« 2010年5月 | 2010年6月アーカイブ | 2010年7月 »

読書メモ

 | コメント(0) | Edit

本当にどうでもいいんですが、午後の韓流のFantastic Coupleがちょっと面白いなと思う日々です。韓国の女性キレイですね。って本当にどうでもいいですね。先週と今週に何冊か本をまとめて読んだので書き留めておこうと思って。

家日和」奥田英朗:最後の短編がすごく良かった。私もオーガニックとかロハスアレルギー気味。やってる人はすごいなぁと本当に思うし、エコとかもそうなのに、私があまのじゃくだから?と思って口を閉じていたことをうまいぐあいにぐっと出してもらった感じでちょっと感動しました。

食堂かたつむり」小川糸:ベストセラーだったので。かもめ食堂とかぶるのはなぜ。私は泣けなかった。

削除ボーイズ0326」方波見大志:年齢設定に無理があったけど普通に面白かった。狙ってる読者層はたぶん中高生?読書中、伏線が上手すぎて何度も1ページ目に戻るハメになったのも珍しかったけど、それはいいことなのかどうなのかって言われるとうーん、と思いましたが。

1Q84 BOOK 3」村上春樹:1と2は素直に良かったと思ったのに、これは結構微妙な感じがしないでもないけどマーケティング上手だなぁって思った。できれば会えないで欲しかったなぁ。主人のAさんが、「えーっとなんだっけ、ダイゴと大豆の話だっけ」と言ったのがうまいなぁって思ってちょっと思い出し笑いしてしまいます。

ペンギン・ハイウェイ」森見登美彦:面白かった。理系。途中、ん、と思うところがあって、小さなことが壮大な何かのメタファーのような感じでそうじゃない感じもして脳のどこかをぐっと押されたような感覚がある(けど押されたかどうかはわからないかんじ)。太陽の塔も面白い!とおもったけどこういうのも新しい感じで面白いと思ってしまいました。こんな子がいたらちょっとイヤだけど。でもこういう感じで頭脳明晰な素直でいい子なのに、大人から見るとちょっとイヤな感じのコっている!ような気もします。

以上とりいそぎ。

カテゴリ:

doltz.jpg日本でもどこでもノンストップで買い物をして周りの人を呆れさせるのが得意な私ですが、昨日もいくつか嬉しいお買い物をしてきました。写真は2010年上半期のヒット商品だということで、実はこれイタリアのファッション雑誌に載ってたポケットドルツですが、日本に帰ったらあっさり手に入ると思いきやそんなことはなく、家電のお店を3軒まわってやっと手に入れました。音波で磨く歯ブラシのカワイイ携帯版。飛行機で歯を磨く機会の多い私にはちょっと嬉しいです。日本では誰もが持っているという感じですが、イタリアではまたびっくりされるかもしれないのでちょっと誇らしげに持って帰ろうと思います。

購入したとき姉一家と一緒に商品を見ていたのですが、私の隣で姪のMが、「わたしもこれ、ピンク色の欲しくなっちゃった...」とつぶやいたので、間違いなく私の姉のDNA(つまり私と同じDNA)を受け継いでいる、と確信しました。

83185007_1.JPG.jpegそして他に買ったのはこれ。針のいらないステイプラー(正確な名称はペーパーステッチロックだそうです)ということで、かなり前から欲しかったんですが、やっと手に入れました。職場ではステイプラーは備品ですが、リサイクルの時にせっせと針をとる作業がやはり大変だし、ネイルをダメにしちゃうし、ときどきケガするし、あんまり大量の書類を配ることはあまりないし(だいたい2−3枚程度)、ということで、まだ発展段階のこの針なしステイプラーでも(最大4枚程度)私の仕事では大活躍するにちがいないと思い、どうしても欲しかったのです。いろいろな色がありましたが、無難な色にしました。私のオフィスは階段や会議室に近いこともあって、オフィスで目立つ物はうっかり持ち出されてしまったりするので、あまりアトラクティブなものを置かない方が良いのです。ブルーのこれだったらなんだか分からないし。

ただ、やっぱり発展段階ですね。いろいろやってみたんですが、2カ所とめないとかなり不安定だし、かなり大きな穴があくので、とめる場所も重要になってきちゃうので気軽にできない。そして意外にしっかりした力が必要なのです。でもまあ、ミーティング毎のちょっとした書類をまとめるには問題なさそうなので使えそうではあります。

日本にはいろんなガジェットがちょこちょこあって毎日楽しいです。

カテゴリ:

とある事情で、現在日本に帰ってきています。毎日忙しくしていますが、先日ヘルシンキで手に入れた、主人のAさんのキッチンの小窓にかけるカーテンにしようとアルヴァー・アアルトのテキスタイルデザインのファブリックを持って帰って来たので、切りっぱなしの両端をジャーっとミシンで縫って、挟み込むタイプのカーテンレールにちゃっちゃっとつり下げたら、こういうのができあがりました。

アアルトの家の書斎にはダークブルーの同じデザインのカーテンがかかっているし、グランドピアノの上のピアノカバーにもなっているし、イメージしながら作ったら、この赤でも思った以上にカーテンとしてぴったりな感じになったので嬉しい気持ちになりました。アイロン掛けの時間を入れても30分程度でできあがりましたよ。このカーテンで窓からの光を遮ったにもかかわらず、キッチン全体がぱっと明るくなったような気がしたので不思議なものです。フィンランドのデザイン、本当にステキです。幾何学的だと思えるのに、よく見るとイレギュラーな整列。

ファブリックはこの他にもアアルトの最初の妻だったアイノ・アアルトのデザインの物も購入してきたので、この次帰国したときにでも何か作ろうと思います。

カテゴリ:

Dear John

 | コメント(0) | Edit

dearjohn.jpgDear John (Nicholas Sparks)

わりとマッチョな雰囲気のただようアメリカの若い男性作家の文章にしては、内容がかなり女々しすぎる(失礼)イメージがあったので、彼のThe Notebookなどの代表作は映画では見て涙したけれど、本までは読んだことがなかったので、ヘルシンキの空港でたまたま見かけた時に、時間つぶしに読んでみようと思って買ってみました。

非常に簡易な英単語の並ぶ、お世辞にも「文学的」とは言いがたい文章ですが(私、何様でしょうか)、そのおかげかあっという間に読み終えました。読みながらひたすら涙を流し続けたり、時には嗚咽までしたりしなければいけないので人前で読むには大変な本です。誤解を恐れずに書きますが、私個人の読後の感想としては「意外」でした。タイトルの"Dear John"からイメージするのはいわゆる「"Dear John"レター」と一般に言われる、戦場にいるフィアンセにお別れを告げる女性からの手紙だし、これは胸が痛い感じの戦争絡みのお別れの話かと思いきや、実は、父と息子の、家族のお話だったのです。ニコラススパークスといえば男性の目からみた「ロマンス」のお話というイメージだし、実際、このお話もそういうカテゴリーといえばそうだし、大きな枠で言えば「究極の男女の愛情とは」というような、私からしてみたらちょっと微妙に壮大すぎるトピックがメインなので、これを「父と息子」の話だと結論付けてしまうのはちょっとズレているかもしれません。でも私にはそういう風に写った、というだけです。

細かい感想メモはさらに下へ。

[ アメリカで購入 | 日本で洋書を購入 ]

カテゴリ:

このアーカイブ内の全エントリ

アーカイブス

マンスリーアーカイブ

カテゴリ別アーカイブ