« 2012年6月 | 2012年7月アーカイブ | 2012年8月 »

ガルダ湖より

 | コメント(0) | Edit

Lake Gardaイタリアで最大の湖であるガルダ湖に来ています。前にスペインのセビリアにいったことを書きましたがその時訪ねたイタリア人の友人Cの実家がこの湖の近くなのです。ローマから超高速ユーロスターで4時間で到着したんですが、ヴェローナを過ぎたあたりからだんだんアルプス感が高まってきてわくわくしました。Cはいつも詳しいメールを前もって送ってくれるので快適な旅行ができるんですが、今回も詳しいメールをくれました。以下がその日本語訳。

-----------------------------
チャオ真佐美!

いま実家から書いています。。。ついにやっと休暇中です!

とにかく、あなたが来てくれるのを楽しみにしてるってことを伝えようと思って。水曜日にはあなたにとって一番都合のいい電車を選んでね。降りるべき駅はロヴェレートという駅です。ここを通る電車は全部この駅にとまります。何時に到着するのか教えてくれれば車で迎えに行くからね。

そして以下が、万一あなたが電車の中で死ぬほど退屈になってしまった時に見るべきものです:

ーボローニャをすぎると、いくつかの町で最近起こった大地震の爪跡が見えるでしょう(たとえばS.Felice sul Panaro やPoggio Ruscoなどの小さな町)。崩れてしまった家などが電車の中からでもはっきりわかると思う。

ーヴェローナを過ぎると、平らだった地形がだんだんゆるやかな山の地形になって、さらにどんどん高度を増していって、プレアルプスである私の町の地形に近づいていくのがわかると思います。

ーヴェローナとロヴェレートの間にしっかり気をつけて観察していれば、左側に(あなたがもし電車の進行方向を見ていれば)、素晴らしい山の景色をバックグラウンドにして、素敵な中世のお城が見えると思います(Castello di Avio)。

私の姉がおいと一緒に多分明日か、火曜日に来ると思う。だからあなたも二人に会えるよ!あなたに私の町を案内できると思うとすごくハッピーです!

もうすぐね!
C
-----------------------------

ということで言われた通り、しっかりと周りをキョロキョロしていたら4時間の一人電車の旅もあっという間でした。地震の影響も思った以上に大きくて心が痛みました(電車の中から撮った写真はこちら:S.Felice sul PanaroPoggio Rusco)。アヴィオ城もなんとかやっと写真におさめました。逆光で暗いんですが。

到着したのは夜の8時だったんですが、サマータイムということもあってまだまだ明るいイタリアの夏の夜で、Cの実家でお母様のPの手料理を美味しくいただきました。「首を絞められた神父」という異常に怖い名前のついた前菜や、パンとリコッタとほうれん草でつくったトレンティーナ地方独特のニョッキ、生ハムとメロン、マチェドニアなどなどもりだくさんですごく美味しかったです。結局12時近くまで話し込んでいました。

さて今日は楽しみでつい早起きしてしまいましたが、Cと彼氏のCのふたりが私のためのプログラムを組んでくれているということなので身を任せてきたいと思います。

カテゴリ:


Giselle apre le porte delle Terme di Caracalla

先週の日曜日、カラカラ浴場の遺跡でローマオペラ座の主催のバレエがあったので日本人の友達のKさんと、中国人の友達のJと3人で行ってきました。上の映像(最初に15秒の広告があります)は第一幕のバレエがほとんどですが、私はまったく予備知識なく、ストーリーも分からず行ったため、第一幕で彼女がバッタリと亡くなったときには衝撃で胸がつまり、本当に動揺しました。そして第2幕の十字架からドライアイスがたちこめて暗くなって来たまわりの遺跡にとけ込み始めたときには既にストーリーの中に入り込んでしまっていて、最後に十字架に寄りかかりながら時間稼ぎをしてあげているジゼルをみてJとふたりで涙がとまらなくなってしまって本当にびっくり。バレエで泣いたのは後にも先にもこのときだけだと思います。

ですが、多分私身体的に疲れていただけで、そのまま感情的になってしまっただけかもという説も我ながらあります。というのも、その前の日の土曜日から同じ職場の日本人の方に誘っていただいてトスカーナのアグリツーリヅモでのんびりして日曜日に観光してバタバタと帰って来たその足でバレエに行ったんですね。開幕の3分前に席に着くというギリギリの技だったので気分的に高揚していて感情的になったものと思われます。アグリツーリヅモも楽しかったです。こんなところは見てないかもしれませんがさそってくださった3人のKさん(3人ともKさんだ!)ありがとうございました。また誘ってください。

というわけで最近ひたすら遊びすぎて夜更かししてしまったので今週末はのんびり家で過ごしています。ローマは相変わらず暑いんですがセールも見逃す事ができないため、明日はちょっとお買い物に行こうかな。

カテゴリ:

モンマルトルで。

 | コメント(0) | Edit

モンマルトル日曜日の今日はもうローマに帰って来ていますが、金曜日に会議がお昼で終わったのでパリで始まっているセールを冷やかしながら、今まで一度も行ったことのないモンマルトルまで行ってきました。なぜいままでモンマルトルを避けていたかというと、イメージとして「ザ・観光地」で「アメリカ人がすごく多い」という感覚だったから。アメリカ人は嫌いじゃないですけどパリではなんとなくパリジェンヌを見たいという勝手な日本人なのです。

で、行ってみたらやっぱりアメリカ人の観光客が大量に楽しく歩いていて、なぜ分かるかというとキャミソールではないタンクトップに短パンでヒールのないサンダルで闊歩している若い女性達(多分大学生になったばかりか、高校を卒業したばかりか)がYou know, right?とやっているからです。カフェにはいると反対側の椅子にサンダルのまま足を投げ出したりしていて、パリのおじさんたちに「お嬢さん達、足を降ろしなさい」と注意されたりしていて見ている方はちょっと面白いんですけどね。

モンマルトルの丘にフニコラーレ(ケーブルカー)で登って景色を楽しんで、モンサンクレールを見て、モンマルトルのカフェでランチをいただいて、セールでDuranceのハンドケアとスキンケア商品を半額で手に入れ、オフホワイトのビジュー付きのサマードレス(ワンピース)をひとつ買って、疲れたし、せっかくザ・観光地にいるということでこのCafe des 2 Moulinsに行って来たのでした。当然クレームブリュレを頼みましたよ。アメリカ人だけでなく日本人観光客もたっくさんいました。私もその一人。みんなアメリ大好きですね。

さて今日は朝から車をしっかりガレージに入れて、今夜のユーロ決勝戦対策をしました。勝っても負けても何をするか分からないイタリア人サッカーファン。路上駐車中の車は何をされるか分からないのです。さっきスペインに先制点を入れられて、近所がおかしいほど静まり返っています。ああ、また追加点を入れられました。静かすぎる。何事もなく終わりますように。

カテゴリ:

このアーカイブ内の全エントリ

アーカイブス

マンスリーアーカイブ

カテゴリ別アーカイブ