モーリシャスより

 | コメント(0) | Edit
Mauritius


今出張でモーリシャスに来ています。出張でモーリシャスだなんて自分でも滅多にない贅沢だと思いますが、14日にローマからパリへ行き、深夜便で10時間かけてモーリシャスに到着したのが15日の昼。そこから会議までの数時間の間ちょっと写真などをパチパチと撮って、ドリンクを飲んで、それから皆さんと会って翌日のワークショップの準備で夜8時まで仕事、そのあと社交のために仕事ディナーが2時間、10時半過ぎにやっとの思いでお風呂に入って、ベッドに転がるや否や死んだように寝ること6時間。翌日にモーリシャス大学まで行くバスの時間が7時15分なのでそれまでにカウンターパートと朝食をとるために6時半に皆さんと会って近況報告をし合います。そして大学まで渋滞の一本道をひたすらマイクロバスに揺られてさとうきび畑を突っ走り、ワークショップは16日の朝8時半から夕方5時まで。そこからまた移動してホテルへ帰り、さっとシャワーを浴びたらまた社交ディナーが7時から11時。そして部屋に帰って翌日の会議の準備を眠い目をこすりながらやって、バッタリと倒れるように眠ります。そして起きてまたアフリカの専門家たちと朝食会議が朝の7時。10時に終わってやっとフリーです。

そうなのです、それがこの写真なのです。朝の10時から、空港までのお迎えが来る夕方4時半までの6時間半のフリー時間です。それでもやっぱり贅沢な風景です。待ちきれずに会議が終わって小走りで部屋まで帰り、去年ランペドゥーザで買ったビキニになって、日焼け止め(ブロンズ用)を全身に塗って、トロピカルカクテルを持ってきてもらって、プールサイド(サンドビーチサイドでもあります)に寝そべりつつ、ひとまず仕事のメールを片付けます。そして束の間のフリータイムに日本は熊本にいる母にフェイスタイムで話しかけ、その間にやってきたインド人の行商のおばちゃんとわいわいいいながらリゾートドレスなどを3つも購入。日焼けは微妙にしたかな、というところでタイムアップとなりました。そしてシャワーをして荷造りして、お迎えの車に乗って空港へ、というところ。

とはいえ、数時間でも楽しめて本当に良かったです。今度はバケーションで訪れたいですね。

コメントする