« 2012年2月 | 2012年3月アーカイブ | 2012年4月 »

A beautiful day in Rome今日はあまりにも天気がよかったので、たまたまバールで一緒に朝食をとったRと一緒に観光気分でチェントロまで行ってきました。途中ゲットーのエリアを歩いたんですが、そこで見かけたのがこの方。夜のためにせっせとアーティチョーク(イタリア語ではカルチョフォ(単数)あるいはカルチョフィ(複数)、日本語だと朝鮮アザミ?)の下処理をしているシェフを発見したので「撮ってもいいですか?」とカメラを向けたら「もちろん!」と快諾してくれました。いや、実際には「ポッソ?(いい?)」と「スィー!(おう!)」的な会話でしたけどね。日本語に訳するときはついついそうであればいいなというような希望的翻訳をやってしまいがちです。気をつけよう。

ローマのレストランでは、前菜か、あるいはセコンド(メイン)の添え物として、このカルチョフィがメニューにあることが多いんですが、私はその中でもカルチョフォ・アッラ・ジュウディア(ユダヤ風アーティチョーク)というのが好きです。ゲットーのエリアの目玉です。アーティチョークをオリーブオイルでカリカリに揚げてあるんですが、口の中で大暴れする葉っぱ部分もしっかり味わいながら食べていくと本当に深い味わいになってきて、最終的には舌の上で甘く感じられてきます。そしてその後は何を食べてもほんのり美味しい感覚が舌に残っていて最高です。これには科学的根拠があります(多分)。気になる方はArtichokes, sweet, aftertasteなどのキーワードでグーグル先生に聞いてみてくださいね。ローマにはもちろんカルチョフィ・アッラ・ロマーナ(ローマ風アーティチョーク)というのもあります。これもなかなか美味しいんですが、私のイチオシはユダヤ風。ローマにお越しの際は是非お試しください。最初の見た目にびっくりせずに、是非ナイフとフォークでガンガン切り込んでいってください。すみからすみまで食べれるのがこのお料理の良いところです。私は毎日でも飽きない自信があります。ただ、私はこの写真のシェフのように生では固いアーティチョークを下ごしらえしたり、大きなお鍋でカラリと全体を揚げたりする自信もスキルも時間もないので、やっぱりこれは「レストランでいただくお料理」なのですね。

朝のチェントロの散歩の途中でお昼の時間になったのでカンポデフィオーリの美味しい切り売りピザを買って歩きながら食べて帰ってきました。そしたら途中で最近ここに登場しがちなルクセンブルグ人のCからsmsが送られて来て「今モンティに向かってるんだけど、もし周辺にいたらお茶しよう」ということだったのでそのままモンティに行って、私、R、C、そしてCの友達でフランス人のSと4人で真昼のアペリティーヴォとなりました。今日は昼間は24度まで上がったので、ほぼ真夏のローマのバールのテラスで噴水を眺めながらのキリリと冷たい白ワイン、美味しかったです。その後は良く歩いた、ということで家にかえってダラダラ。Aさんがフィギュアスケートの実況をやってくれたので手に汗握りました。男子のダブル表彰台、すばらしいですね。感動しました。

カテゴリ:

パリで中食

 | コメント(0) | Edit

Parisたったの1泊でしたがパリに出張に行ってきました。パナマを出発したのは金曜日の夕方だったのに、ローマの家に到着したのが土曜日の夜で、倒れ込んだベッドの中で日曜日の朝に起きたときに「ん?今日はいつ?」という状態になりました。そしてそのまま日曜日があっという間に過ぎて、月曜日に仕事に行ったんですが、最近仲良しのルクセンブルグ人のCとイラン人のSと3人で女子会をする約束だったことを思い出し、仕事が終わってからそのままカヴールにある小さなインド料理屋さんへ行ってきました。お料理が美味しかったのと、話が盛り上がったのとですっかり時間を忘れて楽しんでしまい、家についたら日付が変わっていました(火曜日)!

帰ってから再びベッドにそのまま倒れこんで眠ったため、また翌朝「ん?今日って?」となる羽目に。しかもその時ハッと気づいたんですが私はその日の夜からパリへの出張だったんですね。パナマの出張のアンパッキングをまだしていなかったのでスーツケースからスーツケースにいろいろと移動させてパッキングを終了させ、そのまま仕事へ行って、それから直接空港へ。で、今回学んだのは「ひとつひとつの出張と出張とはなるべく日程を離そう」ということ。頭がまだクリアになっていない状態でいろいろやるのはやっぱり無理があります。いろいろパッキングし忘れました。今回は、いつも小さいのと普通のを2個も意味なく持って行ってしまうヘアブラシが一個もない。ロングヘアの女性にとってブラシやクシがない状態ってちょっと呆然とします。でも朝からちゃんとドライヤーでブローすれば、今の髪型はブラシやクシなしでもなんとかなることが判明。あとはコンタクトレンズのケースに保存液を入れていくのをすっかり忘れました。そしてお気に入りのジョンソンアンドジョンソンの綿棒。もはや普通の綿棒じゃ生きていけない私にはちょっとだけつらい。そしてなんと、少なくともiPadが入るサイズのハンドバックじゃないと出張は辛いことは分かりきっているのに、パリだからお洒落したい!と思ったんだかなんなんだか、スーツケースの他に、小さいサイズのハンドバッグだけしか持って来てなくて自分の不注意に本当にびっくりしました。会議場まで、小さいとはいえiPadのためだけにスーツケースを持っていくのは嫌だし本当にこまりました。結局お買い物した時にもらった小さなカワイイ紙袋にiPadを入れてスカーフなどを入れて(iPadを見えなくして)事なきを得ました。

で、悲しいことがひとつ。今回は近場の出張だったのでトラベルユニットに、「格安チケットでもいいよ」と伝えておいたため、easyjetで飛ぶことになっていたんですね。皆さんご存知恐るべしeasyjetは「機内持ち込みの荷物はひとつだけ」のルールが恐ろしいほど厳しい。このルールは女性のことを無視しているとしかいえないですよね。ハンドバックと荷物はは別物なのに。で、ハンドバックをスーツケースにいれなければいけないことを念頭にパッキングするわけですが、今回保存液を入れ忘れたコンタクトケースに、コンタクトレンズをドライのまま入れたくなくて、まあフライトの間はいいか、と思ってコンタクトレンズをしたまま乗ったんですね。ちょっと心配していたところ案の定、機内は乾燥でカラカラ。コンタクトやばいなーと思っていた矢先、ふとした瞬きの瞬間に私の右目さんは永久失踪されました。周りの方がせっせと、申し訳ないくらい一生懸命に探してくださったんですが結局見つからず、私はこの出張の間、片目の人となったわけです。メガネはもちろんありましたけど。家に帰れば代わりがあるんですが、とにかく行きの飛行機で失ってしまったためパリでは不便でした。

でもそんな困難(?)にも負けず、パリではフランスちっくなことを絶対やろうと思っていたのでホテルについてすぐに大好きなベーカリー(ジュリアン)のバゲットを手に入れ、嬉しげに小脇に抱えて(パリジェンヌふうに!でも明らかに全然パリジェンヌじゃない一介の観光客です)歩いていたら、ルノートルのショップを発見。フランチャイズなので日本でもデパートなんかで見かけますが、お惣菜が信じられないほどカワイイのです。で、ふらふらと入って私の限られたフランス語でなんとか写真の3点を入手。前菜がフォアグラとレンティルの信じられないくらい美味しい何か(右)。メインはアーティチョーク、グリルドトマト、ズッキーニ、生ハムなどのミルフィーユ。そして奥に写っている外側パリパリ内側ムッチリのバゲット(既出)に、デザートが真ん中奥に写っている洋梨とオレンジ、バニラ、チョコレートなどのカクテル。それぞれサイズは小さいのですがイタリアにはない味です。レストランでこういうのを食べると高いんですが中食にしちゃうとお安く、お一人様でも楽しめるので良いです。一番奥のお水はエビアン(これはイタリアでも安い)。

いつもは友達に会ったりしてレストランに行くことが多いパリですが今回は時間の都合もあってバタバタしていたし、こうしてひとりでパリの街を久しぶりに歩けて良かったです。あのサダハル・アオキにも行く事ができて目の保養でした。わさび味のチョコ美味しかった。あとは大好きな本屋さんを駆け足でめぐって、翌朝、パンショコラとカフェクレームを片手に読書したりすることもできたし。出張はOECDだったんですが事務局のPとBとのミーティングもうまくいったし、OECDでデータベースの管理をされている日本人のKさんともお会いできたし、コーヒーブレイクにはナノテク関連の事務局の仲良しのMともおしゃべりできたし、ブラジルのMとオランダのJと3人でゆっくりランチできたのも良かったし、代表団の専門家の皆さんもほとんどお会いした事がある方ばかりだったので楽しかったです。今回は会議ではなくてセミナー的なものだったので、ただひたすらプレゼンを聞いて学ぶ、という形だったのも私の好みでした。私のターゲットは食品業界の方だったので(FAOではなかなか機会がないため)ユニリバーのプレゼンターの人と仲良くなれたのも収穫でした。

今回はあっという間のパリでしたけどまた6月の会議で行く予定なので今度は時間に余裕を持って、今回のような小さいけれどイタい失敗はしないようにしたいと思います。

カテゴリ:

サザンウィンド

 | コメント(2) | Edit

Panama Canalパナマから帰ってきました。会議の最終日の午後に少し時間があったので、パナマとエルサルバドールのカウンターパートが、かの有名なパナマ運河に連れて行ってくれたので、嬉しがりで写真のせます。これは写真がちょっと暗いかもしれませんが一基2億するといわれている牽引車に大きな船が引っ張られているところ。これがひっきりなしに行われています。他の写真も見てみたい方は、写真をクリックしてフリッカーで私のPhotostream見てみてくださいね。それにしても現代の人類の智恵の結晶とでもいえるパナマ運河、100年前のエンジニアリングですが見ると聞くとでは大違い、地理で学んだパナマ運河というよりは歴史で学んだパナマ運河が目の前にどーんとあって、感動というよりは感心しました。アメリカ人ってやっぱり開拓の精神と関連してスケールが違うし、とにかくこんな巨大なことをやろうとするところもすごいし、やってしまうところもものすごくすごいですよね。パナマに返還(?)されたのはほんの10年くらい前だそうです。たくさんの労働力を必要としたため急激な移民と共に巨大な職のニーズを生み出し、アメリカから運んで来た組み立て式の豪華な家が立ち並び、とパナマの独立と発展に貢献したということで、パナマ運河の近くはかなり発展してました。大きな住宅もたくさん。今や国の経済はこのパナマ運河の通行料で成り立っているというはなしも。

パナマ帽そしてクリーシェと笑われそうですが私もパナマの思い出のためにパナマ帽を購入してきました。実際使うかどうかはおいておいて、いわゆるパナマ帽を父に、オレンジ色の女性用のものを母に。ちなみにパナマ帽の名前は作られた場所ではなく、パナマ運河で流通したからついたもので、もともとはエクアドルで作られているものがいわゆる「本場のもの」らしいです。ということでこれはどちらもエクアドル製なことを確認して購入しました。手前にある手作りポシェットはパナマのカウンターパートの女性のお母様がせっせとつくってくれたものだそうです。マグネット付きのお人形もいただいて感激。ポシェットには手書きでPanamaと書いてあってその心遣いにも感激します。そしてタイトルですが、私の世代の皆様なら、「パナマ帽」と聞いた瞬間から鼻歌を歌ってしまうあの歌です。今はなんだかヘンになってしまった玉置浩二さんですが当時はこんな歌を作ってましたね。でもなにより作詞が来生えつこさん。当時の流行歌はほとんどこの方と弟さんがつくった歌ばっかりだったんじゃないでしょうか。風の強いマリーナで私も負けずに白い椅子に足を組んで座ってみたものの(たまたま)、パナマまで来て歌謡曲と中森明菜さんしか思い出せないというのもなんだかアレですね。

今日は家で一日ゆっくりしたのですっかり疲れもとれて、明日からのエネルギーがみなぎってきました。出張は体力的にも精神的にもあまり前向きに行きたいものではありませんが、今回のは良かった。とにかく仕事がうまくいったというのが何よりです。来週からまた頑張ります。

カテゴリ:

パナマより

 | コメント(0) | Edit

大西洋を超えてパナマまでやってきました。日本に帰る旅くらいに遠かったです。実は南アメリカ関連の仕事は普通は地域事務所の食品安全の専門官がカバーするんですが(スペイン語が流暢である必要もあるため)、その担当の人が去年引退退職したため、現時点では担当者がいない状態なんです。地域事務所には食品安全のコンサルタントがいるものの、専門知識を持った人がいないということで、急遽ローマの本部から来て欲しいということで呼ばれたのでした。

仕事はもちろんスペイン語ですが同時通訳がついてくれたので全く問題なく進んでいます。私は4回プレゼンテーションをしなければいけなかったんですが、事前にスペイン語訳していたのでそれもスムースにいってホッとしました。

会議には昔の上司であるMも来ていて、上司だった当時は目の上のたんこぶとでもいえるような存在だったのに、久しぶりに会うとすごく仲良しだったような気がしてくるので不思議です。一緒に食事に行ったり買い物をしたりと久しぶりに一緒に行動して短い自由時間を楽しみました。

上の写真は恒例のホテルの窓からシリーズです。パナマシティの中心地からは少し離れていますが、スイートのお部屋を用意していただいて快適な毎日です。イベリア航空でマドリッドから直接パナマまで飛べるのもすごく助かったし。金曜日には国内のFAOオフィスを訪ねてちょっとした会議をしてからローマに帰る予定です。

カテゴリ:

Cristalli di Zucchero

 | コメント(0) | Edit

Cristalli di Zucchero金曜日に日本人の同僚で友達のMちゃんと一緒にハマム(これこれを参照)に行ってきたんですが、そのときにお話したチルコマッシモにあるパスティッチェリアのCristalli di Zuccheroに、昨日ちょっと立ち寄ってきました。写真がそのかわいいショウケース。Cristalli di Zuccheroはローマに2店あるんですが、私は実はモンテヴェルデにある1号店には良く行くんです。いま探してみたら、このエントリーで書いていますね。ほんと、「コギレイなフランス風イタリアお菓子」という感じです。その2号店というのがこの写真のチルコマッシモのお店なのです。ちなみに住所はMonteverdeのほうがVia di Val Tellina 114で、Circo MassimoのほうがVia di San Teodoro, 88です。Monteverdeのお店は外にかわいく仕切られたテーブルエリアがあるので甘いアペリティヴォに最適です。

そこに立ち寄って、ちょこっとマカロンの手みやげを持って、昨日の土曜日は新しく友達になったルクセンブルグ人のCからお呼ばれされていたのでお食事に行ってきました。最初は彼女の家で、ということだったんですが、お友達がフィンランドとルクセンブルグから来ていて、観光に連れて行ったりしなきゃいけないので準備ができないということで急遽、トラステヴェレにあるお寿司屋さんに行くことになったということでした。そしてCと旦那さんのGが予約したお店が私が、お寿司といえばよく行く(近いし美味しいし、雰囲気も良くてローマのお寿司屋さんにしては安いと思うので)竹寿司さん。大将は長崎出身の方なので私にとっては懐かしいイントネーションなので、お話させていただくだけでほっこりします。メニューにないお料理を教えてもらったりできるのも日本人の特権です。お寿司一般が美味しいんですが、あじフライや手羽餃子などもあります。美味しいです。Cと、旦那様のGと、Cの高校生の時からの親友というAとその旦那さんか彼氏さんのI(フィンランド人)と5人で笑いっぱなしの楽しいディナーでした。

さてのんびりするはずの今日ですが、土曜日のブランチを予定が伸びて、ここにも何度も登場するリトアニア人の友達のDとのブランチを今日することになったので出かけてきます。今日はローマは快晴です。まだちょっと肌寒いですがミモザの花が満開で春の香りがします。

カテゴリ:

日曜日の小さな幸せ

 | コメント(0) | Edit

週末になると私は土曜日は友人と会っておしゃべりしたり、夕方はバールでアペリティヴォしたりと、外に出て行っていろいろと楽しみますが、日曜日は逆にのんびりする方が好きです。しかもひとりで。日曜日だけど朝早く起きて(これがポイント)、寒いけれど家の中の空気を入れ替え、洗濯をガンガンやったあと、いつ誰が来ても大丈夫なように部屋をスッキリさせます(誰も来ないんですけどね)。それからセントラルヒーティングで部屋を暖めたあと、冬は欠かせないハンドケア。最近クラランスのキューティクル&フィンガーケアのクリームを手に入れてやたらいい感じなのでそれを使ってマッサージしてます。あと最近良かったのは、オリジンズのアイクリーム。翌日の張りが自分で結構分かるので感動します。今日はそれからアナスイのエナメルをひと塗りしました。乾かしつつコーヒーをゆったり飲みながら、最近自分の中ではやっているiPad読書をしたんですが、紀伊国屋のアプリが便利です。メモリをそんなに使わないのも良い感じ。結構びっくりなのが、爪を使わず読めること。ネイルを乾かしているときは手持ち無沙汰なので、本当に思いがけず便利です。

それから軽いランチをしたあと、今東京にいる母とFacetime。こうして無料(インターネットの費用はかかっているけれど)でビデオチャットできるようになるなんて、しかもローマと東京でタイムラグもなくできるようになるなんて、70年代後半から80年代前半に「いつかテレビ電話ができる」と言っていた時代からは考えも寄らない方法で実現しちゃいましたよね。どうでもいいことを際限なく母としゃべったあと、そのあとバスタブにお湯をはって、お風呂です。日本で買って来た「旅の湯」シリーズの白浜の湯があまりに気持ちいいので最近そればっかりです。お風呂では髪のトリートメントにいそしみます。この前サロンでやってもらったコラーゲントリートメントがやたらいいので、お持ち帰り用を買ってきたんですがそれを週1で使っています。あと、これは以前はやらなかったことなんですが、前にローラメルシエのカウンターで「スクラブ洗顔やってないんですか?週1くらいでやったほうがいいですよ!」と心なしか私の毛穴を見つめながらおっしゃる美容部員(ちなみに男性)の方に出会ったのでそこで購入したスクラブをこのお風呂タイムにせっせとやっています。確かに小鼻あたりがすっきりする気がする。まぁ美容なんて気の持ち様ですから。

さて、これだけのことを日曜日にやると、ほんの小さなことなのに本当にリフレッシュするので私って簡単だなーと思います。多分、コーヒー、読書、スキンケア、お風呂、と私の好きなものばっかりを立て続けにできるというところがツボなんでしょう。iPadのアプリのビューン for womenの雑誌が結構充実しているのでそれをお風呂で読めるようになればもっと最高ですけど、まぁそれはちょっと無理だし望み過ぎというところかもしれません。

あと、最近気をつけているのは土日に仕事をしないこと。どんなにたくさんたまっていても、土日だけは自分のために、仕事以外のことに使うのを半ば義務のようにしておかないと、一人暮らしで時間に制約のない私の生活だと仕事ばっかりになってしまって、身体的にも精神的にも良くないのは分かりきっているからです。とはいえ、月曜になるとメールがものすごい量になっていて朝からバタバタしちゃうのはちょっとキツいんですけどね。明日からまた1週間頑張ります。

カテゴリ:

2月の日本

 | コメント(2) | Edit

鹿島神宮ご無沙汰しております。2月の18日から26日まで日本に行ってきて、今はローマに帰って来ています。今回はANAの2月欧州往復特別価格というのを利用してみたのでフランクフルト経由で成田に行ったんですが、到着が午後4時過ぎなので楽です。でも1日無駄にしてしまった気がしないでもないのも確か。

19日の日曜日はAさんとドライブでつくばから鹿島まで行ってきました。最初は「寒いのはイヤだなー」とグズグズ言っていた私ですが、到着したら急に元気がでたのでパワースポットというのもあながち完全なるインチキというわけでもないのかもしれません。気分がシャキっとするという意味で。そして神宮内をのんびり散策したあと、最後に千年にもなるかという杉の大木を見上げながら駐車場に向かったとき、茨城県北部を震度5弱が襲い、久しぶりにまた地震大国日本の再洗礼を受けたのでした。建物の中ではなく、地面の上で(しかもアスファルトでもない土の地面)感じる地震というのは、なんというか、心もとないとでもいうんでしょうか、信じている全ての固定されているものが、実は全くもって固定なんかされていないんだということに気づかされ、まあほんのちょっとですけど、本気の恐怖がかすめますね。でも、鹿島の神様が守ってくれるので大丈夫です。しかも神宮内には要石(地震を起こす大ナマズを押さえているという水戸黄門様が掘削しないように指示した大岩)が埋まっていることですしね。

日本では一週間楽しく過ごした中で、発見だったのは、今回何かインディペンデント系のお芝居を観に行ってみたいと思い、日程のみで選んだ吉祥寺シアターでのお芝居が想像以上にずっと面白かったこと。かなり現実逃避できたし、俳優のみなさんの発声と滑舌の良さ(当たり前)に感動しました。男の人ばかりなのでちょっと汗くさい感じなのかなと勝手に想像していたのに、思いもよらない清潔感たっぷりでした。シアターがキレイだったというのもあるのかもしれません。1階のカフェもかわいくて良かったです。

さて3月になった今はローマにいますが出張2つを控えてバタバタしています。月末にはひとつ大きめのセミナー/ワークショップをやるのでそれもちょっとバタバタですがなんとかがんばります。そして!!大ニュースは3月2日に私の甥っ子が誕生したこと。姉と義兄が写真をちょくちょく送ってくれるんですけど、それがもう、強烈な癒しです。何度も何度も眺めています。そして3月3日の今日は5歳になった姪っ子の誕生日。これからこの姉弟は毎年同時にオールナイト2デイ誕生会をやることになるんでしょうか。楽しみです。お姉様、お義兄さま、おめでとうございます!

カテゴリ:

このアーカイブ内の全エントリ

アーカイブス

マンスリーアーカイブ

カテゴリ別アーカイブ