« 2008年6月 | 2008年7月アーカイブ | 2008年8月 »

St. James's Park

 | コメント(2) | Edit

以前に「のちにつづく」と書いた続きなのですが、ホテルのプライベートガーデンで早朝の2時間をコーヒーで過ごした訳は、ここに続くのですが、その後地下鉄に乗り(パディントン駅からベイカールー線でチャリングクロス駅へ)、トラファルガー広場の方に出てしまったのがラッキーでオベリスクや噴水を見ながらセントジェームス公園まで歩くこと5分程度。遠く右にバッキンガム宮殿、すぐ左には省庁関連の伝統的な建物を見ながら公園に入ると、そこは急に静かな緑いっぱいの景色で水辺もあります。到着したのが9時前だったせいか、観光客も少なく本当に幸せな午前中を過ごしました。土曜日だったので、実はそこを去った12時前には強烈な数の観光客(イタリア語がそこら中で聞こえてました)が来ていたので、このエントリーを見てロンドン観光する方は公園は早朝からをおすすめしますよ!この親子が水辺の鴨や白鳥などに(ペリカンもいましたよ!)エサをやる様子を見ながら新聞を読んだり本の続きを読んだり、良い時間を過ごしました。

そして何より良かったのが、この公園にある"Inn the Park"というカフェ/レストラン。もともと、公園で何かを買って芝生に座って朝食にしよう、そのときにEnglish Breakfast Teaを飲もう、と決めていたので、早朝のホテルではコーヒーだったんですね。ですがこのレストランを見つけて嬉しくなったのと、見た目も自然にとけ込んでいてとても良い感じがしたのとで、入ってみることにしました。中はファインレストランとまではいかなくとも、かなりそれに近い雰囲気で、まだ朝の9時過ぎだったのに、「予約はありますか?」と聞かれました。「いえ、ないんですけど」と答えた後、お客さんはいなかったので「朝食はありますか?」と聞くと「もちろんあります」と言われて笑顔でテラス席(というよりデック席)に通されてさっそく大きなティーポットにたっぷり紅茶を煎れてもらいました。そしてトーストにストロベリーのプリザーブ、サニーサイドアップの目玉焼きにおいしいソーセージ、巨大なブラックマッシュルームにベーコンやグリルドトマト、などなどいわゆるイギリス式の朝食(あんまりちゃんと撮れてないですが写真はこちら)が運ばれてきて、日頃カプチーノ&コルネットの甘ーい朝食に飽きてきていた私にはこの素朴なブリティッシュスタイルがものすごく新鮮でした。まあ、コラッツィオーネイタリアーナ(伊式朝食)も悪くはないんですけどね。スプリムータ(絞りたてのオレンジジュース)なんて本当に最高だし。でもこのカフェ/レストラン、私が朝食をとっている間に満席になりました。週末はすごく人気なのかもしれませんね。朝食でも予約があったほうがいいかもしれません。

なにはともあれ、ローマでも割と幸せな週末は過ごせますが、ロンドンでも幸せな土曜日の午前中を過ごせて嬉しかった、というわけでした。かなり自己満足だけですみません。

カテゴリ:

ちょっと時間が前後しますが、ロンドン最後の夜に、あのミュージカル、"Wicked"を観てきました!実は朝から活動的に動きすぎて、ショッピングもしすぎて(実はこれがメインの理由)、とりあえず荷物を置きにホテルの部屋に帰ろう、という気持ちになって地下鉄で一旦帰ってきたんですね。そして午後は、是非行きたいと思っていたClaridgeのReading Room(アフタヌーンティー)が週末は予約でいっぱいだと電話で聞かされて、別の場所でのアフタヌーンティーには興味がなかったので、さてどうしようかなと地下鉄の駅の壁に貼ってあったこのミュージカルのポスターを見て、ホテルのコンシェルジュさんにお願いしてその日の夜のチケットを聞いてもらったら、なんと半額の当日券で前から2列めのど真ん中の席がとれたのでした。「ちょっと見上げないといけないかも」と言われたけれど、いざ行ってみると役者さんたちの汗や髪の毛の一本まで見える近さで本当に感激しました。ひとりでミュージカルなんて、と思ったけれど、ストールズでは一人で何度も見に来ているというコアなファンも結構いて、しかもたまたま隣に座っていた人なんてキャスティングディレクターをしている人で、こと細かにどんな理由でキャストを選んだかを教えてもらったりしてすごく楽しかったです。

お話の内容も、原作を読んだことがあるので内容はすでに分かっていても、それでもすごく楽しめました。このお話の、私の個人的なキーワードは「ディメンションズ&パーセプション」で、日本語に訳しちゃうと「次元&認識」になっちゃってなんのこっちゃという感じですが、私なりの和訳だと「多面(性)&受け取り方・見方(による違い)」といったところでしょうか。第1幕と2幕の間のインターバルでアイスクリーム屋さんが出てくるのもなんだか楽しかった。終わってからもスキップしたくなるような(カミングアウトしちゃうと私、スキップできないんですけど)嬉しい気持ちで帰りました。夜11時近かったんですが、ロンドンは地下鉄も街もクリーンで安全で嬉しいですね。

カテゴリ:

Takeawayの贅沢: Ottolenghi

 | コメント(0) | Edit

ローマに住んでいると、レストランに入るには一人じゃちょっと、という気分になるし、お持ち帰りのできるデリなんてかなり限られているし、お料理や食材が豊かだと、そういった意味での便利さは発達しなかったんだなと思えるのですが、お食事には評判があまり良くないロンドンには無限の数のデリがあってお持ち帰りの品々に長時間迷ってしまうほどです。

Notting HillのLedbury RdのAnya Hindmarchに行ってバッグを購入したのは昨日書きましたが、そのすぐ右隣にあるOttolenghiというカフェ・デリは最高でした。写真がお持ち帰りしたサラダ&フォッカッチャです。食べながら読んで後で知ったのですが、私の愛するAngelika Taschenの"London: Hotels & More"(写真左上の大きな本)によると、"Is it a cafe or a deli? Who cares as long as it's this yummy. Ottolenghi is like a boudoir of delicious, hand-crafted food. From pastries displayed like jewels to the delicious, fresh salads overflowing in huge white bowls, it's difficult to know where to start. Or finish. Get a selection of salads and quiche as a takeaway or jostle with the Notting Hill yummy mummies for a seat in the cafe section."ということです。

しかも先日買ったばかりのLUXE city guidesのLondon版(写真上部中央の黒い表紙のジャバラになった小さなガイド)にもちゃんと一行載っていて"Ottolenghi: Swish delis where the salads and cakes are art."ということでした。いいなと思うお店や場所はいつも必ずガイドブックに載っているのでこういうのを編集する人たちはやっぱりエラいなぁと思いますね。

帰ってきてホテルの人も快く食器&カトラリーを持ってきてくれたのでこうして部屋の窓際で自己満足気味に美味しくいただきました。サラダにイチジクが入っているのが本当に嬉しい驚きで美味しかった。クスクスもあったし、フェタなども入っているので多分全体的にレバノン風です。イギリスは移民文化でこういう楽しみがあっていいですね。

カテゴリ:

Anya HindmarchのArt Logo Tote

 | コメント(0) | Edit

金曜日はほぼ半日ショッピングばかりしました。Notting Hillでお買い物するならLedbury Roadだよと友達に勧められていたので、チェックインしたあとすぐに徒歩で向かったのですが歩くこと20分程度で閑静なリッチ住宅地の中に突然現れた素敵なショッピングストリートにおもわず大喜びしちゃいました。そのわりには普通にAnya Hindmarchに入って行く一般日本人旅行客な私(ってこんなことかかなくても私は普通に立派に一般日本人旅行客なんですけどね)ですが、だって、ここのショップ、別にフラッグシップというわけではないんですが看板があり得ないほどかわいかったんですよ。言い訳するなとおこられそうですが、ちょっとここをクリックしてみてください。ハンドバッグな看板、黒尽くめの外観、と思わず入りたくなるでしょう?と無理矢理同意を求めても仕方がないですが、しかも入ったらほぼ全商品が半額以下のセール中、しかも夕方の5時には棚卸しをしてセールが終了になる、ということを知らされたら財布のヒモも緩むというもので、思わず購入してしまいました。写真は黒ですが実際に買ったのはタンというかベージュというか。下の写真です。

これはクローズアップショットですが、こういう色です、と説明をしたかったわけではなく、このキルトパターンを見せたかったんです。シェイプ物が大好きな私としてはこのロゴキルトを無視できず、しかも「こんな重いもの毎日持って歩いてるの!」と驚かれることの多い荷物持ちの私にとっては、このサイズのバッグは重宝するということは本能で分かっているので思わずご購入でした。しかも涙が出るほどの割引でした。ありがとうロンドン。この時期にロンドンに来て本当に良かった!しかも、もうひとつのガマグチ型の大きなバッグと悩んだ時に、ショップのお姉さん(とかいって私より明かに10歳以上年下ですけど)が、「絶対トートがいいわよ、あのリース(ウェザースプーン)もここで黒を買っていったわよ」と本当だかウソだか分からない情報を教えてくれたのでそれも背中を押してくれました。って、私ってなんだか本当にくだらないことをせっせと書いてるなぁとだんだん真剣に恥ずかしくなってきたのでおしまい。

カテゴリ:

お天気の話は御法度だというロンドンで連日好天に恵まれていてとても嬉しい週末ですが、今朝は待ちきれなくて6時に目が覚めてしまい(ローマでは7時だからか)、乗り継ぎだったフランクフルト空港で買った本("The Witch of Portobello"というブラジル人作家の本)を持ってホテル目の前のプライベートガーデンまで出て行きました。するとすぐに「何か飲み物は?」と聞きにきてくれる気が利きすぎているホテルスタッフ。それで「ホワイトコーヒー(ミルク入りという意味)を」と頼むとこうしてきちんとガーデンまで持ってきてくれました。そして8時過ぎまでのんびり読書。全く誰も来ないし、「サウンドオブサイレンス」とはこのことかと納得するような木の葉の音なんかが聞こえたりして最高の朝でした。ホテルはパディントン駅とノッティングヒルの間にあるHempelというホテルで、こちらの写真のガーデンの向こう側の白い建物です。写真のちょうど中央あたりがホテルの入り口。お部屋はちょっとコンテンポラリーすぎてバスルームのドアが10分ほどどこにあるのか分からなかったというハプニングもありましたが白と茶色のミニマリズムなお部屋で素敵です。このあたりでのんびりする滞在には最適ですが、駅まで10分ほど歩くのでショッピングを中心にしたい場合は別のホテルが良いかもしれませんね。でもこうして朝の時間をのんびりすごすには最高でした。そしてコーヒーも美味しかったしね。なぜイングリッシュブレックファーストの紅茶にしなかったかというのには訳があるのです(のちにつづく)。

カテゴリ:


突然思い立ってロンドンに遊びにきちゃいました。完全なる一人旅。ロンドンに行きたい!という気持ちが数週間前から高まり、今や全然使っていないAir Canada(アメリカに住んでいた時に良く利用していた)のマイレージが結構たまっていたので、思い立ったが吉日と、電話してみたらルフトハンザのフランクフルト経由の便がとれたのでそれにて。今日到着したばかりなのに一人でかなりの充実の半日をすごしたのでこれからエントリーを分けてかきますが、まずはこの写真、つまりいわゆるフィッシュ&チップスなわけですが、でも本場のロンドンのフィッシュ&チップスはこんなにコジャレていません。新聞紙に包まれていて油にまみれたものが本物。でも今回は、本物じゃなくても、それでもなんとなくこういう感じのフィッシュ&チップスを食べたかったのです。

しかも場所も場所で、Notting Hillです。地下鉄のNotting Hill Gate駅から徒歩すぐで、Gealesというお店。こちらをクリックするとお店の雰囲気が分かると思いますが、とても素敵な小さなお店。「フィッシュ&チップスごときにこんなに出せないよ!」と思う人も多いだろうなと思える価格設定ですが、それでも私はこの一人でNotting Hillでおハイソなマダム達に混ざって、しかもイギリスのフィッシュ&チップスを食べている!というくだらない満足感で、非常に嬉しかったのです。そしてなにより、実際にこのフィッシュ&チップス、一般のものよりあっさりした食感でディルがたくさん入ったタルタルソースも絶品だし、人生の中で食べたフィッシュ&チップスの中で一番美味しかった、と断言できる味でした。

カテゴリ:


昨日の夜はおともだちと一緒に職場のお隣にある遺跡、カラカラ浴場(Terme di Caracalla)に野外オペラを観にいってきました。野外のイベントなので、オペラのクオリティなどはやはりオペラハウスで行われるそれよりもちょっと落ちてしまうかもしれませんが、やはり悠久の時を感じるこの遺跡の中の舞台で観るオペラは何にも代え難い雰囲気です。写真をクリックすると私のフリッカーのページに行きますので雰囲気などを見たいかたは是非。

昨日のお題目はヴェルディのアイーダ。第2幕2シーン目の行進曲の音楽はかなり有名ですね。フィギュアスケートをやっていた私の耳にはスケート場で「次はエントリーナンバーX番、XXX君、曲目は凱旋行進曲、歌劇、アイーダより」というようなアナウンスと共に記憶に残っているんですが、サッカーの応援なんかでも聞くマーチですよね。本当のあらすじはWikipediaなどで見れば思い出すのですが、オペラを見る前に予習していかなかった私の貧弱な想像力で作り上げそうになったお話をなんとかプログラムをみながら修正したアイーダの壮大なあらすじは以下のとおり。

カテゴリ:

相変わらず暑い日曜日をローマで迎えています。職場の同僚も上司ですらもどんどん休暇にはいっていくので、仕事もやっとちょっとだけ一息つけるようになってきました。そこで私も日常のどうでもいいようなことをやっとここに載せることができる気分になったのでとりあえず最近のお気に入りのこのダノンのドリンク。これって日本でも売ってますか?Essensisというシリーズ。ヨーロッパには珍しいプレーン味があって(普通ディフォールトはバニラ味やクリーム味が主流)気に入っているのです。容器のサイズも小さくてちょうどいい感じ。のどごしは、日本の「飲むヨーグルト」のそれよりも、ちょっともったりしていて、満足感が高まります。後味もスッキリしていて良い感じ。ピーチ味なども試してみて、それはそれなりに良かったんですが、ヨーグルトのピーチ味を食べた方が満足したような気がして、このドリンクタイプはプレーンだからこそ美味しい&便利に感じるのかも、と思いました。ってこんなこと本当にどうでもいいですね。この前から企業の製品を紹介しまくりで、私なんだか回し者風です。

ちなみにダノンはイタリア人はダノーネと言うのでかわいいです。書いたまんま読むんですね。ローマ字読みとはよく言ったものです。イタリア読みで一番好きなのは、前にも書いたかもしれませんが、アイスクリームのマグナム(親会社は多分Unilever)。Magnumと書きますが、GNUの発音はイタリアでは「ニュ」なので、マグナム=マニュウムとなって非常にかわいいです。マニュウムのジェラート(言うまでもなくアイスクリームはイタリア語ではすべてジェラートですねロリポップタイプのものでもジェラートです)、と初めて聞いたときはなんのことだかさっぱりわかりませんでした。あと、全く関係ありませんが、Japanはイタリア語では「J」のアルファベットがないこともあって、Giappone(ジァッポーネ)ですが、それについて。英語でJapanと言うときは言うまでもなく2番目の母音(Pの後のAですね)にアクセントがついて「ジャーン」となりますし、パのあとをかすかに伸ばしますが、イタリア語でGiapponeというときは最初のAにアクセントがつきます。ので、イタリア人が英語をしゃべるときにJapanというと、最初のAにアクセントがついていて、それがなんともかわいいのです。ルー大柴っぽいっていうと分かっていただけるかもしれませんが、エセ外人が「ジァパン」って発音間違えて言ってるっぽくきこえるのです。しかも、「パ」の前は一瞬つまる感じになるため、結果最初の「ジャ」が伸びるような発音になるんですね。かわいい。あ、ヨーグルトのことを熱く語ろうとしたら、かわいいイタリアアクセントの話になってしまいました。でも好きなんです。こういうの。

カテゴリ:


毎日真夏そのもののローマですが、9月まで出張を入れないようにしたのでここ1、2ヶ月はここでゆっくり毎日を過ごせると思って1ヶ月ほど前からバジルをベランダで育て始めましたが、こんなに立派に育ってきたので自己満足で載せることにしました。イタリアのお陽さまのおかげか、このバジル本当においしいです。香りがよくて、さわやかで柔らかくて、そして摘んでも摘んでも翌日には小さな葉が出てきてくれるので頼もしい限り。

そしてひょんなことからアフェランドラという観葉植物をいただいたので、オフィスで育てはじめました。観葉植物といっても黄色いトロピカルなお花も咲きます。今度写真を載せようと思いますが、このお花、お花に見える部分はほとんどが積み重なったガク部分で、そこからちょこんと小さなお花が出てきてかわいいです。私が3週間出張にいっても無事だったピンクのアンセリウムの横にちょこんと置いていますが、初日から枯れそうになるという大ピンチをむかえて非常にあせりましたが、がんばって復活させました。この暑いローマで無事に夏を過ごせるようにしばらくがんばってみます。

カテゴリ:

チャイ・ラテ

 | コメント(0) | Edit

20080709_maxim.jpg日本から買ってきたんですがマキシムのインスタント製品「カフェ・メニュー」の粉末はどれも大好きなんですが、その中でも本当に早朝に飲んでさっそく癒される!という気分になるのがこのチャイラテです。シナモンの強い香りがするので人によっては好き嫌いが分かれるかもしれませんが、私は朝からこれを10秒で作っている間に部屋がなんとなくシナモンの香りになるのが好きで、無駄かもしれませんがさらにシナモンパウダーをふりかけてしまうほどです。泡立ち具合も天才的。そして実際飲むとミルクティの濃いおいしさで、あれ、私味の素フーズの回し者?といった気分になります。でもAGFさん、このシリーズの抹茶ラテは改良の余地ありますよ。ちょっと厳しいです。もっとスッキリさせたほうが良いと思います。

というわけで最近の私のお気に入りのチャイラテ(インスタント)でした。イタリアはコーヒーはおいしいけれどいわゆる普通のコーヒーはないしスタバのようなフランチャイズもないので時々ジャンクなコーヒーや紅茶が飲みたくなるのです。

カテゴリ:

アーカイブス

マンスリーアーカイブ

カテゴリ別アーカイブ