« 2013年5月 | 2013年6月アーカイブ | 2013年7月 »

まだしつこく日本に滞在している私ですが、毎日家に籠って仕事をしているので日本を満喫していない気分がします。週末は夫と一緒になんとか外出して買い物に出かけたり美味しいものを食べに出かけたりとしているものの、やはり夫は男なので(あたりまえ)先日友達のMちゃんとショッピングしてすっっごく楽しかったです。やはり洋服やアクセサリーのショッピングは女性同士のほうが、男性に気をつかわなくていいのでいいですね。夫も私の買い物につきあうのはほどほどにしたいだろうし。

これは毎日、日本にいてもイタリアにいても実感することではあるんですが、9年の米国滞在と7年のヨーロッパ滞在で、日本ではすっかり勘違いのナイズ野郎になってしまった私。日本の良いところと自分が住んでいる国の良いところ、逆にそれぞれの悪いところなどがじわじわと見えて来たこともあってすっかり異文化を背負う身になってしまったことを再確認です。もうすっかり変な人です。でもどうしろというのでしょうか。今更日本どっぷりになれない。100%イタリアに感化されることもできない。なにもかも中途半端な私。それなのに自我がしっかり出てしまうのでやたらと嫌な感じの自分がいます。

で、何がいいたいかというと、Mちゃんのショッピング中にまわりを見渡してみてつくづく、文化が違うとショッピングのしかたが違うなーと思いました。すごくくだらなくて済みません。アメリカでは超ド田舎に住んでいた事もあり、そこがカレッジタウンだったこともあって、いわゆる「ショッピング」というものはあまり日常行わず、必要な物を買う、という状態でウォルマートでレブロンの化粧品(やたら安い)を買い込んだり、ライトエイドでヘアセーラムの良いものを見つけたり、コスコ(日本ではコストコっていいますけど、アメリカでは誰がどう聞いても最初の音はカに近い、コォスコーですよね)で美味しいチーズケーキ(だいたい冷凍のホールケーキが12個パックとか!)を探して買って来たり、というような感じの「ショッピング」でしたし、ちょっとシアトルなんかの中都市に行っても行くのはモール。ユニバーシティーモールとかパシフィックプレイスとかベルビュースクエアとか。どのモールも同じような雰囲気なのでどこがどこだったかすら記憶が曖昧です。モールにはいっているのはギャップとかバナナリパブリックなどのいわゆるアメリカンなお店だったし、大量生産、自由に試着、お買い上げ、とベルトコンベア式の買い物だったと思います。

日本でも、まあそこそこ合理的に近いものがありますよね。違うのはヨーロピアンのブランド店が非常に多いこと。しかもイタリアブランド多いですよね。イタリアンデザイナーめ、自国の経済が悪いからといって日本で荒稼ぎしようとしていると思われます。

で、イタリアンブランドのお店に入るとふと自分の住んでいるローマのお店な感じがしてしまって、無意識に同じような感じで買い物をしようとしてしまって、違いに気づいてびっくりする、ということが良くあるんです。

まずマナーとして、イタリアでは基本的にやたらと商品には触らない。これは驚くべき事にスーパーマーケットでもほぼ同じです。ブルガリとかグッチとかかなりの高級品でも、ディスプレイされているものにスっと手を出してファスナーをがっとあけて中を見たり、飾ってあるスカーフをしゃーっと外したり、日本のお店ではそんなお客さんに度肝を抜かれます。そして、あ、ここは日本。大丈夫大丈夫、と自分に言い聞かせます。でももしそんな人が知らずにヨーロッパ旅行したら、と思うとちょっとだけヒーっとなるので、ここに書いておきますが、商品に触るまえに店員さんに「見せてね」とか「触ってみてもいい?」か、あるいは「中はどうなってるの?」などと聞きましょうね。言葉に不安があれば、手で指し示してにっこりすれば分かってもらえます。高級店だったら英語がだいたい通じます。勝手にばんばん触ったりしていたら、イタリア人は分かりやすいので、あからさまにいやな顔をして、間違いなく心の中でチっと舌打ちしながら、「日本人・中国人・韓国人対応店員」などを引っ張ってきて、あとは無視してくると思います。素材が気になってすーっと触るひともいますが、多分あれも微妙に嫌われます。

それはどうしてか、というと、これは私の推測にすぎないのですが、ヨーロッパの買い物文化は、「人」対「人」だからだと思います。まず店に入るまえから、「人」重視です。店の外から見て、ドアをドアマン(ポルティエーレ)に開けてもらえそうなときはにっこり笑顔でアイコンタクトしてドアをあけてもらいましょう。バーンとあけてはいるとポルティエーレに激突したりするので注意が必要なのです。ローマの高級店ではポルティエーレはだいたい礼儀正しく挨拶してくれて、ひとりの店員さんとアイコンタクトをすることが多いです。そのアイコンタクトをした人を自然に見ることになるんですが、その人に「ボンジョルノ」あるいは「サルヴェ」(私はだいたいこっちをつかいます、というのもボンジョルノの時間が限られているし、ボナセーラになる時間も限られていて、私がショッピングするのはだいたいその中間の時間が多いからです)と挨拶をします。するとその人はだいたいスルスルっと笑顔で近づいて来て、「自由に見てね、質問があったらいつでもいってね」などと言ってくれて、一定の距離を持って私をフォローしてくれることになります。ゆっくり商品を見て回って、これきになるな、と思ったら立ち止まって数秒眺めて、さっきの店員さんを振り返ります。すると間違いなく近づいてきて「それ素敵でしょう」などと言ってきてくれたり、「色違いもありますよ」と言ってくれたり、洋服だったら「着てみる?」と聞いて来てくれたりするのです。日本だとこういう接客って「わずらわしい」と思われたりしがちですよね?それは文化(すくなくとも現代の文化)が違うとしか思えません。私のイタリア人の友達は、店員が怠けてアテンドしてくれないことがあると、「なんて無礼なお店なの」とプンプンです。

そこで、「中を見てみてもいい?」「触ってみてもいい?」と」聞くとだいたい、「こちらにどうぞ」とゆったりとしたソファのあるエリアや、カウンターエリアに案内されます。そこでゆったりと商品を選べるということです。私の経験だと、ローマでは、お店がすいているときはだいたいこういうときに「コーヒーでもいる?」とオファーしてくれたり、バブリーなウェルカムドリンクをくれたりします。そこでお店の人に希望をつたえながらいろいろと持って来てもらって、お店にはディスプレイされていない商品なんかも持って来てくれたりして、かなり個人的なショッピングができるということになります。ブランド店だと、ブルガリ、フェラガモ、グッチ、マックスマーラなどでこういうことが起こりましたが、ふつうのセレクトショップの広いところでも一度だけミントティーのサービスがあったので、きっとこういう文化なのでしょう。

というわけで、日本では当たり前で全く煩わしくないセルフサービスショッピング、商品を盗む人がめったにいないという安全な国である証拠でもあるので素晴らしいですが、ヨーロッパでのお買い物では「品がない」と勘違いされる可能性もありますのでお気をつけ下さいね。あと、観光のついでに入ることもあるかもしれませんが、歩きやすい運動靴などだとやっぱり対応は塩対応になると思います。もちろん、H&MやZara、Sephoraなんかだとセルフサービスだし服装をそこまで見られることもないとは思いますけど。でも店員さんはかなり「見張って」ます。うっかり疑われるような行動(バッグをごそごそしたり)は控えめに。

私だったら、ヨーロッパ観光は「舞台」だと思って思い切りおしゃれして、素敵なヒールの高い靴で、歩き疲れても歩き疲れてるのはおくびにも見せずにやせ我慢するかな。それか観光の日とショッピングの日を分けるとか。ローマで見かける日本人の観光客のみなさんはかわいらしくてファッションもイタリアの女性を見慣れた目からみるととても独創的でカラフルで素敵なんですが、大人な女が要求されるところではそこそこ厳しいかも、と思ってしまうのが正直なところです。とかいって私は何様なんだとおもわれちゃいますね。ノーメイクにワンピースに素足で仕事に行くような人が書くような内容ではありませんでした。ごめんなさい。でもちょっとだけ知って欲しかっただけです。

カテゴリ:

タイトルの割にはすっっっっっごくくだらない話ってことを前置きしておきます。ソースからして基本的にまじめな話ではないんですが、UK版の女性ファッション誌、marie claire UKからです。私も別に毎号見ている雑誌というわけではなく、飛行機に乗る前にキオスクで、小さいサイズで売っている荷物にならない雑誌を、と思って手に取ったまでなんですが、中にマリークレール@ワーク、というような特集があってまあ最終的には仕事用のファッションだったりメイクだったりを紹介するものなんですが、以下のようなコンテンツになっています。

1. Power player's beauty secrets: 成功している女性が使っている、というお化粧品などを紹介しています。定番のエスティーローダーのイデアリストのアイ・イルミネーターやトラベルサイズのココマドモアゼルシャネルのトワレ、OPIのナチュラルカラーのラッカー、などなどが載っています。私が気になったのはTom Fordのリップカラーかな。まあ要は販促ですね。

2. Bag vs Wardrobe: せっかく稼いだお金を高価なバッグに使うのか、エレガントな仕事用のお洋服に使うのか、というお話。結論は、なしです、というより両方です。紹介されているSmythsonのバッグがなかなか素敵です。ちなみにマリークレールの紹介プロダクツにはS級はあまりありません。あとUK版ということもあってプレッピー系やロイヤルファッション系もかなりの割合で入っていていい感じです。

3. Workplace warriors: ボディ系のお助けアイテムが紹介されています。私も唯一つかっているのはクラランスのボディリフト。他に良さそうなのはジバンシーのMist me gentlyやシャネルのプレシジョンラインのハンドクリームなどでしょうか。機能としては多分自己満足+気のせいです。

4. Style up your pencil skirt: いわゆるタイトスカートをどうやってファッショナブルにみせるか、という特集。私タイトスカートは2つしかもってなくて、一つは冬用の真っ黒ニット(ブーツに合わせる用)、一つは夏用のスーツのピースなのであまり参考になりませんでした。残念。

5. How to have executive presence: そしてこれが私が一番気になったセクション。意訳だと「どうやってデキる外見を手に入れるか」的な意味ですね。まず見出しにこんなことが書いてあります。

You put in the hours and do your job well. So you will be given the recognition you deserve, right? Not necessarily. Here's how to get that extra factor.(超意訳:仕事にはかなり打ち込んで、実際成果も出している。当然会社に認められるべきだし昇進すると思うでしょう?必ずしもそういうわけではないのです。本来の仕事とは別に必要な要素がこちら。)

内容は以下のようなかんじです。超意訳+私の注釈も追加してますので原文が見たい方はマリークレールUK版2013年5月号を参考にどうぞ。

カテゴリ:

新しいスーツケース

 | コメント(2) | Edit

3177867B_b_20.jpgこのサイトでは私はまたまたオランダに行ったっきりになってますが、ちゃんと一度ローマに戻り、そのあと今は日本にいます。このところ派手に旅行をしまくったせいか、ずっと長い事(2005年の7月から)使っていたお気に入りのスーツケースがかなり傷だらけになってしまい、ダクトテープを貼って応急処置をした状態で日本帰国となってしまったので、ここはえいっと新しいものに新調しました。まったく同じサイズの色違いです。せっかく日本でネットで購入するし、と思ってユナイテッドアローズとのコラボ商品にしてみました。まるまる8年もたつと、同じリモワのサルサでもいろいろな細かいパーツがアップデートされていてロックはTSAロックになっているし、ハンドル部分も安定したものになっているし、車輪も今までの物より安定感がさらに増しているし、かなり気に入りました。東京で母とショッピングの途中に銀座の専門ショップに入っていろいろと比べてみて、サルサエアーは確かに1キロくらい軽いけれど、車輪は小さいし、安定感でいえばやっぱり普通のサルサかデラックスのほうがいいという結論になったので、実際に見て触ってみて良かったと思いました。私はスーツケースを酷使するタイプなので安定感と丈夫さがなにより優先です。買ったのは82リットルタイプ。幅49.5、高さ74.5、マチ27.5のサイズで重さは4.3kgだそうです。なぜこういう仕様を書いておくかというと、私、以前のリモワについて書いておいたエントリーを参考に今回のもののサイズを決定できたから、今更ながら、ブログって自分のためだけとはいえ便利だよなーと思ったからです。

3177867B_b_1.jpgせっかくのコラボ商品の何がいいかというと、内側のライナーのかわいさでしょうか。詳しくはこちらユナイテッドアローズのオフィシャルページどうぞ(リンク切れになっていなければ)。航海地図ベースのかわいいリバティプリントで、色合いも気に入っています。スーツケースの中敷きも、今まで使っていた物はメッシュのシンプルなものだったのですが、今回のは片面がメッシュでもう片面はライナーと同じプリントになっていて良い感じです。まあスーツケースの内側、ともなるともはや自己満足の世界なんですけどね。そして自己満足といえば、このリバティプリントのポケッタブルバッグもついでに買っちゃいました。いつもなぜか増える荷物に対応できそうなのと、旅先でちょっとそこまで、のときのバッグになりそうだったので(言い訳)。

さて私の今までの真っ赤なリモワ、たぶんちゃんと5千円くらいかけて修理すればそれなりにまた使えるようになるとは思うんですが、やっぱり今回は引退していただくことにしました。使い込まれた見た目はそれなりに素敵でもあるんですが、やっぱりくたびれ感が半端ないです。今度の土曜日あたりにAさんにお願いしてリサイクルセンターに持っていってもらっちゃおうと思っています。今度のリモワはぜひ10年くらいは頑張ってもらおうと思います。

カテゴリ:

アーカイブス

マンスリーアーカイブ

カテゴリ別アーカイブ