« 2008年3月 | 2008年4月アーカイブ | 2008年5月 »


いつもよりちょっと長かった出張も終わって無事にローマに昨日帰ってきました。今回はいろいろと順調で体調も万全だったこともあって仕事も思った以上にキチンと出来た気がして自己満足です。

部屋に帰って来てスーツケースの片付けもせずに、とりあえずシャワーをしたあと、ハノイで買ってきたジャスミンティーの500gパックを開けると、まぎれもないベトナムのなんともいえない街角の香りやさまざまなハーブが混じった香りがふわっとして、たった数日しかいなかったハノイがすごく懐かしくなりました。写真はハノイの中心地のちょっと奥に入ったところにあったカフェでとったもので、ここにしばらく座ってマンゴージュースを飲みながら街の様子や人々の様子を眺めました。写真でも分かるように町の中は混沌としていてまだ改善されるべき点もたくさんあり、国際的な援助も必要なベトナムですが人々の笑顔と前向きな姿勢と、そして美味しいベトナムのお料理があまりに衝撃的で忘れられません。このジャスミンティーも日本で50グラム600円で買うようなジャスミンティーとは、癒し度が全く違います。イタリアの硬いお水ですらまろやかに感じるほどです。

いつも出張で全く違う環境を転々とするのは慣れているはずなのに、そしてなにより、4カ国を訪れた今回の出張の中のたった数日の滞在で、しかも仕事ばっかりでベトナムの表面をちらっと見ただけにすぎないのに、今回はハノイを離れる時に後ろ髪をかなり引かれました。今日からまたいつものようにローマでお仕事というのがちょっと信じられないくらいです。今度はゆっくり訪れて、またあのジャスミンティーに癒されながら、深い部分までもっと知りたいと思わせられるベトナムでした。ホーチミンシティはまた違った雰囲気と魅力があるそうです。さらに興味深いベトナムです。

カテゴリ:

きゅうり畑

 | コメント(0) | Edit

ワークショップ恒例のフィールドトリップに行ってきました。今日行ってきたのはハノイのある県のとなりの県にある30ヘクタールのきゅうり畑。写真の自転車にかかっている帽子をみなさんかぶってせっせと仕事してらっしゃいました。

いつも野菜果物の食品安全についての仕事をするときはかならずフィールドトリップで農家を訪れたりパッキングハウスを訪れたりするのですが、これが本当に実は勉強になるのでおもしろいのです。自分ではいろいろ知っているつもりでも、実際目でみて、人がやっているのを見ないとピンとこないことって多いんですよね。フィールドトリップから帰ってきてから疲れていたのですがVIP達が集まったのでこれからのプロジェクトについてミーティング。ベトナムで良いプロジェクトができればいいなといつも思っていたのでこうしてついにこの日が来て嬉しいです。そのあと、"Sen"(「蓮」の意味)という名前の巨大な素敵なレストランに連れていっていただき、夢のような夕食をいただきました。とても良かった。目の前でいろいろとつくってくれるバフェスタイル。デザートもなにもかも最高でした。

明日の日曜日はお休みの予定だったのですが、とても素晴らしいカウンターパートがシルク村に連れていってくれるというのでかなりわくわくしています。そして月曜日に最後の日の仕事を終えたらローマに飛びます。まだあと丸2日ありますがハノイを十分楽しんで帰りたいと思います。

カテゴリ:

ハノイに来ています

 | コメント(2) | Edit

私の出張もだんだん終わりが見えてきてほっとしかけていますが、昨夜ヴェトナムはハノイに到着しました。ここでは食品安全に関するワークショップを行うのですが、実はワークショップは既に始まっており、今日は3日目。今日1時間、月曜日にもう1時間の講義をする予定で用意してきたのですが、今回一緒に仕事をする地域事務所の同僚が、「通訳は同時じゃないから倍時間がかかるよ」と教えてくれたので急遽短縮しようとしているところです。

写真は昨夜カウンターパートのディレクターに連れていっていただいた、ハノイの湖をキレイに見る事ができる美しいレストラン。伝統芸能もあっていて観光客もたくさんでしたがリッチそうな地元の人も結構いました。美味しかったし楽しかったです。仕事がんばりまーす。

カテゴリ:


現在フィリピンに来ています。ドゥバイを発ってからエミレーツ航空でマニラにやってきました。飛行機の中で何も食べずにひたすら眠りました。日焼けで疲れていたのでしょう。写真は恒例になった「ホテルの窓から」シリーズですが、ホテルではなくて某国際研究機関のゲストハウスです。でもホテルなみに素敵なところですが。

タイトルにはマニラと書きましたが便宜上書いただけで、本当はラグーナという県のロスパニョス(Los Baños)という町にいます。マニラの空港から車で2時間くらいのところで都心と違って空気はきれいだしリゾートのようなところでかなり気に入っています。そして何より驚いたのが、この機関の様々な事務的手続きや準備などが完璧なこと。私もワークショップやミーティングをやることが多いのですが、いつも何かを忘れていて走り回っていたり、「ちょっとまっててくださいね」とお願いしなきゃいけなかったりする状況が多いので、こんなに完璧にやられると非常に反省します。

今夜は招待ディナーということで30分ほど離れたところにある池の上に浮かぶレストランに連れていってくれました。すごくおいしいフィリピン料理。トロピカルフルーツが食べ放題で贅沢な気分になります。仕事の方はというと、実は今日でここでの仕事は終了しました。私はここではミーティングに参加して「へえそうなってるのか!」と学んだり、ちょっとだけ質問したりするくらいしかしなかったのですが、個人的にはかなり自分のためになりました。参加してよかった。私が同じトピックでやっている仕事とは大きな違いのある内容で新鮮でした。また明日飛行機に乗って違う国へ行ってきます。ラッキーなことにあんまり疲れてません。そして日焼けも99%回復しました。黒こげに変わりはないですけどね。

カテゴリ:

今年も黒こげ

 | コメント(0) | Edit

毎年夏が近づくと私は一気に黒こげになるので自分でも可笑しくて笑っちゃうのですが、今年も例外なく、ドゥバイのビーチで黒こげになりました。でも今回はちょっとしたミスで、ちょっと、やりすぎ+こげすぎました。写真からも分かると思うのですが、この日はサンドストームで街中がヘイジー(と、日本語でなんというのか現在ポカ忘れ中です。あとで思い出したら書き換えます)で、直射日光じゃなかったのと、ものすごく気持ちのよい強めの風がふいていたこともあって、ビーチがとても気持ちよかったのです。想像してみてください。気温は30度近く、でも直射日光ではなく、常に強めの扇風機からの風が360度から様々なバリエーションでふいてくるのですよ。気持ちよすぎる。というわけでうっかり寝てしまったのでした。結果、日焼けしすぎで笑えるほどビキニのラインがくっきりとつきました。

現在マニラで、なんの因果か良く分からないミーティング(いや、ミーティング自体はとても良いミーティングで非常にすばらしいロジに感動+自分のいつものロジを反省しているのですが、実際は私が参加することに意義があるのかどうか良くわからないミーティングなのです。いや、少なくとも私の個人の知識のためにはなりますが、私の仕事や、ミーティングの主催者のためになるかが非常に疑問です。いろいろとありがたいのですけれどね)に参加しているのですが、「ドゥバイでバケーション中に日焼けしすぎて身体中が赤くて痛いです」というのが非常に申し訳なく、その前にちょっとだけ日焼けしたナイロビのせいにしています。あ、こんなこと書いてバレたら恥ずかしいけど、万一ここを発見する可能性のあるのは日本人のHさんくらいなので、Hさん、本当はドゥバイ焼けなんですよ、とカミングアウトしておくことにします。こんなとこ読むことはほぼないと思いますけれど、罪のないホワイトライということで許してください。

カテゴリ:

ドゥバイより

 | コメント(3) | Edit

ケニアでの仕事を終えてドゥバイにやってきました。次の仕事まで飛行時間を含めて丸3日しかなく、ローマに帰っている時間がないので乗り継ぎ地ということでドゥバイです。実は今朝の早朝2時頃に空港に到着したのですが、泊まっているホテル(写真のホテルでLe MeridienグループのGrosvenor House West Marina Beachというホテル)のサービスがすごく良くて驚きました。ドゥバイのホテルはどこでもこんなものなのか、それともラッキーにも良いところを選んだのか分かりませんが、とにかく何もかもがパーフェクトで、あまりにサービスが良いので、すべてを書き留めておきたくなりました。このホテルのサービスや私の一日に興味がない方は以下は飛ばしてくださいね。自分のための記録だし、このホテルの回し者かと思われても、はたまた私の自慢と思われても困るので。

まず驚くべきことに、飛行機をおりてからターミナルに入り、パスポートコントロールの「前」にホテルのショーファーさんがひっそりと私を待っていました!通常手続きを全て終えてカスタムも抜けてからのお迎えが当たり前なので、私にとってこれは非常にびっくり+感激しました。それからそのままさっさと私の荷物を全部運んでくれて、バゲージクレームで私の荷物をとっておいてあげる、ということで私は身軽にパスポートコントロールの列に並びました。

ところで私は仕事柄いろいろな国に行くのでちょっとしたお国事情や文化的な違いやマナーなどにはなるべく気をつけているつもりが、今回、今まで涼しかったナイロビの気温が、最後の日に突然暑くなってしまい、マサイマーケットに行くのでさらに暑く、ドゥバイの気温をチェックしたらもっと暑いことが分かったのでリゾートドレスに着替えて上着もちょっと薄手のものを着てそのまま飛行機に乗ってしまいました!一応肩は出ていないし、上着は肘まで隠れるものだし、ドレスそのものもロングドレスなのでNGというほどではないと自己判断したんですが、薄手というのがちょっと、マスリムの国で、いくら暑いとはいえ、周囲の視線で初めて気がつきました(一部のマスリムの男性はあからさまに見ます、悪い意味ではなくて普通に驚きと興味なのだろうと思いますが)。これから気をつけようということでメモです。

カテゴリ:

Cool Kenya

 | コメント(0) | Edit

Just to keep my family members updated - I am in Nairobi, Kenya. I am staying at a very nice government agency's headquarters (building complex) that includes many residential compartments. I was assigned to stay in one of the nice staff flat suites. This photo shows the main entrance of the building and the guy in the photo is one of my workshop participants (and he posed for me!). I am very well and enjoying these cool summer days in Africa...

カテゴリ:

L'Orto Botanico di Roma

 | コメント(2) | Edit

土曜日に思いついてこのあまり有名ではないローマのボタニックガーデン、Orto Botanicoに車で行ってきたのですが、私の家から15分ほどであっさりと到着したのは良いものの、到着したのが夕方の6時、閉園時間が夏は6時半(冬は5時半)ということでチケットカウンターのお姉さんに「もっと早くきたらよかったのに。朝なんて素敵よ」と言われ入らずじまいでした。入り口からちらっとのぞいた様子だと、ベンチなんかもあって、読書に最適っぽい雰囲気で気に入りました。料金は4ユーロで安くはないですが、ローマの喧噪から離れるには良い値段かもしれません(安いといろんな人がやってきますからね)。

画像はグーグルアースの画像ですが、場所はジャンニコロのふもと(?)で左下の緑がたくさんある部分。入り口はLargo Cristina di Svezia 24で、ちょっと分かりづらいのですが点線で囲まれているようにみえるパラッツォ(中央にあります)の左下分のところ。このあたり一方通行が多いのですがナビを手に入れてからは全く困る事なくどこへでも行けてしまうので助かってます。もうすぐちょっと長めの出張なので出張から帰って来たら本を数冊もって、天気のよい土曜日の朝に行ってみたいと思ったので覚え書きです。行ったら写真も撮ってきます。

カテゴリ:


先週の木曜日にローマに帰ってきています。仕事のことも含めていろいろなことが一気に起こったためあっという間に1週間が過ぎてしまいましたがふと今月8日からflickrがビデオに対応していることに気づきました。素晴らしいです。ビデオも載せれたらいいのにな、とかなり長いこと思っていたのでかなり嬉しいですね。といっても今までは「flickr以外は面倒でどうせ公開しないし」とあまりビデオを真剣に撮っていなかったので、こんなダメダメなビデオしか手元にありませんが、これはポルトガルはリスボンに到着したその日の夕方にあまりに嬉しくて広場でくるくる回りながら撮影したものです。ぐらぐらしていて質が悪くてすみません。

これからはflickrで家族や友人にも見せることができるようになるので気合をいれて良い感じのものを撮影してみます。ところで私の家族のみなさん、最近とある方からいただいた写真を数点載せてみたので見てみてくださいね。ちょっと面白いかも。

カテゴリ:

このアーカイブ内の全エントリ

アーカイブス

マンスリーアーカイブ

カテゴリ別アーカイブ