eゼミ:政治経済ニュースの英文和訳(はじめに)

 | コメント(0) | Edit

ご縁あって、都内T大学とR大学の学生さんたちが参加している、eメールによるゼミに、添削者として私もお邪魔させていただいています。「添削者」とはいっても、指導する側というよりはどちらかというと、私も勉強させていただいているという意味合いの方が強く、若い大学生の皆さんと一緒に切磋琢磨できるという魅力的なゼミです。お誘いくださったH先生、ありがとうございます。本当に勉強不足である政治・経済のことを、本当に少しずつですが、先生や学生さんたちに教わるような気持ちで勉強させていただいています。一応「英文の和訳の添削」という形をとっているため、基本的には英語がトピックとなっていますが、こうしてアーカイブにして残しておくと、英語のこと、私が勉強させていただいたこと、その他にも興味深い雑談など、様々なことをここを読んでくださっている皆さんにもシェアできるかと思い、こうしてウェブにも載せることにしました。

このeゼミのコンセプトとしては、簡単に言えば「英Economist誌の"Business this week"や"Politics this week"をゼミの学生さんたちが和訳して、英語と内容を同時に勉強しちゃおう」ということになります。個人的にも、ビジネス英語・経済英語がたくさん出てくるのでとても有意義なゼミだと思います。基本的には、こちらのEconomist Online: Buisinessのページから"Buisness this week"というリンクと、こちらのEconomist Online: Worldのページから"Politics this week"というリンクに行くと見ることができる、2つのアーティクルを使って、学生さんたちがそれぞれ段落ごとにひとつずつ、英文和訳をするというシステムです。

(特にこの記事などに興味がある方は、E-mailでこれらの記事を受け取るのは無料ですので、Economistに登録してみると、登録途中にこの2つを含めた4つのニューズレターを購読するかどうか選ぶステップがありますのでいかがでしょうか。)

ところで、ここで私の添削をシリーズを通して読む場合は、eゼミシリーズのカテゴリーから読むと順番としても読みやすいかと思います。アーカイブでは、"Buisiness this week"はBTW、"Politics this week"はPTWと便宜上省略しています。私は週に2回、A子さんとB子さんから提出いただく、BTWとPTWそれぞれ週に2つずつ担当させていただいていますので、基本的にはその2名とのやりとりの掲載となります。A子さんもB子さんも、ひとつのメールにその週のBTWとPTWをまとめて書いて送ってくださることが多いので、掲載上の都合から最初のひとつ(BTWかPTWのいずれか)には、たくさん雑談メッセージを載せて、もうひとつには全く載せていなかったりしますが、ご了承ください。

尚、H先生から掲載の許可はいただいています。実際和訳をした学生さんには、承諾をもらう前に、まずは「このような形で載せますが」という例を見せようと思っているので、このような形のスタートとなりましたにも掲載許可いただいています。今後何回のシリーズになるかは今のところは不明ですが、できる限り、自分の勉強のためにも続させていただければいいな、と思っています。

コメントする