« 2009年9月 | 2009年10月アーカイブ | 2009年11月 »

レマン湖のジェッドー

 | コメント(0) | Edit

これはパリの写真ではありません。今日仕事が終わってからホテルの部屋でiPhotoをみていたら今月の5日から7日までスイスはジュネーヴに出張に行ったときに撮影した写真をフリッカーに載せたっきり何もしていなかったので、こうして書いています。

ジュネーヴにはたくさんの国際機関がありますが、私の勤めるFAOが頻繁に共同で仕事をするのはWHO、世界保健機関です。国連の専門機関としてはFAOと肩を並べるWHOですが、その知名度ときたらFAOをはるかにしのいでおり、いわば「誰でも知っている」国際機関となっていますね。ですが実は、規模で言えばFAOのほうが大きいのです。というのも、「保健」の分野と「食糧農業」の分野を単純に比べてみていただければ分かると思うのですが、植物や穀物、動物や魚介、農業に林業、養殖や狩猟、さらには農業技術に水の衛生、環境問題に食品安全、と「食糧農業」がカバーする分野はあまりに多岐にわたってしまうので必然的に組織も大きくなってしまうのですね。なのに人間の健康問題だけを扱うWHOが知名度が高いのは、それだけに人命にかかわるという意味で身近であると共に興味と真剣度も高くなるからでしょう。FAOの知名度もあがればいいのになぁと思うのですがやっぱり農業は地味なのでしょうか。

まぁそんなことはどうでも良いのですが、実は、私は今月はじめのこのジュネーヴ出張でちょっとしたブレイクスルーというか、私が受け持っているプログラムのことで小さな達成感を味わったのでこうしてWHOの8階のテラスにあがって美しいレマン湖を眺め、ジェッドー(大噴水)を写真に収めながらなんともいえない嬉しい気持ちを味わっていたのでした。それを忘れたくなかったので、パリにいる私ですがジュネーヴのことをここにかきとめておくことにしたのです。

滞在中はたまたま大きなIT関係の会議がジュネーヴで行われていて、どのホテルも満室で非常に困ったのですが、ふと思いついておとなりのフランス側のホテルに聞いてみると、WHOに非常に近いホテルがあいていてそこを予約したのが幸いで、非常に良いレジデンス系のホテルで、快適な滞在でした。行きと帰りのバスでユーロで払ったりスイスフランで払ったりとちょっと面白かったけれど、一本のバスでホテルの目の前のバス停とWHOの横を通っている道のバス停にとまるルートだったので通勤も快適でした。

カテゴリ:

パリのホテルの窓から

 | コメント(0) | Edit

出張でパリに来ています。昨日の夜更けに到着したのですが、窓から外を見ると珍しくいい景色が広がっていたので、恒例のはずだったホテルの窓からの写真をとってみました。空港から直接タクシーで来たので、正直言って今自分がパリのどこにいるか分からない状態になっていますが。噴水広場がキレイです。

それにしてもお気づきの方ももしかしたらいらっしゃるかもしれませんが、去年の9月に仕事内容が微妙に変わってから少しずつそれまでの仕事を少なくしてきたこともあって、今年に入ってから急激にアフリカ、アジアへの出張が減ってきました。それらの地域の出張があったとしても、内容が会議への参加だったりして今までの過酷な気配のミッションからはかなり遠ざかっています。

個人的には、実はどんな出張でも気づかないうちに体力を非常に消耗しているし、食生活をコントロールしづらいこともあるし、ヨーロッパであろうともアフリカであろうとも、あまりに多く出張に出るのはつらいなと思っていたのですが、月に2回のペースだった出張が月に1回程度になった今は非常に充実しやすくなっていて、生活も計画的になってジムに通う事もできるようになったし満足度があがりました。ただ、今までは直接政府のみなさんと一緒に仕事をして共同体のような形で食品安全へ取り組んできたのが、今はどちらかというと枠組みを話し合ったり各国間での合意をとったりといった机や紙の上での仕事が多くなってきたのでそれは少しだけ寂しい気分もします。ですがよくよく考えるとそれはただの役割分担であって、どちらの仕事も非常に重要なので広い意味での仕事の意義は変わっていないのですが。

今日はナノテクノロジー関係の会議の第一日目です。方向音痴がつらいのでちょっと早めに朝食をとってホテルを出よう。

カテゴリ:

軽井沢の紅葉

 | コメント(2) | Edit

実は先週1週間、日本に帰国しておりました。日本滞在中にお会いした方々、いろいろとお世話になりました。

帰国中のハイライトは、私と主人のAさんと、私の姉夫婦とその娘Mちゃんと5人でそろって軽井沢へ紅葉を楽しみに旅行にいったこと。東京は日中はまだまだ暖かい1週間でしたが軽井沢はさすがに寒くてコートが必要でした。写真は雲場池。週末でしたのでさすがにたくさんの人がいましたがそれでもとても気持ちのよいのんびりした週末を過ごすことができました。巨大アウトレットモールでお買い物もたくさん。

Mちゃんは2歳7ヶ月でおしゃべりが絶好調です。いろいろなことをお話ししてくれて感心したり爆笑したり。久しぶりに仲良しの姉とも長い時間を一緒に過ごせてすごく幸せでした。Aさんとも毎日仕事帰りにいろいろなところに行けて楽しかったし。

私は密かに滝が大好きなんですが、軽井沢でも白糸の滝に行けてすごく良かった。ジョンレノンが通ったというパン屋さんも見たし、モカソフトも食べたし、Mちゃんと一緒に駆け回れたし、大満足です。

カテゴリ:

前回のエントリーとちょっと話が前後しますが、オリエント急行の発着駅はイタリアはヴェネツィア。ということで私たちはローマからユーロスターに乗ってヴェネツィアに行ったのですが、オリエント急行が発車する時間よりもずっと前に到着してちょっとサンマルコ広場でも回ってからAさんにとって2度目のヴェネツィア(私にとっては3度目)を楽しんでから出かけようということになったのですね。それで到着したのがちょうどお昼時だったのでちょっとランチできるところを探そうということになって入ったのがこのトラットリア、センピオーネ。

リアルト橋から歩いてサンマルコ広場に行く間に小さなカナル(カナレット)を超えて行くのですがその橋の近くにある地元料理が自慢のところみたいです。それにしても、暗い店内に入った瞬間、カメリエーレが地元の客らしき人々と歓談していて一瞬ひるんだんですが、旅行客な私たちを見てもにこやかに「こっちこっち」とこの写真に見えている窓際の席に案内されてすごく嬉しい気分になりました。やっぱり北イタリアの人々は親切でいいです。といってもこの人が特別親切だったのかもしれませんが。

写真で分かるように食事中に何度も何度もこういったゴンドラが通り過ぎて行ってゴンドリエーレのお兄さんがウインクしてくれたり陽気に歌を歌ってくれたりでとても良い雰囲気でした。私たちはいわゆるヴェネツィア料理を食べようということになって、Aさんが強烈においしいSardine in Saor(サーディンの南蛮漬け)を頼んだので、一口食べてみて、強烈に感激しました。南蛮ってイタリアのことだったのかしら、もうとにかく日本人の心をがっちりとつかむ味ですね。今思い出しても唾が出ちゃいます。私はというと、あっさりしたものが食べたかったので普通にカプレーゼを頼んだのですが、おしゃれカプレーゼではなく、ローマの食堂で出てくるようなブツ切りのモツァレラとトマトがどかんどかんとフレッシュなバジルと一緒に出てきてそれまた感激でした。プリモはこれまたヴェネツィア料理、イカスミのリゾット。舌触りが良くてかすかに甘くて本当に美味しかった。

ヴェネツィアはいついっても非日常が待っていてくれてなんだか新鮮です。Aさんはどの国のどの街に行っても船が大好きで船に乗るだけでワクワクしてしまうみたいですが、今回も同じで水上バスのヴァポレットに乗った瞬間満面の笑みで日頃の仕事の疲れも何もかも吹っ飛んだみたいで幸せそうでした。良かった良かった。

カテゴリ:

オリエント急行にて

 | コメント(0) | Edit

前回もちょっと書きましたが、この時期に主人のAさんが来ていたのは、今年は職場のみんなが1ヶ月の夏期休暇をとる8月に働き通しだったので9月の終わりから10月のはじめの1週間と、10月の半ばの1週間と2回に分けて休暇をとることにしたからなんですね。それでAさんと二人でいろいろと計画を練った結果、かの有名なオリエント急行に乗って旅してみようということになりました。写真は車窓の雰囲気。

「本物」のオリエント急行は今年の年末で廃止になってしまうそうですが、いわゆるクリスティの小説に出てきたオリエント急行というのは今回私たちが利用したVenice Simplon Orient Expressなんですね。予約のときからすでにそうでしたが、ヴェネツィアの駅でのチェックイン、発車を待つまでのアペリティーボの手配、レストランカーでの食事(フレンチのフルコース)、コンパートメント内でいただくコンチネンタルの朝食、到着駅のブダペストの名産であるフォアグラを使いつつもオリエンタルな食材も入った非常にクリエイティブなモダンフレンチのランチなど、とにかく何から何から非常に至れり尽くせりで満足の旅となりました。

列車は1920年当時のモデルを使ってあってマホガニーの内装がぴかぴかに磨いてあり、座席もゴージャスかつ清潔でパーソナルスチュワードのサービスも細かいところまで行き届いているといった感じで非常に良い印象です。食事にはエシレのバターが出てきたのですが私がいつもエシレのバターに出会う度にかすかに感じていた不便:「バターをとりづらい」が専用の陶器の入れ物で解決されていて感激しました。やっぱり専用のものがあったんですね。これを使うだけでとてもエレガントにバターを使うことができます。この容器に他の利用法があるかどうか分からないところが問題かもしれませんが。

オリエント急行のシグニチャルートはイタリアはヴェネツィアからイギリスのロンドンだそうです。私たちがハンガリーのブダペストに行ったルートを同じように行き、2日間ブダペストに宿泊、また電車に戻ってオーストリアはウィーンを経由しスイスの田舎を通ってフランスはパリへ。さらにそこからドーバー海峡を渡ってイギリスに渡るそうです。私たちの目的地も実はロンドンだったのですが、日程的にAさんの休暇の予定と合わず、ブダペストから飛行機でロンドンまで行ったのでした。

寝台列車ってそれだけで心がわくわくするし、たったの1泊の車内でしたがすごく充実して様々な思い出ができました。オリエント急行ならではのブティックカーもあってお土産もいろいろと売っていました。私は500部限定のクリスティの本を思わず買ってしまいました。ちょっとクリーシェですが装丁が素敵なので我慢できなかったのです。アガサ本人のこの列車に乗った感想のエッセイの一部も載っていてファンとしては嬉しい限りです。はっきりいって彼女の本は全部持っていて実家にずらりと並んでいるのにまた買ってしまった、というかすかな罪悪感がなきにしもあらずですが、懐かしくてぱらぱらと読んでいたら、そういえば英語で読んだことはなかったことに気づきました。エルキュールはフランス語で「モナミ」といっていたのではなく「モンシュー(ル)」と言っていたのですね。また灰色の脳細胞とは良く訳したなぁと後で思いましたが直訳は灰色の心(ハートではなくマインド)。いろいろと味わい深いと思ってしまいました。ちなみにこのブティックカーでAさんは職場のみんなとブリッジをするのでカードを買ってましたがアールデコの1920年なデザインで私も欲しくなるほど素敵でした。しかも、カードある?と聞いたときには無くて残念に思っていたところ、あとで食事をしている席にわざわざブティックカー担当の人がやってきてくれて「最後のひとつが見つかりましたがいかがですか?」とわざわざ教えてくれたのでした。

停車駅のウィーンで異国の「鉄な方々(こちらこちらを参照)」たちを発見したり、ブダペストでも楽しい観光ができたりできて良い旅でした。Aさんありがとうね!

カテゴリ:

このアーカイブ内の全エントリ

アーカイブス

マンスリーアーカイブ

カテゴリ別アーカイブ