« 2010年4月 | 2010年5月アーカイブ | 2010年6月 »

ムーミンの故郷へ。

 | コメント(0) | Edit

木曜日から休暇をとって、イタリア人の友人のAとふたりでフィンランドはヘルシンキに行ってきました。今はローマに帰るフライトをアムステルダムで待っているところ。

ローマは雨が続いて寒くてつらい毎日だったので、フィンランドなんて北に向かってしまって大丈夫かと心配したのに、到着してみたら毎日25度に近い真夏日。ノースリーブのサマードレスで闊歩する金髪美人がたくさんいて女の私まで気持ちがうきうきしました。到着するなり外を歩いてアアルトのお店やマリメッコやイッタラ、ペンティックなどでウィンドウショッピングを楽しみ、外に出ているカフェテーブルに座ってビールを飲んだり、「何もしない」喜びをひたすら楽しみました。とはいえ、買い物もしたので正確に言えばテクニカルに「何もしなかった」というわけではないのですが。

写真は街の真ん中にあるポート。ヘルシンキにはポートがいくつかあっていろいろな島に行けるフェリーが出ています。ここは冬は当然完全に凍るらしく、冬は歩いてショートカットする人がたくさんいるとか。こんな真夏日和の見た目からは想像もつきませんが、本当に本当に寒くなるんでしょうね。

トラムに乗って行ける郊外のアラビアファクトリーショップやマリメッコファクトリーショップにもお邪魔してきちゃいました。ペンティックがトナカイをイメージしていて「フィンランド」らしい雰囲気をかもしだしていたり、ムーミングッズは雪の世界だったりして「寒さ」を主体にしているデザインだったりするのはなんとなくよくわかるのですが、マリメッコやイッタラのデザインは、寒い寒いこの国が「夏」へのあこがれを出しているという感じだったんですね。お店に入ると目の中にぱーっと入り込んでくる色の洪水にかなりやられました。かといってマリメッコは「クリーシェ」というわけではなく、一般のヘルシンキの人々の生活にちゃんと入り込んでいて、真っ黒なワンピースに黒いサンダルに黒いイアリングで、巨大なピンクのウニッコのショルダーバッグを合わせている金髪の背の高い女性がいたり、一般のマーケットでもカラフルなマリメッコのバッグを持った年配の女性がいたり、見ていて飽きない街でした。楽しかった。

カテゴリ:

週末を家で。

 | コメント(0) | Edit

週末ももうおしまいですが、今週末はずっと家ですごしました。土曜日の朝から日本のAさんや実家の母とiChatでさんざんおしゃべりしたあと、友人のGとAを呼んでいたので3人でランチ。炊きたてたけのこご飯に錦糸卵をかけたものと、お豆腐のお味噌汁、春エビとアスパラガスの塩炒め、ポテトのスフレ、シチリアチェリートマトとバジルのサラダというメニューになりました。11時半に起きて1時までの1時間半で準備という超特急だったのであまり手の込んだものは作れなかったけれど。飲み物はGがサレントの美味しい赤ワインを持ってきてくれました。最後はイチゴとお米のジェラートと日本茶で締めましたよ。ガールズトークで、Aとはもうすぐ行くヘルシンキの話、Gとは火曜日にEuro Gardenという私の職場の近くにあるナーセリー&ガーデニングのお店に行く話、みんなで夏のバケーションの話などしてかなり盛り上がりました。ハっと気づいたらもう夕方でみんなで名残を惜しみながらお別れ。

それから私はゆっくり片付けをして、見よう見ようと思いながらずっと見ていなかったUgly Bettyの最終回を鑑賞。ロンドンの風景がすごく良かったです。終わってしまって残念。でも確かにネタ切れな気配もたくさんありましたね。

日曜日の今日は朝からAさんとビデオチャット中に突然インターネットが絶不調になり、ついには完全に切れてしまいました。ということで私のひまつぶしツールが全て使用不可になってしまったので、ちょっと家のことをしようと思いつき、今まで懸案事項だったことをすべて紙に書き出し、片っ端からやっつけていくことにしました。まず思いついたのが、ロンドンで買って以来超お気に入りでヘビーに使っている紅茶用の銀製品セットを磨く事。銀って磨かずにいると赤っぽい銅色と黒ぽいサビにまみれてひどいことになりますが、銀磨きできゅっきゅっとこするとみるみる銀の美しい輝きが戻ってくるので心が洗われる様な気分になります(単純)。

それから母に送ってもらったポカリスエットの粉末で1リットルのポカリ作り。最近朝喉が渇いて起きる事が多く、脱水気味だなぁと思っていたのでポカリスエットがあると助かるのです。ついでに昨日調理したエビの残りの皮むき。明日のお弁当にいれるつもりです。それから近所のともだちに大量にもらっていた大量のブラッドオレンジがいい感じに熟していたのでせっせとしぼってオレンジジュースを作りました。あと半分はあるので早く食べてしまうか、何かゼリーのようなものに変化させなければいけません。これは月曜日か火曜日でも大丈夫かも。

あとは昨日食器洗浄機に入れておいた食器が全部乾いていたのでそれを戸棚にしまっておしまい。今日はこれから明日のお弁当のご飯を炊けば、全部完了です。週末家のことが集中的にできてとてもスッキリしました。来週も1週間がんばりましょう。

カテゴリ:

ひとり暮らしのお料理

 | コメント(3) | Edit

先日、私の実家の母におねだりをして日本の食材をたんまりと送ってもらい、幸せいっぱい日本食な日々をすごしていた私ですが、3食3日も日本食三昧して自分をひたすら甘やかした結果、いや、たまには「イタリアならでは」の食事をしなければ、というような変な強迫観念に襲われ、とりあえず購入してきたシチリア産のチェリートマトで料理しました。といっても20分でできあがってしまいましたが。

大きなステンレスポットをアツアツに熱して、トスカーナのオリーブオイルをぱーっと入れ、スライスしたガーリックをシャーッと炒めて、ちょっと色づいていい香りが漂った瞬間にトマトを投入。緑色のはバジリコの千切り。写真ではいまいち伝えきれてませんが、エクストラバージンのオリーブオイルのさわやかな黄緑色と、真っ赤に熟したトマトと、バジリコとガーリックの香りとなにもかもがまさに「イタリア!」という感じになったので慌てて写真を撮ったものです。つくったのはチャバッタというイタリアのパンを使って煮込む、パッパアルポモドーロというトスカーナ地方の農村の家庭料理。イタリアのパンはすぐ固くなるので、こうした2次利用的な美味しい料理があるのもイタリアならではなんです。固くなったパンをチーズのように削って作る料理もあるくらい。

それにしてもこのトマトの量を見てお分かりと思いますが、一人暮らしのお料理って一人分をつくるのは非常に難しいんですよね。だからついいつも多めに作ってしまいます。そのおかげで私の冷凍庫には数々のおかずのジップロック詰めがどんどんたまっています。というのも、昨日作ったものを今日また食べたい、と思わないため、お弁当にでも入れないかぎり、つい3日ほど忘れてしまうのです。3日で思い出せばいいですけど、1週間ほどたつと、冷凍されているので完全に安全とはいえ、気分的に「古い」気がしてしまってなんとなーくイヤイヤ食べたりしてしまってもったいない。プラス、そのころには「xxを作りたいな」という新しい興味があったりしてさらに冷凍おかずを解凍する気にならなかったり。

ひとりで暮らしてる他のたくさんの方々はこういう悪循環をどうしてるんでしょうか。私もそれなりに一人暮らしをした年月は過去にもあったんですが、今ほど料理をしなかったのも確かなので、自分がこんな悩みを持っていたことはなかったような気がします。毎日ふつうに当たり前のように料理を始めたのはAさんと暮らすようになってからだし。

今日も夕食が終わってから、「ああ久しぶりにワールドフェイマスなポテトサラダ(自称)を作り置きしたい!」という衝動にかられ、3日分ほど大量に作ってしまいました。まあポテトサラダはお弁当に持って行けるし冷凍できないので、多分すぐになくなるとは思いますが。一人暮らしのみなさんは「ひとりぶん」のお料理、どうしてますか?

カテゴリ:

このアーカイブ内の全エントリ

アーカイブス

マンスリーアーカイブ

カテゴリ別アーカイブ