« 2009年8月 | 2009年9月アーカイブ | 2009年10月 »

今日はAさんと話し合って、今までなんだかんだと理由をつけて、中に入った事のなかったコロッセオに入ってみました。

私がローマに来た2006年には無料だったフォロロマーノが去年から有料になって、このコロッセオとパラティーノの丘の遺跡と3つでセットで12ユーロという驚くべき価格(はっきり言って高い)にかなり不満はあったものの、今回入ってみて、二人でやっぱりすごいねぇと合唱してしまいました。すべてがアーチ型になったコロッセオ。四角だとやはり崩れやすいということがこれを建築する以前に分かっていて、技術的には大変であってもすべてのものをアーチ型にする気合い。そしていたるところにゴロゴロしている豪華な大理石。

思わず地球科学者であるAさんに「ねえ、大理石ってどうやってできるんだっけ」と聞いたのは、実はそれを知りたかったからではなく、大理石になったあとはそれはどうなるんだっけと思ったからです。イタリアの水はかなりカルシウムが多いのですが、大理石になったあとのあの白い物体はどうやって水に溶けるようなカルシウムに戻るんだっけとふと思ったのでした。

Aさんはまず「火山活動なんかの熱で溶けたりはするよね」と答えてくれてそれからいろいろいろいろと難しい説明をしてくれたのですが、私の頭がぼーっとしているのか何なのか、今はっきり分かっていることは、地球にとって2千年というのは大した年月ではないとAさんが言ったこと。貝殻のかけらやいろいろなものが海の底で堆積してそれに何らかの力で熱と圧力がかかり、プレートテクトニクスでどかーんと持ち上げられて(造山活動)山になってそれを切り崩してやっと出てくる大理石、という状態に、それこそ少なくとも何千万年という時間がかかっているので(近年日本やイタリアで出てくる大理石はだいたい1億年前くらいのものらしいです)、それを切り出して像や柱を作ってそれが2千年かかって崩れていったとしても、それはそのまま普通に大理石として残っているでしょうということでした。

でもなんだかんだいっても、こうして紀元前の遺跡を見ながらも「まだまだ」と思っている地球科学者をよそに、やっぱり私はこういう遺跡をみると寒気がするほど知識のあった当時のローマ帝国に感動せざるを得ないのです。

カテゴリ:

Aさんがやってきた

 | コメント(0) | Edit

土曜日に主人のAさんが休暇をとってローマに遊びにきてくれました。その日の午前中はたまたまParmaに住んでいる友達のCが、今度Ph.D.プログラムに入るためスペインに3年行くというのでお別れにローマに来てくれていたので、彼女と彼女のお姉さんのSとそのお友達と4人で朝ご飯と昼ご飯までカンポデフィオーリの近くで楽しんだあと、家に帰って時間をつぶし、そのあと空港まで迎えに行ってきたのでした。

日曜日の昨日はさっそく、私のローランギャロス号を満タンにして、ローマから2時間ほどドライブしてウンブリア州のペルージャに遊びに行ってきました。イタリアのチョコレートといえばトリノのチョコか、このペルージャのチョコか、といわれるのですが、それほど有名なチョコレート工場がここにはあります。去年あたりのイタリアの映画で「チョコレートレッスン」というようなタイトル(不確か)のものがここを舞台に撮影されましたので知っている方もいるかもしれませんね。そしてなにより、世界のナカタさん。彼はペルージャのチームに数年いらっしゃいましたね。最初のゲームの3ゴールは本当にトリハダでしたよね。

そして月曜日の今日はのんびりしようということになって、お昼からトラステベレの散策に行ってきました。上の写真は私の最近のお気に入りのトラステベレらしいオステリア(食堂)、Da Corradoというところ。バイクがとまっているところが窓側の席になっていて、景色もなにもありません。その先のドアには看板もありませんが、そこが入り口。写真で分かる通り、ここはとっても下町の食堂風のなところなのです。サービスや見た目などには全く気を使っていませんが、ここのみなさんは笑顔があるので私は好きです。

ここには実は2週間前ほどに初めて行ったのですが、そのとき適当に頼んだBuccatini all'Amatricianaのあまりの美味しさと麺の完璧な茹で具合と、あまりに適当な盛りつけといろいろにびっくりし、後味もすごく良くて(本物のマトリーシェらしく、辛めの味付けです)はっきりいって大感動したので、今回もあの感動をもう一度、という気分でアラマトリチャーナにしました。Aさんは真夏のように暑いローマを歩いているためその気分のまんま、ペンネアラビアータ(怒ったペンネ)を食べていました。写真で見ると似た感じのソースですがアラビアータは本当にアラビアータでかなりピリピリします。そしてどちらもすごく美味しいです。

それからセコンドはふたりで半分にしよう、といってInvoltini di Manzo(牛肉巻き)をいただきました。ちゃんと2皿に分けてくれてとても親切です。ここは近所のパン屋さんから焼きたての美味しいパンを持ってきてくれるし、水も私の好みのNepiの水で私にとってかなりツボです。残念ながらメニューはないのでちょっと言葉の壁はありますが、気持ちでなんとかなりそうな気配もあるので、もし旅行でトラステベレにいらして、ローマらしい食堂ごはんを食べたいと思われる方には是非おすすめです。イタリアにはいろいろと細かい不満から大きな不満もありますが、お料理がおいしいと何もかも許せるので良いですね。イタリアのトマトソースは濃くて甘くて本当にイタリア以外では食べた事のない味がして満足します。「太陽の味」という感じ。ああ今日行ったばかりなのにまた行きたいです。

カテゴリ:

Le charitable

 | コメント(4) | Edit

ブリュッセルの世界遺産といえばグランプラス、大広場です。中世の建物「ギルドハウス」が立ち並び、大げさですが、息をのむ美しさです。日本で生まれ育った私にとってはかなり異次元なところ。最初の夜に訪れたときのライトアップされた様子も美しかったのですが、今日夕方訪れてここでベルジァンワッフルを食べながらぼんやりするのもなかなかでした。

この広場はあのユゴーが世界一美しい広場だと絶賛したということなので、彼の代表作をもじったタイトルにしてみました。それにしてもミゼラブルとはかけ離れた見た目の広場です。

昨日の夕食は、この広場の中にあるKelderkeというレストランに行ったのですが、観光客もたくさんいたけれど、ローカルにも人気でなかなか美味しいレストランでした。そしてそこで思い出したのが、ベルギーってそういえばビールが美味しいんだった!すっかり忘れてましたが、普通の瓶ビールを頼んだところ、思いがけない、なんだかスッキリした淡いブロンドの泡の味に出会ってしまって大感激してしまいました。私はもともとあまり飲めないタイプなのですが、このビールは一本美味しくあっさりといただけました。そしてお肉とStoempという人参の入ったオレンジ色のベルギーマッシュポテトをサイドに楽しい夕食となったのでした。

それにしても私思ったんですけど、こんなにコンパクトで分かりやすくて(道に迷わない)、チョコレート天国でワッフルの香りがいつも漂っていて、世界遺産レベルの美しい大広場があって全然都会じゃないブリュッセル、はっきりいって超好みです。なんてかわいくて便利な街なんでしょうか。

カテゴリ:

ベルギーより

 | コメント(0) | Edit

ベルギーはブリュッセルに来ています。到着してすぐビジネスランチをしたあと会議で、終わったのが夜の7時半。そのあととりあえずベルジァンチョコレートを買おうと、たまたま同じ会議に参加していたノルウェー人の友達のKと一緒にグランプラスまで行ってきました。

感想:ここはチョコレート天国。

ベルギーっていいところです。チョコレート屋さんばっかり3軒も巡りました。日本でも有名なノイハウスも。写真はクオリティがいつにもまして低くてすみません。先日買ったばかりのiPod nano 5G (video camera)で映像だけ撮ったものから抽出した写真なのです。あまりにかわいいので箱につめてくれる様子をビデオに撮ったのでした。その他の一軒のチョコレート屋さんでは日本語がペラペラなキュートなベルギーの男の子が接客してくれたりして、その日本語もフランス語も英語も完璧で感動しました。京都の同志社大学に通ってたんだそうです。夢は日本でフランス語の先生になることだって。夕食のためのおいしいレストランも紹介してくれたし、私にとっての初ベルギー、すごく良い印象です。

カテゴリ:

アッシジにて

 | コメント(0) | Edit

8月の週末に、どこかキレイなところに行こうよという話になって友達とウンブリア州はアッシジという小さな町に行ってきました。

アッシジは実はクリスチャンの数ある聖地のうちのひとつです。なぜなら、かの有名な聖フランシスコ(サンフランシスコ、イタリア名フランチェスコ)の生誕の地だから。私は以前からこの「聖人(セイント、イタリア語ではサンあるいはサント、サンタなどと変化します)」というシステムをよく理解できず、今回も周りの人に聞いたりしてやっとなんとなく分かったのですが、サンフランチェスコは12世紀を生きた人で、そのキリスト教への貢献から没後に「聖人」とされた人なのですね。写真の大聖堂(バジリカ)が彼の遺骨が置いてあるバジリカサンフランチェスコ。写真に写っているドアは実は2階への入り口で、この丘の下に1階部分があり、さらに地下にフランチェスコの遺骨が置かれています。彼の死後である13世紀の建物。

聖堂の壁にはジョットーによるフランチェスコの一生がダイナミックに描かれており、かなりの迫力で思わず感嘆の声をあげてしまう人も少なくありません。でもそれよりなにより私がこのアッシジで忘れられないのは、普通の村の青年だったころのフランチェスコが「声」を聞いたといわれるサンダミアーノ教会。ここはアッシジの旧市街の壁をちょっと出て、オリーブ畑の間の細い小道を歩いた先にある教会です。フランチェスコの生きた12世紀では、これはきっと誰も使っていないボロボロの建物だったのでしょう。私はキリスト教におけるいろいろな「奇跡」はなんとなく眉唾だとうっかり思ってしまうのですが、この「声」のことに関しては、考えれば考えるほど、決して嘘じゃないような気がします。なぜならその「声」は耳で聞くタイプのものじゃないから。それまでの自分の人生や生活や経験やいろいろなものから何か考えることがあり、それが直接胸に響いてくる「声」になることは、確実にあると思う。そうやって何か衝動的なものに突き動かされることは、人生に数回あると思う。

フランチェスコのフォロワー(弟子?)はたくさんいたのですが、そのうちの最初の女性がキアラ(英語名ではクララなので日本ではクララとして知られていると思います)という人で、彼女はフランチェスコからこのサンダミアーノ教会を託されて、ここをサンダミアーノ女子修道院として貧しくも心豊かな人生を生きたと言われています。彼女も没後「聖人」と認められ、彼女の名を冠した教会(キエーザ)、サンタキアラ教会がアッシジの旧市街の中心地に建てられました。ほんのりピンク色のかわいらしい教会で、地下にはキアラの遺骨や遺品などが奉られています。

フランチェスコもキアラもどちらも共に、質素でシンプルで、ともすれば「貧しい」ともされる生き方で身も心もキリスト教に捧げたと言われる人々なので、ふたつのサンフランチェスコ聖堂とサンタキアラ教会の大きさや美しい装飾を見ると、かすかな違和感を感じる人は多いと思います。そんなときにサンダミアーノの小さなドアをくぐって貧しくも整頓されたお部屋を見たり、にっこりと笑って訪問者を迎えてくれる聖フランチェスコ会の会士、修道士の青年たち(腰に清貧、純潔、従順を意味する3つの結び目のついた帯紐をつけているのですぐ分かります)に挨拶していると、本当にいろいろなことを考えさせられます。

小さくもたくさんのキリスト教巡礼者や観光客で賑わうキレイなアッシジの旧市街のカフェでおいしいお菓子を食べていろいろなことを考えて、充実の夏の一日となりました。ローマから車で2時間ほどのドライブでした。

カテゴリ:

このアーカイブ内の全エントリ

アーカイブス

マンスリーアーカイブ

カテゴリ別アーカイブ