« 2013年1月 | 2013年2月アーカイブ | 2013年3月 »

Paris月曜日のオペレッタは、私にとっては新境地も新境地で、ものすごく良い意味でかなりの衝撃をうけました。まず、劇場はかの有名なガルニエでもなく、バスティーユでもなく、Opera Comiqueという小さな劇場。でも小さいといってもまったく侮れません。ここも実は国立の劇場で、最近外観を磨いたり内装を修復したりする作業が終わったらしく、まさに「これぞフランス!」という仰々しいほどの豪華さに満ち満ちています。入る前からかなり高まった気分になって、中に入ると天井画も壁画もこれでもかとフランスフランスな雰囲気で追い打ちをかけてきます。そして観劇。オペレッタそのものについてはちょっとおちついたらいろいろと後に感想を書こうとおもっているんですが、本当に圧倒されました。作者、脚本家、演出家全員のいわゆるベルエポックへのあこがれがぎゅうぎゅうとつめこまれていて、こっちまでその想いにひきこまれてしまうのです。先日飛行機の中でウディアレンのMidnight in Parisを見たのですが、そのベルエポックの描き方は、もっとこんなかんじにすればよかったのに、とうっかりウディアレンに対して上から目線になってしまうほど良かったです。

そして上の写真はそれとは全く関係ないんですが、今日、会議がおわってから地下鉄を一駅分歩こうと思っててくてく歩いていたときに撮った写真。エッフェル塔は、登った事も多分5回以上あるし、パリにいる間は会議のある機関が比較的近いせいで毎日行き帰りに何度も見かけるので、そのうち飽きるのかと思いきや、まったく飽きません。エッフェル塔が目に入る度に、心の中で「あ!エッフェル塔だー!あーすてきー!」と思ってしまうのです。朝に見かけると、朝もやの中で薄い茶色のクラシックなレース模様に見えたり、曇り空の下では、そこだけいきなり古い写真のようにセピア色になってしまったように見えたり、快晴の空の下では、遠近感がなくなってしまうほどクッキリハッキリとセーヌ河を圧倒してしまったり、夜になるとこうして、なんともいえないオレンジ色の光のかたまりになったりでいちいちドキっとしてしまいます。美しいパリの町に、こんな金属のかたまりが、と設計段階で批判をあびたというエッフェル塔ですが、本当に結果オーライとはこのことだなぁといつも思うし、私は、いつ見てもこの塔を美しいと思ってしまいます。足下でどんなにたくさんの観光客にまとわりつかれても、痩せたスタイルの良いからだでスッキリ立っているAラインのコートを着たパリジェンヌっぽく見えてしまうからかもしれません。

カテゴリ:

Ferrari Spazio Bollicine仕事でパリに来ています。昨夜は夜8時のフライトだったので、夕食は機内で出る予定だったのですが、考えれば考えるほど、高カロリーのサンドイッチが出てくるに違いないので、なかなか気が乗らず、しかもお腹がすいていたので、たまたまローマのフィウミチーノ空港内のB8ゲート前に新しく出来たらしい、フェラーリのバール、Ferrari Spazio Bollicineでサラダをいただくことにしました。そしてカウンターにおもむろに座って「水牛のモツァレラのカプレーゼと炭酸水を」と頼んだら写真のものが出て来たのでした。トマトはパッキーノの強烈に甘くて美味しいもの。パンを食べてしまうとサラダを完食できなくなるので、パンは我慢してサラダだけいただきました。美味しかったです。あまりにもこのフィウミチーノ空港に来すぎているので、もうゆったり夕食までひとりで食べるようになってしまったと思ってちょっと侘しくなったりもします。でもコーヒーまでいただいて、お会計もおわって支度をしたら、目の前のゲートで私のフライトのボーディングが始まったのでなんだかぴったりで嬉しかったのでした。

さて今回参加する会議は正式には明日からなのですが、今日はその会議の参加者グループが開催するグループワークショップだったのでオブザーバー的な立場で行ってきました。日本政府の代表団の皆様も活躍するワークショップなので勉強になります。ランチには同じ機関だけど違うタスクフォースの事務局の担当者で私の友人のフランス人のBと待ち合わせしていろいろと仕事の打ち合わせも兼ねて、さまざまなことをおしゃべりしてきました。違う機関とはいえ、苦労なんかは似ていて話していて面白いです。

今夜は、実は突然今からパリ在住の日本人のMさんにくっついてオペレッタを観に行くことになりました。もともとはMさんが一人で行くことにしていたのに、「私も私も」とお願いしてチケットを探していただいて、自分でもその図々しさにびっくりですが、その方面の芸術に詳しい方と一緒に行ける事なんて滅多にないのでとても嬉しいです。仕事に差し支えない程度に楽しんで来ます。

カテゴリ:

Caffè Vergnano 1882

 | コメント(0) | Edit

イータリーにて週末がくるたびについついテクテク歩いて行ってしまうイータリーですが、明日の日曜日も、朝からルクセンブルク人の友達のCと10時にね、と約束してます。どこで会うかというとこの「カッフェヴェルニャーノディチオットオッタンタドゥエ」という長い名前のバールです。書いてみると創業年を表している数字なので短いんですけどね。

どこのバールでもそうなんですが、イタリアのコーヒータイムが嬉しいのはやはりそこにいるバルマン(バリスタ)さんが明るく笑顔だからだと思います。どんなにおじいさんになっても、頑固そうに見えても、コーヒーを淹れてくれるときには楽しそうだし、嬉しそうに出してくれるのでこちらも笑顔になります。このサイトでも何度も書いていますが、イタリアのコーヒータイムは驚くほど短く、どんなに長居したとしても15分程度。ほとんどの人はクイっとエスプレッソを飲んで、数分で出て行ってしまいます。

この写真を撮った先週は、ひとりで買い物に行ったんですが、とりあえずイタリアが久しぶりだったので朝ごはん代わりにカプチーノを、と思ってここに寄ったんですね。そしたら「久しぶり、元気だった?カプチーノはカカオはどうする?」と声をかけてくれて、別にそんなに常連なわけじゃないのに優しいなーと思って感激しました。多分適当にランダムにそういうことを言ってお客さんをにっこりさせてるんだと思います。で、いつもはカカオはいらないって言うのに、ついつい「あ、カカオ(チョコレートパウダーやチョコレートソースのこと)たっぷりおねがいします!」なんてうっかりお愛想を言ってしまって、結果写真のようにデコられてしまいました。美味しいからいいんですけど。なんとなく日本人な私を再確認してしまいました。って日本人に失礼か。

イタリアはコーヒー先進国にもかかわらず、日本のように豆にこだわることはあまりなく、どちらかというとローストの仕方でコーヒーを選んだりします。だからローストが上手なお店が人気が出る感じがしますね。このバールはフランチャイズですが、私はイータリーにある他のバール(イリーもあります)よりここが好きです。もともとアラビカのローストが好きなので香ばしいコーヒーが基本だということも大きいんですが、こういうのは「なんとなく」なのであまり確実なる理由があるわけではないかもしれません。ちなみにこのお店は、ネスプレッソのエスプレッソマシンで使えるコーヒーカプセルをバイオディグレイダブル(日本語で何て言うんですか?)で作っていて、私も時々買って家のネスプレッソマシンでいれてみたりもします。香りが違うので嬉しいんですが、味はネスプレッソもなかなか良いですよね。でもやっぱり自分のモカで火にかけてコトコトやるのがいちばん美味しいと思いますけど。

というわけで最近通っているバールのお話でした。上にも書いたように明日も行くので楽しみです。

カテゴリ:

ESPAのオイル

 | コメント(0) | Edit

image.jpg週末のフライトでローマに帰ってきました。いつも12時間を超える飛行時間中に、どんなに水分補給をしても、保湿をしても、かならずカサカサになる肌とパンパンになる脚をなんとかしたくて、先週ペニンシュラ東京のESPAでマッサージとフェイシャルをしていただいた時に相談してみたんですね。そして、オススメされるがままに、もうこの際騙されてもいいやと思って2点お買い上げしたのがこのDetoxifying body oilとこの下の写真のPink hair and scalp mudです。

結論から言います。どちらもズバリ強烈に有効でした。オイルの方は、家に到着してからバスタブに浅くお湯を張ってそこでリンパに沿って下から上に足首からひたすらマッサージ。飛行機が着陸しそうになって、着替えたりおりる準備をしたりしていた時に「これはブーツが入るかどうかギリギリだな」と不安になるほどパンパンだった脚のむくみ、片足10分ずつのリンパマッサージで翌朝はスッキリでした。

でも、オイルがいいのか、マッサージがいいのかと言われたら間違いなく後者でしょう。多分、わたしがいつもフランスで仕入れてくる、薬局で3ユーロ(でもたっぷり)のアーモンドオイルでも同じ効果にちがいない。でもね(いい訳モード)、ESPAのプロダクトは香りが強烈にいいんです。このオイルは針葉樹系の樹の香り、甘いアーモンドの香り、シトラス系(多分グレープフルーツ)の香りが次々に香って、半身浴マッサージしながらお湯で温められる蒸気に強烈に癒されます。あとはボトルとそのキャップまでこだわってある高級感が「あ、今からマッサージしよう!」という気持ちを高めてくれるような気がします。

image.jpgで、こちらがPink hair and scalp mudなんですが、一応髪と頭皮用という名前がついてますが、ESPAの担当の方は「お顔やボディに使ってもスゴイ効果なんですよ、是非お使いください」と教えてくださった上に、ジャーで買うのと同じ価格なのにプラス20mlもお得だし、旅行での持ち運びにも便利です、とチューブ入りをオススメしてくれました。言われるがままに、昨夜ローマの家に到着してからお風呂のあと、頭皮、髪、顔、ボディー、と塗り込んでそのまま一晩おいて(注意書きに「おそれることはありません、beddingを汚すことはなく、体も髪も翌日リンスすると効果が実感できるでしょう」と書いてあります)、今朝、すっかりそのことを忘れたまま寝ぼけた頭でシャワーをしている時にびっくり。いつも長時間フライトの翌朝感じる、あごまわりのカサカサがない!デコルテしっとり!感動です。こっちのほうは多分確実にリピートしそう。というよりまたESPA行きたいです。施術前に最初にゆったりとかすかに身体をゆらしていただけるんですが、そのリラクゼーション効果が半端なくてびっくりしました。揺れるって気持ちいい!お部屋も広々だったし、トリートメントの前に使うことができるサーマルスイートもヨーロッパのスパ以上の充実で、1時間近くターキッシュサウナとスウェディッシュサウナを行き来しました。間でアイスファウンテンやトロピカルミストなどのシャワーをつかって温めたり冷やしたりの効果はかなりあったはず。

というわけで、久しぶりに良い商品メモでした。ESPA近くにないか、検索してみようと思います、とはいえ、日本の施術が世界最高な気もしてきましたけど。

カテゴリ:

このアーカイブ内の全エントリ

アーカイブス

マンスリーアーカイブ

カテゴリ別アーカイブ