« 2005年4月 | 2005年5月アーカイブ | 2005年6月 »

 1  |  2  |  3  |  4  | All pages »

大阪に滞在中に、Aさんとふたりで、中之島にある国立国際美術館がガラス細工で有名なガロ展をやっているというので、見に行こうということになって行ってきました。ガロの作品にはいくつかの「時代」があって、単純に何か昆虫や花などのいわゆる「シェイプ物」を作っていた無邪気な作品が私はやっぱり好きかも、と思ったり(他には日本画に影響うけまくり、というよりこれはもしかしてパクり?と思うものや、ちょっとおどろおどろしい感じのダークな作品もありました)、ガロの活躍の年表などにいろいろ思うことがあったりして、意外にも有意義な時間をすごしたのですがやっぱり大阪の人の多さに強烈に疲れ果て、ちょっとお茶にしようよ、とそのミュージアムカフェのようなところに行くことにしたんですが、これがびっくり。

カテゴリ:

2月に日本に一時帰国した時に、大阪に数日滞在したのですが、Aさんの実家の近くにあるレストラン「トラットリア・サルーテ」に(あら、「レストラン、レストラン」になってしまいましたね)お義父さんとお義母さんに連れて行っていただいて、すっごく美味しかったのでそのことをPullmanに帰ってからAさんに自慢げに話していたら、「じゃあ5月に僕も一緒につれていってもらおう」という話になって、先日大阪に滞在したときに今度は4人で行ってきました。

この3月に今まで15年以上営業していたという場所からちょっと移転し、Aさんの家にさらに近くなっていました。前回も徒歩で行ったのですが、今回はお家を出て、あら、と気づいたら到着していたというくらいに近かった。阪急山田駅のすぐそばです。レストランは名前通り、イタリア料理屋さん。シェフの素材へのこだわりがくっきりはっきりで、その日の仕入れで変わるメニューなんかが細やかでユニークだなと思いました。現在は人気のため、予約のお客さんのみへのサービスだそうです。行く方は是非電話を。

カテゴリ:

アジアな日本

 | コメント(0) | Edit

私の母は、干支をキレイに5周したということでこの1年、同窓会が相次いでいるらしいんですけれど(年齢バラしてごめんね)、昨日から高校の時の同窓生と一緒に阿蘇は黒川まで一泊旅行に行っています。私はそんな彼女を送ってバスの待ち合わせ場所まで行ったんですけれど、70名の同窓生が集まってバスに乗り込んで行く雰囲気は、高校生のそれそのもので、なんだか微笑ましいのでした。人生の大先輩達に向かって失礼な話なんですけれどもね。

そのあと家に帰ってこつこつとK大学のお仕事をしていたら、そこへ電話がかかってきて、「ああ、冴ちゃん(母のニックネーム)?」と男の人の声で言われました。「母なら出かけておりますが」と答えると、「ああ、娘さん?」となり、生まれてはじめて電話で話す相手(母の小学校のときの同窓生)は、それから何のためらいもなく、私の年齢、既婚か未婚か、子供がいるかどうかの3点をまるで業務連絡のように明るく詳しく聞き出し、母に言伝を頼んでまた明るく電話を切ったのでした。

カテゴリ:

このエントリーのコンセプトについては「はじめに」をお読みください。

今回のお題(Economist誌より):

Many people, possibly hundreds, were killed when government troops opened fire on unarmed demonstrators in Andijan, a city in Uzbekistan. The United States said it was “deeply disturbed” by the actions of Islam Karimov's government. The unrest spread to a second town, Korasuv, also in the Ferghana valley, in the east of the country.

カテゴリ:

このエントリーのコンセプトについては「はじめに」をお読みください。

今回のお題(Economist誌より):

Morgan Stanley, already beset by strife among its top managers, faced more bad news. The investment bank was ordered by a Florida court to pay a total of $1.45 billion in damages to Ronald Perelman. Jurors were directed to find that the billionaire investor was deliberately misled about the financial position of Sunbeam (a maker of household appliances that eventually went bankrupt) in a 1998 deal. The bank will appeal.

カテゴリ:

ローズ・ガーデン

 | コメント(0) | Edit

20050529_countrypark.JPGお天気が良かったので、熊本に来ていたAさんと母と3人で(いつもこの3人で、遊んでばっかりですけど)、熊本カントリーパークというところに行ってきました。5月は薔薇がキレイだということだったので。このカントリーパーク、名前がベタだなーと思う方、まだ甘いです。ここの本当の名称は「農業公園」なのです。ある意味すごい。さすが第3セクター。そして第3セクターの運命そのままに、かなり、サビれてきていました。見事な天下りとバブルの哀れな行く末といったところ。でもお花はちゃんと世話が行き届いていて、キレイだったんですけどね。写真はクリックすると13枚の写真のスライドショウが始まります。お時間ある方は是非どうぞ。

カテゴリ:

私が故郷熊本を愛し、熊本城をとても愛していることは、ここを読んでくださっている方にはもしかしたらすっごくバレていることかもしれませんが、この帰国の機会にやっぱり熊本城を見にいこう、ということになって、数日前、Aさんと一緒に、母がオススメする熊本城観賞のベストスポット、熊本県立美術館分館にある最上階カフェ(といっても4階)に行ってきました(Aさんはもう2日前に大阪に帰ってしまいましたが)。一番端の大きな丸テーブルに座ると、こうして目の前にどーんと、「武者返し」で有名な石垣が見えて、上の方には天守閣が見えます。天守閣に上っている観光客まで見えるほどです。

カテゴリ:

ニューデリー

 | コメント(0) | Edit

今までも、「ぽこぽこバナナケーキ」や「チキンとカシュナッツのカレー」などで触れましたが、Aさんと母と3人で熊本のおいしすぎるカレー屋さん、"New Delhi"に行ってきました。こだわりのシェフがもくもくと作ってくれる本格的なインドカレーのレストラン。いつ行っても満席のイメージなので私たちは11時頃からそわそわと準備して出かけたのでした。

カテゴリ:

Closer

 | コメント(0) | Edit

20050525_closer.jpgCloser (2004), (B-)

日本の映画館で観ました。毎週水曜日はレディースデーで1000円だそうです。それでも高い気がしますが。この映画、ナタリーポートマンがいなかったら終わってましたねぇ。あ、でもClive Owenさんも良かったですけどね。彼は"Sin City"でもかなり良い味出してました。いやー、後味悪い映画ですが、とにもかくにもナタリーポートマンの笑顔とあの身体にかなり助けられました。高く評価していた評論家もいたみたいですが、これはかなりナナメに生きてこないとなかなか高評価できない気がするんですけど。あ、今私純情ぶりました。ごめんなさい。それにしてもジュリアロバーツとジュードロウにがっかりです。
[ DVD | 日本語DVD ]

カテゴリ:

このエントリーのコンセプトについては「はじめに」をお読みください。

今回のお題(Economist誌より):

Egyptian security forces arrested 56 people thought to be connected to the Muslim Brotherhood, which is banned but had been tolerated.

カテゴリ:

このエントリーのコンセプトについては「はじめに」をお読みください。

今回のお題(Economist誌より):

BP issued a preliminary report on an explosion at its refinery in Texas on March 23rd, which killed 15 people and injured more than 170 others, and admitted that a "series of failures" led to the disaster. Analysts are waiting to see how much claims for compensation and lawsuits will cost the firm.

カテゴリ:

ほたる

 | コメント(0) | Edit

今日は大阪からAさんが熊本にやってきて、私の大好きな近所のモールをついに案内することができて、私はものすごく満足でした。いや、単なる田舎のモールなんですが、とりあえずモールだったらどんなモールでも楽しいので良いのです。母と3人でモールに入っているイタリアンレストランでお食事し、シネマコンプレックスまで歩いて行って今どんな映画をやってるのか見に行き、帰りに「無料メダル10枚」とかいうチケットをもらって、「なにこれ?」と思っていたら建物の中の巨大ゲームセンターのメダルだったので3人で30枚いただいて遊んだんですけど結構遊べました。ビンゴゲームをやったら4つ同時リーチが来てワクワク感が最高潮に達したところで無惨に散ってしまって、それもすごく笑えて楽しかった。バスケットボール大(いや、ハンドボール大かな)のビンゴボールがごろんごろんすっごい勢いで回る巨大なしかけなんです。そのあとスタバでお茶をして買い物して帰り、今日は私が夕食を作りました。煮込みハンバーグ。といっても缶詰のトマトソースで野菜いっぱいと一緒に、オーブンで焼いたハンバーグを煮ただけなんですけど。

カテゴリ:

このエントリーのコンセプトについては「はじめに」をお読みください。

今回のお題(Economist誌より):

George Bush's whirlwind tour of eastern Europe took him from Riga, Latvia's capital, to Moscow, where he attended President Vladimir Putin's parade to celebrate the 60th anniversary of Victory Day in 1945. The American president then flew on to a rapturous welcome in Georgia, where he praised the people's battle for democracy and for freedom from outside (ie, Russian) interference.

カテゴリ:

このエントリーのコンセプトについては「はじめに」をお読みください。

今回のお題(Economist誌より):

After last week's downgrading of General Motors and Ford to “junk” status (affecting a record $450 billion in debt), bond investors remained jittery on rumours that hedge funds holding GM bonds were nursing big losses. Analysts believe that many funds bought the bonds in March, after a profit warning from GM, expecting that the debt would be oversold.

カテゴリ:

このエントリーのコンセプトについては「はじめに」をお読みください。

今回のお題(Economist誌より):

Following hard on the heels of the KMT's Lien Chan, a second opposition leader from Taiwan paid a visit to Beijing. James Soong heads the People First Party, which favours reuniting Taiwan with China.

カテゴリ:

 1  |  2  |  3  |  4  | All pages »

このアーカイブ内の全エントリ

アーカイブス

マンスリーアーカイブ

カテゴリ別アーカイブ