« 2006年7月 | 2006年8月アーカイブ | 2006年9月 »

ちょっと。

| Edit

みなさまご無沙汰しています。サーバーの問題でちょっとこのサイト動いてませんでした(しかも私自身が全然それに気づかず、「最近スパムこなくなったなー」と思ってました)。

そろそろアップデートしていこうと思います。画像がところどころ崩れているところがあるかもしれませんがご了承くださいね。

カテゴリ:

[mixiより転載] 最近、あまりにも一人暮らしを満喫しすぎていて、自己反省する機会がまったくないので、突然モヤモヤした不安に襲われる事があります。ときどき起こる、かすかなかすかな直径2ミリくらいの不安。一度眠ると煙の様に消えることがほとんどですが。

幸運なことに、毎日面白いなと思えるこの(比較的)新しいこの仕事も、よく考えるとマチュリティーがひどく遅くて、どんな人でも40歳過ぎても登竜門的なことをやってるしびっくりすることも少なくありません。55歳くらいがピークって感じで、それを考えると気が遠くなります。一番イキイキしてる私の上司のMが最前線で、54歳(推定)。今日一緒にミーティングしたMなんて多分43歳で、初めてのパーマネントポジションらしいです。関係ありませんが彼女は独身。この仕事を私は続けていくつもりなのかなぁと、周りの人々を見ながらふと真剣に考えてしまったりもします。まあ誰でもこういう時期はありますよね。

でも今のところ、私の仕事自体には不満はありません、というべき状態ですね。あったりしたら怒られちゃう程度の小さなものでしょう。でも一番大事な家族と離れてることは大きいですけどね。あとは、アメリカに帰りたいなーと思うことがときどきあります。別にアメリカ自体が恋しいわけじゃなくて、どうでもいいような、今まで普通だったはずの小さな日常が恋しい感じ。セイフウェイでの食料品のまとめ買い、アメリカンなフランチャイズドなお店で過ごす数十分や、アメリカナイズドされた中華料理のレストランなど。イタリアにはたくさんバールがあるので、エスプレッソは恋しくないけどいつでも作れるエスプレッソマシンが我が家にあることを思うとちょっとマシンのほうが恋しい、と思うことはあります。そして私の愛する真っ白なお皿達。ときどきクロラインしてあげないと白さが保てなくなるんだけど大丈夫かしら、と遠い目になったりします(Aさんがちゃんと見ていてくれるから大丈夫)。

イタリアでひとりでのんきに暮らしていると、学生の頃の友達との時間なんかも遠いものに思えて懐かしいです。アメリカでの暮らしは、アメリカだから恋しいのではなくて、私の「第2の学生時代」であるから恋しいのでしょう。私がどんな感傷に溺れていても、時間はまっすぐ進んで行くなぁと、当たり前のことをちょっと考えました。

カテゴリ:


[mixiより一部転載] これは日本で言うお盆のとき、イタリアはマリア様の生誕日か何かの記念日だったか忘れましたが、フェラゴストという休日を挟んだ連休だったので(というより月曜休んで土日月火を自分で勝手に4連休にしました)行ってきたピサの斜塔。

これが意外に小さくてピサの街に入ったらすぐ分かると思い込んでたのに結構迷ってしまいました(10分くらい)。だいたい、ナビ係のせいにしちゃいけないとは思うのですが(私がドライバーでCがナビ)、この前、違う部署の同僚のMさんをのせてローマの街を走ったとき、あまりに完璧なナビで感動したのでそれ以来ナビにはピピピとくるのです。

Mさん曰く、「このストリートをまっすぐいくと多分2つめの大きな道で右折なので、3レーンあるところの右側にいいてくださいね」「次の角を右折したらすぐに左レーンにうつっておいて、左折できそうなところで左折してください」「もうすぐランダバウトがあるのでぐるりとまわって一番左に入って右レーンにいてください」などなど。あまりにスムースで、来た事があるのかと思っていたら地図を見て言っていただけだそうです!ナビ上手な人って本当いるな、と思って感動しました。

カテゴリ:

オルヴィエート

 | コメント(2) | Edit

先日週末を利用して、FAOと同じように本部がローマにある某W国際機関に最近勤務しはじめたお友達のTさんと一緒にドライブしてアレッツォに行ってきたんですが、写真はアレッツォではなくてオルヴィエートという町。ローマから車で30分北に走ったところにある、高台のきれいな町です。

こちらをクリックすると、もっと近くで見えるかも。こうして写真を撮ると「オルヴィエートに行った」気分になりますが、実は通り越してその先のモンテフィネスコーネという町にワイン祭りに行ってきた時に写真をとっただけなので、オルヴィエートは「見ただけ」なんですよね。

それにしても8月にはいってからというもの、職場もすっかりガラガラになってしまい、私の直属の上司も3人ともミッション+バケーションに突入して、このごろはわりとお気楽な仕事場と化しています。でも実際この状況は私がいつもお伺いを立てに行く上司が一人もいない、という状態でもあるので、毎日「こんなの私が決めていいのかなー」というようなことでも、結構バシバシ決めて仕事をすすめていけるので気分がいいとも言えます。私もFAOに勤め始めて6ヶ月がたって、最近ようやく「私の意見」なり「私がやりたいこと」なりを主張できるようになってきたので(本当はまだもうちょっとおとなしくしておかなければいけないかもしれないけれど)、私が今まで大学院やポスドクなどでやってきたような内容のものを仕事に入れていけるようになってきたんですね。これでやっと専門性の高い仕事ができるようになってきて、最近かなりやる気が出てきました。いや別にやる気がなかったわけではないんですけどね!

カテゴリ:

エメラルドの洞窟

 | コメント(0) | Edit

[mixiより一部転載] 写真は黒い写真で見づらいかもしれませんが、クリックして大きくするとちょっとは分かると思います。カプリの青の洞窟ならぬ、南イタリアはアマルフィ海岸にあるエメラルド洞窟です。肉眼だとかなりエメラルド色なので、青の洞窟とは違うのですが、写真だと同じような感じですね。イタリア語だとグロット・ディ・スメラルド。ソレントに近いのでボートのおじさんが「帰れソレントへ」を歌いながら「帰れスメラルドへ!」と自信たっぷりに声を震わせながら替え歌したのに、ドイツ人旅行客と私と主人のAさん(日本人)のみだったので、そのシャレが誰も分からずクスリとも笑わなかったのでちょっとかわいそうでした。私も「あ、いまスメラルドに替えた?」と気づいたのは彼が歌い終わってから30秒後くらいだったし。

ところでまったく関係ないことですが、今日学んだ事でちょっと書き留めておきたいと思ったので。一般的に人を型にはめて見ることはよくないとされがちですが、実はある程度はグルーピングができる鋭い観察眼+分析力を持つことを要求される場面というのは実は少なくないということ。 そして痛い人を見て、自分自身に言い聞かせたい思ったこと。よっぽどの理由がない限り「過去の職場は訪れるな」「未来の職場も必要がない限り訪れるな」ということ。本人にはその気は全くなくとも、周りにも誤解はなくとも、それでも痛々しく見えることがあります。

カテゴリ:

3-Cなお天気

 | コメント(0) | Edit

何故か5時半なんていう早朝に目覚めてしまって、今朝は仕事に行く前に家の中のことをいろいろやったんですが、バルコニーでお洗濯をしながらすごく感動してしまいました。というのも、ローマは最近は日の出がわりと早い時間に訪れてしまうのでサンライズを見る、というわけにはいかないにしても、7時前後に、太陽がぐぐぐっと昇っていく感じはとても前向きな気分になれるんです。しかもここ2日ほどローマはものすごく涼しくてきれい。今日イギリス人の友達のPとエントランスで出会ったのでお話してたんですが、彼が表現したのは、3-C: Clear, Clean, Coolというお天気。本当にそんな感じ。朝からかなり気分よくなりました。ありがとうローマ。

さて今日はイベントが少々。お昼に友達のLがアフリカはマラウイから帰ってきてとうとうアメリカに帰ってしまうので、最後のランチ。夕方はイタリア語のレッスンのあと、友達に会って近くのパブに行く予定。そのあと夜遅くに、なんと私の従姉と伯父伯母がローマに来るので会いに行ってくるのです。でもローマに来るといっても、ツアーで来るので自由時間がほとんどないのが現実。私は彼らが泊まるホテルに押しかけてお茶でも一緒にいただけたらと思っているのでした。楽しみ。

カテゴリ:

だいたいにおいて、ローマの皆様(イタリア人全体?)は大げさというかなんというか、「ここがローマで一番おいしいピッツェリアだ」とか「ここが一番イケてるバールだ」とか言いがちだったりするんですが(要はどこも美味しい)、それに便乗して私も「ここが一番おいしいジェラテリア(ジェラート屋さん)だよ」と、紹介することにしました。

といってもこのIl Gelato di San Crispinoというジェラテリア、本当にすごく有名なところなので実はみんなもうすでに知って知ってしりまくってるのかもしれませんけどね。直訳すると「サンクリスピーノのアイスクリーム」となりますが、自らGelateriaとは名乗らないところがなんだかコダワリを感じさせられますね。ここは私の先輩のTさんが連れていってくださったところで、行ってみたら本当に本気で信じられないほどおいしかったので主人のAさんが来たときもはりきって連れていきました。

が、観光でローマに行かれる方には、あまり積極的にはおすすめしません。というのも、ここは「いわゆる」イタリアのジェラート屋さん、という雰囲気ではないので、つまるところのオードリー気分は全く味わえないんですね。ですからここに行ってジェラートを食べても、ちょっとだけがっかりする方もいらっしゃるかもしれません。その「いわゆる」というやつを味わいたい場合は、パンテオンの近くのGiolittiの方をおすすめします。老舗だし、大きくて「いわゆる」的な雰囲気もなかなかだし、味だってすっごく良いです。そしてそのイタリアっぽさに満足して、そろそろ違うジェラートを、と思ったら是非このサンクリスピーノに行ってみてください。上の写真はその本店的存在なのですが、ちょっと観光地から離れたところ(ピアッツァザーマの近く)にあるので車がないと行きづらいかもしれないので、こちら。

カテゴリ:


[mixiより一部転載] 写真は本文にはそこまで関係ないのですが、ローマ郊外の小さな町です。ひとけがないのは日曜日の午前中だったからで、特に人が少ない町という感じではなかったですね。この日はたしか、古い城跡を見たりピアッツァにあるバールでグラニータ・ディ・カフェ・コン・パンナをいただいたりしてずっとぼーっとしていた気がします。

ところで、私もイタリアで車を買って乗っているわけですが、自分でも様々な手続きは、わりとあっさり出来たなと思ったのですが、それは実は友達や職場の人が助けてくれたからであって、実は結構面倒だったなと思います。アメリカでもいろいろと日本と違うことが多くて大変だったけれどイタリアもなかなかでした。

まずは免許。これは私は実は外交官でもないくせにインチキ外交感特権的なものが使えるので(治外法権で働いているから?)職場から署名付き裏書きをもらえば自前の免許(私は日本のとアメリカのと2つ持ってる)と一緒に携帯することによってイタリアの免許を取得する必要はとくにありませんでした。

そして保険。車を買ってすぐは、ちょっと一時的な保険に入っていたのですが、この際、と思って私の保険利用状況(10年間一度もクレームしてない)をアメリカの前の保険会社からファックスしてもらって、それでディスカウントをもらって1年分の保険料を払っちゃうことに。これからはとくに私が申請しない限り自動更新してくれて、請求書を送ってもらう、という手続きにしておきました。いつExpireするかなど、とてもとても私は管理できる自信がないので。

カテゴリ:

今日なにげなく検索をかけてみて、私がフィニッシャーさん(働きさん)として当時の全精力をつぎ込んだといっても言い過ぎではないほどの思い出の場所のミスドが2004年の10月31日に(つまりとっくの昔に)閉店してることを知って、ばかばかしいほどに傷つきました。

最近傷つくなんてこととはほど遠いお気楽生活をおくっていたから、きっとこんなどうでもいいことに深く傷ついてしまうんでしょうけど、2時間ほど青くなって座り込んでいたので、かなりの衝撃だったんだと思います。こんな歳になって単に数年アルバイトしただけのファーストフードのお店が閉店したくらいで、と思いますがミスドって外部から見たら、ちょっと感じが悪いくらいに内輪的な盛り上がりがあると思うんですよね。仲良しのTさん(結婚して何て名前になったんだっけ)のご主人が店長さんだったんですがどこにいったんでしょう。S東美店はまだやってるらしいのでそこにうつったのかもしれませんが。

カテゴリ:

アーカイブス

マンスリーアーカイブ

カテゴリ別アーカイブ