« 2008年11月 | 2008年12月アーカイブ | 2009年1月 »

お部屋で年越し中

 | コメント(0) | Edit

大晦日の午後11時をすぎたところです。こちらが夕方の時に日本ではすっかり紅白もゆく年来る年も終わり新年を迎えていましたが、それからゆっくり年越しそばを作ったり明日のおせちのためのレンコンと牛肉の煮物を作ったりかまぼこを切ったり、そしてその全てをちょっとずつ食べたりワインを飲んだり今年一年をAさんとふたりで振り返ったり、本当に様々なことをしたにも関わらず、新年までまだあと1時間あります。

今日は朝から職場の敷地内のお店でAさんがお買い物をするというので一緒にいったあと、オフィスでちょっとだけメールを処理して、そこから地下鉄に乗ってカヴールまで出て、てくてくと歩いてクイリナーレの丘にいってきました。というのもScuderie Quirinaleにベリーニ展が来ているということをAさんが見つけてきて、行きたいということだったからなんですね。前の日の夜にふとネットで調べてみたらチケット予約+購入ができたので、夜のうちから購入しておきました。というのも今まで私はクイリナーレでの美術展に2回ほど行ったことがあるのですが、そこでは「見せ行列」を作らされるんです!中には大した人数はいないのに、「人数制限をするから」といって予約以外の客は外でひたすら30分以上並ばされるんですよ。それでそのチケットプリントアウトを持って出かけたら待ち時間ゼロ、しかもセキュリティを通る時にスタッフのひとりがあちらから近づいてきてNome?(お名前は?)というので名前をつげるとささっとチケットをくれたあと、ガイドブックはイタリア語がいいか英語がいいかと聞くので英語と答えると、奥まで行って英語のガイドブックを2冊とってきてくれました。とてもスムーズ。

それからゆっくりと見て回って、ベリーニの作品もとても感慨深くいろいろと思うところがあったのですが、クイリナーレで嬉しいのはこの建物そのものと、そこから見える景色。展示場になっているお部屋とお部屋の間を移動するたびにクイリナーレ広場の景色やその先のローマの絶景が見えたりして本当に非現実感を味わうことができるのです。写真はそんな窓の一つの前にじっと立つAさん。ここの中階にあるカフェテリアやレストランもとても良いです。私たちもケーキとお茶をいただきました。

カテゴリ:

ブルーノ・ムナーリ展

 | コメント(0) | Edit

昨日主人のAさんが長い道のりを日本からローマまできてくれました。ひとりきりだった日々が急にあたりまえのように何の違和感なく普通に一緒に過ごす日々に変化するので家族ってとても不思議ですね。到着してとりあえずお腹がすいたというAさんにラビオリをゆでてオリーブオイルとバジルと塩こしょうだけしたものにバルミジャーノをかけて出し、ゆっくりイタリアのおいしいコーヒーを飲んだら時差がちょうどよくなってイタリアのお休みタイムにちゃんと眠くなったみたいです。

そのかわり今朝は元気よく朝から起きて、日曜日なのに8時ごろから朝食にしました。そしてローマの展覧会などを紹介するフリーペーパーを見て、Ara PacisBruno Munari展をやっているというので蔵書に彼の本を持つ私としては大変興味をもったので行こう!ということになりました。テベレ川沿いの北にあるこの遺跡+美術館のまわりは日曜日はちょっとお昼近くになると駐車するのはほぼ不可能になるので、そういうことなら、とちょっと急いで出かけました。おかげですんなりと川沿いにパーキングでき、十分展覧会を楽しんできました。日本でも積み木のデザインや椅子のデザイン、飛び出す絵本のデザインなどでかなり有名ですよね。私は彼の数々の四角い本たちに心がわくわくしました。キレイに装丁されてずっしりした本はムナーリ氏のものに限らず、そして内容の善し悪しを問わず、私の所有欲をいつも刺激してくれます。写真は展示品のひとつでもっともらしく計算式をかきつらねてMunariのフォントデザインをしているもの。ですが計算式には全く意味がありません。そのあたりの何ともいえない遊び心とおしゃれなコツコツ感がぐっときます。

カテゴリ:

2008年のクリスマス情景

 | コメント(0) | Edit

私は実は今、ローマでひとりきりのクリスマスを過ごしているのですが、1週間前くらいから行っていた「私26日までのせっかくの3連休、ひとりきりなの」というイヤなアピールが効いたためいろいろと友達に誘っていただきました。感謝。

24日は友達のI(イタリア人)が誘ってくれて、お昼のクリスマスディナー準備に付き合ってきました。彼女は今年新居をかまえたため、親族全員をホストすることになり、本当に大量の食事をつくるのです。ディナーにも残って、と誘ってくれたのですが、とにかく大量の招待客に加え、彼女以外に英語をしゃべる人がいないため、ちょっと恥ずかしがり屋さんの私としては辞退せざるを得なかったのでした。2009年のリゾルーションは4年目の正直でイタリア語勉強、ってことにします(習得って言い切れないところが悲しい)。出張も減るはずなので意欲も湧く、はず(今まではちょっと勉強しては出張、帰ってきたら忘れている、という悪循環でした)。

カテゴリ:

パ・パ・パ

 | コメント(0) | Edit

つい先日も北イタリアの小さな食の街、パルマに行った帰りにマクドナルドのパルミジャーノバーガーを食べたということをくだらなくも嬉しく書きましたが、写真はそのパルマ市内のどの角にも見られる風景で、本当に犬も歩けばチーズかハムにあたる、といった雰囲気のパルマでした。これに関して実はちょっとmixiの方にも書いたのですが、こちらにも載せておこうと思ったのが下の方にのせた、youtubeのパルミジャーノ・レッジャーノのコマーシャル映像。これはイタリアに住む人にはもう大昔の話で、私が特に紹介するまでもないことなのですが、この歌、ウィルスみたいにしつこくあたまから離れないので、もはや書いちゃえ!という気分になったのでした。

見る前に説明してしまって何ですが、このコマーシャルの、このありえないコスチュームにはいった衝撃のおじさんたちとその踊り、そしてこの替え歌としてハマらなすぎてハマってしまっている歌のかわいさ(わたしにとってはこれが最大に驚き)にこれが発表されたときのイタリア(多分10年近く前)は大いにわき、このチーズの売れ行きもすごかったらしいのですが、オリジナルはRicchi e Poveri というグループ(多分60's)のMamma Mariaだそうです(youtube映像はこちら)。意外に普通ですみませんという感じですよね。でもma ma ma mamma maria maにpa pa pa pa parmigiano ohを詰め込むなんて、なんてすごい才能だ、さすがなかなか才能を見せないイタリア人、と完全降伏してしまいます。

では映像をどうぞ。歌が頭の中で自動連続リピートしてしまうタイプの方は要注意です。うっかり口ずさんでしまいます。

カテゴリ:

クリスマスマーケット

 | コメント(0) | Edit

日曜日の昨日は久しぶりの晴天で(月曜日の今日は大雨です)、スウェーデン人の友達のAと出かけてきました。昼の11時にナヴォーナ広場で待ち合わせ。私はテベレ川沿いに車をとめて歩いてきたのですがAは自転車で来ていて、途中で迷って遅れるという連絡があったので広場のベンチに座って待っていたのですが、この時期すっかりクリスマスマーケットになっているこの広場。実はこのマーケットの夜の様子を撮った写真がオンラインガイドブックに掲載されたこともあります。それにしてもその待っていたたったの15分の間にものすごい量の人々が押し寄せてきました。ものすごい活気でしたよ。

そしてこの超有名な四大河の噴水(ナイル、ガンジス、ドナウ、ラプラタの4大河を擬人化表現したベルニーニの大傑作)も、今までずっと修復作業が行われていたのが終わって柵が取り外されていてこの立派な姿を広場に見せていましたよ。こんな噴水の真横のベンチで普段の待ち合わせができる超日常の幸せ。写真は当然その一部です。その四大河のひとつ(どのひとつかはちょっと分かりません)のみ。彫刻の上には背の高い巨大オベリスクがたっているのでナヴォーナ広場でこの噴水の全体像を撮るにはプロの手腕が必要でしょう。

しばらくマーケットを冷やかしたあと、Aがやってきたので、二人で私の好きなChiostro del Bramanteに行ってきました。というのも、以前にも書きましたが、10月から3月までジュリアスシーザー展をやっていて、ずっと行きたいと思っていたのをついに実行したのです。エキシビジョンはかなり満足でした。いろいろと細かいものが美しく展示してあり、説明も分かりやすくて充実しているのはもちろん、よくよく考えると、このほとんどのものが紀元前のもの。そう思うと急にゾクっとします。そしてもちろん、7月のジュライが彼の名前から、そのあとの8月も後継者のアウグストゥスから、などなど「事実」として歴史の授業で学んだし、頭では分かっているけれど、実際に彼が「現実的でない」と判断してその年だけ400日以上にしたあと、365日になるようにその2ヶ月足して、うるう年を設けて、というようなことをその紀元前に行ったというのが、その証拠や文献やいろいろなものを見れば見るほど急に「現実に起こったことなんだ!しかも紀元前に!」と実感できたりして、思わずうなってしまいます。

そのあとお気に入りのそのブラマンテ回廊のカフェでブランチしました。すごくお洒落でおいしいお食事だし、カフェの雰囲気もよくて落ち着くので本当に、ランチだけでもかなりおすすめです。Wi-Fiスポットにもなっているので、観光の間にラップトップを持っていってコーヒー飲みながらゆっくり調べもの、なんてこともできるかと。土日だったらホテルで朝食をつけずにここで朝食をとるのも良いと思います。スタッフもみなさんすごくフレンドリーだし英語もできます。回廊だけなら無料で訪れることができるので、そのスタイリッシュな雰囲気に気おされることなく、気軽に入ってみるといいと思います。おすすめです。

カテゴリ:

3893732556_55ac6629c3_o.jpg今日はちょっとくだらなさ全開のブログになりますが、最近買ったディオールのリップ(グロス風)がすっごく良かったのでメモしておきたいと思ってとりあえず書いてます。私はチューブ入りやアプリケーションチップ付きの半液体のグロスをあまり好まないのですが(衛生的かどうかふと疑問に思ってしまう)、グロス自体はすごく好きなんですよね。乾燥した唇ほど非セクシーなものはないと思っているので。そして最近使ってすごく良かったのがこれ。

これはスティックタイプなのですが、まあスティックタイプのものだって直接くちびるに塗るわけですから衛生的には大した違いもないのですが、かなり良い感じです。本当にグロス風。Dior AddictのHigh Shineシリーズを3色買いましたが、どれもかなり頻繁につかっていて、その中でも566番の色は今まで2人の友達に褒められました。「そのグロスいいね」というふうに。「グロスじゃなくてグロス風のリップだよ」とこれを見せたところそのふたりとも「今度デューティーフリーで買ってきて」と頼んできました。コツとしては口角は丁寧に塗って、上唇をぬるときはみだしてグイっと塗るのがいいんじゃないかと思います。薄づきなので思い切ってたくさんつかえるのがいいですね。私も2本目買いたいと思っているところです。

3893732722_b59137c0f9_o.jpg「いつもブログ読ませてもらっています。とても写真がきれいなのにいつも感服しています。真佐美さんの「腕」が良いのはもちろんなんですが、もし差し支えなかったら、お使いのデジカメの機種を教えていただけますか?参考にさせていただきたいと思います。」

ということでお答えすると、まず、褒めていただいて本当に嬉しいのですが、全然腕は良くないのです。こちらの昔の私のエントリをごらんください。つまり「数うちゃ当たる」戦法なわけです。そして現在使用しているのは写真の富士フィルムのFinePix F50fdという単純なポイント&シュートカメラです。私はカメラにとくに詳しいわけでもなんでもありませんが、フジのカメラは非常に相性が良い気がします。単なる感覚のものなので実証したわけでもなんでもありませんが、赤い色をきれいに捉える気がします。そして撮影したあとのなんとなくの満足度が高いです。私は今まで持っていたカメラにはミノルタ、キャノン、オリンパス、ソニーなどがありますが(遊びカメラのロモなどは除いて)、なんと最初のデジタルカメラはアップルのQuickTake 200なのです。そうなんですよー、当時AppleはプロジェクターやプリンターやPDAやカメラなんかを売っていたんです。そしてそのAppleのカメラは実は知る人ぞ知る、Fuji DS-7という機種のアップルブランドバージョンなんですねぇ。つまり私の初めて購入したデジタルカメラはフジのものだったんですね。最初に使ったものだからきっと今も相性が良いのでしょう。

カテゴリ:

Pluridisciplinary artist

 | コメント(0) | Edit

私の愛すべきロマーナの友人Aが誘ってくれて、共通の友人のGと3人で近所にあるTeatro Palladiumに12月2日のショウを観に行きました。大変人気のダンスパフォーマンスということで1ヶ月前からチケットは売り切れということで、私は恥ずかしながら存じ上げなかったのですが世界的に有名な若い日本人の前衛ダンスアーティストのHiroaki Umedaさんのパフォーマンスでした(写真は (c) Shin Yamaga)。

私はもともと芸術には疎い方なので、特にコンテンポラリーアートともなると、自分のどこを刺激されるのかがピンとこないことが多く、わりとぽかんとしてしまうことが多いので、大変失礼ながら、彼のダンスもそのような感じかもと思っていたのですが、それと同時にあまりの前評判の良さに、驚きつつ(さらに失礼)観せていただいたパフォーマンス、正直に言ってまず音と光の技術とその効果としての「異空間体験」にちょっと自分でも驚くほどぐぐっとひきこまれました。身体の動きも異次元な感じで最後は拍手が鳴り止まず、イタリア人のみなさんすごく感銘を受けたようでしたよ。イタリアにおける「日本」のステレオタイプのイメージである「ハイテク」をさらに印象付けたかもしれません。

図々しくもオフィシャルサイトのブログに書き込みさせていただいたら丁寧にお返事もいただきました。世界的にはもうかなり有名な方ですが、これからもすごく楽しみですね。Youtubeに動画もたくさんありました。動画だと臨場感がなく50%ほどしか伝わらないかもしれませんが、興味ある方は是非。

カテゴリ:

3892944363_da61b95e05_o.jpg週末を利用して、イタリア人の友達のCと彼女のボーイフレンドでアルゼンチン人のCが住む北イタリアのパルマに行ってきました。パルマは小さな街ですが、日本人には意外に有名ですよね。パルマハム(プロシュート・ディ・パルマ)やパルメザンチーズ(パルミジャーノ・レッジャーノ)などの名前のおかげでしょうか。イタリアでもParma, Mangiare bene(食の都のような意味です、直訳は美食に近いですね。でもイタリアはどの街も「食の都」主張があるような気もしますが)なんていわれている街で、これら登録商標のパルマ名物はパルマでしか生産を許されていないのです。イタリア中で見かけるパルミジャーノ・レッジャーノですがその全てはここから発送されているわけです。で、当然世界のフランチャイズ王のマクドナルドが目を付けないわけなく、こうしてイタリアのハンバーガーメニュー、しかも巨大サイズの280grバーガーにパルミジャーノ・レッジャーノヴァージョンがお目見えしました。残念ながらパルマの街にマクドナルドはないんですけどね。ですからパルマから帰ってきてからローマテルミニ駅のマクドナルドでパルマの余韻を楽しむために購入しました。マクドナルドのご当地ものってなんとなく買っちゃうんですけど、マーケティング上手ですよね。パルミジャーノ・レッジャーノは塩味がぐっとくるチーズなので普通のバンではなくフォカッチャ(イタリアのピッツァの生地ですね)を使っているこのバーガーにはとても合っていたと思います。シーズンメニューかもしれませんが、近々イタリアにいらっしゃる予定のある方で、パスタやピザに飽きた方は是非どうぞ。

カテゴリ:

このアーカイブ内の全エントリ

アーカイブス

マンスリーアーカイブ

カテゴリ別アーカイブ