eゼミ:メキシコ市長の免責剥奪(PTW第15回)

 | コメント(0) | Edit

このエントリーのコンセプトについては「はじめに」をお読みください。

今回のお題(Economist誌より):

The mayor of Mexico City, Andres Manuel Lopez Obrador, threatened a campaign of disobedience after Mexico's Congress voted to strip him of his immunity from prosecution over charges arising from a planning dispute. The vote is likely to prevent Mr Lopez, Mexico's most popular politician, from standing in next year's presidential election.

A子さんからのメール。

PTW

メキシコシティーの市長であるAndres Manuel Lopez Obrador氏はメキシコ議会が彼の刑事免責特権の剥奪を決めた後、逮捕の可能性に脅かされた。このことは最も有名な政治家であるLopez氏が次期大統領選挙に出馬するのを妨害しているようだ。

【背景】メキシコ下院は7日の投票で、06年大統領選の最有力候補で左派のアンドレ・ロペス・メキシコ市長の刑事免責特権のはく奪を決めた。ロペス市長は01年に裁判所からの中止命令に背き、同市郊外の病院へつながる道路の建設を続けた疑いで法廷命令侮辱罪で起訴されており、検察庁に拘束される可能性が大きい。市長陣営は「出馬妨害だ」と批判している。

日本語の法律用語などは直訳だとピンとこなくて、背景を調べる前は自分で訳してもまったく意味が分からない状態でした。この件に関して、Lopes氏を支持する15万人もの市民たちがデモを起こしたそうです。日本でそこまで支持される政治家はいないだろうなと思いました。日本人は政治家に対して関心や信頼が少ないと思うのは自分がそうだからでしょうか?

私のメール。

良いです。「脅かされた」の直訳よりは「逮捕される可能性も出てきている」の意訳のほうが分かりやすいかもしれませんね。第2文は「このことは、」と直訳で文章を始めると、透けた訳文(どんな英文だったかが和文から分かってしまう)になってしまうので、「この剥奪決定によって、メキシコで人気の高いLopez氏の来年行われる大統領選への出馬はかなり困難になる」というふうにすると良いかと思います。A子さんも書いてらしたように、このLopez氏は市民からかなり愛されているカリズマティックな人で、「有名な」というよりは「人気のある」という訳にしたほうが良いかと思います。

そしてそうですね、日本でそこまで愛される政治家は現在はいないみたいですね。でも戦前なんかは政治家の人気ってすごかったと聞きます。日本はいろいろと発展も落ち着いたし、戦争もしないし、政治家が国民に認められるような何か派手な出来事も起こらないので、「大人気の」政治家が生まれるのは難しいかもしれませんね。ですからこれから発展していくような国の政治家はこうして国民に大きく支持を受けたりするのかもしれません。

A子さんの和訳訂正(私のコメント含む)。

メキシコシティーの市長であるAndres Manuel Lopez Obrador氏はメキシコ議会が彼の刑事免責特権の剥奪を決めた後、逮捕の可能性もでてきた。この免責剥奪によって最も人気のある政治家であるLopez氏が次期大統領選挙の出馬が妨害されているようだ。
良いです。最後は「....Lopez氏の....出馬は困難であると見られている。」でも良いですね。

コメントする