« 2005年8月 | 2005年9月アーカイブ | 2005年10月 »

 1  |  2  |  3  | All pages »

通勤

 | コメント(0) | Edit

カセサート大学のときのように、大学構内に住んでいるわけじゃないので、毎日「通勤」なんてことをやっているわけですが、「どうやって通勤してるんですか?」という単純な疑問メールをいただいたので、大した「通勤」じゃないんですが紹介しようと思います。バンコクには1999年に開通した空を走る電車、BTS社のスカイトレインという電車があるんですが、それで通勤しています。あ、説明が終わってしまいましたね。えっと、オフィシャルサイトはBTS社のこちらをどうぞ。最初のフラッシュがなんとなくカワイイです。そしてタイ語のサイトに行ってしまうので右上でEnglishを選んでみてください。

わたしはシーロム沿線に住んでいて、BTSの駅まで徒歩で1分以内なのでラクラクです。電車も通勤時間なのに結構空いている気がします。いつも座れます。多分BTSは夜が混む気がする。通勤時間はBTSが10分(うーん8分くらいかも、いつも読書しようとして話に入り込みそうになったところで到着してしまいます)、徒歩5分といったところでしょうか。まだ1週間半しかここに住んでいないので分かりませんが。そして私はナショナルスタジアム駅で降ります。私の職場は広いチュラ大の中でも、ナショナルスタジアム(国立競技場)と同じブロックにあるリサーチセンターの一角にあるので、ナショナルスタジアムの横を歩いて職場へ向かうのです。でも、中心地サヤームで降りても、徒歩があまり気にならない距離です。

カテゴリ:

Chula大のオフィス

 | コメント(0) | Edit

特にネタもないので、今日はわたしのオフィスをご紹介します。いや、オフィスというより写真だと私の机って感じですけどね。でも6畳くらいの小さくて居心地の良いオフィスです。ちゃんとエアコンもあるし(タイでは重要なこと)、無線LANとケーブルLANのどちらでもブロードバンドのインターネットにつながります。でも多分プロキシを設定しないといくつかの制限(たとえばチャット系はできないとか)はあるんじゃないかなと思います。まだここで働き始めて1週間とちょっとしか経っていないので、ちゃんと試してませんが。

オフィスの配置としては、外から入ってくると、まずガラスのキレイな引き戸を開けてエアコンの効いたコモンルームとでも言うべき、大きめの居間的スペースに入ります。そこには、パブリックコンピュータ、プリンタ、共有電話、共有レターボックス、カンファレンススケジュールボードなどが置いてあり、壁際にはコーヒーコーナー(タイは当然インスタントコーヒーが主流)があって湯沸かし器、飲用水などが置いてあります。そこからさらに奥に進むと、茶色いドアに縦長の窓がついた、「今時の大学教授の部屋」とでもいうべき小さなオフィスが合計8コあり、私の部屋はそのひとつ。

カテゴリ:

スリテップ遺跡公園

 | コメント(0) | Edit

20050926_palace.JPGペチャブンからバンコクに帰る前に、ペチャプンにあるSri Thep Historical Parkという遺跡公園に行こうということになりました。緑生い茂る、暑い、広い、あまりにも遺跡的な公園です。11世紀のものだと思われているのですが、なんと1988年まで誰も発掘せず、発見されてからまだ20年余り。ここにいたスリテップ族が来たときに殺されたか、と思われる女性3名の白骨死体がすべて首が北を向いた状態で発見され、いろいろな説が出回ったとか。そして2メートルも離れていないところでアジア象の白骨も、同じように北を向いた状態で発見されたそうです。今もその骨をみることができます。そしてすぐちかくにスリテップ族の王宮だと思われる建物(写真)が見つかりました。この遺跡はアユタヤやスコータイよりも実はずっと古い遺跡なのですが、その姿の地味さから、タイ国内でもあまり知る人はいません。歴史研究も進んでおらず、基本的に謎につつまれた遺跡なのです。

中には大小たくさんの蓮池があるのですが、この暑さとこの生い茂った緑の栄養たっぷりの状況でマラリア蚊が大発生することが昔も多かったらしく(今はないらしい)、スリテップ族の前にいた人々も、スリテップ族も戦争だけの原因ではなく、大量に滅びたことも多かったとか。謎は深まります。写真は是非クリックしてみてください。あいかわらずスライドショウが始まって8枚の写真を見ることができます。一番最後の猿と象の彫刻は見物でした。何のガードもないので、触ることもできます(多分触っちゃだめなんだろうし触りませんでしたが)。

カテゴリ:

ジャンクディナー

 | コメント(0) | Edit

今日のお料理は、と言いたいところですが、近所のピザ屋さんで一人分ピザを寂しげに、でも嬉しげに買ってきました。ベジタブルピザ(スモール)、80バーツ(218円)。タイ風味かな、と思ったんですけど、そういうこともなく、普通のピザでした。でもハインツのケチャップがタイ語(表)ですごくカワイイんですけど。あと、シーズニング(ハーブ&スパイス)、チリフレーク(普通のアメリカのピザ屋にあるのと同じ)がついていて、もうひとつ不思議だったのは"Mouth Freshner"と書いてある袋。あけてみたら、白い、良くブレスケアでいただくようなミントのツブツブと本物のドライオレガノが細かい形で混ざって入ってました。ピザ食べた後にちゃんと食べましたよ。結構おいしかった。本当にマウスフレッシュナーって感じの味でした。そして右奥にあるのが、くだんの本です。

Nick Hornbyといえば、ヒューグラントが主演した"About a Boy"や、私もAさんもお気に入りの"High Fidelity"の原作者。作者名で衝動買いしたんです。タイトルは写っている通りですが、別に自己啓発な本ではなく、結構笑えるシニカルなブリティッシュジョーク満載の小説。笑いがアメリカっぽくないんですよね。ってアメリカにしか住んだことありませんが、なんとなくこういうのってイギリスぽいなーと思ってしまいました。アメリカの笑いって、なんとなくカリフォルニア的というか、なんだか底抜けに陽気なイメージ(私の勝手なイメージ)で、逆にイギリスの笑いって、これも私の勝手なイメージですけど、いわゆる「ウィット」(「ウィットに富んだ会話」などに使われる「ウィット」)重視の、キラリと知識が光る感じの笑いな気がするんです。スノビッシュといってしまえばそのままなんですが、私は結構好きです。でも割と本質を突いて来て("About a Boy"もそうでしたよね)、ドキドキします。

でも"About a Boy"って、私観たと思うんですが、今探してもなぜかこのウェブに書いていないので、「なんとなくダラダラと観た」系なんでしょう。どこでいつ観たんだったっけなー。あの映画の評価って、クリティックス達の(あ、「達達」になった)の評価は良かったみたいですね。一般の評価は微妙でB。私は、地味な割にはなんだかすごく好きだった気がするんだけれど(評価Aをあげたいくらいに)なんだか忘れてしまったので、近いうちにDVD借りてまた観てみようかなと思います。

カテゴリ:

村デビュー

 | コメント(5) | Edit

20050926_phetchabunmarket.jpg週末を利用して、タイ中央部に位置するけれど、かなり田舎の村々の集まるペッチャブン県(プロビンスなので本当は郡だと思うんですけど、どんな日本語訳を見てもだいたい「県」と書いてありますね)に行ってきました。私の村デビューです。ところで、私はまるで「海外経験」が多いような気分が自分でもしてくることがあったりするんですが、恥ずかしながら、よくよく考えるとそんなことは決してなく、アメリカのしかものどかで平和なプルマンに住んでいただけなんですよね。カナダやヨーロッパなどには行きましたが、所詮「旅行」だし、住んだ訳じゃないので「経験」といえるほどのことではありません。私はいわゆる"Developing Country(発展途上国)"と言われるところに来たのはタイが初めてだけれど、バンコクなんてメトロポリタンだし私が20年くらい住んだ熊本よりもよっぽど"Developed"しているし大都会なんですね。で、このペッチャブンへの旅行で初めて、「ああ、私は生まれてこのかた見たことないところに来たんだな」と当たり前のことを感じました。写真をぜひクリックしてみてください。スライドショウがはじまって、ペッチャブンの村のマーケット(市場)の様子など見ることができます。11枚あって、なかなかロードしないかもしれませんが、お時間ある方は「おしまい。」と出るまで気長にどうぞ。是非是非、マーケットの様子見ていただきたいのです。

カテゴリ:

タイに来て初めての週末にウィークエンドマーケットに行ったことはもうここにも書きましたが、そのウィークエンドマーケットは、タラーッチャトゥチャックと呼ばれます。「タラーッ」は「マーケット」という意味で、「チャトゥチャック」は地名です。今日は「仕事で」、このマーケットに行ってきました。名前の通り、ウィークエンドだけのマーケットなのですが、金曜日も7割くらいのお店は開いています。人が少なくて買い物がしやすいかもしれません。写真は、そのマーケットの近くのBTSの駅、モーチット駅の裏のチャトゥチャック公園です。ここから歩いてもマーケットには行けるんですが、ここにあるチャトゥチャック駅という地下鉄の駅から一駅で、そのマーケットの敷地内にある駅に行くことができるので、それを利用したほうがいいかもしれません。Aewと朝からこの公園で待ち合せしたのでした。

実は、これは愚痴でもないし、別に悪口でもなんでもないんですが、Aewは、かなり時間に無頓着です。でもね、実はタイ人はほとんどみんなルーズです。こうしてまとめて言っちゃうとタイ人に失礼な気もしますが(きちんと時間を守るタイ人ももちろんたくさんいます)、タイ人を弁護するわけでもないんですが、これは別にタイ人が悪いとかそういうことではなく、交通の状態が悪すぎて渋滞が慢性化しているため、時間の予測ができないというのが一番の理由で、2番目の理由としてはもちろん文化があります。もともと「何時何分」と決めて仕事をしたり人に会ったりするような文化ではないのでしょう。私は文化比較学者ではないのでちゃんと説明できませんが、これは郷に入ったらなんとやらで、私のほうが「こういうものだ」と思う必要のあることなのだと思います。合理的で個人主義のアメリカ人にとってはとても辛いことでしょう。

カテゴリ:

タイといえば

 | コメント(0) | Edit

さて、昨日のお料理ですが、この材料を使ってあるものを作りました。ミニクイズみたいですが、何だと思いますか?まな板の上に載っているのは一口大のチキンですね。上のお皿に並べてあるのは(あ、並べ方的にはGirl with a Pearl Earringを意識してみました。リンクは映画の感想ページなので、映画だけを見た人は「「?」という感じかもしれないですけれど、原作の冒頭ではこの、野菜の並べ方についてかなり詳しい描写があります。映画でもイントロのところでスカーレットさんがせっせと野菜を並べているシーンだけは無言だったけれどあったような気がする)、時計回りにトマト、ホンデーンと呼ばれるワケギ(みょうが?)の一種を細く刻んだもの、バイマクルッと呼ばれるライムの固い葉っぱ、マッシュルーム(しいたけマッシュルームって書いて売ってあったけどどう見てもしいたけには見えない)、レモングラス(タイ語ではタックライと呼ばれます)です。さあ何でしょう。「タイといえば」というタイならではのものです。世界3大スープのひとつとも言われます。

カテゴリ:

ジムトンプソンの家

 | コメント(0) | Edit

新しい職場は、タイのBTS(スカイトレイン)のナショナルスタジアム駅というところから徒歩で行けちゃう大都会にあったりするんですが、その駅から、やっぱり徒歩で行けちゃうのがタイのシルク王として有名なジムトンプソンの家。1960年代にマレーシアに旅行に出かけて行方不明になったという氏の家は完全なるタイの伝統的なスタイルで、ゴージャスな外観、内装などそのままに、ミュージアムとして展示されているのです。今日は私はAewと一緒に行ったというのもあるし(タイ人にとっては、そんなに大きなことではないですよね、日本人が浅草に住んでいるからといって毎日お参りにいくわけじゃないのと同じ)、私も来月以降に日本からのお客様と一緒に行くほうが何かと良いかも、と思ったので敢えてミュージアムには入らずに、シルクショップをひやかしたあと、有名なジムトンプソン・カフェ&レストランに行ってきました。閉店間際だったので(といっても1時間前)誰もいないし、「写真を撮って良いですか?」と聞いたらにっこりOKしてもらったのでこうしてお店の中を撮ったというわけです。メニューの表紙もシルク。何もかもシルクでキレイなお店でした。ちゃんとしたタイ料理のランチも出していて、かなり美味しいらしいですよ。

カテゴリ:

いつだったか友達と一緒にいったタイの家庭料理屋さんで食べた鶏肉とバジルの炒め物がすっごくおいしかったので、感動したんですが、そのときはちょっと唐辛子(タイチリ)が多すぎて辛かったのと、私があまり好まないベイビーコーンが入っていたのとで、ちょっぴり不満だったので味を頑張って覚えて(多分)、キッチン付きのところに引っ越したら絶対作るんだと鼻息も荒く決意していたんですが、ついに作りました。これねーー、私、自分で作っておいて「すんごくおいしかった」と語ったりすると、まるで誰かさんみたいで(私の友人なら分かるはず)ちょっとイヤなんですけど、一口食べて美味しくて真面目に声が「おおう」と出ました。ひとりでバカみたい。でも、これって多分私の料理の腕とかの問題ではなくて、単純に材料の組み合わせが抜群なんだと思います。大したことしてないしね。レシピは下の方に詳しく書いておきますので、タイ料理が好きな方は是非是非作ってみてください。簡単すぎて笑えます。そして、右奥はご存知カイジャオ。タイで辛くない食べ物ナンバーワンです。って単なる卵焼きですけどね。本当はふんわり丸く作るんですが、私はひっくり返すのに成功したものの、お皿に移す時に思いっきり破いちゃいました。でも完璧な丸だろうが破けていようが、味はカイジャオなのです。そうそう、この食器、真新しいのが分かると思うんですが、別に買ったわけではありません。クリックして大きくしてみると、目のいい人には食器に何故か、"TOSHIBA"の文字が見えることでしょう。

カテゴリ:

いやぁ、2ヶ月ぶりに料理しました。やっぱりアパートだとキッチンが付いていて良いですね。引っ越し先に到着するやいなや、TOPSスーパーに食料品の買い出しに出かけて、食べたかったパスタを作りました。さっき、姉に書いたメールの中でも説明したんですが、私は特に料理が好きというわけでもないんですが、多分、ポイントとしては、「自分の好きな味付けにできる」という単純なポイントがあるからこそ、結構好きなのかもしれない、と思いました。レストランなどで食べると、やっぱりちょっと塩味濃すぎたり、「この野菜はそんなに好きじゃない」と思うものがあったり、「こっちのが多くてこっちのが少なくていいのに」と、ちょこっと不満に思ったりするので、そういった部分で、自分で料理すると「パーソナライズ」できる感覚が、嬉しいのかもしれないと思ったんです。しかもこのパスタ、本当にパスタをゆでる時間(10分)でできるので簡単。なぜ「タイ風」としたかというと、なんと、これはナンプラーとお砂糖と唐辛子をちょっと入れているのです。オリーブオイルでガーリックをたっぷり炒め、ベーコン、唐辛子をいれて、そこに茹でておいた枝豆(なぜかタイにはいっぱいある)をさやから出しながらぽろっぽろっと入れて、お砂糖をちょこっといれて、最後にナンプラーと黒こしょうで味付けし、上からパルメザンをかけてできあがり。私、タイにきてから何にでもナンプラーを入れるようになってしまいました。

カテゴリ:

引っ越し

 | コメント(0) | Edit

実は今日はお引っ越しの日です。今日でタイに来てからちょうど丸2ヶ月たちました。カセサート大学を後にして、バンコクのダウンタウンへ引っ越しし、明日からはチュラ大に通うことになります。昨日のうちに荷造りがあっさりと終わってしまって、今朝はシャワーをしてからいつものように朝食に出かけ、チェックアウトの時間まであと2時間もある、という状況になってしまったので、また相変わらずカフェ(今日は時間が早いので、朝7時から開いているCafe'dot comの方)に来て最後のカセサート大学のワイヤレスです。とかなんとかいって、この大学の先生ともお仕事を続けるので、2週おきくらいには戻って来てミーティングなどしたいと思ってはいるんですけれどね。

最後だから写真を撮ろうと思っていたのに、すっかりカメラを忘れて来てしまって、携帯で撮った画像なんですが、本当にぼんやりしていて構図も悪くてすみません。この赤い椅子にいつも座ってコーヒーを飲んだりしてました。他にも辛うじて今撮った写真はこれ。携帯からBluetoothで送って載せてみました。便利な世の中になりましたねぇ。というわけで、今夜からはお部屋からブロードバンド環境になるはずです。ネットアディクトとしては、1日1時間弱の接続時間というのは割と辛かったかも。でも、その分研究が進んだとも言えるので良しとします。

カテゴリ:

制服の秘密

 | コメント(0) | Edit

最近の発見といえば、大学生の制服の秘密を知りました。って大げさですが。カセサート大学の新入生(1年生)は、男の子はみんなグリーンのネクタイをつけなければいけない、女の子はみんな白い靴をはかなければならない、という決まりがあるということです。私にとっては大発見です。いくつか制服アイテムがあって、その中から適当にいろいろ選んで着ていると思い込んでいたので、ネクタイを選ぶなんて、なんだかブリティッシュ!!と思っていたのに、単純に18歳だったんですね。なーんだ。これはチュラロンゴン大学も同じらしく、チュラでは青いネクタイだそうです。白い靴は同じ。時々びっくりするほど真っ白なハイヒールを制服に合わせて履いている女の子がいるので、結構舗装状況の悪いバンコクの町の中をあんな靴で汚さずに良く歩けるなぁ、おしゃれのためのすごい意気込みだなぁ、と感心しながら思っていたんですが、単純に校則っていうか大学の決まりだったんですねぇ。いろいろ発見ってありますよねぇ。

カテゴリ:

Bewitched

 | コメント(2) | Edit

20050915_bewitched.jpgBewitched (2005), (C+)

Aewとその仲間達4人に混ざって6人で上海飲茶をいただいたあとに、映画を見てきました。Aewと一緒に映画にいくと、どうやらかわいらしい映画を見ることになるらしいことがだんだん分かってきました。ニコールキッドマン、役作りちゃんとやったからなのかどうなのか分かりませんが、サマンサ(オリジナル)にそっくりにみえてきました。すごいなぁ。鼻をピクピクするのはそんなに上手かな?というイメージ。でもお父さんの結末がうやむやになったのがすっごく残念でした。なんなの?これはちょっとどんなにニコールキッドマンの美しさをもってしても、これはだめなんじゃないでしょうか。そしてウィルファレルのマネージャー役の人ってあれってトムクルーズ意識ですかね。っていうか基本的にいろいろなもののパロディですよね。最初に空から下りて来て「リファレンスを」って言われるなんてメアリーポピンズそのものじゃないか!とちょっと嫌気がさしたくらいでした。残念。邦題は当然「奥様は魔女」ですね。
[ DVD | 日本語DVD ]

カテゴリ:

Rang Sitというところに行った話は昨日ちょこっと書きましたが、これがその「タイマーケット」といわれるところの一部。本当にほんの一部です。市場の大部分は、ちょっとした総合体育館のような建物の中にあり、その体育館的建物がたくさんあるのです。これは外にあったモバイル新鮮市場とでも言いましょうか、移動遊園地ならぬ移動市場。魚介類のコーナーです。手前のおじさんが良い笑顔をくれたので写真を撮ってみました。私はいつも写真をとるのは恥ずかしがるタイプで、あきらめて堂々と撮ればいいのにちっちゃくなりながらサササっと撮ります。でも結局目立つので逆に恥ずかしがらないほうがいいのに、といつも思うんですけど実際撮ろうとすると恥ずかしいんですよね。なんとなく撮るのが申し訳ない気もするし。でもこうして笑顔を向けてくれたりすると嬉しくなりますね。この市場はいわゆる卸し市場なので、小売りはしてくれないんですけど、本当に安いですよ。魚のたくさんはいったタンク(多分アジとかが100くらい入っている)で、300バーツ(810円)とか言ってました。地面が濡れているのは別に雨が降っているわけではなくて、ちょこちょこ水を流して掃除しているからみたいです。傘があるのも雨のためじゃなくて日差しをよけるためです。

カテゴリ:

タイのmk

 | コメント(0) | Edit

私がタイに行く前に準備したことは、それはもうたくさんあるんですが、いやもう本当にたくさんあるんですが(ウソっぽくなってきましたね)、その中でも非常に大事だったのは、高校の時の同級生のカッコいいNっちと一緒に行ったビアホールでシンハービールをたてつづけに二人して3杯飲んだことじゃなくて、うちの両親とAさんと家族団欒(?)で出かけたmkイベントだったんですが(って一番大事だったんですね)、タイでも、この2ヶ月の間にもう3回も行きました。最初に行ったのはサヤームスクエア(バンコクのダウンタウン中心地)の3階建てのmkで、そのあとの2階はこのカセサート大学の向かい側に道をはさんであるmk。日本でも割安感のあったmkのタイスキですが、こちらでは「手軽でおしゃれなタイスキ」というイメージのようです。もうこれ以上食べれない、というほど(タイ語で「イーム(満腹)」といいます)食べても、ビールさえ飲まなければひとり100から160バーツくらいでイケるはず。タイの学生さんにとってはちょっと高く感じる値段なのかもしれません。先日こちらに滞在されている女性の方に伺ったら、だいたい学生さんにとっての「夕食」の相場は80バーツくらい(216円)だそうです。

カテゴリ:

 1  |  2  |  3  | All pages »

アーカイブス

マンスリーアーカイブ

カテゴリ別アーカイブ