« 2010年6月 | 2010年7月アーカイブ | 2010年8月 »

エストニア

 | コメント(0) | Edit

5月のことですが、フィンランドはヘルシンキに行ったときに、フェリー1時間で行ける、エストニアの首都、タリンに行ってきました。

フィンランドではお酒に高額の税金がかかっていることから、ヘルシンキからこのフェリーにのってタリンまでお酒の買い出しに行くフィン人がたくさんいるとのこと。そんなことは全く知らなかったので、エストニアの船着き場にずらっとリカーショップが並んでいたのをみて非常に驚きました。帰りの船のフィン人は全員酔っぱらっていたし。どれだけお酒に飢えてるんだ!とイタリア人の友達のAとこっそり悪口を言ったほどです。

さてエストニアは一応EUに入っていますが、インフレーション基準などの点でまだユーロ導入が遅れていて、私が行ったときはクローンでした。でもどうやら2011年からユーロになるみたいですね。でもほとんどのお店はカードを受け付けるし、現金が必要な美術館なんかに入る予定がなければクローンは必要ないと思います。私も換金しませんでした。しかもユーロも札であれば受け取ってもらえるお店もたくさんあったし。

写真は小さなこの国の小さな首都のタリンの山の一番上にある、エストニア正教の教会。いわゆる「オーソドックス」とよばれる宗派です。興味深いのは、ここに通う人々を見ていると、キリスト教とイスラム教が混ざっているような印象をうけることです。女性はマスリムのようにスカーフをしています。私もちょっと中を見せていただいたのですが、ちょうどお祈りの時間で、まるで念仏のようにみなさんがぶつぶつと何かを祈っていて、それぞれのその小さな声がそれぞれ反響し合って、一種異様な雰囲気をかもしだしており、おもわず鳥肌がたってしまいました。

街の中心地は観光用に中世のエストニアを完全再現してあって、かなり楽しめました。今唯一の後悔は、たくさんあったちょっとしたお土産屋さんの中の手作りのクラフトを売っているところにあったお人形を買わなかったこと。私の母が昔つくってくれたような、なつかしい感じの布製のお人形をたくさん売っているおばあさんがいて、お人形のぜんぶのお顔に特徴があって、なんともいえない微笑ましい雰囲気でした。おばあさんが丁寧にひとつひとつのお人形にほお紅を入れたり、髪の毛を整えたりしていて、意味も無くじーんとしてしまったのです。かわいいオレンジ色のカールの髪型をした一人を、私にも分けてもらえばよかった。次回の課題になりそうです。

カテゴリ:

毎日楽しく休暇を過ごしていますが、改めて言うまでもないんですけど、本当に暑いですね。まあ仕方ないですね。

昨日まで毎日の様に遊び歩いていたので、今日くらいは、と思ってお家に引きこもってバッグを作ってみました。フィンランドに行ったときに大量に購入してきたファブリックを使ってできたのが写真のボックスバッグ。アルヴァーアアルトの最初の奥さんで、iittalaのグラスウェアなんかの秀逸なデザインを残した、アイノ・アアルトのデザインで、"Lehtikangas"という名前がついているデザインです。フィンランドで旅行中、このデザインのブルー地に白の模様、白地に赤(というより朱色)の模様、そしてこの黄色バージョンを見かけたんですが、やっぱりこれがいちばんカワイイ気がする。そして昨日友達のHに会った時に、「バッグをかっちりさせたいときはフチを縫えばいいんだよね?」といったら「うん、2ミリくらいをぐるりと縫えばいいよ」とのアドバイスをもらったのでやってみたらかなりかっちりしました。

白が基調の、厚手とはいえ普通のコットンなので、きっと汚れやすいと思って、さっき出来上がりに防水スプレーをかけまくったらさらに強度が増した気もします。今回はズルして、接着芯というよりは両面接着シートを購入してきて、表布と裏布をアイロンでくっつけてます。そのあとのステップとしては、中表にしてワキと底を縫って、マチを合わせてぐいぐいとアイロンをかけまくって裏返し、上部のフチをくるりと縫って、フチを縫って、買って来た皮の持ち手を刺繍糸でチクチク手縫いでくっつけておしまいです。

でもまあさすがにこんなにワイドオープンなボックスバッグをローマで持ち歩くとスリの良いカモになってしまうので、バッグインバッグみたいにしようと思って裏布と同じ布で内側のバッグを作りました。適当に作りすぎて、いざヒモをダブルに通したら結構キツ目になってしまって開け閉めがちょっと大変です。まあそのうちこなれるでしょう(と思いたい)。

実は昨日は、その友人Hに会いに、はるばるつくばの田舎から横浜まで行ってきたのですが、そのとき最近みなとみらいにできたというモール、Colette Mareに連れていってもらって、Topshopが入っているというので急に嬉しくなって嬉しくなったついでにセールになっていたカワイイ黄色っぽい靴を買ったんですね(試着していたときにふと横をみたらHも全く同じ靴を試してて笑えました)。結局お買い上げしたその靴に合うような感じでバッグを作りたかったので、中は焦げ茶の入ったマルチストライプにしました。私ってどうしてこんなにマルチストライプが好きなんだろう。

そして余り布で小さなポーチも作りました。ちょっとした鍵とかリップとか入れようと思ったので、口金(?)はバネのものにしましたパコっと開くタイプ。パコっと開けると、その私の好きなマルチストライプがチラっと見えて、すごく嬉しい気分になります。こんなことでインスタントに嬉しくなれる私も私ですけど。

私が作るバッグは直線縫いばっかりでデザインもなにもないし、ファブリック自体のデザインに頼っている部分が大きいのですが、昨日Hにもらった手作りのバッグは2種類のオイルクロスの表布にレースが挟んであって、リネン風な裏布がきっちり貼ってあってキレイな仕上がりでした。さすがアパレル専門だわーと思ってしみじみと眺めました。H、かわいいバッグありがとうね。私も精進します。オイルクロス縫い用のミシンの押さえもありがとう!手作りだなんてすごい、と思いました。さっそく使います。

カテゴリ:

休暇で一週間日本に帰って来ています。

パリで悔しい思いをしたので、旦那さんのAさんに「行く?」と聞いたら「行きたいと思っていた」というので、先日の3連休の中日に早起きして国立新美術館のオルセー美術館展に、結局行ってきました。連休だしものすごく混んだりするんじゃないかと思って開場が10時なので9時15分頃到着してみたら、すでに長蛇の列。と思いきや、特に待ち時間はなく、9時半に早めに開場してくれて5分後には私たちはモネの庭の蓮やタヒチの女たちを至近距離で眺めていたのでした。

1時間ほどゆっくり見て回って、例の「星降る夜(Starry Night)」もしっかり見て(北斗七星もしっかり数えて)展示場の最後の売店で「生まれ変わるオルセー美術館」の特集をしていた雑誌、芸術新潮を購入したあとロビーに出たら、ロビーはひどいことになっていました。でもこれでも待ち時間は1時間と表示されていたので、わりときちんとしたシステムで順次入れているということなのでしょう。さすが日本。ローマではありえません(そもそも観光客以外はこんなに並ばない)。

上の写真は美術館を出てからお約束な感じで、この賛否両論な建物の外観を撮ってみました。この超近代的な曲線に圧倒されるし、なにか強い意志のようなものを感じるので私はかなり好きなんですが、Aさんは黒川紀章氏は内装をコンクリート打ちっぱなしにしすぎ、といってあまり内装は好きじゃないようです。美術品を飾るには主張が少なくていい気がするんですけどね。

こうしてポスト印象派の絵画を見て、黒いふちどりが特徴的でかつちょっと乱暴で破壊的なゴーギャンをまたしみじみと見たので、そのあとふと思い立ってモームの「月と六ペンス」を読み直しました。私の母は、小学生であった私と、中学1年生くらいだった私の姉にこの本を買い与えたのですが(その他のモームの作品と共に)、今読み返せば読み返すほど、当時の私たちが理解できたわけのない意味の深い文章が並んでいます。たとえば「人間はこの世でそれぞれ孤独である。人間は鉄の塔の中に閉じ込められていて、他の人間とは符号によってしか交流できない。ところが、符号は人間同士共通の意味を伝えないので、その意味はあいまいで不確かである。人は心の中の大切な物を他者に伝えようと苦闘するが、他人は受け取れるだけの力を持たない。」や「恋愛における男女の差異は、女は一日中愛していられるが、男はときどきしか愛せない、ということである。」など。

でも、最後のロンドンでのストリックランド夫人とのやりとりと、アタとその息子を思い浮かべて"God blesses those who are poor and realize their need for him, for the Kingdom of Heaven is theirs"とマタイ5-3を引用したくなったという「僕」のくだりはいつ読んでも心をつかまれる思いです。謙虚であることや無知の知のようないわゆるありきたりの教えではなく、(文明社会の)人間というのはもともとイグノラントで驕りのあるものであり、それを失うための唯一の方法は最初からもたないことである、というような救いのない感覚を覚えます。私は幼稚園で母から持たされたプラスチックのコップを運悪く割ってしまった(というよりヒビ割れさせてしまった)ことがあるのですが、泣きながら家にそのコップを持って帰った私に母が、「割れちゃったね、困ったね、でも仕方ないね」というので「どうやったら元に戻るの?」と聞いたことがあります。母はこれを覚えているか分かりませんが、そのとき「割れたコップを元通りにする一番いい方法は、最初から割らないことよ」と言いました。真実であり、納得のいかない答えでもありますが、結局はそういうことなのだと思います。文明社会で、もはや生まれながらに謙虚でいることができない私達は、月だけを追うことはできないのでしょう(ゴーギャンやこの作品中のストリックランドは一般的な「謙虚」とはかけはなれた意味で、月を追うことができたようですが)。だからといって六ペンスだけに生きることもできない。月と六ペンスのバランスを自分なりにどう工夫するかが大事なようです。

カテゴリ:

ラ・ミュエット界隈

 | コメント(2) | Edit

私がパリに出張の時はだいたいにおいてOECD(経済協力開発機構)での会議に参加するためなんですが、そのOECDはパリの中でも高級住宅が立ち並ぶおハイソなエリアにあります。北側はブローニュの森でメトロの最寄り駅は9番線のLa Muette。地下鉄の出口から階段を上がっていくと、なんとも素敵な町並みがぱーっと広がっていて、左手にはすぐに木立が美しいラヌラグ公園があるわ、おしゃれなビストロやサロン・ドゥ・テ、ブーランジェリーにパティスリーが並んでいていい感じです。

今日は会議の最終日で、12時半にすべての議題が終わったので、OECDでバイオセイフティの仕事をしているフランス人の友達のBとランチに行こうよ、ということになりました。まずは前回メキシコに行ったときに一緒に撮った写真を見せてもらってわいわい言って、せっかくだし外でランチしよう、と、そのラ・ミュエット駅のすぐ近くにあるLa Rotonde de la Muetteというビストロの外の席に座りました。イタリアとちょっと違うなといつも思うのが、フランスではお二人様で外の席に案内される場合、どんなに小さなテーブルであっても、ほとんどの場合向かい合わせに座ることがないということ。店の壁に背中を向けて2人並んで座ることになります。目の前の通りを通る人をウォッチングするような体勢になるわけですね。ちなみに友達のBはゲイの男性ですが、背も高いしかなり素敵な雰囲気をかもしだしているので一緒におしゃれランチをするのがかなり誇らしいと思ってしまいます。サービスもしたがってかなり良いサービスを受けられるんですよ。フランスは見た目勝負なんでしょうか。ですから、フランスに旅行されるみなさまは、多少歩きづらくても、周りから目をとめられるような素敵な靴を履いて、暑くてもスカーフをさらりと巻いて、帽子なんてかぶらずに、重くてもまるで空気しか入ってないようなふりをしてバッグを小脇にかかえて、サングラスはマストで、さっそうとして、今からオペラ鑑賞にでもいくのかというほどお洒落をして街歩きをされることをおすすめします。女性はスカートのほうが絶対サービスは良いです。あ、でもこういうアドバイスっていうのは善し悪しですね。ちょっとしたサービスを感じるかどうかというのは主観的な問題だし、お洒落をしていてもちゃんとサービスしてもらえないこともあるので、その辺は自分なりの優先順位で(歩きやすい靴の方がいいとか)決めるのがいいのでしょう。当たり前ですが。私はパリではおのぼりさんなので気合いを入れます。

カテゴリ:

夕方からオルセーへ。

 | コメント(0) | Edit

今日の会議で私が関係する議題が終わったのが4時過ぎだったのと、木曜日はオルセー美術館が夜の9時半くらいまで開いているという情報をホテルで得たのとで、PERのC線に乗って会議の帰りに行ってきちゃいました。会議帰りだったのでスーツだったのとコンピュータを抱えたりしていたのとで、ちょっと暑い中大変でしたが、行って良かった。

私は最近気づいたんですが、かなりのレベルで「庭園好き」だということが分かってきて、旅行に出るとかなりの確率で庭園に行きたがるということに今更ながら気づいたんですが、もうひとつ好きだと気づいたものがあります。それはテラス。私、すごくテラス好き、屋上好きです。それでオルセーのテラスからはモンマルトルが一望できるという話をきいて、ものすごーく期待してはいったんですが...。

なんと、オルセー美術館、現在改装中。しかもそのテラスに出れるという5階(というか3階)だけがクローズド。かなりがっかりです。その上階にポスト印象派の絵画がまとめて、ゴッホやゴーギャンやモネやセザンヌなどがあるはずなのに、その絵たちはどこ?と探すと、一時的に設けられた特設の部分に並んでいたことはいたんですが、なんだか、コレという名画が少ししかない。どういうことなの?とインフォメーションで聞いてみたら、にっこり笑って「あなた日本人?だったらラッキーよ、だって今半分くらいのオルセーの名画は日本にあるから、帰ったらたっぷり見れますよ」だそうです...。今グーグルしてみたんですが、国立新美術館にて、その名も「オルセー美術館展2010」だそうです。がっかり。初めて見たときにかなり強烈な印象に残った、ゴッホの「星降る夜」も今東京にあるみたいですね...。

今回、私の人生でオルセー訪問は2度目だったんですが(一度目は19歳の時でした)こうしてちょっと消化不良気味になってしまったので、今度パリに来たらまた必ず来ようと思いました。帰りはセーヌ川を渡って、チュイルリー公園を抜けて、ルーヴルの横のカフェマルリーでおひとりさまのお食事をしてホテルに帰ってきました。ひとりだし暑かったけど動いてみてよかった。こういうことでもしないと、空港と会議場とホテルの往復だけで終わってしまうから。明日は会議最終日です。会議が終わったらパリ在住のMさん(転職されてパリにいらっしゃいますが、以前はローマで私の部署の中のかなり上のランクの方でした)とお食事でも、という約束をしているので楽しみです。

カテゴリ:

さて、ジュネーブの会議を後にして、今はパリに来ています。今週は会議のはしごなのです。今回はパリの主要エリアではなく、OECDのあるパッシーというエリアに宿をとったのですが、会議初日で疲れたのでデリで何か買ってホテルの部屋でサッカーでも見ながら食べようとおもったんですね。それで帰り道のパン屋さんで写真のバゲットを切ってもらって、お野菜やチキンなどをはさんでもらってから、それを片手にRue de Passyを歩く気分の何と特別なこと!ある種の誇らしさまで感じてしまうので不思議です。「私、Rue de Passyをバゲット片手に歩いてる!」みたいな感じでしょうか。ってそんなことで興奮するなんて非常にくだらないんですけどね。すごい自分好きなナルシストみたいでちょっとイヤですね。でも私に表現力がないだけで、この気持ちをなんと伝えて良いか分からない。意味なくバゲットをぶんぶん振りながらホテルまで帰りました。

あと、ふと思いついて小さなファーマシーに寄って、小さなシャンプーとコンディショナーのセットを買いました。ホテルにもそれなりのものがついているのですが、どちらかというとアロマ系のもので、いまいちさっぱり感が感じられないものだったのでファーマシーだと何かかわいいものがあると思ったんですね。それで果たして信じられないほどカワイイ小さなフラワープリントのボトルのセットがあったのでした。本当にすっごくフレンチ(私のイメージの)。これですっきりして明日も会議行ってきます。

カテゴリ:

ネミの野いちご

 | コメント(0) | Edit

先週の土曜日、日本から遊びにきているイタリア人のRと一緒に朝食をということになったので、いま私の部署にインターンに来てくれている日本人のRさんと一緒にカプチーノとオレンジジュースとコルネットの朝ごはんをしたんですが、そのあと、ちょっとドライブにいこうということになって、ローマから20分くらいのドライブで到着する、カステッリロマーニといわれる、昔のローマの貴族の避暑地にいってきました。

まずは美しいカルデラ湖のある小さな町、ネミへ。前の週に友達のTさんと、「週末どこかいく?」というはなしをしていて「ネミは?」と提案してもらったにもかかわらず、結局プランはなりたたなかったんですが、それを勝手に採用してしまったのでした。思いつきで決まってしまったので、一緒に行けなくてごめんねTさん。ネミは写真の、小指の先くらいのサイズの甘くて美味しい野いちごが特産。町に入るとすぐ野いちごの果物キオスクがあってそこでひとパック買ってつまみながら町をうろうろしました。

ローマの私の友達は週末旅行が好きで、すぐローマから離れたがりますが、いざ離れてみて何をするかと思えば、バールに入ってテラスでコーヒーを飲みながらだらだらおしゃべりしたり、ちょっと歩いてはまたレストランにはいってだらだらおしゃべりしたり、と結局ローマでやってることと何も変わらないことをやっていて面白いです。でも周囲の人をウォッチングするのは知らない町では楽しいことですね。私たちもイタリアンマダムのシャープなファッションや、イタリアのかなり高齢のおばあさまたちの高いヒール靴についてディスカッションしました。楽しかった。

カテゴリ:

夏のジュネーヴより

 | コメント(2) | Edit

前回のエントリーは日本からでしたね。1ヶ月もたってしまいましたが、ちゃんとすぐにローマに戻って普通の生活をしていました。今日は出張でスイスはジュネーヴに来てきます。大きな会議のために来たのですが、うっかりホテルの予約をするのをずいぶん長い事忘れていて、先週やっと予約したんですが、会議中ということもあってどのホテルも満室。それでちょっと予算を上げて探して予約したんですが、いざ来てみると、今まで泊まったジュネーヴのホテルの中でも最高なんじゃないかと思えるほどのクオリティ。部屋は広いし、エスプレッソマシーンがあるし、サービスがすごく良くてチェックインのときからいたれりつくせり。これからの常宿にしたいくらいです。Eastwest Hotel, Geneva Switzerland。

チェックインしてから、すでにジュネーヴ入りしているはずの同僚で仲良しのAに電話して、一緒に食事しようということになりました。私はどこでもよかったんですが、ホテルを出る時にちらりと見えたホテルのレストラン(中庭にあるのでアウトドアで素敵です)が良い雰囲気だったので、Aに「私のホテルによさそうなのがあったよ」と伝えたところ、彼女も行ってみたいと言ったので、ホテルで食事にしました。それが大正解でお料理はおいしいし、混んでいないくてゆっくりおしゃべりが楽しめるし、ワインのセレクションもすごく良いし、デザートとコーヒーまで楽しみました。私は鴨を食べたんですが、鴨なのにあっさりしていて美味しかったし、Aが食べたクリアウォーターのお魚料理もとても美味しそうでした。メインも良かったんですが、スターターのトマトのサラダが超美味しかった。グリーントマト、チェリートマト、イタリアントマト、とトマトの博物館のようなサラダにラズベリーとジャスミンシャーベットが乗っていて、ちょっとバジルとオリーブオイルがかかっていて、なんて素晴らしく夏らしいサラダだ!と思って感動しました。私も真似して今度イタリアにあるいろいろなトマトで作りたいと思いました。

いつもは窓の外を撮影する「ホテルから」の写真ですが、今回は1階の部屋ということもあって(日本の感覚だと2階ですが)、窓の外がフォトジェニックじゃなかったので、部屋でさっそく煎れたコーヒーを撮ってみました。ちらりと見えていますが、全体的に焦げ茶なお部屋にショッキングピンクの家具がアクセントになっていてとても素敵です。ワイヤレスインターネットもフリーだし、滞在中のバスやトラムの乗車券も無料でもらえます。ジュネーヴ自体はそこまで観光としては魅力的ではないのですが、いつも疲れる出張もこのようなホテルだと嬉しくなるなぁと思って感動しました。明日から会議。がんばります。

カテゴリ:

このアーカイブ内の全エントリ

アーカイブス

マンスリーアーカイブ

カテゴリ別アーカイブ