« 2012年12月 | 2013年1月アーカイブ | 2013年2月 »

レセパセお久しぶりです。もう1月も終わりであっという間に時が過ぎていきますね。私は年始からは地味に毎日こつこつと仕事をしています。

表題の件ですが、あまりに地味に毎日つくばに籠ってコツコツコンピュータを前に仕事をしていると、つい生活と仕事との境目のない日常になってしまいそうなので、なるべく自分なりに「きちんとした」感じを雰囲気だけでも味わっておこうと思っていくつか方法をためしてみました。その中で2点、すごく「きちんとしてるかも!」と勘違いできたことがあったのでそれを書いておこうと思います。

ひとつはズバリ「更新作業」。私は今回「レセパセ」と呼ばれる職場から支給される渡航文書(パスポートのようなものです)と、イタリア滞在用のIDカードを更新する必要があったので、書類をせっせとつくってローマとやりとりしながら更新しました。数日後「あなたの書類両方ともできましたよ」との連絡をプロトコルオフィスからいただいたので、上司とセクレタリーが受け取ってきてくれて、機関内で直送できるシステムをつかって、私の所属する機関の日本オフィス(横浜にあります)に速攻で送ってくれました。そして日本オフィスの所長さまのI氏、職員のTさまの多大なるご好意で自宅まで送っていただき、昨日手元に届きました。イタリアに入る時に「滞在許可は?」と聞かれる事がまれにあるのでこれ(特にIDカードの方)を持っていることはとても重要なのです。

上の写真は新しいレセパセ(右)と古いもの(左)。古い方があまりに汚くてびっくり恥ずかしいんですが、2006年から丸7年間いろいろな国で使ったので仕方ないとします。新しいものにはICチップのマークが遅まきながらついて、ICチップの分分厚くなってます。レセパセについては英語だけですがwikiに説明があったので興味がある方はどうぞ。私のは青いレセパセなので、途上国渡航のときなどはいろいろと便利ではあるものの、特に特権などがあるものではないです。ただ国連職員としては共通なので他の国連機関を訪れるときにID代わりになることもあります。あとは、急な出張の時にビザをとるときに比較的早く手続きができる、といったところでしょうか。

まあレセパセやIDカードなんかに限らず、しっかり書類を書いて、いろいろな手続きを経て、最終的に必要なものが必要な時までに余裕を持ったかたちで手に入ると、すごく「きちんとしてる」感じを味わえると気づきました。いつもぎりぎりにバタバタしながら更新するイメージがあるからでしょうか。それにしてもこの件に関しては、こんなところを見てらっしゃるとはなかなか思えませんが、横浜オフィスの関係者の方々、本当にありがとうございました。すごく助かりました。

もうひとつ、「きちんとした」感じを味わえたのは、なんとドライクリーニング。いくつか大事にしているお洋服、そんなに汚れてない(と思っている)お洋服なんですが、ふと思い立って7点ほどドライクリーニングに持っていきました。ちゃんとひとつひとつ広げて、時間をかけて、汚れのあるところやほつれのあるところを確認して、クリーニングのお店の人と、薄いシミがあるものには「じゃあここはシミ抜き加工を入れましょう」とか、白いお洋服には「汚れ防止の撥水加工をしましょう」とか相談しあってお願いしました。そして指定日に引き取りにいったらすっかり全てキレイになっていて、それを自分のクローゼットにかけた瞬間に「なんか、きちんとしてる!」と勘違いできて嬉しかったのです。

ローマでは、職場に週に2回、出張クリーニングの人が来てくれるので結構利用するんですが、いつもどさっと持って行って、さっと支払って(なぜかいつも激安。ローマってドライクリーニング安いのかな)、その次の週にばっと持って帰るだけだったので、一着一着確認するという作業を省いていたからでしょうか、全然きちんとした感じはなかったような気がします。でも自己満足なだけかもしれませんが、ひとりで生活していると、なにもかもきちんとしなければ生活がなりたたないので、ローマではわりと一瞬一瞬を大事にきちんとしようと心がけているような気もします。あとスリも多いので外ではピリっとしておかなきゃいけないというのもあるかも。関係ないかな。

日本での生活はふたりということもあってつい相手に頼りがちになってしまうからか、なかなか「きちんと」しません。これはいまいち「きちんとしてる」とは感じられなかったんですが、日々のルーティンをそれなりに時間割にしてみる、ということもやってみました(ズバリ効果なし)。そのルーティンとは、朝から主人を送り出して(7:30頃)自分も身支度をして、キッチンを片付けて、洗濯機をまわしてから仕事に入ります。そしてお昼まで集中。ランチをちゃっちゃとすませて、1時からまた仕事。テレワークなので、ローマとテレカンファレンスがほぼ毎日、最低1時間、最高3時間は入るのですが、時差のせいでどうしても一番早い時間で夕方の5時からのテレカンファレンスになり、3時間必要なときは夜の8時に仕事が終了になります。日本の一般の方にとってはそれでも早い時間だとは思うんですが、私の職場では普通に働いている時に8時に終わりだなんて、あなた相当要領悪いのね、ともなりかねないので私はここ数年は夕方6時には切り上げて、いわゆる「ライフ・ワークバランス」とやらをとるようにしています。でもテレワークではそんなことも言ってられないので、朝、昼、夕方のいずれかに1、2時間ほどの休憩をとって家事(洗濯や掃除)に当てたりテレビを見たりしています。そうすると自分が8時まで仕事をしなくてはならなくてもそれなりにバランスをとっている気持ちになれるので。そしてテレカンファレンスのフォローアップ(メールしたり、要約を送ったり送られたものをチェックしたり)がおわれば一日がおわり。メールで夕食の相談を主人としているので、それにあわせて夕食の支度をしたりなどなど。そして彼が帰って来たら(遅いときは迎えに行く時もあります)食事、お風呂、就寝といったところ。激烈に地味ですね。他にどんな方法で、「きちんとしてる」感を得ることができるか、これからも試行錯誤してみようと思います。

カテゴリ:

九州での年末年始

 | コメント(0) | Edit

鍋ヶ滝日本のみなさま昨日の大雪は大丈夫でしたか?私たちの住むつくばも降りましたが、テレビで見る都心ほどは積もらず、今朝も住宅の屋根にうっすらとわずかに残っているだけで、大変な状況になることもなくほっとしています。そんな寒い時期にこんな滝の写真で、さらに寒そうで申し訳ないんですが、年末年始のことを振り返っていて、この滝にも行ったので載せてみました。年末はローマから日本に23日に帰って来て、クリスマスイブにはつくばの西武デパートでやっていたクリスマスケーキセールに参戦し、50個限定だったゴディヴァのチョコレートケーキを買って、Aさんがせっせとブルスケッタを作って、私は小さなシャンパン(ロゼ)を買ってきて、もうそれだけで満足してしまったので、すっかり手抜きクリスマスでした。25日と26日は身の回りの片付けをしたり、日本でしておきたかったショッピング(ネットショッピングですが)をしてさらにのんびりと過ごし、翌日の27日から夫婦で私の実家の熊本へ。今回はマイルがたっぷりたまっていたのでそれで往復したんですが、こんな年末年始の時期でもマイルで無料で九州まで往復できるなんて、なんだかお得な気分ですよね。そして28日は熊本が誇る黒川温泉へ。飽きもせず毎回黒川温泉に行って、同じ宿(山みず木)に泊まる結果になるのは、いろんな温泉にいっていろんな温泉宿に泊まっても、必ず「まあここもいいけれど、黒川の山みず木はいいね」という話に必ずなってしまうからなんです。だったら最初からどうして他を試すんだろう、と自分たちでも不思議になりますが、そろそろそんな試行錯誤もやめて、最初からいいと分かっているところに行くことにしようよ、ということになって行ってきたのでした。この滝はそこから30分弱のところにあって、数年前の爽健美茶(?)の松嶋菜々子さんのCM撮影につかわれた、「滝の裏を歩ける滝」である鍋ヶ滝です。

いろんな温泉宿や旅館に行って思うんですが、どこでもわりと豪勢なお食事って出ますよね?土地によって蟹だったり、ゴージャスお造りだったり。でも私本当に回し者みたいになっていますが、山みず木以外でお食事完食したことないんです。それなりにおいしいお食事がでてきて、ひとりひとりの席に小さなお鍋なんてあって、キレイにしてあるのに、いつも途中で飽きてきてもういいや、となって全然最後まで食べる気になれないんですよね。でも山みず木だと、「次はなんだろう?」といつもわくわくできて、デザートまで細かい楽しみがあって毎回家族全員、完食です。阿蘇の小国のお米も、それを炊くお水も強烈に美味しいので白いご飯ひとつにしても本当に美味しくて幸せになります。朝ご飯のお味噌汁もお食事のテーブルの真横で仕上げてくれて本当に美味しいです。

肝心の温泉は源泉が激アツ(80度から100度くらい)なので薄めてあることもあって、泉質としては硫化水素泉だと思うんですが、その特徴であるはずの硫黄臭はほとんどなく、入るとじーんとした暖かみを感じる泉質です。その熱さのおかげで、冬でも露天風呂がまったく冷えず、最高に気持ちがよいのも特徴だと思います。黒川温泉全体に、全く人工作為的なものを感じないし、もちろんカラオケや飲み屋、卓球すらゼロだしで、まさに本格派の温泉郷を堪能することができると思います。

黒川温泉の良さを感じれるのは実は2回目くらいからだと思っています。というのも、一応黒川温泉は「温泉旅館集団」のようなものが川沿いに集まっているので、最初に黒川温泉に行くとその辺りに泊まりたくなってしまうんですよね。足湯、お土産屋さん、マッサージ、インフォセンターなどがあつまっているところのほうが便利に感じると思うので。また黒川温泉の売りでもある「入湯手形」を買ってしまうと、やっぱり旅館を3つはしごできるし、いろいろな宿の温泉に入れてしまうので、そういう意味でも他の旅館に近いほうが嬉しいですよね。でも、私の勝手な結論だと、そうやっているとやっぱり疲れ果ててしまって、温泉に癒されにいったんだか、はしゃぎにいったんだか分からなくなってしまうんです。きちんと自分が温泉に癒してもらうためには、黒川ではいわゆる「奥黒川」が一番いいのです。奥黒川は川上にあるので、源泉に近く、ひっそりとしていておだやかな時間が流れていて、露天風呂も開放感があって最高です。私たち家族はもはや黒川では奥黒川の宿(山みず木)に直行で、外には出ずにひたすらゆったりと過ごす事にしています。

あら、最後には山みず木さんのまわしものみたいになってしまいましたが、興味ある方で熊本にいらっしゃる方は是非行ってみてくださいね。熊本市内からはかなり遠いんですが(空港からだとまあまあ近いです)、いろんな意味でレンタカーがおすすめです。

カテゴリ:

賢者たちのガレット

 | コメント(0) | Edit

ガレット・デ・ロワ・マッチャ・アズキ遅くなりましたがみなさま明けましておめでとうございます。今年も細々とブログ続けていけたらいいなと思います。写真は今年のガレット・デ・ロワです。本来はアーモンドペーストクリームたっぷりのガレットなのですが、私は今日本にいるのでマッチャ・アズキのガレット・デ・ロワを選んでみました。でも味としてはアーモンドやアマレット(アーモンドのお酒)の味や香りもしてバターたっぷりで、日仏の融合といった感じでした。いわゆるアンコ系ではない味です。

私はたまたま最近フランス文化圏の友達と仲良くしているせいか、新年にガレットデロワをいただく機会がちょこちょこあるんですが、イタリアではガレットではなくトッローネというお菓子(粒アーモンドが大量に入っていて、非常に粘度の高い真っ白なヌガーという非常に食べづらいお菓子)が「新年のお菓子」的な立場にあるかなと思います。トッローネにはピスタチオバージョンや、チョコレートコーティングバージョンなどいろいろなバージョンがあって、年末にパネットーネやパンドーロなどと一緒に大量に贈り合うのでイタリア中トッローネだらけになります。「新年のお菓子」と書きましたが正確にはクリスマスから新年にかけて、といったところでしょうか。フランスのガレットデロワはだいたい新年明けてから売り出されることが多いと思います。家で作る人も多いし、ガレットデロワを新年に食べないフランス文化圏の人は結構少ないんじゃないかな。イタリアのパスティッチェリア(パティスリー)でも、普段マカロンなんかを売るお店ではガレットが新年売られます。でも売ってある期間がすごく短いので、うっかり逃さないように新年のパスティッチェリア巡りは頻繁にすべきです。2月のカルネヴァーレのお菓子もしかり。

ガレットデロワはエピファニー(英、仏読み)という、日本語だと公現祭、イタリア語だとエピファニアと呼ばれる祭日(イタリアでは休日ではありません)の1月6日に食べるのが伝統です。エピファニーは、私の幼稚園(カソリック系)のころの記憶によると、「おさなごジェズさまは、うまれてからむいかめに、ながれぼしをみてひがしからはるばるやってきた、さんにんのけんじゃからおくりものをいただいたのでした」とお遊戯会でナレーションをしたイベントだと思われます。私の幼稚園(聖母愛児幼稚園というところでした)では「イエスさま」は「イェスさま」と急いで言う感じか、「ジェズさま」と言っていて、基本的にお祈りはマリアさまに対して行っていました。なにせ「聖母」愛児幼稚園なので。幼稚園で園長先生(女性)が飼っていた九官鳥も毎日「マリアさま」と園長先生そっくりの声でお祈りしてました。こんなこと本当にどうでもいいことですが、今記憶がよみがえって来たので書き留めておきたくなっちゃいました。すみません。

なぜ幼い頃の記憶がほとんどない私がこんなことを鮮明におぼえているかというと、とても単純な理由ですが、私1月6日が誕生日だからなんです。それまでお遊戯会でマリアさま役になれずにべそをかいていたわたし(じゃんけんで長い髪がきれいで美人なあゆみちゃんに負けた)は、「ナレーションというとくべつな役(幼稚園の先生の涙の説得)」をいただいてさらに「1月6日はとくべつな日(さらに涙の説得)」と説明してもらってケロっと機嫌をなおしてナレーターとして文章の暗記にはげんだのでした。

ガレット・デ・ロワ・マッチャ・アズキガレットデロワの話に戻りますが、Wikipediaによると「フランスの地方ごとに少しずつ異なるが、最も一般的なものは紙の王冠がのった折りパイにフランジパーヌ(アーモンドクリーム)が入ったパイ菓子で、中にフェーヴ(fève、ソラマメの意)と呼ばれる陶製の小さな人形が一つ入っている。公現節(1月6日)に家族で切り分けて食べ、フェーヴが当たった人は王冠を被り、祝福を受け、幸運が1年間継続するといわれる。名称の「ロワ」(王たち)とはフランス語で「ロワ・マージュ」(rois mages)と呼ばれる東方の三博士のことである。」だそうです。今年私たちがガレットデロワを購入したサダハル・アオキさんではさすがにフェーヴを焼き込むことはしておらず別添えになっていて(知らない人が食べたら大変ですものね)、それは何とも嬉しい黒のミニカーのフェーヴ(写真)でした。そしてガレットにはフェーヴの代わりに大きなアーモンドがひとつぶ。私たちは8つに切り分けて数日に分けていただいたのですが、なんと最後のひとつに入っていました。いくつ食べても出てこないので「サダハルさん入れるの忘れたんじゃない?」なんていって食べていたんですが(そんなわけないし、サダハルさんがつくっているわけではない)、最後のサプライズはAさんが探し当て、そして彼の中での葛藤のあと、やっぱり誕生日の私がフェーヴを手に入れるべきだという結論に達したらしく、私のおさらにアーモンドをちょこんと載せてくれました。ミニカーはよーく見るとチンクエチェント(イタリア車)でとってもかわいらしいです。サダハル・アオキさんは銀色の紙の王冠もつけてくれたし、ガレットデロワの説明もつけてくれたし、至れり尽くせりでした。日本でもフランス系のパティスリーやブーランジェリーではだいたいガレットデロワ売ってると思うんですが(バターで有名なエシレにもありました)すごく美味しかったので来年もサダハル・アオキさんにしようかな。

カテゴリ:

このアーカイブ内の全エントリ

アーカイブス

マンスリーアーカイブ

カテゴリ別アーカイブ