« 2010年11月 | 2010年12月アーカイブ | 2011年1月 »

ご無沙汰しています。私は日本に帰って来て休暇をすっかり満喫しています。23日の早朝に成田に到着し、イブイブだったその日は、とあるイベントに旦那様のAさんと一緒に参加して一日楽しく過ごし、イブはつくばでAさんの仕事が終わるのを待って、近所のお気に入りお寿司屋さん(去年もクリスマス当日に行きました)に連れていってもらってミニクリスマス。今年はサンタさんから強烈に嬉しい3つのプレゼントをもらって大興奮しました。ありがとう!

そして25日は姉の一家とクリスマス会の予定だったので、お昼過ぎから準備して東京へ。ほぼ毎日DS競馬ゲームがルーティンワークになりつつあるAさんと、電車の中で何とはなしに、競馬の話をしていたんですが、私が本当に競馬のことを何も知らないのでちょっぴりバカにされながらも、この機会にひとつひとつ丁寧に教えてもらっていたんですね。するとAさんが「明日は有馬記念っていう大きなレースだよ」というので「じゃあそれにいってみようよ」と軽い気分で言ったら今度こそ本気で「有馬記念は何万人もの人が行列作って見に行くレースだよ、しかも中山競馬場は東京じゃなくて千葉だし」と完全にあきれられました。あ、そうなんだ、と思ってちょっぴり恥ずかしかったので「えー、じゃあ東京にも馬券を買えるところあるんでしょ、今日はそこに行きたい!」と意地を張ってみたところ、奇しくも乗っていたつくばエクスプレスは浅草駅に到着したので浅草の場外馬券売り場、ウィンズ(というのも今回初めて知りました)に行くことにしました。

電車の中で、何て言う馬が強いの?何番?と聞いていたら、Aさんが「いくらなんでもどの馬が何番かまではソラでは言えないよ、駅のキオスクでスポーツ新聞買って調べよう」といったのですが、どうしても待てない私は、私のほぼ口癖である「なに?なに?」の7-2と、Aさんの口癖である「いいよん」の1-4と、さらにその4つの番号のうち一番ゴロが合う、「いいな」の1-7と「ない」の7-1で固めようと言い張りました。これにさらにあきれたAさんは「情報ゼロで番号は決めれないよ、しかもこのレースは16番まであるって知ってる?(私は当然知らなかった)しかも今回武豊の馬は出走取り消しだから決めた番号に武豊の馬があったりしたら絶対当たらないっていうひどいことになるよ」と言うので、やっぱり駅のキオスクで新聞を買って情報を得ることにしました。

そして買ってすぐ新聞を広げて一面を見てAさん、呆然。「すごい!7番ブエナだよ。しかも1番を予想してる人この紙面でもすごく多いよ。4番も2重丸アリだよ」だそうです。言っている意味があまり分かりませんでしたが、どうやら私の当てずっぽうな語呂合わせが、それほどとんでもないものでもなかったようです。満足な私はにんまりしてそれからウィンズへ。

ウィンズの中に入って実感したのは、やっぱり競馬というものは敷居が高いというか低いというか、ちょっとおっかない感じがしますね。ウィンズにはたくさんのちょっと汚い身なりのおじさまたちが陣取っていて、私たちのようなお客さんはさっと来てさっと帰る感じ。ゴミは散乱してるわ、マークシート方式の紙の中に書いてある専門用語はさっぱり分からないわで、そわそわしながら、Aさんに教えてもらった通り、私の発案した語呂合わせをマークして券売機へ。上の写真のようにひっそりと馬券を買いました。この写真の手前の馬券がAさんが買ったもの。奥の馬券が私が買ったもの。プラス、私はどうしても「馬単」というのも買ってみたかったので、同じ組み合わせで買いました。ただし、ここがすごく大事なんですが、1-7だけ、7-1に変更で。というのもブエナビスタが7だと分かった以上、1-7を買うより固いかと思ったのでした。後で考えればここでそんな小賢しいことをしなければよかった。

で、ご存知の皆さんはご存知の通り、3時25分から行われた有馬記念の10Rの結果は写真判定のハナ差で1-7。あああ興奮しました。上の写真の2枚の馬券で、夫婦でちょっとだけ勝ち越したんですけど、勝ったこと自体は結構どうでもよくて、私が電車の中でブエナビスタが何番か分からない状態でこの組み合わせを当てたことのほうが気持ちよかった。確かに固いレースだったということですが、それでも初めてのGIで、テレビの前でこんなに興奮できたことが何より嬉しかったのです。レースが終わって数秒後には普通に戻ってしまったAさんと、一緒に見守ってくれたうちの姉がさっさと気持ちを切り替えて他の話をしているのに、私はいつまでもレースの後味にひたっていました。いやぁ興奮しました。有馬記念さま、私にひとときの楽しみと興奮をありがとう。

そうだ、Aさん、馬券をちゃんとお金に替えておいてね。そして美味しいものでも食べてください。

カテゴリ:

ヘンナの疑似タトゥー

 | コメント(0) | Edit

アブダビでの会議、なんとか今日終わりました。今回の会議は開催する側だったので、朝から晩まで本当にバタバタして大変でした。でもチームみんなで頑張った、良い会議だったと思います。

アブダビの食品コントロールオソリティのみなさまがGalaディナーとして招待してくださった夜、伝統のダンスはあるわ、ファルコンはいるわ、それはもうさまざまなリッチな経験をさせていただいたのですが、お楽しみのひとつとして、こうやってヘンナで手にアートを描いてくれるサービスもあり、私も試してみました。しかも両手。写真はチョコレートクリームのようにも見えるヘンナの染料を使ってスルスルと絵を描いていくアブダビのお姉さん。乾くまで待って洗い流せばいいよ、と聞いていたのでそのままダンスを楽しんだりドリンクを楽しんだりしていたら、「あ、ヘンナをやったんだね」とアブダビの人に声をかけられ、「そうなの」とにこにこしていたら「ホリデーシーズンにぴったりだね!」と言うので「?」と思っていたんですね。というのも、私、この疑似タトゥーって1週間くらいで消えると思い込んでいたのです。それがなんと、1ヶ月くらい消えないらしいじゃないですか!

ぎょっとして急いで洗いに行きましたが時すでに遅し。私はこの両手(右手左手)でしばらく過ごすことになりそうです。まぁアブダビの思い出として、ちょっとワイルドカワイイし、植物性だから体にも悪くなさそうだし(超非科学的)、個人的に良しとすることにします。私の家族のみなさん、年末は私はこんな手で帰ってきますが驚かないでね。

カテゴリ:

アブダビより

 | コメント(2) | Edit

最近はドゥバイよりも開発がさかんでリッチな雰囲気が漂うと言われているアブダビにやってきました。写真はホテルの部屋にあったウェルカムスナック。アラブの甘いお菓子が並んでいます。

ナイトフライトでローマからドゥバイに飛んで、そこから車でホテルまで来ました。1時間ちょっとでアブダビに着きます。到着は朝の8時ごろ。それからチェックインしてしばらく休んだあと、世界保健機関の同僚とミーティング。さらにアブダビの食品安全関係の政府の人々と打ち合わせをして、それからランチ。ホテルからつながっているアブダビモールで買い物をして、ネイルサロンでフレンチマニキュアをしてもらって、それから夕方の6時から夜の9時半までさらにミーティング。そして今ロビーでクラブサンドイッチとビールで乾杯して部屋に戻ってきました。

明日は関係者のミーティングが1日続いて、本格的な国際会議は火曜日からです。日曜からせっせと働いてる!と自分で勝手に感動していたけれど、イスラムの世界では週末は木曜日と金曜日。日曜日は普通の平日なのです。そう、それと、今回ホテルの部屋の窓からの写真も撮りました。8階でいまいち景色が良いとまではいきませんが、開発がぐんぐん始まっているのが分かるかなと思います。ホテルはBeach Rotanaです。明日も頑張ります。

カテゴリ:

懐かしいプルマン

 | コメント(2) | Edit

日曜日の今日は、友達のAとバールでカフェ+おしゃべりのあとにクリスマス用の食べ物を美しいパスティッチェリアで仕入れて家に帰り、思うところあって昔の写真をしばらく整理していました。20ギガを超えていたiPhotoのライブラリをTime Capsuleに移動、バックアップしました。以前のライブラリは80ギガを超えていて後悔したので、今回は早めの対処(のつもり)です。

そして以前のバックアップの膨大な量の写真をぼんやり眺めていると、私の第2の故郷、プルマンの小麦畑の写真が何枚も何枚も次から次に出てくる出てくる。私がどれだけプルマンの風景を好きだったか、こんな風景はどうってことない日常なのに、何度見てもハッとさせられてカメラを向けてしまっていたのかを、まざまざと思い起こさせられました。

視界の80%が空だったプルマン。どうしてあのゆったりした美しい土地を離れて、良くも悪くもカオスなローマに、引っ越して来てしまったのか。しかもひとりで。あのままエクステンションスペシャリストとして定住できたかもしれない道をあんなにあっさり断ったのはどうしてだったのか、今となってみると自分の気持ちだったはずなのになんだかもやがかかったかのように、どうしてもうまく思い出せません。

ローマに来て、今の職場で働いてきて良かったかと聞かれると、確かにものすごく良かったというのが正直なところだけれど、この仕事がプルマンのようなところにあったらさらに理想だったな、と思うのも真実。でも私がどんな道を選ぼうと、プルマンはいつも変わらずあの土地にあって、夏は酷暑、冬は極寒の雪の中でも平和に淡々と時を刻んでいるんですよね。当たり前のことなんですが、時々ふと自分だけが走りすぎてしまったような、それでいて取り残されてしまったような、ちょっとだけ悲しい気持ちになったりするのです。

カテゴリ:

FPその後

 | コメント(4) | Edit

11月1日にファイナンシャルプランニングの相談に乗ってもらったという話をここにも書きましたが、「こうしたほうがいい」というのを書いただけだと行動が続かないので、自分の背中を押す意味で「なにをしたか」のフォローアップをしておこうと思います。

1. エマージェンシー資金、言われた通りにさっそく別に分けてプールしました。

2. 投資信託、まだ買ってはいませんが、ネット口座を開設しました。やっぱりイタリアをベースにするのはあまりにも不安なので、日本をベースにすることにしました。いろいろな書類が夫のAさんのところに届いているはず。今は投資についてせっせと勉強中です。信託とはいえ、長期な目線での揺れ幅を見極める知識が必要みたいなので面倒がらずに勉強あるのみですね。がんばります。実際に動き出すのは夏頃かなと考えてます。

3. 銀行はアメリカの銀行は次にアメリカにいった時に(いつだろう)解約する、と決め、日本の銀行は、手数料がなるべく取られない代わりに利子の低い(ほぼない)口座というのに乗り換えました。イタリアのは、もはやしかたないので現状維持で、なるべく手数料のかからない方法を考えていこうと思っています。

4. ネット銀行の利用は、利子が思った以上に少ないこともあって、私のライフスタイルにも合わないということで見送りです。

5. ヴァンブレーダの保険は無事にAさんを外すのに成功しました。結構面倒で、意味不明なチェックがあったんですが、コツコツとやってできました。外す時、「書類を正式確認してくれるオフィサー」のひとに「一度外すと二度と入れないわよ」と脅されましたが、何度考えても、やっぱり日本の保険に入っている以上、特に必要はないんですよね。そして、日本の保険証を見せて、というのでAさんの保険証のスキャンされたものを見せて、英訳もつけて(Aさんありがとう)を見せたら、「実物はないの?」というのでぽかんとして、「あのぅ、実物は当然日本にいるAさんが持っていて、日本にいるからという理由で外そうとしているのに、ここに実物がないとだめなんですか?」と聞いたら、「まあそうとねぇ、正論よね、でも私はどうやってこれが本物だと分かるの?」と聞かれました。ムっとしたので「日本語で書かれた本物を持って来たらあなたにはそれが本物って分かるのなら夫に郵送してもらいますが、イタリアの郵便局がなくしたら(よくあるんです)責任もっていただけますか」と言ったら「うーん、よく考えたら本物みても私にそれが本物ってわかるわけないわね」と言うのでかわいそうになって、日本では国民保険や共済保険やそういうのには絶対入らなきゃいけないんです、だから当然みんな入っているんです、そうでないと病院で受付もしてもらえないこともあるんです、私自身も無駄なのに入っているんですよ、と説明したら、「わかった」といってガッチャンとオフィシャルスタンプを押してくれました。結構適当だなと思わないこともなかったんですが、良かった良かった。

6. クレジットカードはイタリアのカードの利用状況を2010年11月から2011年10月の1年間で分析してみることにしました。それで年会費の29ユーロがその価値があるかどうか決め、不要と確定すれば2011年の10月に解約手続きをしようと思います。他のカードは現行のままでいきます。

7. 厳しく言われたレシート帳は、さっそく作成しました。3ヶ月ほどたったら私の消費傾向を分析してみようと思います。

8. カードでできる買い物はカードで、と言われましたが、まだ大きめの買い物しかカードでできてません。細かく出していったほうがいいと言われてるんですけどね。頑張ります。

以上、フォローアップでした。

カテゴリ:

このアーカイブ内の全エントリ

アーカイブス

マンスリーアーカイブ

カテゴリ別アーカイブ