« 2011年7月 | 2011年8月アーカイブ | 2011年9月 »

The Tree of Life

 | コメント(0) | Edit

2011-08-16.jpgThe Tree of Life (2011), (A-)

今まで見た映画の中でも3本の指にはいる超のつく難解映画でした。難解すぎて唖然とします。周囲の数人が途中で映画館を出て行き、周囲の多数の人々がスヤスヤ状態でした。一緒に行ったAさんも途中かなり危なかったみたいです。

私は全く解読できなかったので、もう一度見たいなと思いました。だから評価高めです。

結局分からずじまいで悔しいので、ランダムに箇条書きで思ったことを。

  • Father と father(イタリア語でPapa と Papa')が最初から混乱しました。どっちに語りかけてるの?どっちも?
  • 母と、弟が導いてくれたということは「正義」や「善人」が導いてくれて、父親と自分はその逆にあるということかな?
  • ナチュラルに生きるということを世俗的に生きると訳されている。。。それってどうなんだろうと思ったけれど、本当にナチュラル(自然)ということは動物的に本能的に生きる=利己的に生きるということなんでしょう。
  • ハッブル天文台の写真かな、とてもきれい。キレイなものと恐ろしいものは常に同じものに同時に存在している。
  • 好きであることを表現するためには好かれていることが前提だから、難しいな。
  • 「チャンスを待っている間にすりぬけてしまった」的なことは成功する人のメンタリティでなかったということだけれど、それと同時に大切なものを得ている(=成功すると得られなかったもの)ということで理解できるかも。
  • 謝るということは勇気がいるけれどパワーがある。謝ってどうなるというものでもないけれど、その影響力は計り知れないと思う。
  • 成功する人は善人ではいけないというのはあらかた正しいと思う。少なくとも、冷ややかすぎるほど物事を客観視できる必要がある。そしてそこまでして成功したいかどうかというのは個人の価値観であって、最初の「ナチュラルに生きる」か「グレースに従って生きる」かというところなのかも。でも神を信じていない私には後者に説得力がないかも。
  • 森の風景にモルダウの大音量合唱が結構強烈!
  • 最後の天国的なビーチ?はなんのことなんでしょうか。結局大事なものは身近な人々なんだよということ?
  • 末っ子はどこにいっちゃったの?

いつものようにトレーラーコピーしておきます。

カテゴリ:

牛久大仏万燈会8月15日には牛久の「牛久大仏」まで行ってお盆の供養の奉納花火を見に行ってきました。被災県である茨城県なので今年は東日本大震災の特別供養も行っていました。いつも一時帰国のたびに成田にAさんが迎えにきてくれて、つくばまで車で帰るのですが、そのときにいつも見かける牛久大仏。いつみても、デカいです。タイにもたくさんの大仏さまがあって、特にアユタヤの大仏なんてすごく大きいし、ワットポーの涅槃像のサイズもかなりの大きさではあるんですが、牛久の大仏にくらべたらピーナッツです。とにかくぎょっとするほど大きい大仏。

ですがまわりは巨大な墓地になっているので、その場にいると、まあこうして大きな大仏さまが(震災でも被害はなかったそうです)微笑をたたえながら見下ろしておいてくれるというのはもしかしたら仏様にはいいのかもしれないという気持ちになります。安らかな気持ちになったりもします。

牛久大仏万燈会お盆には、事前に登録して奉納花火を申し込むと、名前を発表するのとともにどーんと打ち上げ花火をあげてくれます。この写真はブレブレだし、いまいち牛久大仏の大きさも伝わらないので残念なんですが、実はこの大仏全長なんと120メートル。顔の長さだけで20メートルあるそうです。小学校にあるプールくらいの大きさですね。ひとさしゆび一本ですら7メートルあるそうですので本当に巨大です。ちなみにニューヨークの自由の女神像が全長40メートルだということですので台座から比べると、大仏の膝あたりにすらとどかないんじゃないでしょうか。これで巨大さが伝わったでしょうか。

奉納花火が終わるとお経とともに大仏のライトアップショー(今年は節電モードだそうです)があり、そのあと打ち上げ花火があって、本当に日本の夏らしい夜になりました。それにしても日本は本当に細かいところまでサービスが行き届いているというかなんというか、ニッチな商品がいっぱいありますね。虫除けスプレーは効果抜群だし、ムヒだって塗った瞬間からかゆくなくなるし、キシリトール入りのウェットティッシュはほんとうに暑い夜は気持ちがいいし、メイクの上から拭けるさらさらパウダー入りのコットンシートなんていう優れものもあるし、毛先だけに動きをつけるスプレーや、前髪をふんわりさせるミスト、それぞれ微香性のものと無香性のものとちゃんとあるし、「しっとり」あるいは「さらさらに」させる髪の美容液だとか、2枚重ねのライナーシート(!)、などなど、本当にないものはないどころか、「こんなものあるんだ」と思うようなものばかりです。かなり感動です。この4ヶ月こうして最新の日本を満喫できて本当に良かった。完全に浦島太郎になるところでした。

カテゴリ:

もうすぐローマへ

 | コメント(0) | Edit

私の長かった日本滞在も、残すところあと3週間となってしまいました。いろいろなところに行って、いろいろなことをして、本当に充実していました。熊本で両親とゆっくりしたのも、隣に住むおばあちゃんとゆっくりお話できたのも、九州新幹線に乗れたのも、大阪の両親とゆっくりビールを飲んだりお食事したりできたのも、義母と京都に遊びに行ったり阪急電車ツアーに行ったりしたのも、Aさんと毎日いろいろくだらないことで笑ったりしたのも、母を連れ回していろいろなところで遊んだのもすごく楽しかった。姉家族と頻繁に会えたので、愛する姪っ子を思う存分甘やかすことができたし、大阪や名古屋や横浜や横須賀の友達に会えたのもすごく良かったです。

この分だとローマに帰るのがつらくなってしまって大変かもなぁとかすかに心配していたんですが、その心配を遠くからまさに察してくれて、ふんわりと和らげてくれるメールがローマの大切な友人でかつ、私のランドロードのAから届いて、涙が出るほど感動したのでここにメモしておきたくなりました。大変私的なものですのでそういうものに興味がない方は飛ばしてくださいね。

「私の親愛なる(注:最上級)Masamiへ。元気?帰る準備はできていますか?もうすぐローマに戻ってくるあなたをちょっとでも励ますために、たくさんの人があなたを迎える準備をしているということを伝えたくてメールしています。そう、あなたにはきっと想像もできないと思うよ。Mはあなたがいない間に改築作業を全部終わらせて、今、あなたのフラットのお部屋は全く....違う!きっとびっくりするよ。あなたが気に入ることを心から願います。すごく新鮮よ。新しい床、新しい電気システム、新しいマットレス,そしてあなたがほしがっていた新しいボイラー!これであなたが長い出張から帰ってきても、お湯が沸くのを待つことなくすぐにシャワーを浴びることができるね。

先週私はG(注:もうひとりのローマ人の友達)と一緒にEuroGarden(注:私の職場の近くにあるナーセリー)に行って、あなたが気に入るような新しいお花やハーブをたくさん買ってきました。Gが全部選んでくれて、あなたのバルコニーに植えてくれたよ。とてもキレイよ。プラス、G(注:私のところに来てくれるフィリピン人の女性、お手伝いさんではあるけれど、私にとっては大事な友人です)は細かいところまでお掃除に余念がありません。来週も来てくれるし、改築などのすべての作業が終わるまでちょくちょく来てくれる予定です。Gの仕事についてはあなたがよく知ってるよね、完璧です...。

家具屋さんもあなたのフラットでせっせと家具を組み立ててくれています。昨日B(注:私が車をとめている地下ガレージのローマ人のオーナーのおじさん)とも少しお話したけれど、あなたのプジョーのバッテリーがあがらないように、週に何回かはエンジンをかけてくれているそうですよ。このようにあなたを迎えるためのたくさんのアクティビティが進行中です。

あなたが帰ってくる日は残念ながら私とMはデンマークにむけてツーリングに行っていていないけれど、GとGはいるからいつでも連絡してね。もし帰る前に何かGにしてほしいことがあったら私にメールしてくれれば伝えておきます。

あなたとあなたの家族が健康で元気であることを願ってます。絶対よろしく伝えてね。

そわそわとあなたを待っているAより」

これで、寂しさが5%くらい減ったような気がします。ローマの新しいお部屋を見るのも楽しみになってきました。でもあと3週間、毎日暑いですけれど日本をもう少し満喫します。

カテゴリ:

軽井沢のオーベルジュ

 | コメント(0) | Edit

軽井沢7月28日にAさんが青森と岩手に出張に行ってしまったので、退屈した私は母に頼み込んで熊本から来てもらって(母は飛行機は当日シルバー割引といったサービスでものすごく安く旅行ができます)、一緒に軽井沢まで行ってきました。写真は朝食に出たトマトのサラダ。うすく切ってあって芸術的でした。私たちはオーベルジュに泊まったので、朝食だけでなく夕食もすっかり堪能。コースを4時間近くかけて楽しんだので、観光という観光はとくにせずに過ごしました。

私は軽井沢はまだ2回目で初心者ですが、やっぱりすずしくていいですね。観光客向けな人工的なところも、それなりに素敵で、ハルニレテラスなんてかなりお気に入りです。到着した当日はそのハルニレテラスから散歩道を歩いてトンボの湯で星野温泉も楽しめました。Aさんへのお土産に丸山コーヒーのコーヒー豆、ハルニレテラスブレンドを買いました。このブレンドは軽めのブレンドでかなり好みです。翌日は雲場池を散策したり、ドライブで白糸の滝を観に行ったりしてのんびりできました。緑がいっぱいで木立を歩く気分はやっぱり「癒されている」という気分になるので不思議ですね。

泊まったのはオーベルジュ・ド・プリマヴェーラさん。なにもかもプロフェッショナルだし、女性はみなさんかわいらしくて素敵でした。また行きたいという気分になりましたよ。

カテゴリ:

このアーカイブ内の全エントリ

アーカイブス

マンスリーアーカイブ

カテゴリ別アーカイブ