« 2016 | 2017アーカイブ |

毎日暑いですが元気にバンコクを楽しんでいます。

週末に日本人の職場の知り合いの方をランチにお誘いしてみたら、ファーマーズマーケットを週末にやっているところがあるから行きませんか、と言っていただいて、エカマイという日本人の多い地域にあるGatewayというモールまで行ってきました。基本的にモール(しかもまあまあハイエンド)で行われるファーマーズマーケットという部分で多少の違和感はありましたが、アメリカの田舎町のファーマーズマーケットを想像していくとかなりの違いにびっくりしてしまいます。まぁバンコク大都会ですから、そんなところでアメリカの田舎町の何かを期待するのがそもそもの間違いなんですけどね。

私の心の中のファーマーズマーケットは、青果市場的なものが青空のもとテントの下に広がっていて、生産品のはちみつだったりジャムだったりが売ってあって、その「地域性」を前面に押し出したものだったんですね。日本で言うと素朴な町の駅的な。そしてちょっと食べれるホットドッグやタコス、フレッシュジュースなどがあるブースがあると、食べ歩きができてお買い物もできて楽しい、みたいな感じです。アメリカのアイダホやハワイの小さな町でもそうだったし、イタリアでも週末メルカートやカンポデフィオーリの市場も基本的には地元のものを地元の人や観光客に売る、というスタンスでした。イギリスのノッティングヒルのポートベローだってそういう感じだしフランスのマルシェだってサントレノの大きなものも基本的にはそうですよね。そしてたくさん買えてお値段は総じて安い、お得、というイメージ。もってかえってご近所さんやお友達にあげたりする楽しみも。

ただ、今ちょっとおもったんですが、パリのいくつかのマルシェにはちょっとした違うトレンドがある気がしてきました。ビオのマルシェとか、ちょっとおしゃれっぽいマレ地区にあるマルシェはそこそこのリュクス感がなきにしもあらず。ギリシャ系のピタやトルコのお菓子を売っているテントとか、イタリアのペコリーノやモッツァレラ(でもたぶん水牛ではない)とかスペインのイベリコの生ハムとか売っているようなコーナーとかあって、野菜や果物も小ぶりで新鮮、そこら中にビオ、ビオ(オーガニック)と書いてあって結構するお値段、というようなものもまま見かけた気がします。そして1、2割くらいのお客さんはちょっとおしゃれでお金持ち、みたいなイメージ。

バンコクのファーマーズマーケットはかなりそっちよりでした。タイやバンコクのものを前面に出して売るというよりは、バンコクに在住するフランス人が見事なくるみのカンパーニュパンを売っていたり、オーガニックの珍しいグリーンマンゴをキロで売っていたり、タイのタラー(市場)では見かけない、ベイビースピナッチがきれいにパッケージされていたり。プリック(バードアイチリ、日本語だと小粒唐辛子?緑の爆弾といわれたりする)が5本単位でパッケージされていたり(タイ人には少なすぎる単位だと思う)、どちらかというと外国を意識したマーケットというイメージ。売っている人もタイ人半分、残りは国際色豊かです。今年から商売を始めたというイタリアンチーズ(タイで作っている)を売っているイタリア人のお兄さん二人もいて、久しぶりに空輸でないイタリアンチーズを買えて私も満足なんですが、バンコクのファーマーズマーケット、こじゃれ感がいっぱいです。雰囲気は普通なんですけどね。

だからファーマーズマーケットって、だんだんと、お洒落で、健康に気を使っていて、本当に安全でおいしいものを食べたいと思っている人が、少しお値段が高くてもいいから、生産者と会話しながら、必要なものを必要なだけ買える、というような場所になってきているんだと思いました。スイーツ(笑)みたいな扱いにならなければいいけど。でもまぁ、都会のファーマーズマーケットなんてもともとそんなものなのかもしれませんね。それが地産地消ムーブメントにつながってくれるのなら嬉しいですよね。安全性に関して言えば、実はオーガニックだから安全といえるような単純なものではありませんけれど、意識が高まるのは良いことだと思います。

今度は対比のためにバンコクらしいタラーにもまた行って違う目で見てみようと思います。

カテゴリ:

バンコクより

 | コメント(0) | Edit

すっかりこちらはご無沙汰しています。ここを見てくださっている方がどれくらいいらっしゃるのか分かりませんが、私の家族くらいは見てくれているだろうと思って更新しています。

2017年もすっかり始まってしまい、あっという間にもう3月も半ばです。タイに引っ越してきてから3ヶ月が経とうとしています。ひとつちょっと嬉しいのは、このブログ、カテゴリーに日常生活を書くカテゴリーを作っていて、その中にイタリアでの日常、日本での日常、アメリカでの日常、そしてタイでの日常というふうに分けていたのですが、もう使うことはないかもしれないと思っていたタイの日常カテゴリーをこれからしばらく使っていけると今日気づいたことです。せっかくなのでどんどん使っていきたいと思います。

私が前に短い間バンコクに住んでいたのはなんと2005年なのですが、あれから12年がたってバンコクもすっかり様変わりしていました。一番の大きな変化は物価です。当たり前なんですが当時毎日感じていたあの異常なお得感はもうすでに皆無です。為替もありますが実際のお値段もまあまあ普通です。何もかもそうです。そしてぜんぜん変わらないものもあります。ニコニコしている人々です。職場や家の周りでいつも見かける人にご挨拶すると、はにかんだ笑顔でみなさん挨拶してくれます。かなり癒されてます。

タイ語もまた始めました。10年前にあんなに勉強した気がするのに何も覚えてないとはどういうことでしょうか。「マイサイナムタームカ(砂糖を入れないでください)」だけしか出てきません。人の忘れる能力に感心するばかりです。この調子だと私は2年後にはイタリア語を忘れていたりするんでしょうか。悲しい。ということでタイ語、今回は音だけではなく読み書きもやることにしました。字自体はパズルのようなものなのでこつこつと覚えればきっとできるようになるはず、と信じてがんばります。今のところ楽しくやっています。ちなみに話す方で昨日覚えたのは、タイ語だとなんでも2回言うと伝わりやすいということです。大事だから2回言った、とか言いますが、本当にそうだなと思いますね、というのは冗談で、つまり、日本語で「ゆっくり」というのと「ゆーーーーっくり」と音を伸ばすのだと、後者のほうがゆっくり度が高いですよね?それと同じで、チャー(ゆっくり)を「チャー、チャー」と繰り返すとタイ語だとゆっくり度が高くなるらしいです。「つめたい(イェン)」も「イェン、イェン」でつめたさが増すという感じ。いずれにしても言語というのはたぶん毎日やることがコツだと思うので10分でもいいから毎日がんばって、2年後の私がタイ語を話しているかどうか、自分に期待してみたいと思います。

ほかにやった(というよりやりたい)ことは、ずばり断捨離です。中国語でもドゥアンスーリーといいます。ローマの荷物をすべてバンコクに運んだので、今現在私の私物はイタリア国内にはオフィスにわずかに残っているだけです。だから、この機会に持ち物をひとつひとつ確認して処分したり人にあげたり、日本に送ったり、と分類してすっきりしたいと思っています。短い時間でできることではないので少しずつ数ヶ月かけてやろうと思います。

あとはタイ料理。ちょっといろいろと教えてもらったので憧れの石臼を手に入れたい。そしてさくさくとタイ料理が作れるようになりたいと思っています(本当かな)。

ということで3月になって初めて今年の目標を書き並べていますが、実行できるかどうかの鍵は予習と計画、と私はおもっているのでスケジュール帳を広げてペンをなめなめ計画を練ってひとつひとつがんばっていこうとおもいますので今年もどうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリ:

このアーカイブ内の全エントリ

アーカイブス

マンスリーアーカイブ

カテゴリ別アーカイブ