アトキンス博士の死

 | コメント(0) | Edit

低炭水化物、高たんぱくダイエットで有名なアトキンズ博士、本日4/18に亡くなってしまったそうです。氷のはった舗道で転倒後。コケやすい私としては背筋が凍る思いです。あたしもすっごくすっごく気をつけよう。数知れない専門家の却下に負けずリサーチを続けたアトキンズ博士のご冥福をお祈りします。

以下、Seattle Timesからですが、意訳っていうか、私が書いたような日本語ですが、訳してませんが、まぁ似たようなことを書いてみましたのでどうぞ。

Diet doctor Robert C. Atkins dies as result of head injury ダイエット博士、ロバートCアトキンズ、頭部挫傷で死亡

By Lukas I. Alpert
The Associated Press

Robert C. Atkins, whose best-selling low-carbohydrate, high-protein diet was dismissed as nutritional folly for years but was recently validated in some research, died today, his spokesman said. He was 72.

長年にわたって栄養学的に認められていなかったが、近年その効果が再認識されてきていた低炭水化物、高たんぱくダイエットの第一推奨者、アトキンズ博士が今日なくなりました。72歳でした。

Atkins died at New York Weill-Cornell Medical Center, surrounded by his wife and close friends, said Richard Rothstein, his spokesman.

彼はウィールコーネル医療センターにて近しい友達と妻にみとられました。

Atkins had suffered a severe head injury April 8 after falling on an icy sidewalk while walking to work.

通勤中に4/8に氷のはった舗道で転倒し、頭部の重挫傷を受けたのが原因でした。

Atkins first advocated his unorthodox weight-loss plan which emphasizes meat, eggs and cheese and discourages bread, rice and fruit in his 1972 book, "Dr. Atkinsユ Diet Revolution."

彼は「アトキンズ博士のダイエット革命」という題名の1972年出版の本で肉、卵、チーズなどを推奨するかわりにパン、米、果物などを制限するダイエットを提案し一躍有名になりました。

Its publication came at a time when the medical establishment was encouraging a low-fat, high-carbohydrate diet. The following year, the American Medical Association dismissed Atkin diet as nutritional folly and Congress summoned him to Capitol Hill to defend the plan.

当時は低脂肪、高炭水化物のダイエットが一般的に推奨されていたころで、博士の本の出版の翌年にアメリカンメディカルアソシエーションは博士のダイエットは栄養学的に正しくないとの判断をくだしました。

Labeling it potentially dangerous, the AMA said the diet's scientific underpinning was naive and biochemically incorrect. It scolded the book's publishers for promoting bizarre concepts of nutrition and dieting.

そのダイエットは、生命への危険を及ぼす可能性すらあるといわれ、科学的に幼稚な結論であり生科学的に間違いである、とAMAは判断しました。このような本を出版したということで出版社すら批難をうけたほどでした。

Despite this, his books sold 15 million copies, and millions of people tried the diet. Atkins' philosophy enjoyed a resurgence in the 1990s with Dr. Atkins New Diet Revolution, which sold more than 10 million copies worldwide and spent five years on The New York Times best-seller list.

にもかかわらず、本は1500万部売り上げ、多くの人がそのダイエットに挑戦し成功者もいました。博士はさらに新刊、「アトキンズ博士の新ダイエット革命」をだし、それは1000万部の売り上げを記録し、5年にわたってニューヨークタイムズのベストセラーリストに名をつらねました。

But criticism of the diet lingered, with many arguing that it could affect kidney function, raise cholesterol levels and deprive the dieter of important nutrients.

しかしこのダイエットに対する批判の目はきびしく、このダイエットによって腎臓を悪くし、コレステロールの値をあげる、とすらいわれました。

Atkins said no study showed that people with normal kidney function developed problems because of a high-protein diet, and he never gave in to his detractors.

博士は腎臓の働きと高たんぱくダイエットには関連はない、と主張し、あきらめませんでした。

Defending his plan at the American Dietetic Association's convention in 2000, Atkins quipped, I'm very happy to be here. Not as happy as Daniel in the lion's den.

2000年のアメリカン栄養学会にて博士は「信じていれば四面楚歌の状況でも救われるけれど、やはり四面楚歌はつらい」と自分の気持ちを言いました。

This year, his approach was vindicated in part by the very medical community that scorned him. In February, some half-dozen studies showed that people on the Atkins diet lost weight without compromising their health. The studies showed that Atkins dieters' cardiovascular risk factors and overall cholesterol profiles changed for the better.

今年にはいって、博士の理論は、以前にその理論を批判した人々によって認められはじめました。2月には6つの研究チームが、アトキンズ式ダイエットによって健康を損ねることなくダイエットが成功した例を発表し、ダイエットの成功どころか、心臓病を予防したり悪玉コレステロールを減少することを発見しました。

Still, many of the researchers were reluctant to recommend the Atkins diet, saying a large new study now under way could settle lingering questions of its long-term effects.

しかし、未だにたくさんの研究者たちはアトキンズ式ダイエットを推薦することはありません。現在行われている大きな長期の研究がこの問題に結論をだすでしょう。

On the Atkins diet, up to two-thirds of calories may come from fat more than double the usual recommendation, and violating what medical professionals have long believed about healthy eating. Carbohydrates are the foundation of a good diet, most say. Eating calorie-dense fat is what makes people fat, they say, and eating saturated fat is dangerous.

アトキンズ式のダイエットだと、摂取カロリーの2/3が脂肪から摂取されることになり、脂肪は太る原因だと長期にわたって制限を推奨していた医療業界にとってそれは2倍の値です。炭水化物は、「良い」食べ物とされていてカロリーの高い脂肪は人々を太らせ、飽和脂肪は人々の健康をおびやかす、といわれます。

To Atkins, the key dietary villain in obesity was carbohydrates. He argued they make susceptible people pump out too much insulin, which in turn encourages them to put on fat.

アトキンズ博士にとって肥満の原因は炭水化物でした。炭水化物はインスリンの過剰分泌をうながし、体に脂肪をつける要因になると主張していました。

Fat in foods can be a dieter's friend, Atkins said, in part because it quenches appetite and stops carbohydrate craving.

博士は食品の脂肪分は痩せたい人にとってはいいものだと主張していました。なぜなら脂肪は食欲を満足させ、さらなる炭水化物の摂取を止めるからです。

Atkins, a graduate of Cornell University's medical school, first tried a low-carbohydrate diet in 1963 after reading about one in the Journal of the American Medical Association. He said he lost weight so easily that he converted his fledgling Manhattan cardiology practice into an obesity clinic.

コーネル大学の医学部を卒業した博士は1963年に文献を読んだあとに博士自身が低炭水化物ダイエットを試し、簡単に体重をおとし、マンハッタンの肥満クリニックで働くことにしたそうです。

Besides his work on nutrition, Atkins also argued that ozone gas can kill cancer cells and HIV, the virus that causes AIDS, and he claimed to have treated more than 1,000 patients with ozone therapy.

栄養研究の他、アトキンズ博士はオゾンガスはガン細胞やエイズのHIVウィルスを破壊すると主張していました。彼は1000人以上の患者をオゾン治療したと言っていました。

The ozone treatment is a common alternative therapy in Germany and some other nations but has not gained acceptance in the United States.

オゾン治療はドイツやそ他の国では特殊なガン治療として一般的ですが、アメリカではあまり認められていません。

In 1999, Atkins established the Robert C. Atkins Foundation to finance diet research. It has sponsored research at Duke University, the University of Connecticut and Harvard.

1999年にアトキンズ博士は財団をつくり、ダイエット研究の財源をつくり、デューク大学、コネチカット大学、ハーバード大学などに研究費を与えました。

Last April, Atkins was hospitalized for cardiac arrest, which he said was related to an infection of the heart and was not related to the diet.

去年の4月にアトキンズは心臓発作で入院しましたがそれは本人によると感染が原因で食生活には関係がないということでした。

コメントする