« 2011年5月 | 2011年6月アーカイブ | 2011年7月 »

シャトーカミヤ2週間ほど前に家から30分くらいのところにある、写真のシャトーカミヤにランチに行ってきました。もしかしたら見覚えのある方もいらっしゃるかもしれませんが、堀北真希さんが主演した「花ざかりの君たちへ:イケメンパラダイス」の学園のロケ地になったところです。茨城県牛久にあります。ここは国指定重要文化財で、明治時代に神谷傳兵衛がという人が作った日本で最初の本格的ワイン醸造場だそうです。

震災の影響で、残念ながらこの明治のレンガ造りの建物はかなりの被害を受けてしまったようで、シャトーカミヤの敷地内の半分ほどが危険ということで立ち入り禁止になっていました。茨城県は3月11日の3つ目に来た直下型の地震でかなり影響を受けてしまったんですよね。

その影響でクローズしていたレストランのうちのひとつ、キャノンレストラン(フレンチ)が、比較的影響の少なかった芝のガーデンを使って、晴れた日はランチとディナーを出しているということだったので行ってきたのでした。こちらがそのガーデンレストランの様子。

シャトーカミヤ車で来たので私はシャトーカミヤで造られたブドウジュース、Aさんはシャトーカミヤの赤ワインをいただいて、そしてコース料理はとにかく地元の素材をふんだんに使った和風フレンチ。鴨と地元の特産の美味しいネギに甘辛いオニオンソースの前菜、メインは私は、つくばもち豚ロースステーキで、Aさんは牛ロースステーキ。もち豚ほんとうにもちもちふわふわでホワイトミートの美味しいところが出ていてジューシーでした。写真がそのポーク。一番手前の一切れはAさんがくれた牛肉です。このあともち豚は半分くらいAさんの胃袋に収まりましたが。すべてのメインディッシュはすぐ横のアウトドアグリルでシェフががんがん焼いてました。ステーキは焼きたてが一番美味しいですよね。そして手作りバゲットも美味しかった(シャトーカミヤベイカリーもあります)。デザートは甘さ控えめのシャーベットみたいなアイスクリームにベリーが数種類。コーヒーで〆てなんとお一人様1500円の破格。

後日ここのことを、青森は八戸出身の友達のHに「ねぇシャトーカミヤっていうのが茨城の牛久にあるんだけど」と話し始めたら、「えーシャトーカミヤってどこにでもあるの?八戸だけのものだと思ってた!」と驚いていましたが、シャトーカミヤは牛久と八戸にしかありません。どうやらHのお母様がお花を活けに八戸のシャトーカミヤに行っていたらしいです。どうやら牛久のシャトーカミヤが100周年を迎えたときに記念に建てたみたいですね。

ここに堀北真希さんや小栗旬さんが来たかと思うと、結構びっくりするような田舎にありますが、芝生のテーブルでいただくランチ、気分も良かったし美味しかったです。ぶどう園への散歩も楽しかった。今度は同じ敷地内にあるカフェレストランに行ってみたいと思います。

カテゴリ:

Super 8

 | コメント(0) | Edit

super8_smallteaser.jpgSuper 8 (2011), (B-)

昨日の夜、Aさんと一緒に自宅から徒歩2分のモールのレイトショーで観てきました。結構怖い前半にびっくりしましたが、B-の、超上から目線な辛めの判定なのは、「予想できた結末」という部分と、カッコ良かったお父さんの内面のようなものをもう少し見たい気分になったという部分、あと長時間逆さに吊られていたのに、降ろされたら速攻走れる違和感たっぷりの部分なんかが全体的に残念賞だったような気がするんです。

ペンダントの部分は「スタンドバイミー」のコームを落とすシーンのようだったし、結局さまざまな「少年が大人になる」映画がいろいろと混ざって、プラス少年の好きそうなスプラッターやモンスターな要素が入り、淡い初恋も入り、で盛りだくさんでしたね。ひとつひとつはいいのに、たくさんすぎてぼやけてしまったのかしら。

でもエンドロール後のSuper 8の部分はかなり上手でよかったなーと思いました。チャールズ目線で全体を見たかった気もしました。

最後にトレーラーコピーしておきます。

カテゴリ:

千葉県立美術館週末はぎりぎり雨が降らないでいてくれたので、Aさんと山下清展を観に千葉県立美術館までドライブしてきました。途中葛西周辺が、ディズニーランドへの渋滞があって少しゆっくりでしたが、朝の9時半頃到着。180点ほどの充実展覧会で、かなり感銘を受けました。私たちは実はエッフェル塔の絵がメインになったこの展覧会のポスターを見たので、なんとなく行きたい気分になったのですが、こうして入り口からイタリアはヴェネチアのサンマルコ広場の絵で、到着早々かなり気分が上がって興奮しました。これは美術館の説明の受け売りですが、山下清さんは、彼が有名でなかった頃は、その場で景色をスケッチすることはほとんどなく、強烈な記憶力でその景色と、それを貼り絵(ちぎり絵)にした状態の絵という2つのイメージを脳裏に焼き付けて、家(や学園)に帰ってからせっせと創作活動をしていたそうなんですね。人間の脳ってほとんど使われてないそうですけど、多くの人間が使わない脳の一部がとてもアクティブだったということなんでしょうか。感動します。

この写真の看板にはちょうど使われていなくて残念ですが、このドゥカーレ宮殿の紋章が抜き型になって上にずらっと何十個も並んでその穴からさらに海側の壁に並んだその抜き型の紋章が見えるところをこの絵では山下清さんは描いているんですが、それはまさに心のフォトグラフといった感じで、本当に感動します。「そうそう、そこが感動ポイントよね!」と思わず絵に向かって話しかけたくなってしまうのです。真ん中に立っているのは山下さん本人でしょうか。サンマルコ広場はいろいろな画家に描かれていますが、私は間違いなくこの絵が一番すきだと思いました。「日本人が見た外国の風景」というのを一括りにしてしまうのはちょっと乱暴かもしれないとは思うんですけれど、うまく説明できないそういった感覚が私にもあって、イタリア人が見たヴェネチアよりも、ずっと近い感覚だと思えたんです。

ほかにもロンドンタワーやタワーブリッジなどのイギリスの風景や、スイスの山間の町の風景など、とてもいやされる絵がたくさんあってかなり充実だったし、千葉県立美術館の、静かで素朴なたたずまいも良かったです。もちろん、彼のシグニチャーアートとも言える細かいちぎり絵(紙をこより状にして立体感を出していたりして驚きです)も必見です。

カテゴリ:

Changeling

 | コメント(0) | Edit

changeling_poster.jpgChangeling (2008), (A-)

我が家ではアップルTVがかなりの大活躍で、これもレンタルで観ました。iPhoneがリモコンになったりして便利ですよね。この映画はとにかく怖かった。誰も信じてくれる人がまわりにいない状態に身を置かれて、何を言っても何をしてもダメという状況は本当に心が病んでしまうだろうと思ってしまいました。タイトルもかすかに怖い。言い伝えや童話って面白かったりためになったりする反面、どこかしら怖いような寂しいような感じもしますよね。大江健三郎さんの小説も思い出しました。あれはちょっと私小説っぽい雰囲気ですけれど。

アンジェリーナジョリーさんはキレイで、その強烈な存在感は、私の中ではGirl, Interruptedの印象が強いので、こういう役は本当に一番合うというか、美しくも少し狂気じみている感覚があって、本当に変なのは彼女なのかもと思わせられる可能性があるという意味で、脚本もちょっと変えれば良かったのにと、一瞬思いましたが、やっぱりTrue storyということなので、本来のメッセージを伝える意味ではこれがベストだったのでしょう。LAPDやアメリカの組織につぶされる可能性のないクリントイーストウッドが監督であるということもポイントかもしれませんね。

心理的にすごく怖かったのと、路面電車が走っている頃のロサンジェルスを再現していたのがすごかったので、A-です。

[ DVD | 日本語DVD ]

トレイラーくっつけておきます。

カテゴリ:

熊本城もう2週間も前のことですが、熊本の実家で朝食を終えて父を仕事に送り出したあと、母が「熊本城に行こうよ」というので母の車に乗って連れて行ってもらいました。

このサイトでも1999年から熊本城を愛する気持ちを綴っていますが(2005年にも)、何度来ても郷土愛を強く呼び戻してくれる熊本城、本当に圧巻です。熊本城(復元)の美しさはやはりその武者返しの石垣と、お城をその石垣の上に作ったという建築上の美も大きいと思うんですが、私が勝手に想像して気に入っているのは、秀吉や清正などの武士的な強さと戦いの歴史と、細川氏という名門武家の居城となった時代の芸術や家具など、そしてもちろん西南戦争の舞台としての歴史など、それぞれの時代を超えて、まわりの風景は変わりながらもお城は同じ場所で、築城、増築、修復、消失、復元、そしてまた修復というように時を経てきたことが実感できるところです。

熊本城には復元募金の一環で一口城主制度というのがあって、一口1万円以上から、城主になることができます。城主には1万円=1年の熊本城へのフリーパス、家族や友人への招待券などがもらえるのはもちろんですが、素敵な小さな芳名板に名前を入れてくれて、熊本城の天守閣に掲示してくれるのがうれしいんです。また熊本市が持っているいくつかの施設にも城主手形でフリーで入れるらしいので、熊本に住んでいる人には嬉しいシステムですよね。そして当然、本来の目的である熊本城のさらなる復元や修復に貢献できます。今回母と私は、母の孫であり私の姪であるMちゃんを熊本城の城主にしちゃおうということにして申し込みをしてきたのでした。夏が終わるころには彼女の名前がしっかり天守閣に納められるので、これから彼女が熊本に遊びに行くときの楽しみのひとつとなることでしょう。

上の写真は、唯一オリジナルが残っている宇土櫓の最上階の窓から見た熊本城天守閣です。宇土櫓の中の階段は昔のままなので、かなり急で細く、危ない感じがしますが、しっかり雑巾がけを何万回も繰り返したであろうピカピカの床板に貫禄があって、私は好きです。熊本城のすぐ下には私が小さい頃、夏休みになると毎日毎日通った「城内プール」という市民向けのプールがあったんですが、今はちょっとした観光客用のスポットになっているみたいです。私は小学生のときは熊本城からそう遠くないところに住んでいて、姉と一緒にバスに乗って50円払って降りて(当時熊本のバスは後払いでした)城内プールに50円払って、と一日100円で夏休みを満喫していたことを思い出します。そんな城内プールが面影もなく全くなくなっているのはちょっと悲しい気もしますが、熊本の観光スポットのためなら仕方ないですね。これでもっとたくさんの観光客が来てくれて熊本城を好きになってくれたらいいなと思います。

熊本城には外国からの観光客もたくさん来ていて、熊本では道路案内板に英語がついたのだってつい最近だから観光役は大変だろうなと勝手に思っていたんですけど、熊本城のいろいろな施設にたくさんいらっしゃるガイドのみなさんが外国からの観光客のみなさんにも普通に英語で対応していらっしゃるのを見て、確実に時代が変わっているのを実感しました。本丸御殿の予約制の再現昼食も異常に美味しいみたいで、大人気みたいです。今度熊本に行ったら私も絶対予約して行ってみようと思います。

カテゴリ:

恍惚の人

 | コメント(0) | Edit

img_1198132_34943323_1.jpeg恍惚の人 (1973), (A)

先日、熊本の実家で母と夜更かししながらおしゃべりしていた時に、NHKのBSプレミアムの「山田洋次監督が選んだ 日本の名作100本家族編」という番組で放映されていたのがこの映画です。私の生まれた年の公開ですので当然白黒の映画ですが、重いのに軽い、軽いのに重いという何とも言えない映画でした。心にすごく残りました。当時流行語ともなったというこの「恍惚の人」、母が森繁久彌の姿を見てすぐに、「これ、『恍惚の人』じゃない?」と言ったくらいなのでかなりの話題作だったんだと思います。というのも、母は映画は好きなんですが、暗いところに行くとスヤスヤしてしまうタイプなので、1シーンを見てすぐタイトルが分かるのはすごいことなんです。その森繁久彌、解説を聞いて初めて知ったんですが、この84歳を演じた時は59歳だったらしいですよ。途中に白黒映画だからこそのシーンである、泰山木の美しい白い花をじっと見るシーンがあるんですが、そのときの表情を見ていて何とも言えない気持ちと記憶といろいろなものが混ざってこみ上げてきて苦しい気持ちになりました。

そしてなにより印象的なのがこの高峰秀子さんの美しさ。今の芸能界ではハーフのモデルさんや、日本人離れしたしっかりした目鼻立ちの美人さんが人気で、確かにみなさんものすごくカワイイなと思うのですが、この高峰秀子さんのように、日本的でかつ、類い稀な美人というのは最近はあまり出てこないなぁと思います。道子妃殿下を見てもいつもそういうふうに思います。お若い頃もそうでしたが、今も、美しく凛としていらっしゃる姿を見るとため息が出ます。この映画の最後のシーンで、高峰さんが鳥かごをじっと見つめながら「もしもし...」とつぶやくところがあるのですが、監督はこの高峰さんの美しさをこういうふうに撮影したい、そしてラストシーンにしたい、と強く思ったんだろうなぁと思ってしまいました。本当に美しいです。

そして主題ですが、老いと認知症と介護のお話です。原作の有吉佐和子さんによるとそれまではまるでタブーのようになっていて触れてはいけないような雰囲気があったのと、文壇で扱うにはあまりにも俗っぽい話題だったりして、ベストセラーとしての評価は得ても、作家としての評価は高くなかったそうです。『日本外史』の中で三好長慶のことを「老いて病み恍惚として人を知らず」と言ったというところからとったという、この原作のタイトルがすばらしいですよね。

母に聞いてみると、この映画は、母の友人が語るいろいろな認知症の方の症状をそのままよくとらえていて、ひとつひとつの奇行が、本当によくあることで(おなかがすいたと常に訴える、電話のベルに強烈に反応する、家を訪れる人を賊だと勘違いする、どこでも眠る、閉じこもる、排泄物に関する奇行などなど)、映画でそれらを、決して大げさに見せるでもなく、解決法を見せるでもなく、重すぎず、軽すぎず、丁寧に描いてあるのが本当に現実的でハっとさせられました。実の息子や娘(小姑)の態度や、若い受験生の息子が意外にもしっかり手伝ってくれているという事実など、いろいろな部分がリアルで本当に考えさせられました。ちょっと自分で面白かったのが、私の場合、映画を見ながら高峰さん(介護する側)に感情移入したのではなく、思いっきり森繁久彌さん(介護される側)に感情移入していることに気づいたんです。

映画では当然当時は「認知症」という名前ではなく「老人性痴呆」というふうに表現されていましたが、昔はこうなってしまった老人はちょっとした精神障害があるとされて家に閉じ込められていたことも少なくなかったとか。長慶もきっとアルツハイマーのような状態だったんでしょうか。介護、介護というけれど、難しい問題ですね。あくまでも「理想」としては、私は家族が家族のことを思いやって必要なことはしてあげる、してもらう、そして心の底から感謝しあう、介護してもらう方はお礼ができるならする、介護してあげるほうはしてあげるのが当たり前だと思う、見返りは求めない、というような基本的なことが家族の中にあって、その上で介護に関する社会的な援助システムを利用する、というのがベストだとは納得するんですが、こういったことはそれなりの経済力や時間的な余裕、それまでの人間関係や地理的な状況などが複雑に絡み合っているので、理想をそのままいつでも誰でも実行できるわけではないですよね。

だからやっぱり、もし私が将来認知症になったりしたことを考えると、私は家族に優しくしよう、今私ができることをして、私の身の回りの人に少しでも助けになることをしよう、どんなに気の合わない身内がいたとしても、なるべく理解をするように心がけよう、そして今のうちから、将来経済的に困らないようにちゃんと計画しておこう、などなどいろいろと先回りして考えてしまいますね。考え過ぎなのかもしれませんが。

そういうわけで若い頃の森繁久彌さん、私がよくテレビで見ていた90歳前後の森繁さんよりずっとおじいちゃんらしくて、それを見るだけでもこの映画を観る価値があると思います。そして美しい美しい高峰秀子さん。それに尽きます。

カテゴリ:

京都・嵯峨野の竹林

 | コメント(0) | Edit

ご無沙汰しています。5月後半は西日本を旅していました。といっても主人のAさんが京都で学会発表をするというので、くっついて行ってAさんの実家の大阪に2泊しつつ、義母と一緒に京都に遊びにいったり、これまた義母にお願いして一緒に梅田まで行ってもらって、アメリカにいたときの友人のEちゃんとその息子ちゃんのHくんとランチしたり、そのあと、夢にまでみた九州新幹線に乗って新大阪から熊本まで3時間ちょっとという驚異的な電車の旅のあと故郷の熊本に帰って実家で心ゆくまでだらだらするという日々だったのでした。おつきあいいただいたお義母さん、毎朝早いのに夜まで一緒にお酒を飲みながらおしゃべりをしてくださったお義父さん、私のワガママにひたすらつきあってくれた実家のお母さん、お父さん、お世話になりました。また近いうちにお邪魔しにいきまーす。

写真は京都の嵯峨野の竹林です。世界遺産の天龍寺の庭園北門を出てすぐのところがスポットです。京都出身の友達に京都に行くならとりあえず嵐山をおさえた上で、次回から上級者向けスポットに行くといいと言われたので、言われた通り天龍寺の庭園を歩いて(キレイだった!)おいしい精進料理をいただいて、竹林を歩いて、のんびり散歩しながら電車に乗って帰ってきました。大阪から京都って思った以上に近くてびっくりです。義父は今は京都で仕事をしているのですが、大阪から通勤していると聞いていて、それは大変だなぁと思っていたんですが、割と通勤距離としてはそこまで遠いわけではないんだなと納得しました。Aさんも大阪の実家から毎日学会に通っていました。

京都は本当に面白い町並みだと思います。観光スポットの間に普通の昔ながらの住宅地があったりして、当たり前のことで恐縮ですが、私が日々をパツパツになりながら送っているときに、こうして京都ではこんなに静かに、観光地では賑やかに、日々が流れていっているんだと思ってしまって背筋が伸びます。やっぱり日本は本当にいいですね。

カテゴリ:

このアーカイブ内の全エントリ

アーカイブス

マンスリーアーカイブ

カテゴリ別アーカイブ