« 2011年6月 | 2011年7月アーカイブ | 2011年8月 »

突然ですが私はわりと「家でできるエクササイズ」というようなうたい文句の運動が好きで(しかもだいたい1ヶ月くらいでヘタってやめます)、過去にもタエボーとかいろいろやっていたんですが、イタリアではジムに入ったこともあって、パーソナルトレーナーについてやっていたのですがイタリアならではのわずらわしさもあって、また家で運動できるなにかがあればなぁと思って探していました。そして日本でiPhoneのアプリで見つけました。Nike Training Club (NTC)。もともとNike womenのサイトはわりと頻繁に使っていて、iPod nanoについているPedometerを同期したりしていろいろと便利だなぁと思っていたんですが、このNTCはアプリで提供されていて、とにかくその運動が「初級」を選んでもかなりピンポイントで筋肉を痛めつけてくれます。私は初日は10分で音を上げ、2日目はなんとか30分のセットを終えたものの、運動後30分くらい足が生まれたての子鹿のようになってました。

我が家は3階にあるので階段の上り下りに筋肉痛がかなりひびきます。大腿筋、背筋、上腕筋などがピリピリです。いい感じです。数日30分のセットをいろいろと試していましたが、今日は無謀にも45分のセットをやってみました。いろいろな体勢でのスクワットやプランクをやるんですが、30分を過ぎた頃のスクワットは、このまま続けたら怪我しちゃうんじゃないかと思うほど足がガクガクになってしまうので、「怪我したら意味ないし、もうそろそろやめようかな」と思うんですが、抜群のタイミングでNTCのアプリが「さいごまでがんばって!」と声をかけてくれます。それで多少ズルですが、安全のために片手でつかまり立ちしながら続けました。セットの最後5分はしっかりストレッチメニューになっているし、いいタイミングで「回復」の1分が入ったりするし、気分爽快になります。不思議なことに、そのあとシャワーをして過ごすと暑い日も涼しい日も、空調なしでもさわやかで、実は節電?とタイムリーなことを思ったりもします。少なくともこの夏はずっと続けられたらなぁと思います。ひとまず目標は筋肉痛になっている筋肉が筋肉痛にならなくなること、です。いつ頃そうなるかな?

さて、昨日は夕方から筑波大学の北アフリカ研究センターにお邪魔して、おこがましくもセミナーで講演させていただいてきました(宣伝ポスターはこちら)。研究所の先生、研究員の方々、大学院生、留学生のみなさんに来ていただいて楽しい時間でした。ここをご覧になる方はいらっしゃらないかもしれないんですが、関係者のみなさんありがとうございました、いろいろと雑談中にアイディアをいただいたりして私にとって、とても有意義でした。

カテゴリ:

ディズニーリゾートにて先週のことですがタイトルの名前のついたディズニーリゾートのバケーションパッケージを利用して、無謀にも私の66歳の母を連れて夢の国へ1泊2日楽しんできました。写真は念願のミッキーに会えて嬉しくてたまらずがっちりハグする母です。泊まったのはディズニーランドの目の前のディズニーランドホテル。お部屋も広くてとても良かった。

1日目はディズニーランドで、怖い乗り物は全部イヤだからね!と母に念を押されていたので、行ったアトラクションはホーンテッドマンションとパイレーツオブカリビアンとピーターパンのみ。そして楽しみにしていたキャプテンEOも観ました。今観てもすごく豪華。あ、ジャングルクルーズも行きました。ジャングルクルーズはイケメン期待の大きかった私たちですが、おやじギャグ連発の面白い人担当になってしまいました。でもギャグは鉄板だったので笑えましたけど。あとは私も初めてだったんですがポリネシアンシアターでのランチショー(ルアウ)を楽しんだり、ショッピングしまくったりポップコーンたべたり。夜はカリブの海賊のところにあるブルーバイユーで食事して、そのあとエレキトリカルパレードもあって、母と二人で存分に楽しみました。夜は涼しかったこともあってなんとなく名残惜しく、閉園までカフェでのんびりしました。

翌日はシーへ行ってのんびりしました。相変わらずあまりアトラクションには入らず、ショー三昧しました。ケープコッドのダッフィーのショーがすごくかわいかった。調子に乗ってダッフィーの子供用のポシェットを買いましたが、やっぱりディズニーリゾート以外では使う勇気はないです。2日とも平日だったのですべての場所で待ち時間は5分表示。しかも5分と言われても入って行ってそのままのスピードで歩くともう乗り物に乗れてしまうというラクラクさでした。お昼の間は暑かったのでピンクのミッキー扇風機をふたりで首から下げていたんですが、あれってすごく優れものですね。しばらくあてておくとスーっと汗が引きます。

すっかり童心に帰ってパレードでは大声をあげてはしゃいだりして、楽しい2日間でした。母もキャーキャー言ってました。お母様、いろいろとひっぱりまわしてごめんね。すごく楽しかったです。また行こうね。

カテゴリ:

日曜眼鏡のお話

 | コメント(0) | Edit

パンダのシリコンがまぐち突然ですが、私最近手荒れがひどく、先週ちょっと心配になってきたのでわざわざ恵比寿にある皮膚科を探し出して行ってみたのですが、先生の説明も飲み薬も塗り薬もすべて超納得で、1週間でかなり良くなりました。そして、この際アレルギーテストもしてみますか?と言われてお願いしておいた結果が昨日出ているということだったので、また土曜日に検査結果をいただきに行ってきました。長蛇の列ができる土曜日ということで、かなり早い時間に行って一番乗りを果たし、そのおかげで狙い通りあっという間に診察が終わった(結果はかなり良かったです)ので、一緒についてきてくれたAさんと一緒に六本木まで行って国立新美術館ワシントンナショナルギャラリー展を観た後、Vogueカフェでランチをして、ミュージアムショップに寄って楽しく半日を過ごしました。写真は、別にそのミュージアムショップで買うこともないとは思ったんですが、最近気になっていたシリコンがま口だし、このなんともいえない黒い閉じ口とパンダの印刷に強烈に動揺したあげく、うっかり買いました(正確には買ってもらいました、ありがとう!)。これは憧れの(?)大阪のおばさまたちのように、飴ちゃんを入れるがま口にしようと思います。がま口を閉じた様子はこちら

ところでタイトルは何かというと、数週間前にお台場の日本科学未来館のガイアシアターにプラネタリウムを観に行ったときに、「東京スカイツリーができるまで」の特別展示をしていたのでチケットを買ってみたんですが(感想は、子供用の展示なのでコスト対価値のバランスがちょっと悪かったです)、そのときに途中で、御年69歳といったところのおじさまが、「こちらのほうに、サンデーグラスをつかった展示がありますよ」というので、一緒にいたAさんに、「サンデーグラスって何?日本ではそんなのはやってるの?なんか未来チックでカッコいい!」と興奮したところ、いざ行ってみると、なんと、3Dグラスでした。お年をお召しになった方がDをデーと言ってしまう気持ちは分かりますが、3まで日本語になってしまうなんて斬新、と思ったら笑いが止まらなくなってしまい、大変なことになってしまいました。Aさんは普通に、へー3Dのことか、とつぶやいてそのあとNo DoubtのSunday Morningをずっとハミングしてました。ちょっとツボに入ったので。くだらなくてすみません。

カテゴリ:

このアーカイブ内の全エントリ

アーカイブス

マンスリーアーカイブ

カテゴリ別アーカイブ