« 2007年6月 | 2007年7月アーカイブ | 2007年8月 »

20070730_ozawaken.gif2004年の9月に「4年ぶりのOzawa-ken」というエントリを書いてるんですが、去年いつのまにかOS X対応のものが出ていたらしく、Aさんのコンピュータにダウンロードしてあったので試してみたら私のタイピングが何故かレベルアップしていたので嬉しくなって得意げにバナーを貼ってみます。S+++++(S+5)だった私、いつのまにかS+7になってました。ウィンドウズ版もマック版も無料ですのでタイピングには自信があるわ、という方は是非試してみてくださいね。

今日はなぜか6時前に目が覚めてしまって、朝から何故か仕事してます。仕事しなくてもいいのにやっちゃうのは何故なんでしょうね。仕事が結構好きだったりするんでしょうか。Aさんも8時半にはお仕事に行きました。もう少しで仕事納めなのでちゃんとやっておきたいみたいです。プルマンの夏は暑いですが人がいなくてしーんとしていて小麦畑が広がっていてなんだか良い感じです。

20070731_ozawaken.gif追記:翌日懲りずにもう一回やったらS+9になったのでくっつけておきます。こうしてソフトにモチベーションを高めてもらっている私。でもシフト+数字キーで出てくる記号のタイピング速度がこのおかげですごく速くなった気がします。ありがとうOzawa-ken。

カテゴリ:


昨日は朝から元気に久しぶりの第2のふるさとを楽しみました。まずは毎週土曜日の午前中にやっている隣町モスコウのファーマーズマーケットに行き、朝食べるための手作りパン、おやつのスコーン、ランチ用のフォッカッチャ、野菜(なす、インゲン豆など)、新鮮ブルーベリーなどを買いました。写真はズッキーニを見つめるAさん。

そのあとモールの横のオフィスディポでAさんは、この数年まさに寝食を共にしたフィールドトリップ用のテントを日本に送るための大きい箱を購入。私はiTunesのギフトカードを自分用に買っちゃいました。クレジットカードを使う頻度をちょっとだけでも減らそうという無駄な努力。

そのあとウォルマートへ行ってちょっとショッピングしたらお昼になり、お腹がすいた私たちはプルマンに戻ってどこかでランチをしよう、ということになりました。選んだのは元プルマニアンだったら泣いて懐かしがるかもしれないエメラルドへ。エメラルドは相変わらずでしたよ。こちらの写真がエメラルド外観、こちらが私たちが頼んだランチスペシャル。アメリカンな量のランチに1年ぶりに再び衝撃を受けましたが半分は残して持って帰りました。何も言わないのに箱を持って来てくれるアメリカのレストランはやっぱり良いですよね。

そのあとブロックバスターへ行って2つ映画を借り、その近くのスターバックスでオレンジ&クリームフラパチーノとレモンローフを買って、家でDVD鑑賞大会となったのでした。フラパチーノ美味しいけど恐ろしいほど甘いですね。

夜はまた何人か人がやってきてさらにうちの家具を買っていってくれて、さらに物がどんどんなくなっていきます。でも何故かさみしい気分は全くなく、逆に晴れ晴れした気持ちになってきています。今の生活よりも、新しく待っている生活への期待が大きいからかもしれませんね。

カテゴリ:

プルマンから。

 | コメント(2) | Edit

10日ほど夏休みをとってアメリカに帰ってきました。帰って来た、とはいっても実はうちの旦那様のAさんは、この度無事に就職が決まりまして、日本に永久帰国することになったので、現在我が家は家具を全て売り払い(あげたものもたくさん)空っぽです。私たち夫婦はいつも「最終的には日本に落ちつきたいね」と言っていたのでこうしてAさんから日本帰国へのはじめの一歩を踏み出せてすごく嬉しいです。次はいつの日か、私が帰る方法を見いださないとね。頑張ります。ちなみにAさんは某省から独立した某国立研究所の研究員となります。関東の田舎です。日本のお友達のみなさんどうぞよろしくお願いします。

というわけで写真は今朝の朝食。時差ボケゼロの私ですが、目覚めた後にゴロゴロしていたらコーヒーの香りがふわーんとしてきて、トントントンと音がしてきたので寝ぼけながらキッチンにいったらAさんがイチゴを切ってました。甘いイチゴ。

でもいざ食べる時は、家具のない我が家なので床に座って、私が衝動的に購入したコーチのバッグの大きな空き箱がテーブル代わりなのです。それでも、本当に数ヶ月ぶりに本当に幸せな朝食となりました。しばらくアメリカンな生活をのんびり楽しみます。

カテゴリ:

ローマ動植物園

 | コメント(0) | Edit

仕事帰りに時間があったのでローマ中心地にある動植物園に行ってきました。いきなりきりんなんて見て興奮する私。きりんって、本当に見ようとしないと見ない動物ですよね。不思議。この写真をとったあと、一番大きなきりん(左から2番目のきりん)が突然、ものすごく近くまでやってきて、私を見つめたままもぐもぐと何かをひたすらずっと噛んでました。私も無言で長い間彼を見つめてしまった。

だからというわけではないんですけれど今日は「転機」ということについて考えました。ヨーロッパを襲っているヒートウェーヴにじりじりと焼かれながら非日常な動物達(しまうまや、北極ぐまなど)を見て考えることじゃないのかもしれませんが考えてしまったので仕方ありません。微妙に関係があるのかどうか分かりませんが、日本語で「今回」という言葉がありますよね。「前回」や「次回」があることを前提とした「今回」。英語でもかすかに似た表現をすることがあります。単なる"this time"ではなくて"this time around"と言ったりしますね。それがどうなんだと言われると困りますが。「転機」というのは人生にはいくつか来るものだとはおもいますけど、前向きに"next time around"は当然くると思いこむのも時々は大事かなと、きりんもなんとなく賛成してくれたような気がするのです。

写真は携帯のカメラなので画質最悪ですが許してくださいね。クリックするとフリッカーにいくのでその他の動物の写真もあります。

カテゴリ:

ゲストブック2

 | コメント(33) | Edit

33件のコメントがあります。

カテゴリ:


先週の木曜日は友人のNと一緒にコンサートに行ってきました。

上のタイトル書いてから気づきましたが、イタリアに来るまでは「コンチェルト」というものが「コンサート」のイタリア語というだけの話で別段何の違いもない、という事実が自分の頭をかすったことすらないな、と思いました。コンチェルトってちょっとフォーマルなクラシックという偏見すらありました。まあイタリア語に限らずラテン系の言葉はそんなのばっかりです。いつも「ああそういえばそうか!」となるかんじ。

ちょっと脱線しましたが、行ったのはローマ古代遺跡のオスティアアンティカ。こちらの写真をみていただければ分かるんですが、シアターももちろん遺跡なんですね。サイトによると紀元前12年に亡くなった当時の皇帝のために建てられたシアターのようですので、異常なほど古いことだけは確実ですね。それにしても英語だとB.C. (Before Christ)とA.D. (After Christだと思っていたらあとでAさんに指摘されました。そういえばADですね。詳しくはWikiに載ってます。「西暦」って当然西では「西暦」なんていわないわけですが、ADそのものが「西暦」にあたる言葉みたいですね)っていいますよね?これがまた面倒なんですけどイタリア語だとa.C.がavanti Christo (キリストの先、って感じですか)でd.C.がdopo Christo(キリストの後)というんですね。ですからイタリア語のサイトでa.C.と書いてあったら紀元「前」と思ってよいです。

ってまたかなり脱線しましたが、そんなシアターで楽しむピアノコンサート、趣があってよかったです。古代ローマの人々もこうしてここでエンターテイメントを楽しんだのか、と普通に感動しますよね。ローマの夏は暑いけれど夜は涼しくて気持ちよいので、古代の石づくりのシアターに座って風を感じながら(こちら参照)、クラシックピアノを聞くなんて、すごく素敵な夏の夜の過ごし方だと思いました。

年齢を重ねて、経験を重ねて、いろんな文化に触れて、難しい事や辛い事や誤解や憤りもあるけれど、こうして単純に豊かな楽しみを得ることができるというのは心の底から幸せなことだと思った夜でした。楽しかった。これからもいろいろと進んで吸収していきたいな。恐れず。前向きに。

カテゴリ:

ご無沙汰しております。いろいろとバタバタとしていて自分のPowerBookから離れた生活をしていました。そしてはっと気づくとバッテリー容量は最低限(3分もつかどうかというところ)、セミコロンキーキャップがとれかかっており、しかもなんとなく電源の部分があやういです。私の愛するPowerBookちゃんなのにこんな手抜きメンテナンスで良いわけがありません。

でも近いうちに新しいのが欲しいなあと思ったりもしますね。正直。

ところでふと思ったのですが、「テレビ(あるいは番組)に固執する」ということが私はとても嫌いだということに気づきました。「〜〜を見なくてはいけないので」とか言われると思わずアホかと思いますね。世界共通なのが、スポーツ放送。アメリカ人はアメリカンフットボールや野球やバスケやホッケーなどに、イタリア人は当然サッカー。「今日はサッカーだからそれを見たい」ではなくて「今日はサッカーだからそれを見なくてはならない」というのがいやだという意味なんですが。

「さあみんなで観戦しよう!パーティーだ!」という雰囲気だとわーい!楽しい!と、微笑ましい感じがするのですあ、ひとりきりで真面目な顔して「今日はこれをみなきゃいけないから」と必死で見ているひとをみると、なんか人生って、と思ってしまいます(大げさ)。

とはいえ、昔は熱烈なヤクルトファンだった私。ヤクルトが若くて強い時期もあったのですよ。ですからかなり頑張ってテレビの前で応援していました。そんな私に「ヤクルトスワローズがあなたに何をしてくれるというの」と冷めた顔でコメントする母にちょっと恥ずかしい気分を感じたりしたこともありました。きっとそんな気分なんでしょうね。

暖かい目でみてあげようと思ったりもするけれど、ときどき目にする光景で、テレビに夢中になっている家族の食卓、というのは実はちょっとだけぞっとするほど寂しい光景だったりするなぁと思うのです。なんだか今更なトピックだし、言い尽くされたことかもしれないんですが、イタリア人もアメリカ人も日本人も、と思うと、突然に悲しい気持ちになりました。

だいたい、ダイニングルームにテレビを置く事自体、やっぱり問題だと思うのです。「テレビをみないで食事を『したい』」と思う人がもっと増えてくれたらいいな。科学的にも、視覚が「おいしさ」の感覚を満たす最大で最初の感覚だと言われています(その次は臭覚で最後がやっと味覚)。その視覚をほとんどテレビに向けてるなんて、味が分からなくなって当然。味が分からない食事を何十年も摂り続けるのって、最終的にどんな影響があるんでしょうね。悲しいですね。

カテゴリ:

このアーカイブ内の全エントリ

アーカイブス

マンスリーアーカイブ

カテゴリ別アーカイブ