« 2006年2月 | 2006年3月アーカイブ | 2006年4月 »

MACRO美術館

 | コメント(0) | Edit

火曜日にAさんがプルマンに帰ってしまって、なんだか動揺したので友達に誘ってもらってMACRO美術館に行ってきました。この美術館は基本的にはコンテンポラリーアートを扱っていて、もともとクラシックアートが分からない私にとってはおもちゃ箱みたいな美術館で楽しかったです。現在置いてあったエキシビジョンでは3人のアーティスト、Erwin Wurm、 Gianni Dessi、 Leandro Erlichをフィーチャーしてあったんですが、その中でも私は特にLeandroの作品は大きなおもちゃ大集合といった感じで楽しかったです。関連サイトは以下の通り。

なかなか楽しめました。この美術館自体がコンテンポラリーアートという気配なので、そういうのが好きな人は必見です。リフトや階段、目の覚めるような黄色の廊下や、冗談のような真っ黒の廊下など楽しかった。

カテゴリ:

フィレンツェでは"Gallery Hotel Art"という、ちょっと不可解な英語の名前のホテルに泊まったんですが、かなり良かったのでここでオススメしておこうと思って書いています。このホテルは、Lungarnoというグループの、いわゆるブティックホテルグループのひとつで、フィレンツェにいくつかあるこのLungarno Hotelsのうちのひとつということになっています。Lungarno Hotelsのオフィシャルサイトを見ていただけたらだいたい感じは分かると思います。泊まったGallery Hotel Artも良かったんですが、ウェブで見ると他のホテルもそれぞれに味があって良さそうですね。またフィレンツェに行くこともあると思うので、今度はポンテヴェッキオが見えるホテルに泊まるのも良いなと思います。そしてどうやら今度はこのグループのホテル、ローマにも新しくできるみたいですね!しかもあのコンドッティ通り(スペイン広場からまっすぐに続くあの「ブランド」通りです)に!楽しみです。

カテゴリ:

スイスのお土産

 | コメント(0) | Edit

Aさんが、火曜日と水曜日に、現在サバティカルリーブをとっている彼のアドバイザーのPeterが今住んでいるスイスのロザンヌに一人旅してきたので、そのお土産をもらいました。といっても本気で買ってきてくれたのは写ってないんですが、私が好きなロクシタンのヘアケア製品。そして写真はオマケ的なお土産だったんですがすごく嬉しかったんです。おいしいウエハースタイプのスイスチョコと、かわいいスイス的ペン。どちらもちょこっとスイス十字がついていてカワイイんです。ペンはちょこっとどころじゃないですけどね。しかもちょっとしっかりした感じの青いペンなので書きやすいし、さすがスイス、イタリアのペンとは違って精巧な出来ですね。

Aさんはどうやら充実の一泊旅行だったみたいでした。飛行機+電車でロザンヌに到着した彼を駅でPeterが待っていてくれたらしく、そこからすぐにロザンヌ大学に連れていってくれて、午後をずっとそこの教授や学生に会ったり機械を見せてもらったり研究についていろいろと聞いたりなどなどしたそうです。そして夜はロザンヌ大学の地質学の学部長、Lucasのお家でのディナーに招待されて合計11人で楽しく本場のスイスチーズフォンデュを楽しんだらしい。いいなぁ。

カテゴリ:

ちょっと前のエントリと日時が前後しますが、これは快晴だった土曜日にフィレンツェに到着するなり行った、Chiesa di Santa Maria Novella(サンタマリアノヴェッラ教会)です。ここは完全なる駅前なので(駅の名前もサンタマリアノヴェッラ駅)フィレンツェに旅行に来る人はみんな見る教会じゃないでしょうか。私の買った小さなガイドブックには以下のように書いてあります。

The Gothic Church of Santa Maria Novella was built by the Dominicans, from 1279 to 1357. The Renaissance facade, begun in 1458, was designed by Allberti. The chapels in the church contain some of the most important works of art in Florence, including frescoes and paintings by Masaccio, Filippino Lippi, Nardo di Gione, Ghirlandaio and Uccello. Beside the church is a cemetary walled in with avelli (grave niches), which continue along the facade and the wall. The cloisters from a museum.

建物を写真で見てもそうだと思うんですが、実際に見ても、「これって絵?」と思うほどの冗談のようなのっぺりとした表面です。でも近くに寄るといきなり荘厳な気配がでてきて中にはいるとそのあまりに「ゴシック!」という主張にかなり威圧されます。美しい教会です。

カテゴリ:

フィレンツェ(英語だとフローレンスですね)には日帰り旅行で行くつもりにして、ハンドバッグひとつ持って出かけたんですが、電車に乗る前にテルミニ駅のボリブックスで小さなガイドブックを手に入れて、快適なユーロスターの中でそれを無心に読みふけった結果、「...やっぱり一泊しよう」ということになりました。というのも、明らかに日帰りじゃ回りきれないし、出かけた土曜日は快晴だったけれど、翌日は雨の予報で、そういうことならば土曜日に景色がキレイなところを、日曜日に美術館などを中心に、という形でまわろうよ、ということになったのでした。それでこれは雨の日曜日に朝から行ったウッフィッツィ美術館。ここは昔のフィレンツェの政治の中心のビルで、イタリア語でオフィス(事務所)のことをUffico(ウッフィコ)、複数形をUffici(ウッフィチ)というんですが、その名の通り、オフィスだったんですね(美術館の正式な名称とスペルはGalleria degli Uffiziです)。しかもかの有名なメディチ家の。そしてそのままメディチ家のコレクションを中心に美術館になったというわけだったのでした。

カテゴリ:

フルラのカーフトート

 | コメント(0) | Edit

すっかりご無沙汰してますが、Aさんがイタリアにいるこの期間にマキシマムで仕事+観光+食事+買物+旅行をみっちりと行っているため、ちょっと様々な事を一時停止しております。R大のみなさんごめんなさいね。添削ちょっと待ってくださいね。Aさんがアメリカに帰ったらガンガン添削させていただきます。

ところで週末を利用してフィレンツェに行ってきたんですが、そのことは後日書くとして、Furlaなんてローマにも何軒もあるにもかかわらず、何故かフィレンツェでトートバッグ買っちゃいました。旅行って、非日常というか、ローマでFurlaを見かけて「かわいいなー、安いなー」と思っても買おうとまではしなかったくせに、フィレンツェで見かけると「買いたい!」という気持ちになるので不思議です(言い訳)。この定番の良質のカーフトートは133エウロなので、多分日本円だと1万8千円というところでしょうか。日本ではだいたい税込み2万5千円から3万7千円くらいで買えるトートみたいです(ネットで探す限り)のでイタリアだと7千円から2万円くらい安いかもしれないですね。ドメスティックですからね。

私はキレイな皮の安いバッグが好きで、この定番の形は実は昔から欲しかったものです。A4がラクラクはいるし、持ち手が長いので持ったときに腕をくの字にして支える感じがキレイな気がするし、しかも実はちょっと深めのところで完全ジップになっているのでスリの多いローマでもわりと安心感があるんです。嬉しい買物でした。

カテゴリ:

チェントロ散策

 | コメント(2) | Edit

ローマの中心部のことをCentro(チェントロ)といいますが、今日はAさんとふたりでとりあえず、コレといった行き先は決めずにチェントロを歩いてみよう、ということになって出かけてきました。

まず朝食をとらずにフラットを出て、近くのバールで朝食。私のフラットの近くには少なくとも5、6コのバールがあって、そのうちのひとつがちょっとアメリカっぽい(?)バールでコギレイでちょっと気に入っていて(本当はイタリアらしい古くさいバールも好きなんですけどね)、そこに行ってカプチーノとクロワッサン(こちらではコルネッティということが多いですね)を立ち飲み食い。イタリアのバールでは、テーブルに座ると席代をとられるので私はだいたい立ったままが多いです。セコい感じもしますが、私はローマに来てからバールがあまりにも好きになったので、毎日行ってしまうことを考えると空間代を払うのがちょっともったいない気がするんですね。でも私が住んでいるあたりの空間代は比較的安いです。チェントロでバールに入って座ったりするとすっごく高いんじゃないでしょうか。

カテゴリ:

国際女性の日

 | コメント(2) | Edit

水曜日、8日はInternational Women's Dayということで、実は国連もかなり力を入れてプロモーションをやっている、女性を讃える(?)日だったんですね。私は別にこれといった意見もなにもありませんが、実は私は心のどこかに、女性を讃えよう!と必死に日時を設定することもないんじゃないか、というちょっと冷めた気持ちを持っていないこともなかったんですけれど、でもとりあえずこの日はミモザの花を男性から女性にプレゼントする日ということで、まあ女性としてお花をもらうんであればどんな理由でもなんでも関係ないですよね。ということで、これはミモザではありませんが、8日に最上階のカフェテリアでジュリアとランチしたときに(ジュリアが突然遊びにきてくれたんです)、カフェテリアに来た全ての女性にプレゼントしていたリリー。携帯のカメラで撮ったのでぼんやりしててごめんなさい。オフィスのデスクに戻ってきてから写真とりました。でも本当にお花っていただくと単純に嬉しい気持ちになりますね。写真のミッフィーちゃんのカレンダーは日本の友達Mちゃんがバンコクに遊びにきてくれたときにくれたもの。Mちゃん、使ってるよーありがとう!そしてコンピュータは偶然にも私がWSUのオフィスで使っていたものと全く同じデルちゃん。コンフィギュレーションまで同じです。何かの因縁でしょうか。そして手前は最近買ったコーチのコインパース。実は選べなくてピンクグレープフルーツのパースも一緒にまとめ買いしてAさんにあきれられました...。

カテゴリ:

The Constant Gardener

 | コメント(0) | Edit

20060308_theconstantgardener.jpgThe Constant Gardener (2005), (A-)

TさんとAさんと3人で行ってきました。またもやベルジオネオリジナーレ(原語バージョン)で、英語でイタリア語字幕という映画でした。前にも書きましたが、イタリアではイタリア語吹き替えというのが主流で、英語で見ることができるのはリリース直後のほんの1、2週間だそうです。タイではほとんど全部原語+字幕だったのを考えるとわりと驚きですね。映画ですが、最近流行りというか、いわゆるカメラを手で持っているのかと思わせられるドキュメンタリータッチの撮影の仕方で、私はこの方式に非常に弱く、ものすごい酔い方をしてしまいました。いわゆるモーションシックネスというやつですね。途中で本気で出て行こうかと思ったところで、イタリアでは普通に行われるリセス(休憩中断)があって、そこでひとりで一番後ろの席に移動したらなんとかマシでした。酔いさえしなければ、私はとても良い映画だと思いましたよ。私も国連職員ではありますが、どんな組織でもやっぱりいろいろとありますよね。シーナリーの映像は美しくて、ラルフさんもいることだし、あれ、The English Patientか?と思わせられるほどキレイでした。久しぶりにシリアス+良い映画を見た気分になりました。邦題は「ナイロビの蜂」だそうです。上手な邦題ですね。
[ DVD | 日本語DVD ]

カテゴリ:

Aさんがやってきた

 | コメント(0) | Edit

今日のお昼にAさんがはるばるプルマンから飛行機を乗り継いでローマにやってきました。久しぶりとはいっても、結局1ヶ月くらいしか離れてないんですけれどね。私も自分で空港まで行ったことがなかったので良い経験になりました。空港までの2階建ての電車もなかなか快適です。日曜だったしそんなに混んでいないのがいいですね。

日曜といえば、実はローマの街は日曜日はかなり閑散としていて、お店もひとつ残らず閉まっているので、とりあえず空港でAさんにカッフェデビューをしてもらおうと思って会ってすぐ空港のバールに寄りました。ドゥエカッフェ(ルンゴ)で1.70Euroという高値の空港レートでしたが初の立ち飲みバールでAさんはどうやら嬉しかったみたいで早速興奮していました。それから来た時と同じ電車で私のフラットへ。そこでカプチーノを昼食代わりにいれてあげたあと、しばらくAさんは時差ボケ解消のために仮眠をとることにしました。というのも、今夜はあるところに連れていきたかったからです。

カテゴリ:

イタリア雑感

 | コメント(0) | Edit

タイに行ったとき、ちょっとしたことに驚いた事を書き留めておいたのが自分で楽しかったので、今回もちょっと書いてみます。

まずちょっと驚き、ということで、イタリアで、ということなのかなんなのか分かりませんが、私の友達の2人は、食事のときにサラダは最後に食べるんですよ!私としてはサラダは当然最初!と思って最初に食べ始めたのに、「あ、サラダはここでは最後に食べるんだよ」と言われて非常に驚きました。食事のときは、まずはカリカリのパンにトマトをのせたもののような、ちょっとしたアンティパスト(アペタイザーですね)を食べて、そのあといきなりパスタ(プリモ)です。そしてお肉料理か魚料理(セコンド)。そしてやっとサラダ(インサラータ)を食べるんですよー。もうどうしてー?って感じですが仕方ないですね。それから食べるのはフルーツだったりデザート(ドルチェ)だったりします。

カテゴリ:

このアーカイブ内の全エントリ

アーカイブス

マンスリーアーカイブ

カテゴリ別アーカイブ