ピラフシリーズ:高菜バージョン、キムチバージョン

 | コメント(0) | Edit

これは3日前くらいの食事で、なんだかヒンソですが、私の愛すべきふるさと、熊本が誇る高菜漬をうちの母がお正月前に送ってくれていたので、ピラフにしました。高菜チャーハンというのは、実は高菜漬の一番ポピュラーな使い方です。熊本の人は高菜漬を1. 高菜チャーハン、2. ラーメン(もちろんとんこつ)の上にどっさり、3. 普通のお漬け物として、という順番で使います。いや、別に統計を取ったわけじゃないので、私の想像ですけど。だって私他に、高菜漬の利用法知らないんだもーん。でもラーメンに高菜漬ってなんであんなに美味しいんでしょうか。思い出しただけでじゅわーっときます。あと写っているのは大根のお味噌汁。サラダは例のおいしいきのこのサラダ。きのこを大量に塩こしょうだけで炒めてサラダに入れるんですが、ドレッシングなしで、この大量のほうれん草(ベイビースピナッチ)をさくさくいただくことができます。おいしいきのこラブ。

で、こちらもかなりヒンソですが、1週間前くらいに作った、キムチピラフ。豚肉をわりとたっぷりめに入れて、卵はチリチリに炒めるのがポイントじゃないでしょうか。ってホントかどうか知りません。でも高菜ピラフのときはたまごはふわふわにします。私の場合は。キムチピラフ、なにがすごいって、当たり前なんですけど天才的に全てのものがキムチの味になるところですね。これはズルしてキムチ以外にも「キムチの素」を足しています。あと、当然のようにおしょうゆで味付けしてます。私、今までも何度も書きましたが、お醤油入れない料理はない!というくらいお醤油つかいます。パスタとかにも。

これはいつだったか忘れたんですけど多分この前の日曜日かな。私の誕生日にはiSightをAさんからもらったということは書いたんですが、そのとき書くのを忘れてましたが、ジンジャーブレッドを愛する私に、Aさんはジンジャーブレッドビスコッティ12本分(!)、そしてこのジンジャーブレッドシロップをくれたんです。もうジンジャーブレッド祭りです。それでこのシロップを入れたラテがありえないくらい美味しいので今ハマっているところです。だんだんスーパーボウルも近づいてきて、このホリデイ気分もだんだん終わりになっていくからジンジャーブレッド、また1年間世の中から封印されてしまうんですよね。悲しい。でもオーストラリアンオープン(テニス)も始まったし、職なしブラッドギルバートがコメンテーターとかしてるし(おおっぴらにクライアント募集していて、セリーナウィリアムスが真面目に興味を示してた)、ホリデイシーズン後、というのもそれはそれで楽しいんですけどね。ていうか、まだホリデイ気分なのってあたしだけ?いや、他にもいっぱいいるはず。多分。

コメントする