は昨日買ってきたばっかりなので、「買って嬉しい」にしてみました。これはガーリックベイカー。土器のような素材でできていて、これはどういうふうに使うかというと、エレファントガーリックを買ってきてオリーブオイルはハーブ、スパイスなどで味付けしたあとオーブンにこのポット丸ごと入れて焼くのです。そうするとものすごく良い香りが部屋中にただよい、おいしいほくほくベイクドガーリックができるという仕組み。

そしてこれはさらに優れものなことに、これにフレッシュガーリックを入れてフタをし、冷蔵庫に入れておくと湿度の関係で長持ちするらしいです。前からガーリックポットが欲しかったので(日本で探しまわるのにつきあわせてごめんね、お母さま)、手に入れることができて嬉しいです。ポットのつまみの部分はガーリックの形になってるんですよ!シェイプ物が好きな私にはたまらない魅力です。ソルトレイクシティのモールのSur La Tableで買いました。$5.50。

カテゴリ:

先日の日記に書きましたが、Park Cityの近くのアウトレットモールにはCOACHのアウトレットもあったんですけれど、そこで手に入れたバッグというのがこの写真のもの。Legacy Zipというクラシックな種類で、定価は$288。いつもカワイイなーと思っていたんですけれど、このアウトレットモールでなんと、破格の$119になっていて「半額以下だ!」と大喜びで買いました。ついでに長方形のストライプのスカーフも$29.99で購入。

一緒にいったHは黄色いシグニチャの名刺入れと黒いA4が入るサイズのクラシックなハンドバッグを買ってました。アメリカでアウトレットに行くことは結構多いのですが、私が一番嬉しくなってしまうのはCOACHのアウトレットですね。アウトレット用に作られた製品が多いなかで、普通の製品もこうやって激安になっている場合がよくあるのです。さらにAdditional 40% OFFなどになっている場合も。嬉しいですよねぇ。

カテゴリ:

教育はデザインだ

 | コメント(3) | Edit

今朝はちょっとだけ早起きをして朝のセッション(といっても8時なのでそんなに早くもないのですが)の、"Thinking like a Designer"というのに参加してきました。これはどんな分野でも同じだと思うのですが大学などの組織に属していると、かならず社会へ還元する何かの必要性があったり、子供達や一般消費者にうったえなければならない何かが出てきたりするので、そういったメッセージをどうやって伝えるか、どうやってコミュニケートするか、というような教育セッションでした。

私は基本的には教育デザインとか、クレディブルな(信憑性のある)情報の発信とかいった分野に興味があり、いろいろとリサーチをしたことも多いのですが、そのまとめ、というような感じのトークが2こ続き、とても興味深く思いましたのでちょっとしたことをまとめておきたいと思います。

カテゴリ:

テンプルスクエア

 | コメント(0) | Edit

ソルトレイクシティ、といえば冬季オリンピックとか塩の湖とかいろいろと思い付くこともありますが、有名なのはモルモン教の町ということですね。白人が多く、人種差別もあるなんて良くないウワサも聞きますが、現在はそこまで表立った差別は無いような感じがします。宗教はいろいろな人の考え方、生き方を左右するものだし、日本のような宗教色の強くない国の人から見るとなんとなく無気味な感じがするものだし、私もこのソルトレイクシティの根底に流れる何かについてはあまり良く知らない、というのが正直なところです。でもレストランやお店、ホテルなどの人は普通でしたよ。普通よりももっとフレンドリーだったともいえるかもしれません。写真はそんなモルモン教の教会があるテンプルスクエアの一部。お花が満開ですごくキレイでした。

カテゴリ:

 1  |  2  | All pages »

アーカイブス

マンスリーアーカイブ

カテゴリ別アーカイブ