« 2006年12月 | 2007年1月アーカイブ | 2007年2月 »


ちょっと時期が前後しますが、タンザニアに行く直前に友達のCと、フィレンツェにいるLを訪ねて遊びにいってきました。写真は有名なポンテベッキオ。ポンテ=橋、ベッキオ=古い、という意味です。

日帰りということもあって気合を入れて準備したのでかなり満足なスケジュールとなったのでここに書いておきたいと思います。この私のツアーコースおススメではあるんですが、フレンツェのリピーターとしてメジャーなポイントは敢えてはずしてあるので、初めてフィレンツェに行く方には向いていないコースです、念のため。

交通:日帰りなので1時間も無駄にできないと考えた私はユーロスターです。車で行ってもいいくらいの距離ではあるんですが、フィレンツェの駅は中心地にあるし、駐車場のことなどを考えるとローマからだったら電車でいくのが一番かと思います。トレニタリアのサイトで予約、支払いまで簡単にできるし、チケットはSMSで携帯に送ってもらうことも可能(そして携帯の画面を社内で見せるとOK)なのでプリントアウトすらいらないのです。セカンドクラスで移動すればローマから往復65ユーロくらいだと思えば大丈夫です。各駅停車だとさらに1時間以上かかって、往復45ユーロくらいでしょうか。複数で一緒に行くときは予約のときに席をきっちり指定するのをお忘れなく。そして復路の予約はマストです。夕方の電車は満席になりやすいので帰れなくなるからです。電車はすごく快適ですよ。ローマテルミニ駅の構内にあるスーパーで飲み物を買って席でゆったりくつろいでいる間にあっという間にフィレンツェに到着します。

到着してすぐ、朝ごはんがまだで、腹ごしらえが必要な場合は駅前のマクドナルドの横にマックカフェというバールがあって簡単な食事をすることもできるし、イタリア式にローカルなバールでカプチーノとコルネットの食事もできますよ。

カテゴリ:

アフリカからのお土産

 | コメント(2) | Edit

アフリカでのミッションも終わってローマに帰ってきました。写真は帰る直前に30分だけ寄ったマサイマーケット。友達のアンジェラに、マサイウォーリアーのエボニー材の置物を買ってきてと頼まれていたのでそれを選ぶために運転手さんにお願いして寄ってもらったのでした。タンザニアシリングが思ったよりも多く余ったのもあって、それを使ってしまうという目的もありました。

マーケットには、考えていた以上に良いものがたくさんあって、前回行ったダーエスサラームの近くのマーケットよりも充実していた気がします。今回購入したのはそのアンジェラにプレゼントするための置物3体、うちの姉にもマサイの像(スペシャルバージョン)をひとつ、両親にはマサイの女の人と男の人の顔がついた、サラダ用のサーバー(大きなスプーンとフォークのやつ)、ミッションのたびに空港まで送り迎えをしてくれる友達のクラウディオに小さなゾウとヒポの置物、うちの旦那様にはちょっと奮発して、オリジナルの木がそのままの状態で上下にくっついている立派なゾウの置物。このすべてがエボニー彫りです。エボニーは外側が普通の茶色の気で中心が真っ黒という不思議な2色の木材で、アフリカであまりにも人気があるため最近少なくなってきているらしい木。近年ではひとつ木を切るたびに5本植えるという暗黙のルールもできているらしいのですが、私のこのお土産購入がエボニーの植林を促すと良いんですけど逆だったら悲しいかも、と思ったり。

カテゴリ:


ご無沙汰してます(そうでもないか)。年内にちょこっと書きましたが、急遽ミッションに、ということになってまたタンザニアはアルーシャという町に来ています。ここはかのキリマンジャロのふもとの町として有名なところ。本当のふもとの町はモシというところなんですが、アルーシャのほうが大きいのでほとんどのトレッカーはここを拠点としてキリマンジャロに登るらしいですよ。キリマンジャロとアルーシャの間にはかなり標高高めの山、メル山があるので残念ながらキリマンジャロは見えません。写真がそのメル山なんですけど、雲で完全に隠れていて見えてないですね。もっとマシなのをフリッカーにのせたので、興味があればこれをクリックしてみてみてください。これを載せた理由は、山の下の緑がキレイだったため。フリッカーにはアルーシャの町などの写真もありますのでぜひ。

このミッションは遺伝子組み換え作物(動物も含む)に関するワークショップで、最近マイケルクライトンの新作を読んだ私としては、「ああ、今頃このトピック...」という感がなきにしもあらずですが(国連の仕事は確認に確認を重ねた上でメンバー国からのリクエストを受けてからやっと動くので、最新のテクノロジーを扱うことはマレなのです)、大事なトピックではあるので真剣に取り組んでます。でもねぇ、世の中もっともっとすすんでるんですよーみなさん!と時々言いたくなるのも確か。

カテゴリ:

新年

 | コメント(0) | Edit

みなさま新年あけましておめでとうございます。年越しはローマでひとりさみしくぼんやりと過ごしましたが、年越しの瞬間にバルコニーに出てみると湾岸戦争のときの映像のようなもの(バババババババーンという爆発音と共に360度さまざまなところから立ちのぼる煙と光)が少なくとも30分ほど続いたので非常に驚きました。単純にいろんなひとがいろんなところで花火をやっているだけなんですけど(クラブのイベントや市の年越しパーティも含め)、なにしろ花火がチャチなので(緑と赤の三角形に広がるタイプのものだけ!)爆撃されたかと思ってしまうのです。カメラで映像も撮ったので今度機会があれば載せたいなと思ったりしてます。

年越しそばだけせっせとつくって食べましたが一人分を作るのは非常に難しく、年越しそうそう食べ過ぎたなーと思ってました(が、これは甘かった、詳細は下の文章参照)。そして元旦にはローマから南に1,2時間ほどのところにあるモンテカッシーノというところへ行き、友達のクラウディオの親戚の年始パーティに勝手に参加してきました。大量の人々に驚くだけでなく、大量の食べ物に驚きました。1時過ぎに始まったランチでしたが、みんななにをするでもなくだらだらと食べ続けるのです。6時くらいまでの5時間ランチ。

カテゴリ:

このアーカイブ内の全エントリ

アーカイブス

マンスリーアーカイブ

カテゴリ別アーカイブ