« 2013年7月 | 2013年8月アーカイブ | 2013年9月 »

夏のフィレンツェ

 | コメント(0) | Edit

Firenze主人のAさんが参加する、とある国際会議が偶然にもイタリアのフィレンツェで行われるというので私も便乗して行ってきました。Aさんは例によって朝から晩まで会議に参加しますが、私はフィレンツェを満喫です。写真はドゥオーモ広場で撮ったものです。サンジョヴァンニ洗礼堂(左)、ドゥオーモ(大聖堂、中央)、そのクーポラ(八角形の赤い丸屋根、中央奥)、そしてジョットの鐘楼(しょうろう、右)が全部入るスポットなのでみなさんせっせと写真をとっています。私も真似してとってみましたが、いざこうして見てみるとはめ込み写真みたいになってしまって、そんなにゴージャスじゃないですね。その場の雰囲気や、この広場に出たときの「おおおおおお」という気分が、当たり前ですけど全然反映されません。残念。

フィレンツェに来る度に、この「花の都」と呼ばれるわりにはおどろおどろしい血塗られた歴史と近隣都市国家とは一線を画する強国だったこのフィレンツェのことをつい、いろいろと考えてしまうのですが、メディチ家、パッツィ家、ストロッツィ家と、権力と政治力と暗殺力と経済力に物を言わせた大富豪たちが宗教と政治を軸にひたすら戦いまくっていたことを思って、なんとも説明しがたいのですが小さな意味での「諸行無常」というものについて想いを馳せてしまいます。もちろん、こうして建造物が残ったり、歴史が動いたり、人類が学習したり(これはどうかな?)して、結果論的には無常ではないのですがひとりの人の人生という視点から見ると、なんだかなぁという感じです。メディチを代表する権力者のロレンツォだって、あやうくこの大聖堂で殺されかけたし(弟は実際にその場で殺されました)、その報復としてパッツィ家の100人くらいが殺されたというし、殺すか殺されるかというギリギリのラインを全員が必死で運を持って生きていたというしかないんだろうなと思ってしまいます。何もしてないのにその家に生まれたばかりにあっさり殺された人もたくさんいるだろうな、と思うと「人生とは」というような壮大なテーマについて考えたくなったりもするのです。考えませんけど。

FirenzeAさんがフィレンツェの学会に参加する間、私は2回に分けてフィレンツェを訪れました。最初はサンタマリアノヴェッラ教会の近く、2回目はアルノ川のヴェッキオ橋の近くにホテルを予約したんですが、どちらもかなり良くて満足しました。写真は最初にとまったサンタマリアノヴェッラの広場にある小さなかわいいホテル、J. K. Placeのテラスで食べた青りんごソルベット。バックにサンタマリアノヴェッラ教会のファサードが映り込んでくれたのでなんだかそのときの雰囲気を思い出せて嬉しいです。ソルベット美味しかった。フィレンツェは盆地なので実はローマより暑かったりするんですが、夜になると涼しい風が吹いて外にいるのがとても気持ちよかったりするのです。美味しいお食事、フィレンツェの景色、仕事からの(無理矢理の)解放、と私はすっかりAさんの出張と仕事を横目にひとりで楽しむことができました。1週間に2回もスパに行けたのもすごく良かったです。またもうちょっと、フィレンツェで思うこともあったので、そんなことも含めてこれからちょっとずつ思い出しながら書いてみたいと思っています。

カテゴリ:

築地にて

 | コメント(0) | Edit

日本で10日間の夏休み中です。とはいえ、今年は私は大量の夏休みをいただいていて、まずはスコットランドのエディンバーグで5日(と週末)、日本で4日(と2週末とフェラゴストの休みを混ぜるとトータルで10日間)、あと8月の最終週にフィレンツェで5日間、9月の半ばに5日、と休みまくりです。今回の日本では、バケーションで遊びにきてくれた友人のイタリア人とアルゼンチン人のカップルのおもてなしに2日間つかったんですがその一環で築地に行ってきました。こんなこともなければ早朝の築地になんて滅多にいかないと思うんですが、すごく楽しかった。

まず、私は外国人観光客を甘くみていて、5時に受付開始というまぐろの競り卸売りの無料ツアーは4時に行けばまあ大丈夫だろう、と思っていて、もしかしたら4時半でも大丈夫と思っていたんですが、同行してくれたAさんが、「いやぁ週明けだし、お盆の週だし、3時半でしょ」と言うんですね。3時半って朝じゃなくて夜じゃん、と思ってみんなで話し合った結果、間をとって3時45分ということになりました。それでも「早すぎだよー」と私は個人的に考えていたんですが、最終的には遅過ぎるよりはいいでしょうということになりました。

で、準備万端に築地にホテルまでとって待機。受付場所であるおさかな普及センター(築地市場の勝ちどき門近く)までホテルから徒歩5分以内という素晴らしい場所だったんですが、茅場町あたりに泊まっていた友人カップルがやってきたのが3時45分ちょうど。歩き始めてから気づきました。歩道に次々に現れる外国人観光客たち。横道からポツポツと現れて、まるでビデオゲームのようです。ついつられて無言で早歩きになる私たち4人。横断歩道を渡っておさかな普及センターに入ると、なんと、1日120人しか受け付けないというツアーなのに中にはすでに100人くらいいました。許可証代わりに蛍光色のベストを配ってくれるのですが、第一グループの緑色のベストはすべて終わっていて、第二グループの青ももう何十人ももらっていたので、もしや間に合わないかも!と焦ったのですが、無事に受付してもらえました。

Tsukijiベストを受け取って中にはいって、ほっとして座ってから後ろを振り返ると、私たちが到着した3時50分から5分後の3時55分には積んであったベストもなくなり、受付終了。いやぁかなり冷や汗ものでした。友達もイタリアとアルゼンチンからはるばる来てくれたのに(あ、ウソつきました、確かにふたりの出身はその2カ国ですが、ふたりともスペインに住んでいます)朝3時起きなのにツアーに入れなかったら本当にがっかりするところでした。実際私たちが入ったあとに、断られる観光客、少なく見積もっても200人はいました。こんなに大人気なんですね。築地周辺に宿をとってない人は、電車のない時間なのでみなさんタクシーで来るしかないと思うんですが、タクシーで来て、断られ、またタクシーで帰るしか無いという悲しいことになっていました。これに懲りずに翌日もうちょっと早めに来てトライしてくれたらいいな。

ツアーに入れてほっとしたのはいいんですが、それから第2グループのツアーの始まる6時15分まで2時間以上あります。だらだらとおしゃべりしたり、センターの建物の目の前にある自販機でコーヒーを飲んだり、断られてがっかりして帰って行く観光客を眺めたり(かなり性格悪いですが、この行動が一番人気でした)などして過ごしました。一組イタリア人のカップル(45歳から50歳くらい)が5時頃やってきて、入れないと知るや警備員の人にしつこく話しかけて1時間くらいねばっていて、それが待っている人々にはかなり良いエンターテイメントとなっていました。イタリアではあのやり方で結局そのしつこさに観念して「じゃああなたも入って良いよ、1時間もがんばったし」と非常に不公平な結果になったりすることもよくあることなのですが、ここは日本。警備員のみなさんも「あのイタリア人は論外」ときっぱりとことわっていました。正義と正直が往々にして勝つ日本、好きです。良い国です。でもあのイタリア人は今頃「あーバカ正直な日本人はつまんないな」と懲りずに文句を言っていることでしょう。

その後、第一グループのツアーが終わるとともに第2グループの私たちも場内に行って、競りを見学しました。全体的な迫力ももちろんあるんですが、競りに参加されているみなさんの個々の迫力もあって、日本人の私としてはちょっとだけ怖じ気づきました。外国人にはこの怖さは分かるまい。一番上の映像が競りの一部です。はっきりいって何を言っているのかさっぱりわかりません。バックグラウンドに鳴り響いているのは、手前のまぐろの競りが始まる直前だったので、その「いまから競りを始めますよ」という合図の鈴の音です。昔は競りのエリアにも観光客が自由に入れたということで、まぐろにだきついたり、横に寝そべったりして、観光客がやりたい放題だったみたいですね。現在は1日120人という限定もあるし、見学エリアも決まっているし、配られるガイドにも「ここは仕事の場ですので観光客は優先されません」とはっきり書いてあってまったくウェルカムな雰囲気はありません。それでも早朝に並んでみる価値はあるか、といわれると、あるような気がするので不思議です。

Tukiji映像でちらっと映ってますが、尾の辺りの赤い肉を手に取って、こすって脂ののりを確かめている人がたくさんいて、なるほどこうやって質を見定めるのかと知ったり、見所もいろいろでした。もちろんこのあと場内のお店で新鮮なお寿司での朝食を堪能しました。これで友人カップルもさらに大満足でした。間違いなく今まで食べたお寿司の中で一番美味しかったと言ってました。よく口の中でとろける、という言い方をすると思いますが、とろけるどころか、食べた瞬間にスっとなくなっちゃうような感覚ですよね。焼津のまぐろも美味しかったけれど、築地のまぐろもなかなかでした。強いて違いをあげるとすると、焼津はまさに「生・新鮮」、築地は「質・伝統」といったイメージでしょうか。焼津のような水揚げ港となると、まぐろも黒光りしているし、築地の凍ったまぐろとは違いますよね。でもまぐろの中でも質の良いものが築地まで来るのかなと思うとそういった意味では選ばれたまぐろのある築地、といったところでしょうか。

ということで暑い日本ですが満喫しています。もうすぐローマに帰ります。

カテゴリ:

ちょっと仕事の話

 | コメント(0) | Edit

週末にローマに帰ってきました。涼しかったエディンバーグから、日本の夏並みの蒸し暑さのローマへ。気温は毎日35度くらいになります。それでも私は夏のローマが好きです。ローマっ子たちがみんなローマの外にヴァカンツァに出かけるので、圧倒的に人が少ないのです。職場もがらーん。ランチも全く列を作らなくて良い状態でラクラクです。いつもこうだといいのに。

ということで、仕事もどんどん進みます。といっても、それはもちろん仕事によるわけで、チームワークが必要な仕事は全く進みません。チームの半分以上が夏休みだからです。でもひとりでできることはガンガン進みます。電話はほとんどかかってこないし、ミーティングもいつもの半分以下だし。

そこで今日、私はずっとあたためていた論文をえいやっ終わらせることに成功しました。3人の共著なので私だけの功績ではなく、実はひとりのスイス人の専門家がほとんどやった研究なのですが、彼が忙しすぎて論文にできないまま数年たってしまったので、「わたしやりましょうか?」といったらすんなりファーストオーサーくれました。でも今日最初の提出をしたばっかりなので、アクセプトされるのは(されるとしたら)来年の春頃かな。いやぁ、このプロセスを経験したことがある方なら分かると思うんですけど、この最初の一歩が強烈に面倒なんですよね。Elsevierのシステムなのでわりとサクサクのはずなんですけど、それでもやっぱり終わったときの達成感が、わりと強烈です。でもまだ次のリヴィジョンもあるし、まだまだ続くので達成感を味わうにはまだ早すぎるんですけど。

そしてその論文に関連した、所属機関の出版物もひとつ完成させました。私はナノテク担当なのですが、このページの右上のものがその本。これも2012年からずっとやっているものなので、出版できて本当に良かったです。ずっとやってきた何かが形になるのは、いくら仕事とはいっても嬉しいものですね。一緒に仕事をしてきた世界保健機関のオフィサーの方々も偶然日本の厚生労働省からの出向の方々だったので、楽しくお仕事できました。こんなところは絶対に見ていないと思いますが、Kさん、Mさん、ありがとうございました。いつもせっかちですみません。

さて私の夏休みまで一週間を切りました。あともう少し、このガラガラな職場環境でストレスも少ないはずなので、頑張って仕事しまくろうと思います!

カテゴリ:

Edinburghスコットランドはエディンバーグに来ています。どうして日本語ではエジンバラって言うんでしょうね。どこの言葉になって伝来したのでしょうか。最高気温は高くても20度前後、最低気温は10度近くになるこの季節はどうやらこの地方では真夏のようです。連日のように雨が降るのも仕方のないことのようですが、昨日と一昨日はさわやかに晴れてくれました。一時的なシャワーは時々あります。写真は初日に撮ったホテルの窓からシリーズです。外観は歴史的な建物ですが、中はかなりモダンな作りになっていてコンテンポラリーとすら言えそうな内装です。部屋も広く朝食もイギリスらしくしっかりめの朝食がたっぷり出てきます。

今回は日本から夫のAさんが国際会議で発表をすることになって、せっかくヨーロッパに来るというので、私も休暇をとって合流することにしたのでした。とはいえ、毎日朝の8時過ぎには会議会場へ行ってしまうAさんに取り残されてしまう私。月曜日は近くのフィルムハウスに行って映画を見て(ソフィアコッポラの「ブリングリング」観ました)、火曜日は朝から公園を散歩して湖でくつろいだ後、シェラトンに入っているワンスパで全身&フェイシャルのトリートメントを受けて(ESPAブランドでした)、夜には会議のレセプション会場となっているエディンバーグ城でグラス片手にいろいろと見てまわりました。エディンバーグ三種の神器もしっかり見ましたよ。水曜日の昨日は中心地にある作家博物館でエディンバーグ出身の作家やイギリスを代表する作家の生い立ちや遺品などを興味深く見て過ごしました。午後に時間ができたAさんと合流してカールトンヒルというエディンバーグ全体を見下ろすことができる丘に登ったりもできました。とっても感動。今日はちょっとショッピングをしたあと、ミシュラン星つきのレストランのランチの予約を入れたので楽しんでくるつもりです。そのあとはまたAさんは会議に戻るので博物館にでも行こうかな、と思っているところ。

はじめてのスコットランドは思った以上に中世っぽさが全面に出ていてちょっと戸惑います。イタリアの田舎町、とくにトスカーナの田舎町も中世そのものといった気配があるのですが、気温がまったく違うせいか、明るいイタリアの中世の雰囲気と比べて、スコットランドのその雰囲気はどちらかというと「裏」といった感じで、なんとも説明しがたいのですが、同じ中世でも陰謀や暗殺、魔女裁判や権力争いのような暗いイメージのほうが先行してしまうのです。ごめんなさいスコットランド。スティーブンソンの子供文学にしても、原文はあまり子供に読ませたくないようなドロドロした部分が多いし、街並みだって夜には今にもお化けが出そうです。ここでゴーストツアーのようなものが観光の目玉になっているのもよくわかります。

今回はエディンバーグに行くことが分かってからすぐ、ここを舞台にしたアランナ・ナイトの推理小説を読んだのですが、それもきっとこの印象に影響を与えていると思います。いきなり崖から突き落とされる主人公の警部補。最後に待つ、強烈に衝撃的なドンデン返し。この作家はこのあと誰かに命を狙われたりしないのか、とハラハラする最後でした。実は意外に近年であることに驚かされるUKの歴史なのです。

さてあと数日、この歴史的な街を楽しんでローマに帰る予定です。ローマに帰ったらもう少し写真などもフリッカーに載せようと思っていますので私の家族のみなさんお楽しみにね。ポストカードも数枚送りました。無事に届きますように。

カテゴリ:

このアーカイブ内の全エントリ

アーカイブス

マンスリーアーカイブ

カテゴリ別アーカイブ