« 2014年7月 | 2014年8月アーカイブ | 2014年9月 »

Copenhagenもうすっかりローマに帰って来ていつも通りの生活に戻っている私ですが、気持ちは主人と両親と旅行の思い出にひたっています。写真で分かるようにコペンハーゲンでは例に漏れずちゃんとザリトルマーメイド見てきました。でもお分かりのように、ちゃんとその場所までバスでせっせと行って見てきました。前日にちゃんとボートから背中を見たにもかかわらず、です。ボートからだと背中しか見えないというのが、なんとなく顔を見たいと思わせる憎い演出な気もしてきますよね。

このコペンハーゲンのザリトルマーメイドは日本人観光客をがっかりさせる世界3つのうちのひとつだそうですが、別にがっかりしませんでした。これだけをみるために、結構ステキな水辺の公園をしっかり歩くし、ワイワイしていて路上パフォーマーもいたりするし、お土産屋さんもそんなにいっぱいいるわけじゃないのでいい感じですごくタッキーなお土産(人魚姫のマグネットとか!)を買えるし、そんなにぼったくりでもありません。まあ、世界3大がっかり,と言われてから行くとそんなにがっかりしない、という心理的なものかもしれませんね。

それでどうやらほかの2つはブリュッセルの小便小僧(マネキンピス)とシンガポールのマーライオンということになっているらしいですが、クリックしたら分かるように私もブリュッセルはがっかり制覇したので(別にがっかりしませんでした。私のフリッカーのコンタクトになっている方なら見えるこの写真で分かるように、ものすごく嬉しそうです、見えない方ごめんなさい)、どうやらリーチがかかって次はシンガポールか!という気分になってきました。不思議なものですね。

コペンハーゲンですが、予想通り物価が異常に高くて倒れそうになりました。例を出すと一杯のスタバのトールラテが800円以上。空港のペットボトルのお水は空港価格を考えたとしても高すぎる500円以上。日本の倍と思ってもいいかもしれません。これがほとんど税金ということです。北欧の社会保障が進んでいるという話は日本でも議論になりますが、こうしてベースとなる物価、お給料、すべてがこの税金を払っても大丈夫なくらいしっかりしていないとなかなか難しいんでしょうね。でも同じく社会保障が進んでいるというフィンランドの物価はそこまで高くないです。日本と同じくらいかな、というイメージです。でも人口が全く違います。ニーズも違うし、なかなかいきなり日本が北欧を真似するのは難しいかもしれませんね。

さて私にとってこの夏は読書の夏でした。久しぶりにたくさんの本を読みました。私の嗜好から高尚な本はなかなか読めないのですが、たくさん読んだ本の中で唯一、ちょっと高尚だったかもしれないと思えるエリザベスストラウトの短編集がすごく良かったのでご紹介です。「オリーヴ・キタリッジの生活」。珍しく日本語翻訳板を読みました。原題は彼女の名前だけの「オリーヴキタリッジ」。最近専らiPadで本を読む習慣がついたし(電子書籍が主流になると世間で言われ始めてから結構時間がかかり、現に私の最初のeBookについてのエントリは2000年だったので13年以上かかりましたが、やっと去年くらいからついに電子書籍が私の中での読書の主流になりました)、本屋さんでしっかり時間をかけて本を買うことがなくなってしまった私は、本屋に行く機会があるとつい、見さかいも無くいろいろたくさん買ってしまいます。これもそのひとつ。短編集でひとつひとつが独立しているとはいえオリーヴさんが超主人公ともいえます。表紙のの絵が非常に忠実な現代アメリカの朝食後を見せていて、不思議と懐かしい気分になったので、いわゆるジャケ買いです。オリーヴさん、最初は好きになれるか心配でしたが好きになりました。私にとってオリーヴといえばポパイの彼女ですが、あのオリーヴさんとは全く逆といっていい性格。なのに憎めないのはなぜ。

ローマももう秋を迎える準備ができているように見えます。9月の出張をひとつ終えたらしばらくローマにいる予定なので、ローマの秋を楽しもうと思います。

カテゴリ:

モントリオール再び

 | コメント(0) | Edit

Montrealまたモントリオールに来ています。写真はオールドモントリオール界隈にあるノートルダム大聖堂の中です。昨日の午後30分ほど時間があったので急ぎ足で行ってきました。ここの外の見た目は、かなり斜めからのショットですがこういう感じ。イタリアだと教会(の中の礼拝堂や聖堂)に入るのにお金がいるところは滅多にないんですが、ここは入るだけで5ドル(カナダドル)です。中が色とりどりなのも結構珍しいんじゃないでしょうか。青いバックグラウンドにかなり圧倒されます。入り口側にあるパイプオルガンの姿もわりと驚きの大きさです(この写真)。ウォーキングツアーをしていたガイドさんの話を漏れ聞いたところによると7000本以上あるという話をしていたので、パイプオルガンのパイプのことかなと思われます。

それにしても勉強しているつもりはなくても、そうなりたいわけでもなりたくないわけでもなくても、イタリアのローマに住んでいるだけで、こうしてふと入った教会や聖堂で、その有名さ無名さ、大きさ小ささに関係なく、あ、これはローマンカソリックだな、と分かるようになってしまったなーと思って、やっぱり建築や芸術が蓄積する結果になる宗教というものはすごい影響を持っているなとつくづく思います。だからなんなんだと言われるとその通りなんですが、仏教でもやっぱり日常に近いところにあると、そういうのって自然に分かるようになるものなんでしょうね。なんとなくいろいろな宗教に興味を持つようになってしまいます。

さて今日は会議の最終日です。私の出番は19日に終わってしまったので気楽な感じですが、ちょっとした重要事項もあるので気合いをいれていこうと思います。明日はちょっと時間がありそうなので美術館なんかに行けたらいいなと思います。

カテゴリ:

Helsinki8月の2日に主人のAさんがヨーロッパに来てくれたので、それからシチリアはランペドゥーザ島にバカンスに行ったり、5日に私の熊本の両親を迎えてからは、みんなで涼しいデンマークはコペンハーゲンに行ったり、また帰って来てはローマの暑い夏も同じように満喫したり、ティヴォリの美味しいレストランにドライブに行ったりしたあと、フィンランドはヘルシンキで完全避暑をしてきました。途中ジェットボートに乗ってエストニアの首都、タリンにも遊びに行ったりして盛りだくさんでした。写真はヘルシンキのど真ん中にあるエスプラナーディ公園にあるレストラン、カペッリ。観光地っぽいレストランではあるんですが、なかなかシンプルなサラダやスープがあって、美味しかったです。雰囲気も良く、陽が長い北欧の夏の夜遅くまで公園の雰囲気を楽しみながらお食事できていいところでした。

ローマに先ほど到着して、今せっせとお洗濯をしているところですが、私は実は明日からまた出張です。スーツケースから楽しい思い出の品やお土産をひとつひとつ出したところですが、早速片付けて今度は出張用のパッキングをしなければいけません。お洗濯も終わらせてからベッドに入らないと。今頃は両親もAさんも空の上の人々です。ゆっくり眠れていますように。

カテゴリ:

このアーカイブ内の全エントリ

アーカイブス

マンスリーアーカイブ

カテゴリ別アーカイブ