« 2009年7月 | 2009年8月アーカイブ | 2009年9月 »

夏のローマ

 | コメント(2) | Edit

ローマ市内を流れるテベレ川はそれはそれで趣きがあるのですが、夏になるとこうして何百もの露天が両岸に出て、たくさんのレストランも軒を並べ、すっかり楽しい雰囲気になります。つい先々週まではローマの人もまだローマにいたのでこの両岸は人だらけで嫌になるくらいでしたが、先週からバケーションシーズンが本格化してローマからすっかり人がいなくなったため、こうしてスッキリした感じになっています。

私は毎年言っているかもしれませんが夏のローマが大好きです。信じられないくらい暑くてびっくりしますが(実際体感温度はフィリピンのそれよりも高く、非常に蒸し暑いです)、それでもなんだかイタリアらしい開放感があってすごく良いです。いろいろなところでイベントも行われているし、とにかく前出の理由で市内の交通渋滞はないし、楽しいことばかり。唯一の難点はたくさんのお店やレストランやバールが夏期休暇をとっていて開いていないことくらいでしょうか。遺跡なんかも夏は人が少なくて良いのですが、この暑さだと外にいるとバテてしまいそうです。ですから屋内のもの、美術館などをめぐるには最適だと思います。

日曜日はアメリカ人の友達のMとこのテベレ川沿いのステーキ屋さんで食事してきました。雰囲気もいいし、すぐ近くでは野外での映画も5ユーロでやっているしで楽しめました。また夏が終わる前にもう一度くらい行きたいです。

カテゴリ:

マニラ・ベイ

 | コメント(0) | Edit

フィリピンを発つフライトが夜の7時45分だったので、ホテルのチェックアウトの12時から何をするべきかと考えていたのですが、1週間運転手をつとめてくれたCaloyが買い物と観光に連れて行ってあげます、と優しく言ってくれたので、すっかり甘えることにして、ショッピングセンターで2時間、一緒にランチで1時間、そのあと車でちょっとした観光名所をまわること1時間、と楽しい時間を過ごしました。

ずっと仕事漬けだったこともあって、この数時間で「異国で休暇を過ごしてる!」という錯覚を得ることができてCaloyには本当に感謝しています。スペイン占領時代からの教会や、アメリカの大使館のある、この写真のマニラベイにも連れていってくれて、本当にリフレッシュしました。出張でこういう雰囲気になることは滅多にないのでフィリピンという国と人々が、もともとこういった親切でオープンで受け入れる雰囲気を持っているのでしょう。日本が過去にフィリピンに対して行ったことは許せることではないけれど、そのあとの日本のODA政策は大筋では決して間違っていなかったようです。いろいろな政府の機関のオフィサー達が、私が日本人と分かるとすぐに片言の日本語でニコニコと話しかけてきて、口を揃えて「JICA(ジャイカ、独立行政法人国際協力機構)なしにはここまで大きくなれなかった」と言ってくれました。

今朝の6時過ぎにローマはフィウミチーノ空港に到着して、誰もいない高速を気持ちよく走ってきたら家に着くのに20分しかかかりませんでした。イタリアは恐ろしいほど静まり返っています。どの店もあさってまでは開かないでしょう。明日一日疲れをとって日常に戻りたいと思います。

カテゴリ:

マニラでの1週間

 | コメント(0) | Edit

今フィリピンはマニラに来ています。到着したのは実は1週間前の日曜日で、怒濤の1週間の仕事を終えて、土曜日の今日ローマに帰ることになっています。写真はRCBC Plazaというビルでここの29階にFAOの国事務所が入っています。数あるFAOの国事務所の中でも一番高い場所にあるんじゃないか、とFAOフィリピン国事務所代表がおっしゃっていました。しかもすごくキレイ。運転手や秘書を含めた全てのオフィサーが非常に優秀で効率的でフレンドリーでした。本部がこういうところにあればなぁと心から思ってしまいます。イタリア人には何の恨みもありませんが、「まあいいじゃん」「リラックスして」「あとでやろうよ」というラテン文化は仕事には向かないと思うのに、FAOのポリシーではロジスティックスをやるべき一般職員はほとんどローカル採用なので、必然的にイタリア本部の一般職員はほとんどイタリア人なのです。はぁぁ。

さて、到着した先週の日曜日にランチを兼ねてWHOの地域事務所(WHOアジアパシフィック地域事務所はマニラにあるのです。FAOのアジアパシフィック地域事務所はバンコク)のオフィサーとミーティングしたんですが、たくさんいる食品安全関連のWHOのオフィサーの中では多分一番話しやすい人ですごく安心しました。一緒にミッションをやる人が働きやすい人というのはほっとしますね。

そのあとGreen Beltという巨大モールでしばらくいろいろと必要なものの買い物をしました。ところでこうして出張で違う国に行くときはいつも私は最初の日に買うものがあります。ちょっとばかばかしく聞こえるかもしれませんが、そのものとはコンディショナー(リンス)。よっぽど5星ホテルに宿泊しないかぎり、ホテルのアメニティーはだいたいシャンプーにコンディショナー効果がはいっている(と謳っている)ものとバスフォーム(ボディソープ)のみ。女性の方なら分かっていただけると思うんですが、この「シャンプー&コンディショナー」という製品ほど中途半端なものはありません。洗えてるのかどうか微妙だし(なんだかすっきりしない)、確実にコンディショナー効果は感じられません。

そんなことだったらトラベル用のものを持って行けばいいじゃないかと思われるかもしれませんが、私の髪は、長いだけではなくて、量がめちゃくちゃ多いのです。だから1週間以上滞在するときには小さなボトルでは絶対に足りないので、よっぽどの途上国でないかぎり、こうしてドラッグストアを探してコンディショナーを買うんです。髪の毛がすっきりしていないと仕事に身が入らないなんてヘンかもしれませんが、本当にそうなので、もうどうしようもありません。

あとは4GのUSBドライブを買いました。いろいろなところでファイルをもらうためです。いつもは第一世代のiPod Shuffle(白いスティック状のもの、1G)を持ち歩くのですが、今回なんとうっかり忘れてきてしまいました。ありえません。でもフィリピンでは安く手に入ることが分かったのでさくっと買いました。

そして翌日から様々な政府のオフィサーのインタビューをやること28件。32の省庁の代表のみなさまとお会いしました。木曜日にはPampangaという地域まで2時間の車の旅をして地域の様子の見学もしたのですが、今回とあることで食肉の安全検査の状況を調査しなければならなかったため、あろうことか3カ所の屠殺場(豚)の見学までスケジュールに入っていました。強烈に思い出したのは「千と千尋の神隠し」。あの豚達って実はすごくリアルだったんですね。

そんなこんなで昨日すべての予定をこなして今日に至るわけです。これからレポート書きます。イタリアは今頃フェラゴストのお休み中です。帰ったらひっそりしてるんだろうなぁ。

カテゴリ:

Anzioのビーチ

 | コメント(0) | Edit

今年に入ってまだ3回目のビーチですが、今日はAnzioというところに行ってのんびりしてきました。お天気も良く、暑すぎず風もあり、といったところでなかなか気持ちよかったです。

それにしても朝から準備していたときに「ビーチで読もう!」と思っていた、読みかけで続きがすごく気になっている本がなぜか見つからず、読みかけにしていた時には全然どうでもよかったのに一日中その本の続きについて考えてしまいました。未だにみつかりません。もしかしたら旅行に行ったときに飛行機の中に忘れてきてしまったのかも、と思ってちょっとブルーになってしまいます。そして続きが気になる。

そのかわりといっては何ですが、Nick Hornbyのエッセイというか読書記録のThe complete polysyllabic spreeを読みました。単純なる読書記録であって、別にリビューというわけでもなく淡々とした感想というよりは気持ちの流れがつらつらと書いてあります。特に読むのが楽しいだとかそんなことは書いてないのに、時系列になったチャプターのタイトル(例えばMarch 2005、など)の下に箇条書きにされた"Books bought:"のリストの部分をみただけで、ああ、読むのが楽しいんだろうなぁと思えます。リストしたい気分がすごく分かる。野球好きな人がストライクだったりボールだったりセーフだったりアウトだったりすることを全部含めて、ベースボールというものを愛するように、外したりすることを含めて読むことが好きなんだなと思いました。

そしてそんなことを考えながらふと周りをみると、こんなイタリアのビーチ。イタリア人にはときどきいろいろな意味でいっぱいいっぱいにさせられるけど、包括してイタリアはいいところだと思いました。ビーチを出てポートで食べたシーフードレストランもすごく美味しかった(Osteria da Carloというところ)!ローマから40分くらいだったのでまた遊びに来ようと思います。

カテゴリ:

このアーカイブ内の全エントリ

アーカイブス

マンスリーアーカイブ

カテゴリ別アーカイブ